ねごと "SOAK"ツアー2018 @岡山Image 20180217

2/17に岡山でねごとの『SOAK』ツアーに遊びに行ってきました。
昨年10月に鳥取大学の風紋祭で観てから、
次のツアーでまたライブ観たいなぁと思っていたので、
割と近めの(?)岡山もツアーに組み込まれていて、良かったです。

チケットの整理番号1番だったのに、到着したのが遅かったのと、
クロークに荷物預けたり、みんな場所を陣取ってるのに
悠長にビール飲んでいたりして、最後列...(笑)。
普段、クラブは行くけど、ライブハウスは行き慣れてないので、
みんなライブ終わった後にドリンク飲むんですね(笑)。
今思えば、駆けつけ一杯的に飲んでる人、ほとんどいませんでした(笑)。





セットリスト






「ETERNALBEAT」と「シンクロマニカ」はリミックスver.でしたね。
バンドサウンドで、リミックスver.を逆に演奏するって格好良いですよね。
ライブで聴きたかった「WORLDEND」(超名曲)と、
ドラムンベースな「moon child」も聴けて良かったです。
あと、終盤の「シリウス」の盛り上がりが尋常じゃなくて、
めっちゃ楽しかったです♪
隣の人も盛り上がっていたこともあり、
最後列だったけど、ぼくもめっちゃ跳ねて踊って楽しみました。
本当はもっと前で盛り上がりたかったけど...。

ねごと 20180217

写真も、もっと前で撮りたかったなぁ(笑)。

ライブ後の物販で、蒼山幸子ちゃんに
「あの辺りでノリノリでしたよね?見えましたよ。」と
言ってもらえて、嬉しいやらハズかしいやら(笑)。
後ろのお客さんは割とゆっくり観ている方が多かったので、
後ろで踊っていると、逆に目立つということが分かりました。

言葉では上手く表現できないくらい、楽しい時間でした♪
またライブ観に行きたいなぁと思っております。
次のツアーまでは長そうだし、
残りの『SOAK』ツアーの別会場に行けないか
自分のスケジュールをチェックしたいと思います。








スポンサーサイト

テーマ : LIVE、イベント - ジャンル : 音楽

ベイビー・ドライバー

2017年公開された中で気になっていた映画のひとつ
『ベイビー・ドライバー』を先日鑑賞しました。
baby_driver_6

天才的なドラインビング・テクニックで、犯罪者の逃走を手助けする
「逃がし屋」をしている主人公のベイビーが、
運命の女性デボラと出会い、逃がし屋から足を洗うことを決めるが、
ベイビーの才能を惜しむ犯罪組織のボスに脅され、
無謀な強盗に手を貸すことになる、というストーリー。

冒頭のカーチェイスから見モノで、グッと惹きつけられます。

後半からやや展開が意外な方向に動きますが、
全体的にもなかなかおもしろかったです。

baby_driver_2

baby_driver_3

baby_driver_4

baby_driver_5

ヒロイン役のリリー・ジェームズと、
組織の紅一点、エイザ・ゴンザレスもお綺麗でした。
baby_driver_1

baby_driver_7

音楽は、Kashmere Stage Band、Incredible Bongo Band等が
使われていて、そちらも楽しめます♪
サントラのジャケットも格好良い↓
baby_driver_ost

気になった方はぜひ観てみて下さい!

テーマ : 映画感想 - ジャンル : 映画

ねごと / SOAK

ねごと SOAK

やることが多めですが、集中力が途絶えたのでブログを更新してみてます。最近、中古盤ばかりレビューしていたので、たまには新譜も載せておきます。12月にリリースされたねごとの5thフルアルバム『SOAK』、これが最高でリリースされてからドライブ中や自宅で作業中や、ほぼほぼこれを聴いております。前作『ETERNALBEAT』からグッとエレクトロ路線になって、クオリティーもあがって、個人的にはさらにツボでしたが、『SOAK』はさらに進化しつつ、歌心は失わず、突き抜けた感じです。聴き応えあります。

リード曲の「DANCER IN THE HANABIRA」からブリブリのダンスチューンで格好良く、シングルでリリースされた時点からめちゃくちゃ聴いておりました。が、3曲目にそれを上回る「WORLDEND」という名曲が収録されております。サビでのメロディーが神がかっていて何度もリピートしてしまいます。「Fall Down」〜「moon child」〜「undone」のミドルパートも彼女たちのコアな部分が聴けて良いです。16ビートというかドラムンベースな「moon child」良い曲ですね。「空も飛べるはず」カバーのカップリングに収録されていた、ポップに駆け抜ける「ALL RIGHT」は、サビのボーカルが可愛いですね◎ その後の「シリウス」も歌詞とリンクしたドラム演奏に、この曲もサビが最高ですね。曲単位でもトータルでも、今までで一番の作品ですね〜♪

2月からの全国ツアー、行こうと思っております!




テーマ : おすすめ音楽♪ - ジャンル : 音楽

Jorge Santana / Love The Way - Sandy (spanish ver.)

jorge_santana_sandy_spanish

週のはじめ〜木曜くらいまではいつもルーティンのお仕事に追われていて、週末にそれ以外の仕事に取り掛かれるという感じなのですが、この週末はもっぱらCalicoのデザインの作業に勤しんでおりました。いつかは終わりがくると信じて(笑)、もくもくとやっております。が、なんせ集中力がないのでダメです。まだまだ先は長そうですが、がんばります。

では今日の一枚。お馴染みJorge Santanaのフリーソウル名曲「Sandy」のスペイン語ver.の7インチです。オケはそのままながら、スペイン語で歌われることで少し雰囲気も違いますよね。楽曲の気持ちよさはご存知の通りなので特に説明は不要かと思います。英語ver.の方がよく知られているし、なんとなくキャッチーなので、いつもそっちをかけてしまいがちですが、たまにはこちらもDJで使ってみようかしら。最初、英語ver.かけてからの中盤でシレッとこっちにミックスとか...(笑)。

テーマ : おすすめ音楽♪ - ジャンル : 音楽

Howard Guyton / You and I - An Explanation

howard_guyton

どもー。yo☆ssyです。初夢って結局いつ見た夢のことかよく分かっておりませんが、1/1に見た夢が激しく災害に遭うという、なんとも不吉な2018年の幕開けでした。そして現実でその日の夜中に食あたりになるという...スタートでいきなり大転倒した感じになっております。その後はまだ何も起こっておりませんが、今年アブなそうだな~(笑)。

では今年最初の一枚にして欲しかった7インチをゲット!こちらは幸先良いです(笑)。USのソウル/リズム&ブルース系の男性シンガー、Howard Guytonが1974年にブラジルで録音し、(おそらく)7"オンリー&ブラジル盤オンリーでリリースしたシングルです。白眉はSide-Bの「An Explanation」という曲で、ディスコより少し速いBPMで軽快に走るサンバリズムに乗って、ソウルフルなホーンと、キャッチーなメロディーがクセになる一曲。シンプルと言えばシンプルな楽曲ですが、ストレートに演奏とメロディーの素晴らしさで、それだけでOKな感じです。もちろんダンサブルなのも高得点ですし、ブラジルで録音されたのもアクセントになっていて良いです。

テーマ : おすすめ音楽♪ - ジャンル : 音楽

Bonne Année!2018


遅くなりましたが、あけましておめでとうございます。
2018年もどうぞよろしくお願い致します。

まだ何もインフォメーション流していないのですが、
今年、最初のお仕事はボクが手に持ってるCalicoの復刻に決まりました。
世界初のCD化&そこから4曲を抜粋した7"アナログ盤×2種類。
リリースは3月か4月かな~。
ただいま絶賛準備中です。
みなさま、こちらもよろしくお願いします!

テーマ : 新年のご挨拶 - ジャンル : ブログ

Luli / same

Luli

今年も残すところあと一週間ですね。一気に駆け抜けてあっという間に年越しを迎えそうです。12/29がDJ納めで、その日はロック色の強いイベントですが、いつも通りオールジャンルで好きな曲だけかけたいなと思っております。ご都合のよろしい方はぜひお越し下さい!

では今日の一枚。先日の『la moda』で開催した、出演DJによる「ふぁぼレコ展」でボクが手にしていたLPです。Luli & Lucinha等のリリースでも知られる、ブラジルの女性SSW、Luliの1965年のアルバム。この作品といえば、シングルカットもされている「Baleiro」と「Missão」がズバ抜けて素晴らしいです。「Baleiro」はアコースティックな演奏ながら、こちらも鮮烈なインパクトを残すジャズサンバ調で、力強い彼女のボーカルと掛け合う男性コーラスも最高。演奏もひたすら洗練されていて、非常に素晴らしいです。「Missão」は演奏だけ聴くとスタイリッシュかつクールなモーダル調のジャズサンバで、そこにブラジルらしい歌いまわしのボーカルが乗り、何度も聴きたくなる好曲ですね。未CD化なので、いつかLPに忠実なディテールでリリースされてほしい一枚です。


テーマ : おすすめ音楽♪ - ジャンル : 音楽

初・ここみんに会ってしまった!

今年もクリスマスがやってきましたね🎄
イヴイヴの昨日、世界一可愛いサンタさんに会ってきました!

coco3n_20171223_01

12月のはじめ頃だったでしょうか?
ボクとともにここみんこと成瀬心美ちゃん大好きな
seebookさんから第一報が入りまして、
「12/23に遂にここみん鳥取来ますよ!!」と。
もう今月はこの日を楽しみに生きてきました(笑)。

パチンコ屋さんの営業で、二部構成だったのですが、
仕事の都合上、一部のみ参加ということで、
短い時間でしたが、ナマここみんを堪能してきました。
いやはや、天使ですね👼

で、2ショットで写真を撮って頂ける時間があり、
好きが増しすぎて、ボクの表情固くなるっていう...(笑)。
coco3n_20171223_02

こちらはサスガのseebookさん。
coco3n_20171223_03

二部は見れませんでしたが、ツイッターによると
ツリーで登場したそうです。ミタカッタ...(涙)。
coco3n_20171223_04

coco3n_20171223_05

coco3n_20171223_06

coco3n_20171223_07

いやはや、天使ですわ。。

とりあえず年末年始も仕事がんばれそうですし、
心置きなく年が越せそうです。
そして来年も会いに行きたいです♪

パチンコ、スロット、一切しない私ですが、
ここみんが来るまで、十数年振りにスロットしてみたところ
ビギナーズラックで5,000円勝ちました(笑)。
coco3n_20171223_08

↑フィーバーちゅ。

テーマ : 女性タレント - ジャンル : アイドル・芸能

美味しかったワイン&お店 2017 秋冬

どうも〜、yo☆ssyです。
今年の秋〜冬は比較的飲みに出る機会が少なかったですが、
今回も美味しかったワインと共に書き残しておきます。

vino_2017aw_01

Louis Caillot Volnay 2004。

夏にルイ・カイヨの「Beaune」というのを飲みましたが、
こちらは2004年の「Volnay」。
熟成期間が長いので、よりしっかりとしていた記憶があります。
イオンの手がつけられていないワインコーナー、
だいぶん在庫減ってきましたが、まだ買うべき物はありますね。

vino_2017aw_02

Jean-Marc Millot Bourgogne Rouge 2015。

ネットショップの、「この値段でロマネコンティそのもの!」的な
キャッチコピーに乗って買ってみたブルゴーニュ。
畑のほとんどがヴォーヌ・ロマネとエシェゾーにあるらしく、
コスパはかなり良かったです。

vino_2017aw_03

Central Coast Pinot Noir "Cuvee V" Calera 2012。

お次はカリフォルニア・セントラルコーストの
有名なカレラの2012年。
アメリカ、安定の美味しさですね。
カリフォルニアで10月に大規模な山火事がありましたが、
ここのワイナリーは無事だったのでしょうか?

vino_2017aw_04

9月に酒菜や 呵呵旨さんで、職場のスタッフと
のどぐろ食べる会開きました。



関連ランキング:居酒屋 | 鳥取駅



そのあと、Claraちゃんとひとり企画さんと3人で久兵衛に行き、
Claraちゃん帰り、ひとり企画さんとコルク行きました。
vino_2017aw_08



関連ランキング:ダイニングバー | 鳥取駅



vino_2017aw_06

Ultreia de Valtuille 2012 Raul Perez。
Ultreia Saint Jacques 2013 Raul Perez。

夏に神戸のワインバーDさんで教えて頂いた
スペインの天才醸造家、Raul Perezさんの
「Ultreia」のトップクラスと
リーズナブルなクラスの赤を2本買い。

実はまだ「de Valtuille」の方は開けてないのです。
いつ開けようか悩み中です。
「Saint Jacques」はかなりお手頃価格ですが、
この値段でこの味わい、素晴らしかったです。
「de Valtuille」の期待が高まる(笑)!

10月、コルクで舌平目いただく。美味。
vino_2017aw_07

この週末は2日連続でコルク行ってたみたいです。
たまにそういう週あるね。

そういえば10月になかみちくん、ショックさん、ウイロに
ボクを加えたレアなメンバーで飲みに行きましたが、
写真が一枚もなかったです。
その日は、食知庵→サハラ→先日テレビで紹介されたらしい
おばちゃんのホルモンのお店に行きました。
結構飲んで楽しかったなぁ〜。

vino_2017aw_09

Varner Neely Upper Picnic Pinot Noir 2011。

こちらもワインバーDさんで出して頂いた
カリフォルニアのヴァーナー・ニーリー・ピノ。
他の区画のピノやシャルドネもあるようで、
そちらも気になりますね。
Dのマスター曰く、2010年(だったかな?)がさらにヤバい、とのことでした。

11月、いつも美味しいはせ川さんでランチ。
vino_2017aw_10

vino_2017aw_11



関連ランキング:割烹・小料理 | 鳥取駅



倉吉であったやまりょーの結婚パーティーから
鳥取へ戻り、コルクへ。
vino_2017aw_12


11月、恒例の松花さんでふぐ🐡
vino_2017aw_13

vino_2017aw_14



関連ランキング:懐石・会席料理 | 鳥取駅



11月、仕事終わりの『East of Underground』前にコルクで夜ごはん。
vino_2017aw_15

鼎さんのシャルドネ、優しいお味。
vino_2017aw_16

vino_2017aw_17

vino_2017aw_18

いつも美味しいけど、この日もとても良かったです◎

11月、蟹が解禁になってすぐ味暦あんべさん。
vino_2017aw_19

ちゃんと予約していったので、ウェイティングの方々を尻目に入店(笑)。



関連ランキング:懐石・会席料理 | 鳥取駅



vino_2017aw_20

Gevrey Chambertin Vieilles Vignes Gabriel Tortochot。

多分、イオンに残っていたシャンベルタン。
記憶に残っておりませんが(笑)、
この値段にしては充分楽しめるって感じだと思います(無責任。笑)。

vino_2017aw_21

Francis Ford Coppola Director’s Cut Chardonnay 2012。

何年振りかにコッポラ監督のワイン飲みました。
シャルドネは初でしたが、良いクオリティーですね。

vino_2017aw_22

Meo-Camuzet Marsannay 2013。

夏にミルカレスさんで衝撃を受けた、
メオ・カミュゼのリーズナブルなマルサネ。
いや、もうここのワインはどっぷりファンですわ。
どれ飲んでも美味しい。。

という感じのこの秋〜冬でした。
来年も美味しいモノいっぱい食べたいです♪

それではまた!
vino_2017aw_23

テーマ : ワイン - ジャンル : グルメ

Wroblewsky - Donner - Klemm / same

wroblewsky_LP

連日寒いです。末端冷え性なので堪えます。今週は、怒涛と思われる年末年始前にちょっとだけ休みが取れそうなので(月末なのに大丈夫か?笑)、どこかに美味しいものを食べに行きたいなぁと思っております。まだ何も決まっておりませんが、行けるのド平日なのでひとりでハシゴ酒って感じになりそうです。。

今日の一枚は何年か前にJabbedabbedoeさんに教えて頂いたこちら。1991年にベルリンでPascal von Wroblewskyがボーカルを務めたジャズグループのライブ録音盤。グループといっても、ボーカルとピアノとサックス/フルートという変則トリオで、ライブ録音ということも含め、何となくダメっぽい偏見にさいなまれますが、B-2に収録の「St. Michel」がそんな先入観を吹っ飛ばす奇跡の一曲。華麗に跳ねるピアノに乗せて全編スキャットで押し通しているだけなのに、何故にこんなに感動的なのでしょう?ボーカルパートでは控えめに、間奏では一気に主役へとなるサックスも素晴らしいですね。この時のライブに立ち合いたかったなぁとすら思わせますね。最高です◎

テーマ : おすすめ音楽♪ - ジャンル : 音楽