FC2ブログ

F1 2019 総括

2019年のF1も、先日のアブダビGPを終え、
シーズンが終わってしまいました。

メルセデスAMG、そしてルイス・ハミルトンが
今年も俄然強かったな、という結果ではありましたが、
ポイント的にメルセデスをここまで優位にさせたのは
フェラーリが、戦略ミス、肝心なところでの信頼性のなさ、
挙句の果てにはブラジルGPでの同士討ちと、
いろいろやらかした賜物であると言えるでしょう(笑)。(通称「俺たちのフェラーリ」)

そぅ、フェラーリが開幕前のテストの強さをシーズンでも発揮し、
ミスも最小限に、そしてチームがドライバーをしっかり
コントロール出来ていれば、もう少しポイント差も縮められ、
メルセデスとハミルトンを多少焦らすことはできたのでは?と思います。
結局、フェラーリが勝てたのってスパとモンツァの高速サーキットと
PUに疑惑のあったシンガポールGPだけで、
バーレーンGPでは信頼性、カナダGPではドライバーミスによる取りこぼしがありました。

しかもベッテルが今シーズンの初勝利をあげる前に
ルクレールが連勝なんてしたものだから、
シーズン後半、おそらくベッテルは腸が煮えくり返っていた事でしょう(笑)。
シーズン後半のチームメイト間のギクシャクは
ベッテルの焦りと怒りが招いたものだとニラんでます。
シンガポールGPの勝利も、チームが気を遣ってベッテルを
勝たせてあげたとすら思えますし、
レッドブル時代の「マルチ21事件」を彷彿とさせる、
ロシアGPでのチームの取り決めを守らず1位を快走しはじめ
チームがピット戦略でルクレールに順位を入れ替えさせたのなんて
もうギャグとしか思えないくらいにシュールでした(笑)。

...ん?フェラーリの痛さだけでこれは
いくらでも記事が書けそうな感じですが、
ずっとそこだけにフォーカスしていてもしょうがないので、
レッドブル・ホンダに話を移しましょう。

2015年のホンダ復帰後、初の優勝を挙げたレッドブル。
フェラーリと同じ年間3勝ですが、こちらはポジティブさがあります。
ただし勝てたレースは雨や気温の高さ等、
特殊条件が絡んでいることが多少なりとも関係あるかと思います。
とはいえ、マクラーレン・ホンダ時代と比べるとめざましい進化で、
信頼性もパワーも当時が嘘のように向上してます。
来年はさらなる飛躍を期待したいです。

レース単位で言うと、おもしろかったのは
やはり大波乱のあった雨のドイツGPと、
レース後半の展開がめまぐるしく、
28年振りにホンダが1-2フィニッシュを果たしたブラジルGPです。
どちらもトロロッソ・ホンダが表彰台にいるのもテンアゲです。


こういった波乱のレースの醍醐味として
普段上位にいるチームがリタイヤ、もしくは下位に沈んで、
中団グループのチームがポディウムにいるのが最高ですね。
近年、トップ3チームとそれ以外の7チームの差が開きすぎていて
“ベスト・オブ・ザ・レスト”(トップ3チームを除いた中の首位)という
ワードが頻繁に出てきますが、荒れたレースの時に
その位置にいるのがいかに大切か思い知らされます。

しかし、ブラジルGPのガスリーとハミルトンの「0.062」秒差で
フィニッシュしたバトルは、何度観ても鳥肌が立ちます。
試練を与えられ、今年苦しみもがいていたガスリーに、
神様は最後にご褒美をプレゼントしてくれました。
とんでもないドSの神で、とんでもないアメとムチの使い手です(笑)。

チーム単位で言うと、今年一番躍進したのはマクラーレン・ルノーですね。
ドライバーはふたりとも優秀ですし、
2021年からメルセデス・エンジンに戻ったら
トップチームに返り咲きそうな雰囲気です。

ルノーのワークスの方は、イマイチなシーズンでしたね。
ヒュルケンベルグがいなくなるのが残念過ぎます。

ハースはフリー走行良くて、予選で「アレ?」ってなって、
決勝で「ダメじゃん!」ってレースが多かったように思います。
あと、グロージャンはフリー走行や予選も含めると
歴代トップでクラッシュしているのでは?というくらい
毎レース何かしらやってる印象です。
来年もシートがあるのが奇跡な気がしてます。

レーシングポイントは影の薄いシーズンで
ボクからは特にコメントございません。
ペレスは割とコンスタントにポイントを重ね流石です。
ストロール君は雨のドイツでギャンブル成功で4位に入った以外は
ごめんなさい、本当に印象がありません(笑)。
強いて言うならモンツァでスピンしたベッテルの
巻き添えを食ったこととかでしょうか...。

大好きなライコネンのいるアルファロメオも
地味~なシーズンだった感じです。
後半ライコネンが不調だった隙に、
長髪のジョビナッツィが乗れてきたことが収穫でしょうか?

ウィリアムズはすっかり最下位が定着してしまいましたね。
ボクがF1をフルシーズンで観始めた1996年はバリバリの王者で、
個人的にすごく思い入れがあるチームなので
はやく名門復活を遂げてほしいです。
ボクに限らず、F1ミドルスクール世代(...すでにオールドスクールか?)は
ウィリアムズが上位で闘っていると、きっとみんな嬉しいと思います。

2021年にレギュレーションが大幅に変更になることが目下の話題ですが、
2020年はその狭間的なシーズンで、実際どうなのでしょうか?
戦力図は大きく変わらなさそうですし、
ドライバーも2名しか変更ないので、今年の延長線上って感じですかね?
多くのドライバーが在籍中のチームに2020年までの契約の様なので、
早い段階からメディアの移籍のトピックがうるさそうです(笑)。

個人的な目標としては、F1を観始めて24年、
未だ鈴鹿へ赴いたことがないので、
来年こそは行ってみたいなと思っております。
ライコネンも引退するかもしれないので、その前に!

ということで、総括になっているか不明ですが、
来年3月の開幕をゆっくりと待ちたいと思います。
スポンサーサイト



テーマ : F1グランプリ - ジャンル : スポーツ

エビス wtith ジョエル・ロブション フレンチピルス

yebisu_joel_robuchon_2019

ヱビスとジョエル・ロブションのコラボ・ビールが
先日発売になりました🍺

シャンパーニュ産の淡色麦芽を使用し、なんともエレガントな風味。
さすがはロブション✨

ご本人は惜しくも昨年の夏にお亡くなりになりましたが、
生前、最後に監修されたのがこのビールのようです。

↓ちなみにこちらは2017年発売(だったでしょうか?)の「格別の乾杯」。
yebisu_joel_robuchon_2016

テーマ : ビール - ジャンル : グルメ

ALTER EGO (アルテレーゴ) 祝・ミシュラン1つ星獲得!

鳥取が世界に誇るシェフ、徳吉洋二さんが今年2月に
東京・神保町にオープンされた、Alter Ego (アルテレーゴ)が
先日発表された『ミシュランガイド東京2020』で見事1つ星を獲得されました。

ミシュランガイド2020東京 ALTER EGO

↑コメントを述べる平山シェフ。
(コチラに平山シェフ、徳吉さんのコメントも掲載されています。)

ぼくは6月に東京に行った際に、開店祝いを持って伺いましたが、
今度は星獲得祝いを持って再訪しなければなりません(笑)。
しかしオープンして9ヶ月というはやさで星の獲得は
流石という他にありませんね。
今後も進化する料理、サービスと共に
アルテレーゴの発展をお祈りしております。


ちなみに先日、わが町で徳吉さんをゲストに今年も開催された
『DINING OUT TOTTORI–YAZU REVIVAL』には都合がつかず
参加することが出来ませんでした。
あまりSNSで見かけませんでしたが、
今年はどんな感じだったのでしょうか...?

話が逸れましたが、今年のミシュランガイドは
「すきやばし 次郎 本店」と「鮨 さいとう」が
一般予約ができなくなったとして掲載対象外が表立った話題ですが、
ずっと行きたいと思いつつまだ行くことが出来ていない
「かどわき」さんが3つ星に昇格、
「アサヒナガストロノーム」さんが1つ星で初掲載が個人的には拍手喝采でした。

また東京に行く機会があれば行きたいお店を
ひとつずつ制覇していけたらと思います。
まずはアルテレーゴさんへの再訪からですね!
改めておめでとうございます!



関連ランキング:イノベーティブ・フュージョン | 神保町駅九段下駅竹橋駅

テーマ : ミシュラン東京★付きレストラン - ジャンル : グルメ

Cafe Big Apple [鳥取・湖山] 20191122

鳥取市湖山にあるダーツバー、Big Appleさんが
2019年8月より「Cafe Big Apple」として
同店舗でお昼の営業も開始されました。

big_apple_20191122_01

メインは「スペシャルティコーヒー豆」のみを使用した
サイフォンコーヒーで、一杯ずつ抽出して提供。
フードは鳥取の食材を中心としたホットサンド。

お昼の営業は10:00~16:30 (L.O.16:00)で、
毎週水曜日と、第1・第3木曜日が定休日となっているようです。

big_apple_20191122_02

この日は、他所で食事を済ませた昼下がりに伺ったので、
チョコバナナのホットサンドと、
オリジナルブレンド・コーヒー(ビター)を頂き、
ほっと落ち着く幸せなひと時を過ごすことが出来ました。

ちなみに、お昼の営業は高校の同級生がしていて、
いろいろと話しが出来て楽しかったです。
今後、展開としてやりたい事もあるようですし、
立地のハンデをはねのけて、がんばってほしいなぁと思います。



関連ランキング:バー | 湖山駅

テーマ : カフェ - ジャンル : グルメ

蒼山幸子 / まぼろし

蒼山幸子 / まぼろし

先日、初のソロ・ワンマンツアーを無事に終了した蒼山幸子さんのEP『まぼろし』をライブ会場で購入しました。6曲入りのEPなのですが、このうちの3曲はライブの少し前に先行配信され、ライブまでにめちゃくちゃ聴き込み、そしてこのCDをゲットした後は、ずっとこのCDを聴いております。ねごと時代の延長線上にあるダンスミュージック的な曲も収録されつつ、彼女の芯の部分であるSSWとしての歌心溢れる楽曲もあり、とても気に入っている一枚です。

ピアノの調べとボーカルのメロディーが彼女特有の儚く切ない「まぼろし」にはじまり、アルバムのリード曲(であろう)「バニラ」がいきなりの名曲!アップテンポな16ビートに、ダンサブルなサウンドが格好良いです。特にベースラインが超絶グルーヴィー!ライブでもフロアを圧倒するナンバーでした。3曲目の「ミューズ」は'戦う女子たちへの応援歌'。リアリティーのある歌詞に、ソウルフルな演奏がまた良し。言葉のチョイスも幸子さんらしく、良い曲です。スロウなBPMの「鳥と糸」は、重心低めのずしっとしたリズム隊が光りつつ、後半に向かってじわじわと壮大さを増し、不思議な感覚へと誘われます。「僕が消してやる」という歌詞を歌う力強さが印象的です。ねごと時代から幸子さんの生み出すメロディーの特徴のひとつに、どこか懐かしい/人懐っこさがあるなぁと個人的に感じていて、「silence of light」でそれを一番感じました。この曲もとても好きです。ラストはねごと時代からもソロ弾き語りライブで歌われてきた「セブンスヘブン」で締め。ねごと解散後3ヶ月程度というスピーディーに制作された、新たなスタートの素晴らしいEPを受け、早くも次のリリースが待ち遠しいです。

テーマ : おすすめ音楽♪ - ジャンル : 音楽

傳承 ゑ美寿 [大阪・西天満] 20191119

大阪2日目は、2019年4月にオープンした日本料理店、
傳承 ゑ美寿さんにランチで伺いました。
傳承 ゑ美寿 20191119_01

まずは、その贅沢にゆとりのある敷地面積と
内装の素晴らしさを見渡してしまいます。
傳承 ゑ美寿 20191119_11

カウンターの向こう側には手入れの行き届いたお庭も!
傳承 ゑ美寿 20191119_03

大将によろしくお願いしますとご挨拶して、料理に移ります。

*先附け*

傳承 ゑ美寿 20191119_02

*白子の茶碗蒸し*

傳承 ゑ美寿 20191119_04

*お造り*

傳承 ゑ美寿 20191119_05

*海老といくらのお鮨*

傳承 ゑ美寿 20191119_06

*お肉*

傳承 ゑ美寿 20191119_07

*とらふぐ*

傳承 ゑ美寿 20191119_08

*お食事*

傳承 ゑ美寿 20191119_10

*甘味*

傳承 ゑ美寿 20191119_12

白子の茶碗蒸しは初めて食べましたが、
これはとても美味しいですね。

日本酒もいろいろと種類がありました。
↓こちらを頂きました。
傳承 ゑ美寿 20191119_09

全編、とても丁寧かつ、出汁と素材の歯車が
ひとつも掛け違うことなく、徹頭徹尾美味しく食事させて頂きました。

接待等で利用されることが多いそうですが、
こういう素晴らしいお店が、それ以外の層の方にも
利用される世の中であるといいなぁと思いました。

食事の後に、右手奥にある個室も見させて頂きました。
丸窓から別角度で見える庭も素晴らしいです。
傳承 ゑ美寿 20191119_14

傳承 ゑ美寿 20191119_15

ディナーは量はそこまで変えず、皿数が増えるらしいので、
次はディナーでも利用してみたいです。
かなり良いお店でした。



関連ランキング:割烹・小料理 | 大江橋駅なにわ橋駅淀屋橋駅

テーマ : こんな店に行ってきました - ジャンル : グルメ

プティカレス [大阪・北新地] 20191118

前回の記事の、蒼山幸子さんのライブの後、
向かったのは、大阪・北新地で有名な、というか
国内でもトップクラスであろうワインバー、
ミルカレスのソムリエさんがプロデュースする
お肉×シャンパーニュをメインとした「プティカレス」さん。

お店はそのミルカレスさんの2Fとなっており、
ミルカレスさんへは何度か伺った事があったのですが、
プティカレスの看板がないとのことで
ご丁寧にミルカレスのソムリエさんが店先で待ってくださり、
プティカレスへ案内して頂きました。

入店するととても気さくなシェフがお出迎え。
料理は一休.comレストランより、コースでお願いしました。

ドリンクはもちろんシャンパーニュをオーダー。
petitcaresses_20191118_01

petitcaresses_20191118_02

アミューズはグジェール。
petitcaresses_20191118_03

前菜5種盛りもどれも美味しく、
ついついシャンパーニュが進んでしまう罪深さ(笑)。
petitcaresses_20191118_05

petitcaresses_20191118_04

我が鳥取の牛と鶏から採ったスープも
しっかりとした旨味が凝縮されていて美味しいです。
petitcaresses_20191118_07

petitcaresses_20191118_06

petitcaresses_20191118_08

サラダを挟んだ後に、メインのお肉2種類。
こちらも鳥取のお肉ということなのですが、
良質な食材はほとんど県外に出ているためと、
シェフの腕の素晴らしさが相まって
地元で食べる鳥取牛より美味しく感じました。
petitcaresses_20191118_10

petitcaresses_20191118_09

メインの後は、パスタかハヤシライスか選べます。
が、迷っていたところ、シェフがハーフ&ハーフで作って下さいました。
petitcaresses_20191118_11

petitcaresses_20191118_12

ドリンクはシャンパーニュ3種類と、
ピノノワール(マルサネ)を2杯頂きました。
メインがシャンパーニュとなるため、
どうしてもドリンク代が高くなってしまいますが、
そこをうまく調整すればCPはもっと高く感じることでしょう。
営業時間も遅くまでされているのも良いですね!

プティカレスの後に、1杯だけ良いピノノワールを飲みに
ミルカレスさんにもオジャマして、帰宅しました。
millecaresses_20191118




関連ランキング:ステーキ | 北新地駅大江橋駅東梅田駅

テーマ : こんな店に行ってきました - ジャンル : グルメ

蒼山幸子 "はじめのひととき" @梅田Shangri-La 20191118

今年7月に解散したねごとのボーカリスト、
蒼山幸子さんのソロワンマン1stツアー・大阪編に行ってきました!

蒼山幸子 はじめのひととき 01

整理番号は90番台で、入場後荷物をコインロッカーに預けたりしていて
後に入った人にも追い越されるだろうなぁと思っていたのですが、
ステージ向かって左側の前から4列目辺りを奪取✌
先に入場した方でも意外と後ろで観たい人もいて、ありがたい。

この日、会場でも販売の、ツアー前に完成した1st e.p.の
オープニングナンバー「まぼろし」にはじまり、
先行配信曲の中で特にお気に入りの「バニラ」では
ハンドマイクで、楽曲同様躍動感溢れるステージング💃
個人的にもいきなりアゲ〜な高ぶり!(ライブ前に🍷飲んでから来てるし。笑)

幸子さんが、MCで「大阪はノリがいいですね!」と言ってましたが、
これから曲がより周知されたら、あの10倍は盛り上がるのではないでしょうか?

その後「ミューズ」、CDに未収録の新曲「夏の南極」と続き、
バックのメンバーは一旦引っ込んで弾き語りタイムへ。
楽曲は、ねごと時代の「ふわりのこと」と「水中都市」。
「水中都市」はバンドver.とはまた違った良さが出ていました。

メンバーが再登場して、披露された2曲目の新曲。
これがPhoenixを彷彿とさせるダンスミュージックで
早く音源化して頂きたい、超絶格好良いナンバーでした。

「鳥と糸」〜「silence of light」〜「セブンスヘブン」と、
新曲を織り交ぜつつ、CDの曲順に沿ったセットで本編終了。
しかし、CDの楽曲を含め、全曲良いという奇跡...。

アンコールも「Slow Night」という新曲で、
こちらもバリバリ格好良いダンスミュージック。
まだ持ち曲が少ないこともあり曲数は多くはないけれど、
それでも高い満足度を与えてくれるひたすら楽しいライブでした!

終演後はCDの特典会でサインを頂きました。
蒼山幸子 はじめのひととき 02

ライブ中盤の新曲が最高だった旨のお話しをさせてもらいましたが、
蒼山さんのLINEスタンプで、ひとつだけイラストの
詳細が謎なものがあり、それを質問すればよかったなぁと
後になって思いました(笑)。
またお話しできる機会があれば、それを聞こう(笑)!

ということで、またライブで関西圏に来られることがあれば
絶対に行こうと思っております!
これからの活動・活躍も楽しみです!


蒼山幸子 presents はじめのひととき @梅田Shangri-La 20191118

01. まぼろし
02. バニラ
03. ミューズ
04. 夏の南極
05. ふわりのこと (ソロ弾き語り)
06. 水中都市 (ソロ弾き語り)
07. -新曲-
08. 鳥と糸
09. silence of light
10. セブンスヘブン
- encore -
11. Slow Night

テーマ : ライブ - ジャンル : 音楽

ジュヴレ・シャンベルタン飲み比べ🍷エノテカ・ミレ [大阪]

今週は、めずらしく週のアタマから仕事をほっぽりだし大阪へ。
夕方の到着後、微妙に時間が空きそうだったため、
事前に軽く飲めるお店を探していたところ、
グランフロントでバーも併設されているエノテカさんが
ジュヴレ・シャンベルタンの飲み比べ企画をされていて、
これは!と思い予約しました。

17時という隙間の時間ということで席もまだ疎らで、
ソムリエールさんがほぼかかりきりで対応してくださいました。
(説明が詳しく分かりやすく、大変勉強になりました。)

シャンベルタンの前に、1杯泡を頂こうとしたところ、
こちらもこの週のスペシャルグラスとして
「ルイナール ブラン・ド・ブラン」も
グラスで提供できるとのことで、そちらも頂きました。
アーモンドのニュアンスも感じられる美味しいシャンパンでした。
エノテカ 20191118_01

シャンパンを飲み干したところで、
ジュヴレ・シャンベルタン3種類が登場。
エノテカ 20191118_02

店頭販売の価格はボトルで各17,000〜20,000円程度。
普段ボトルでレストランで開けることはもちろん、
店頭で購入するのも何かお祝いでもなければ庶民は躊躇する価格帯。
それが3グラスセット(それぞれ50ml)で5,600円と、
庶民でも手が届く設定となっておりエノテカの良心を感じました。

エノテカ 20191118_00

- - - - - - - - -

エノテカ 20191118_03

① ジュヴレ・シャンベルタン メ・サンク・テロワール / ドメーヌ・ドニ・モルテ

シャンベルタン、ひいてはピノ・ノワールのお手本の様な
フレッシュな果実味が感じられました。
おそらく誰が飲んでも美味しいワインでしょう。

- - - - - - - - -

エノテカ 20191118_04

② ジュヴレ・シャンベルタン 1級畑 ル・ポワスノ / ドメーヌ・ジャンテ・パンショ

3つの中ではかなり濃厚で重厚なブルゴーニュ。
土っぽさが感じられ、少ししっかりとしたお肉料理とも
相性の良さそうな1杯でした。
ちなみにこの3杯と合わせてプロシュットをオーダーしていて、
マリアージュを一番楽しめたのはこのワインでした。

- - - - - - - - -

エノテカ 20191118_05

③ ジュヴレ・シャンベルタン 1級畑 オー・コンボット / ルシアン・ル・モワンヌ

価格的にも他の2本より少し高額だけあって、
味わいの複雑さがとても興味深く、
口当たり〜余韻までずっとエレガントでした。
一番気に入ってしまって、おかわりました(笑)。

ちなみに1年くらい前にルシアン・ル・モワンヌのシャブリを
飲みましたが、シャブリの固定概念を覆される奥の深い味わいでした。

- - - - - - - - -

プロシュットはまぁまぁ...。
エノテカ 20191118_06


こういう興味をそそるイベントがあればまた伺いたいと思います。



関連ランキング:イタリアン | 大阪駅梅田駅(大阪メトロ)梅田駅(阪神)

テーマ : ワイン - ジャンル : グルメ

いよいよ明日、Kwartet Frits Kaatee リリース!

Kwartet Frits Kaatee 『Will You Still Be Mine?』CD

Kwartet Frits Kaatee『Will You Still Be Mine?』のCDが
日付が変わりまして、本日フラゲ日、明日リリースとなります!

リリースに至るまでのストーリーは以前告知した際に散々書いたので
詳しくはそちらを読んで頂くとして...となったら
ほぼほぼ書くことがありません(笑)。

ちなみにこのアルバム、元々は1984年のリリースなのですが、
この時代のジャズって何が主流だったのでしょうか?
何となくフュージョン全盛の時代ってイメージなのですが、
この作品はそれが皆無で、かといって60年代の重厚感もなければ
70年代のレアグルーヴ感もない。
何だか時代性に捉われない不思議な作品です。
大手レーベルからのリリースではなく、
フリッツさんが自主制作でリリース(=プロデュース)したというのも
その要因かもしれません。

CDの取扱店のひとつ、Catfish Recordsさんが
予約時から熱のこもったキャプションを書いて下さっていて、
なぜかこちらが「ふむふむ」と内容に関して理解を深めております(笑)。

今でこそ、オリジナルのLPの相場は程良い価格になってますが、
以前は2~3万円の間をウロウロするれっきとしたレア盤。
15年くらい前は自分自身も「欲しいけど見つからないなぁ...」と
指をくわえながらディスクガイド本で見ていたレコードを
自分のレーベルからこうしてCD化出来て、
ひそやかに万歳三唱しております🙌🙌🙌

4月に天国へ旅立ったフリッツさんも喜んでくれていると良いですが、
「生前にリリース間に合わせろや!」とワンチャンぶちギレているかもしれません(笑)。
...とにかくがんばって復刻したので、
たくさんの方に手に取って頂けると嬉しいなぁと思ってます。
よろしくお願いします。

- - - - - - - - -

Kwartet Frits Kaatee + Jeanette Cordee 『Will You Still Be Mine?』

il Tempo / ITCD-004
Format : CD
price : 2,640 yen (2,400 yen + tax)
release : 2019.11.13
genre : Jazz / Jazz Vocal

- - - - - - - - -

オランダのサックス奏者、Frits Kaateeが1984年に自主レーベルよりリリースしたアルバム『Will You Still Be Mine?』が世界初のCD化!

2019年4月に惜しくも亡くなったオランダのサックス奏者、Frits Kaatee。10代の頃よりThe Dutch Swing College Bandからレッスンを受け、 1970年代にはアメリカのジャズメンとも数多くのセッションを重ねた後、1984年に自身がリーダーを務め、女性シンガー、Jeanette Cordeeを起用し、デン・ハーグ南西のモンストルにて録音したのが本作『Will You Still Be Mine?』。スウィングを基調とした楽曲の良さと 相まって、オリジナルのLPは自主制作ゆえプレス数も少なく、ユーロジャズのレア盤として知られていましたが、遂に世界初の復刻となり ました。

インスト・ナンバーとJeanette Cordeeのボーカル曲がバランスよく配置されていて、中でも素晴らしいのがKenny Rankinの名曲「In The Name of Love」のカバー。端正に刻まれる3拍子のビートに、Jeanette Cordeeのボーカルへ呼応するFrits Kaateeのサックスプレイも秀逸で、Kenny Rankinのアルバムテイクではなく、1966年の初出7インチのジャズ・バージョンに近いテイクとなっています。また、モッド・ジャズファンク調の「Easy Evil」に、軽快なスウィング・ナンバー「Will You Still Be Mine」、小気味よいジャズボサ調の「Fred」、ゆったりと落ち着いたジャズボサの「Clouds」、洗練されたスウィング・アレンジの「Do I Love You」のカバー等、曲単位、アルバムとしても非常に楽しめる作品となっています。

■ 世界初のCD化!
■ A式紙ジャケット仕様。
■ 解説 : 次田 吏伽

- - - - - - - - -

↓YouTubeにオススメ曲の試聴trailerをアップしました!

テーマ : おすすめ音楽♪ - ジャンル : 音楽