FC2ブログ

本日、SOURCE BANQUET隣にて『tone』開催です!

banquet_201812_01

日付が変わりまして本日20時〜、
ニュー・パーティー『tone』開催されます。

昨日はずっとイベント関係の準備と連絡に追われておりました。
ひとまずデザイン・印刷物関係は全て終わったハズ。
自分のDJの準備だけまだ出来ておりません(笑)。...起きてからやろう。

イベントには予期せぬアクシデントがつきものですが、
イベント前日の最大のアクシデントとしまして、
昨日、無事完成した会場の内装をして頂いた業者さんより
「ミラーボールの回転が超高速なんですけどっ!!」
「一瞬でトランスです!!」と写真付きで立て続けにメールがきまして
それを見て、ボク爆笑。
それがこちら↓になっております。
banquet_201812_02

↓スイッチを入れると↓

banquet_201812_03

はやい!はやい!!笑

今日、この中でDJするのか(笑)?というか、できるのか(笑)?
絶対にお酒飲む前にミラーボールで酔っ払う問題続出の予感...(笑)。

昨日、ぼくは会場の様子を見に行けなかったので、
yotturn☆に確認してもらったところ、
天井が低いのもあって、おそらく回転が速く見えるっぽいです。
ミラーボールがバカになったわけではないとのこと(笑)。
ひと安心、、ということにしておきましょう。

ちなみに完成したてほやほやの名もなき素敵な会場がこちら↓
banquet_201812_04

banquet_201812_05

banquet_201812_06

いい感じです。

そして、ご来場のお客様先着30名様に
yotturn☆選曲のコンピCDをプレゼント!
treesoul_201812

ジャケット・デザインはボクが担当しました。
CDに帯を付けたことで費やす時間が倍増しましたが(笑)、
個人的な満足度も倍増したので、良しとしましょう。
内容は毎度ながら抜群に良いので、ぜひゲットしてくださいね!

ということで忘年会終わりにでも
ふらっとお立ち寄り頂けると嬉しいです。
来て頂けるみなさん全員が楽しめるイベントにすることが
明日のボクの目標です。
楽しく乾杯しましょう♪お待ちしております!

- - - - - - - - -

tone 20181208 f

『tone』

on:‪2018.12.08 (Sat.) 20:00‬ open/start
at:SOURCE BANQUET
fee:1,500 yen with 1 drink
*djs... yotturn☆, yo☆ssy, fuck-D, power records, 特麗樹, arata
*food... necco70
スポンサーサイト

テーマ : LIVE、イベント - ジャンル : 音楽

美味しかったワイン 2018 夏〜秋

2018年夏〜秋にかけて飲んだ、
または買ったワインを書き残しておきます。

julien_brocard_chablis_2014

『Julien Brocard Chablis 1er Cru Vaudevey 2014』

夏にスッキリとシャブリが飲みたくなって購入。
ミネラルはもちろん、木の実系の甘いトーンもほのかにありつつ
美味しいシャブリでした。
ろうキャップを開けるのがひと苦労(笑)💦

dom_meix_saint_aubin_2015

『Dom. des Meix Saint Aubin 1er Cru Les Murgers des Dents de Chien Rouge 2015』

何が入っているかわからない、
楽天の赤ワインくじで購入したブルゴーニュその①。
定価はそれなりによいい値段してましたが、
コスパ的には標準かな?というテイストだった記憶。

patrick_c_morey_saint_doni_2013

『Morey Saint Denis Rouge Patrick Clerget 2013』

楽天の赤ワインくじで購入したブルゴーニュその②。
こちらも標準的に美味しかった印象でした。
...あまり覚えてないけど(笑)。

claude_dugat_bourgogne_2015

『Claude Dugat Bourgogne 2015』

こちらはかの有名なクロード・デュガの
下のクラスのピノ・ノワール。
美味しかったですが、期待が高かったのか、
開けるタイミングが早すぎたのか、
もう少しインパクトが欲しかったです。
いつか上のランクの畑の物も飲んでみたいですね。

dom_bert_marsannay_01

dom_bert_marsannay_02

『Domaine Bart Santenay En Bievau 2014』
『Domaine Bart Marsannay Les Longeroies 2013』

こちらは2本ともイマイチでしたね〜。
もう買わないです(笑)。

Carpene_Malvolti_375

『Prosecco Conegliano Valdobbiadene Superiore Extra Dry Carpene Malvolti』

気分を変えて、イタリアのプロセッコ。
伝統あるワイナリーのスッキリとした辛口スパークリングです。
2017年のはじめに徳島のモアナコーストの
イタリアン・レストランでもこれ飲みました。
美味しくて好きです。そしてハーフの375mlがちょうどよっしー。

Alain_Hhudelot_Noellat_Bourgone_Rouge_2016.

『Alain Hudelot-Noellat Bourgone Rouge 2016』

こちらはブルゴーニュの有名な造り手、
アラン・ユドロ・ノエラのお手頃クラスの一本。
ポテンシャルあって美味しかったです。

Pierre_Amiot_Bourgogne_2016

『Domaine Pierre Amiot Bourgogne Pinot Noir 2016』

今回コスパという意味で一番良かったのが
このピエール・アミオのブルゴーニュ。
おそらく一番下のクラスかと思いますが、
抜群に美味しかったです。
上のクラスにだったら...と想像すると楽しみです。
いつか買ってみましょう。

Neely_Hidden_Block_Pinot_Noir_2011

『Neely Hidden Block Pinot Noir 2011』

こちらは以前、畑違いの物を飲んだアメリカのピノ・ノワール。
前回に続き、ここのピノは最高に美味しいです。
神戸のワインバーDさんで教えてもらった一本。

leroy_-Beaujolais_2018

『Leroy Beaujolais Villages Primeur 2018』

数年ぶりにボジョレーを買ってみました。
今年は名門ルロワのボジョレーにしたのですが、
これがハンパなく美味しかった!
ボジョレーなのに、濃厚で味わい深かったです。

- - - - - - - - -

ここからはまだ開けてないわくわくワイン・パラダイス。
time_wine_red_2003

『Time Wine 2003』

クラウドファンディングで支援していた
"Time Wine"の、今回は赤!
白は甲州品種100%で、甲州らしさ全開+甘みがありましたが、
赤は、メルロー、カベルネソービニオンと
日本独自の交配品種ブラッククイーンをブレンドしたフルボディ・タイプ。
果たしてお味は如何に?

lucien_le_moine_chablis_2012

『Lucien Le Moine Chablis Les Clos 2012』

ルシアン・ル・モワンヌのシャブリ。
こちらは、みつきさんに次回行く時に
持ち込みさせてもらおうと思っています。
日本料理とのマリアージュが楽しみ。

Comtes_Lafon_Volnay_Champans_2013

『Comtes Lafon Volnay Champans 2013』

コント・ラフォンのヴォルネイ 2013年。
これも開けるのがかなり楽しみな一本。
倉吉のフレンチ、Bistro DuCoeurさんに行く機会を作って
持ち込みさせてもらおうか...と勝手に考えています。
(そもそも持ち込みさせてくれるのか分かりませんが...。)

ということで、興味のない方にはさっぱりな
ぼくの飲んだワイン事情でした(笑)。
美味しかったごはん屋さん紹介もまた書きます。
それではごきげんよう。

テーマ : ワイン - ジャンル : グルメ

SOUNDS LIKE SHIT the story of Hi-STANDARD

SOUNDS LIKE SHIT

11/10に公開されたHi-STANDARDのドキュメンタリー映画
SOUNDS LIKE SHIT』を鑑賞してきました!

何を隠そうワタクシ、ハイスタ世代ど真ん中で、
ハイスタのフォロワーみたいなバンドを高校時代にしていたので、
これは!と思い、仕事も片付いてなかったですが、観てきました(笑)。
ネタバレありかもしれないので、これからご覧になられる方は
鑑賞してから読んで頂けると幸いです。

映画はメンバー3人のインタビューを別々に撮影し、
時系列を追って、ライブ映像を交え、進んでいきます。

ライブ映像に関してはほとんどが初公開の物で、
結成当初のライブ映像は、メンバーが所有していた映像だったり、
既出の物も編集を変えていたりと、
ファンの方はそれだけでも観る価値ありです。
特に2000年以降のライブ映像は音もとても良くて、
ライブのシーンが流れる度にゾクゾクしました。

ちなみに1999年の『MAKING THE ROAD』ツアーの地方の映像は、
ほぼ全ての公演を撮影されていた模様で、
Pizza of Deathにビデオテープが山のように残っていたそうです。
今回使われなかったものも観てみたいですね。

当時、傍から見ていると、AIR JAMというモンスターフェスを開催したり、
CDのセールス的にも全てが順調に進んでいたように
見えていましたが(特に地方から眺めていたので)、
内情は常に苦悩がつきまとっていたんだなぁと。

自分たちの力で前進するのに、徐々に歯車が狂い始め、
重く負担がのしかかり、メンバーがダウンしてしまうという...。
そしてオフィシャルのアナウンスもなく、活動休止。

ボク個人も、2000年のAIR JAM前後に、Pizza of Deathに
ハイスタ in 鳥取のライブをオファーしていたのですが、
これも返答に時間がかかり、もちろん流れてしまいました。
が、本当に大変な時期だったんだなぁと改めて納得。

その後、2000年代の空白の10年が流れるわけですが、
ここでのインタビューは、当時の苦しみと愛憎の裏返しか
メンバー各々の言葉が攻撃的でストレートに突き刺さります。

印象的だったのは、メンバー全員がタイミングをずらして
心に病を負ってしまう話。
無敵だと思っていた僕らのヒーローは
誰よりも人間味があり、繊細だったんだなぁと。
メンバーにもそれだけハイスタが大きく、
まるで諸刃の剣の様でした。

ただメンバー個人としても、バンドとしてもダウンしながらも
這い上がって、2011年の震災を機に再始動する姿は
より大きく、希望の光を身にまとっているように感じました。

という事で、ファンの方はもちろん必見。
現在追いかけてなくとも、当時聴いてた方も必見です。
涙なしには観れないと思います。


- - - - - - - - -

個人的には1999年の『MAKING THE ROAD』リリースの前に
鳥取(米子ファンフェルナンデス)と、静岡、山梨のレアな3ヶ所で行われた
Indian Summer Tour』というショートツアーで観たライブが格好良くて
今でも目と耳に焼き付いております。

テーマ : 映画感想 - ジャンル : 映画

ニュー・パーティー『tone』開催決定!

tone 20181208 f

『tone』

on:‪2018.12.08 (Sat.) 20:00‬ open/start
at:SOURCE BANQUET
fee:1,500 yen with 1 drink
*djs... yotturn☆, yo☆ssy, fuck-D, power records, 特麗樹, arata
*food... necco70

- - - - - - - - -

12/8(Sat.)に『tone』というイベントの開催が決定しました!
場所は、SOURCE BANQUET 隣にオープンするバー/スペース(現在、絶賛改装中)です。
名前もまだ決まっていません(笑)。
通常営業はされないらしく、特別なイベント時のみひっそりと開かれる、秘密のスペース。

DJは、いつも一緒にやっているyotturn☆と、
necco70店主・fuck-D、神さまことpower records、
若手トラックメーカー/DJのarataくん、謎のDJ 特麗樹、
そしてボクと、割と斬新なメンバー構成。

ちなみに今回、始動するにあたって、
yotturn☆とは10年以上一緒にやっているので問題はなかったのですが、
初めて一緒にするメンバーもいて、
意識、方向性のすり合わせからスタート。
...が、これが意外と苦戦して、
考え方が思いのほか違っていたという...(笑)。
ただ、ディスカッションを重ね、主張するところはしつつ、
他の意見は受け止めつつ、100%ではないかもしれませんが
みんな納得してイベントに向かえる感じの落としどころにまとまったかと思います。

ハード面では、今回の開催に合わせて会場を提供して頂くだけではなく、
イベントとして機能するように、わざわざ改装をしてくれている
Treesのオーナー、たいきさんにホント感謝です。
こんなお方、普通いないです。ありがとうございます。

ということで、場所なき場所で開かれるイベントで、
何が待ち受けてるのか、ぜひ来て体感して下さい!
お待ちしております!

tone 20181208 b

テーマ : LIVE、イベント - ジャンル : 音楽

トリュフの会 -The Truffle Night- @koruku 20181111

先週の日曜日、ワインダイニング・コルクで開催された
"トリュフの会"に、マスターにお誘い頂いたので行ってきました。

土地柄故、普段お店でアプローチしたいけど出来ないことが多いそうで、
こういう機会を作って、お店側も、美味しい物が好きなお客さん側も
双方が楽しめれる会を不定期で催されておられます。
...もっとも、お店側の利益は度外視な内容ですが(笑)。

各料理にトリュフを効果的に散りばめられた
素晴らしいディナーをどうぞ↓

koruku_20181111_01

*フォアグラのフランと栗のスープ 白トリュフオイルと黒トリュフのスライスをのせて*

koruku_20181111_02

*シャラン産 鴨のロースト ~黒トリュフのクリームソース~*

koruku_20181111_03

*黒トリュフとキノコのタリアテッレ*

koruku_20181111_04

*のどぐろのソテー 黒トリュフ添え ~シジミとアサリとキャビアのソース~*

koruku_20181111_05

*鳥取和牛のシャトーブリアンA5ランクの低温調理とフォアグラ・ド・カナール ~アルバ風ペリグーソース~*

koruku_20181111_06

*黒トリュフのクリームブリュレ*

koruku_20181111_07

二皿目の鴨のローストの時に、持ち込みさせてもらった
スペインのウルトレイア・デ・バルトゥイエ 2012を開けてもらいました。
こうしてこちらの楽しみも作ってくれるマスターの懐の深さに感謝
koruku_20181111_08

後ろの人の顔が腹立つ...(笑)。
koruku_20181111_09

前日、前々日もコルクにオジャマしていて、
特に前日飲み過ぎて、当日あまりワインが飲めれないという
不本意な状態でしたが、それ以外は完璧な一日でした。
マスターありがとうございました。
また次回も楽しい美味しい会をお願いします!



関連ランキング:ダイニングバー | 鳥取駅

テーマ : お店紹介 - ジャンル : グルメ

Patsy Gallant / Michel - Dis-moi

patsy gallant dis-moi

みなさん、こんばんは。yo☆ssyです。今週末は金土日と仕事以外でもめずらしくギッシリ予定が詰まっていて、充実した週末になりそうです。と言ってもほぼ食事とお酒を飲みに出てる予定なのですが...(笑)。レーベルのお仕事と、イベント関係も作業を進めていかないといけないので、週が明けるころには廃人になっていることでしょう。。

では今日の一枚。先日に引き続きPatsy Gallantです。しかも前回と同曲のフランス語バージョン(笑)!こちらはアルバム『Patsy Gallant et Star』に収録されています。で、Side-Bの「Dis-Moi」が「It’ll All Come Around」のフランス語ver.となるわけですが、フランス語ということで英語ver.とは響きが違うのと、譜割りも変えているため、かなり新鮮に聴こえます。聴き比べてみて下さい♪

テーマ : おすすめ音楽♪ - ジャンル : 音楽

Patsy Gallant ‎/ O Michel - It'll All Come Around

patsy gallant english

今年、呼んで頂いたイベント以外でDJをしておりませんでしたが、12月にイベントを催す予定で、ただ今準備中です。近々、告知できればいいな、というか、そろそろ告知していかないといけません(笑)。日にちは12/8を予定しておりますので、ぜひご都合をつけて遊びに来て頂きたいです!また情報解禁になったらお伝えします。

では今日の一枚。カナダの女性シンガー、Patsy Gallantの1978年のアルバム『Patsy!』から2曲をカットしたレアな7インチ。ずっと欲しかったのですが、異様に高額だったり、なかなか見つからなかったりで、夏頃やっとゲットしました。まぁ、割と手頃に買えるLPに収録されているので、無理に7インチで買わなくてもいいような気もしますが、そこは性ということで(笑)。もちろんお目当てはSide-Bの「It'll All Come Around」。昔から大好きなんですよね~、この曲。遅いBPMで、ズシッとくる感じのビートに、サビで華やぐ展開やメロディーも最高です。

テーマ : おすすめ音楽♪ - ジャンル : 音楽

みつきさんにお祝いを持って行ってきました

ブログで再三アップしている、大好きな鳥取の日本料理のお店、
みつきさんが先月ミシュラン二つ星を獲得されたので、
これは大将にお祝いを持って行かなければ!と、
2週間ほど前に食事に行ってきました。

この日も季節の味覚を存分に堪能できる
素晴らしすぎる料理のオンパレード。
これじゃ、どっちがお祝いされているのやら...(笑)💦

みつき_20181022_01

鯒(こち)のお造り。絶品✨
みつき_20181022_02

スッポンの茶碗蒸し。かなり濃厚で美味しい。
みつき_20181022_03

見ただけで美味しいって分かる、松茸の御椀。
みつき_20181022_04

これは贅沢!な、シャトーブリアンのしゃぶしゃぶ。
みつき_20181022_05

ここからさらに絶品の料理が続きます。
みつき_20181022_06

みつき_20181022_07

みつき_20181022_08

みつき_20181022_09

この日の御飯は、松茸ごはんでした。(お祝いということで、若干値段上げました。)
みつき_20181022_10

みつき_20181022_11

ちなみにお祝いは姫路のお酒『秋津 米のささやき』にしました。
お渡しして、すぐに飾ってくださって、なんだか嬉しかったです😊
みつき_20181022_12

いつも、料理もおもてなしの心も完璧で、
食事をしている時間が本当に幸せと思えるお店です。

また今月も行ける機会を作りたいです。
これからも応援してます!



関連ランキング:懐石・会席料理 | 鳥取駅

テーマ : お店紹介 - ジャンル : グルメ

『Soulfull Moment』 @松江NU 20181027

先週末、松江NUで開催された『Soulfull Moment』に
お越し頂いたみなさま、ありがとうございました。

soulfull_moment_20181027_02

ゲスト・DJ JINさんの最高のプレイと、
イベント全体としても濃厚な内容で、
あっという間に終わってしまいました。

soulfull_moment_20181027_04

JINさんが終わり間際にかけていた、Pazazz「So Hard To Find」~
Tom Mischが同曲をカバーした「Cos I Love You」のつなぎが最高で、
Tom Mischを知らなかったので、教えてもらった(笑)。翌日、即LP買った(笑)。

オマケでyo☆ssyをどうぞ↓
soulfull_moment_20181027_07

久しぶりのDJで、冒頭2、3曲、調子の出ないYさん(笑)。
soulfull_moment_20181027_05

ワインショップのしょうじさんに
「ヘイ!ヨッシー!ヘイ!ヨッシー!カァモ~~ン」と言われ続けるYさん(笑)。
soulfull_moment_20181027_06

レアグルーヴ~フリーソウル・セットで無事に終わりました♪
楽しんで頂いたみなさま、ありがとうございました。

soulfull_moment_20181027_03

↑JINさんとkuwaくんのショットで乾杯の良いショット(笑)!

誘って頂いたkuwaくん、本当にありがとうございました。
これからも楽しいイベント期待しています!

soulfull_moment_20181027_01

テーマ : LIVE、イベント - ジャンル : 音楽

カメラを止めるな!

カメラを止めるな

公開から随分経ちましたが、やっと『カメラを止めるな!』を観てきました。

何を書いてもネタバレになってしまいそうなので、
何も書けませんが(笑)、評判通りおもしろかったです。

映画制作の表裏を描きつつ、ユーモアや遊びたっぷりに
サクッと見せてくれます。

公開時、わずか2館からはじまり、2018年11月時点で340館オーバー、
製作費300万円で、興行収入28億円の偉業!
久しぶりにインディペンデント映画で夢が膨らむ作品ですね!
そして何より制作や宣伝に関わっている方、
映画を観てファンになった方の愛がスゴいです。

観て損はない、2018年を代表する作品でしょう。

テーマ : 日本映画 - ジャンル : 映画