FC2ブログ

『愛しのレコジャケ展』開催中 (~2/24(日)まで)

少し前にブログでも告知した『愛しのレコジャケ展』が
昨日〜24日まで開催中です。

愛しのレコジャケ展01

初日、様子を見に行ってきました!
綺麗にディスプレイされてとても見やすく、
音楽・レコード好きの方は楽しむことの出来る展示ではないでしょうか。

愛しのレコジャケ展02

愛しのレコジャケ展03

愛しのレコジャケ展04

見開きジャケコーナー。
愛しのレコジャケ展06

7インチ・ジャケット・コーナー。
愛しのレコジャケ展07

試聴コーナーもあり。
愛しのレコジャケ展08

ゲスト枠として、街にお店を構えている
レコード好きの店主に3枚ずつセレクトしてもらっている
コーナーがあり、ぼくも選ばせて頂きました。
愛しのレコジャケ展05

愛しのレコジャケ展09

愛しのレコジャケ展10

愛しのレコジャケ展11

まぁ、自分っぽいな...という感じです。ハイ。

自分がやるなら...と展示内容を考えてみたのですが、
ジャンル以外のテーマで、例えば「春夏秋冬」を感じさせるジャケとか、
コーヒーのジャケ縛りとか、車ジャケ縛りとか、
あとは配色の似たジャケットを並べるとか、
そんな感じ出来たら、音楽に興味のない人でも楽しむことが
出来そうだなぁとか、ぼんやり思ってみました。

が、自分自身そこまでのコレクションがないですし、
あってもそもそも話がこないので、よしとしましょう(笑)。

入場無料ですので、近郊の方で興味のある方はぜひ!
スポンサーサイト

テーマ : LIVE、イベント - ジャンル : 音楽

YUKI / forme

YUKI forme

2019年に入ってから、オン/オフの緩急をつけまくっております。何もないと永遠にダラダラ仕事をしてしまうので。2月は2週続きでオフらしいオフを取ってリフレッシュできました。確定申告もありますし、3月半ばまでオン状態で多忙を極めたいと思います。1ヶ月後にまたオフ日をつくる予定で。

では今日の一枚。2/6にリリースされたYUKIのニューアルバム『forme』です。今回は西寺郷太(ノーナ・リーヴス)、堀込泰行(ex.キリンジ)、Chara、細野晴臣、吉澤嘉代子、津野米咲(赤い公園)、川本真琴、尾崎世界観(クリープハイプ)等、豪華アーティストが作曲で参加しています。冒頭の3曲は前作までのYUKIらしさ全開のナンバーが並びますが、全体のイメージは"フォーク"な印象でした。メロウ~ドリーミーな西寺郷太作曲の「しのびこみたい」は、メロディーラインがCharaっぽさがあって、誰がどの曲を作ったか知らない状態で聴いたら聴き間違えそうです。「風来坊」はかなりライブ映えしそうなポップナンバーですね。アルバムのリード曲「やたらとシンクロニシティ」はピアノが跳ねる演奏も、歌詞も最高で最近のマイ・テーマ曲化してます。そして個人的に優勝だったのがChara作曲の「24hours」。Chara節の出た切ないメロディーと、壮大に包み込む演奏にただただ感動。。名曲です。ということで、3月から始まるツアー『trance/forme 2019』も楽しみです♪


テーマ : おすすめ音楽♪ - ジャンル : 音楽

みつき 20190129

先月末、みつきさんへ新年のご挨拶を兼ねてオジャマしてきました。
12月の神戸旅で仲良くなった安田さんが行ってみたいということで、
当初はふたりで行く予定だったのですが、
コルクのマスターがお正月休みの振替休日を取っているとのことで、
急遽3人で行くことになり、ワイワイと楽しく食事が出来ました。

それでは今回も素晴らしい料理をどうぞ!
みつき 20190129_01

みつき 20190129_02

みつき 20190129_03

みつき 20190129_04

みつき 20190129_05

みつき 20190129_06

みつき 20190129_07

みつき 20190129_08

みつき 20190129_09

いや~、今回も素晴らしく美味しかったです。
1月ということで、中間のごはん物は、からすみ餅でした!

そしてせっかくコルクのマスターも一緒だったので、
みつきさんのワインリストより、イタリアのシャルドネを頂きました。
みつき 20190129_00

また近いうちに伺いたいと思います!



関連ランキング:懐石・会席料理 | 鳥取駅

テーマ : こんな店に行ってきました - ジャンル : グルメ

愛しのレコジャケ展

レコジャケ展201902

2/20〜24にパレットとっとりで
愛しのレコジャケ展』が開催されます。
主催は鳥取市のようですが、
企画内容はborzoi recordさんが任されているそうで、
borzoiさんのセレクト+街にお店を構えている
レコード好きの店主にも数枚ずつチョイスしてもらって
バラエティに富んだ展示内容になる模様。

で、何故か店を構えていないボクにもお話を頂き、
il Tempo枠(?)で3枚選ばせて頂きました。
内容に関しては、展示が始まってからまたアップしますが、
完全に音楽の内容重視で好きなレコードを選んでおりまして、
もっとジャケットとして映える物を選べばよかったなぁと
ブログを書いている今、思っております(笑)。
(...というか、そういう展示ですよね💦笑)
そして何となくひとりだけ系統が違って浮きそうな気がしてます💧

ただ、バシッと気合い入れてキャプション/コメントも書いたので、
入場無料ですし、期間中お時間のある方はぜひ観に行ってみて下さい。
他の方のセレクトも楽しみですね♪

- - - - - - - - -

『愛しのレコジャケ展』

on:‪2019.2.20 (Wed.)~24 (Sun.) 10:00~18:00
at:パレットとっとり市民交流ホール
fee:free

主催:鳥取商工会議所
協力:borzoi record、santana cotoya
後援:鳥取市中心市街地活性化協議会
info:パレットとっとり市民交流ホール (phone:0857-39-2555)

https://www.palettehall.jp/events/event/event-1298/

●●● 市民交流ホール スペシャル企画 ●●●

街のレコード屋さんがセレクトしたジャケットの魅力と出会う5日間♪

▶▶ 土日限定ポップアップストア ◀◀
【Day 1】 2/23 (Sat.) 10:00~18:00
・borzoi record (レコード・CD販売)
・TOTTORI COFFEE ROASTER (コーヒー・ドリンク・焼き菓子販売)

【Day 2】 2/24 (Sun.) 10:00~18:00
・borzoi record (レコード・CD販売)
・necco70 (コーヒー・ドリンク・フード販売)

テーマ : LIVE、イベント - ジャンル : 音楽

ショートトリップ 東京 201901

数週間前に、一瞬東京に行ってきました。
予定外に自由時間も出来たりして
束の間ではありましたが、とても楽しい滞在でした。

お昼の便で出発✈
機内食201901

この日、乗客が少なめだったせいか、
風の向きのせいか知りませんが
普段1時間かかるところを45分くらいで到着して、
せっかくの機内食も慌ただしく食べ、
時間がそんなにないのに、C.A.さんがおかわり勧めてくるので
ビールも2杯気合いの一気飲み(笑)!
富士山201901

東京に到着し、少し時間も出来たので
浅草橋のTodays Gallery Studioに
チョーヒカルさんの個展『超動物展SP』を鑑賞してきました。
チョーヒカル201809_01

チョーヒカル201809_02

チョーヒカル201809_03

チョーヒカル201809_04

チョーヒカル201809_05

チョーヒカル201809_06

チョーヒカル201809_07

ボディペイントも圧巻ですが、食べ物と動物を融合させた
空想動物シリーズが最高です。
こんなのよく思いつくよなぁ...と感心してしまいますね。
イマジネーションに富んだ作品、尊敬します。

ホテルはセレスティン銀座
セレスティン銀座201901_01

セレスティン銀座201901_02

セレスティン銀座201901_03

程よい広さで快適でした✨

そうこうしていたら夜になり、ディナーは肉割烹ゆうざんさん。
到着してから、昨年伺ったスリオラさんと
同ビル同フロアだということに気が付きました。
肉割烹ゆうざん_201901_01

肉割烹ゆうざん_201901_02

肉割烹ゆうざん_201901_03

肉割烹ゆうざん_201901_04

肉割烹ゆうざん_201901_05

肉割烹ゆうざん_201901_06

肉割烹ゆうざん_201901_07

肉割烹ゆうざん_201901_08

肉割烹ゆうざん_201901_09

肉割烹ゆうざん_201901_10

肉割烹ゆうざん_201901_11

メインの前の八寸のあたりで既にお腹いっぱい。
メインとごはんは少し食べてお持ち帰りにしてもらいました。
すっぽん出汁のしゃぶしゃぶも絶品。
あと、ワインのセレクトもとても良かったです!
シャルドネ、ピノも美味しかったですが、
普段あまり飲まないボルドーも良かった~◎



関連ランキング:懐石・会席料理 | 銀座駅東銀座駅日比谷駅



もう一軒行こうかと迷いましたが、よく飲んで
いい感じに酔っぱらったので一日目終了。

- - - - - - - - -

二日目のランチはフレンチのArgile -アジル-さん。
同じビルのESqUISSE -エスキス-さんの姉妹店で、
こちらはカジュアル寄りで気楽に楽しめます。
アジル_201901_01

アジル_201901_02

アジル_201901_03

アジル_201901_04

アジル_201901_05

当然ながら料理もワインも美味しかったですし、
親切で気さくなサービスも好印象でした。
とても楽しい時間が過ごせました。



関連ランキング:フレンチ | 銀座駅有楽町駅日比谷駅



- - - - - - - - -

ということで、いつも通り食べて飲んでばかりの2日間(笑)。
特に1日目の夕方以降は秒で時間が過ぎ去り、
後ろ髪をかなりひかれながら新幹線で帰りました。
また近いうちに行きたいですね。。

テーマ : こんな店に行ってきました - ジャンル : グルメ

Mark IV / Signs of a Dying Love

Mark IV / Signs of a Dying Love

みなさま、2019年如何お過ごしでしょうか?ぼくは今のところ休みなく働いております。お正月におせちと良いワインを嗜んだくらいで、特にコレといったことはしてないですね。(少々仕事も絡んでますが)来週冬休みを少し取る予定なので、それを楽しみにそれまではがんばりたいと思います。

では今日の一枚。昨年、何気によく聴いていた、Mark IVの未発表曲を集めたアルバムです。Mark IVといえば「Signs of a Dying Love」がレア盤として知られ、その未発表バージョンが2017年に発掘、そして昨年、1974〜78年に録音されていたその他の曲もディスカヴァリーされました。たしかに未発表曲だよな...っていう曲もあるのですが、タイトなビートの「How I Feel For You」や、ファンキーなホーンのソウル〜ディスコ「Hang Ups」辺りは普通にリリースされていてもおかしくないレベル。そしてハイライトは3曲目に収録された「I Knew It Wouldn't Last」。Marcia Hinesの「You Gotta Let Go」を彷彿とさせるメロディーと演奏の雰囲気、サビでの突き抜け感も最高に気持ち良いフリーソウル・ナンバーです。めちゃくちゃ良い曲ですね!


テーマ : おすすめ音楽♪ - ジャンル : 音楽

iPhone XR

Phone_XR

いい加減iPhoneを機種変更したいな、と思いつつ、
ショップ行くのが面倒でダラダラしていたところ、
年始早々にauから営業の電話がかかってきたので、
即答でiPhone XRに替えました。

イマイチXSとXRの違いも分かっていなかったのもあって
どれがいいのか決め倦ねていた感もあったので、
ちょうど良いタイミングでした。

電話がかかってきた時、PCが見れる環境になく、
iPhoneの色も口頭の説明を聞いて決めるという...(笑)。
プランや保険も言われるがままに決めて、
なんて良い客なんでしょう状態。

オペレーターのおねえさんに最初に
「お客さま、現在iPhone 6sですよね?そろそろ機種変更いかがでしょう(笑)?」
とはずかしめを受けました(笑)。

これからデータ移行して、明日切り替えようと思います。

テーマ : iPhone - ジャンル : 携帯電話・PHS

Bonne Année!2019

Bonne_Annee_2019

あけましておめでとうございます🎍
2019年もよろしくお願いします🙇‍♂️

今年は、諸事情で遅れて2018年にリリースが間に合わなかった
オランダ・ジャズのFrits Kaatee『Will You Still Be Mine?』を復刻します。

他にも、契約寸前で止まっているドイツのアレとか、
権利関係が難航しているブラジルのアレとかも
形に出来たらいいな、と思ってます。
リリースされた際は、そちらもどうぞよろしくお願い致します🙏

テーマ : 年末年始のご挨拶 - ジャンル : ブログ

岡靖知 画集

岡靖知 画集

クリスマスに発売となった、岡靖知さんの画集が届きました。
発売の告知、予約した時点でかなりワクワクだったのと、
今までウェブ上でしか作品を観ていなかったので、
紙媒体で観ると、感動がひとしおでした。

本当に素晴らしいですよね...。
ページをめくる度に溜め息しかでません。
いつか個展にも伺ってみたいです!

岡靖知 画集 2

岡靖知 画集 3

テーマ : 画集 - ジャンル : 本・雑誌

グッバイ・ゴダール!

今年の夏に劇場で観たかった『グッバイ・ゴダール!』を
観に行く機会が作れなかったので、amazonプライムで鑑賞。

Le_Redoutable_04

ぼくはトリュフォー派なので、ゴダール作品は主要な作品しか
観ていないのですが、もちろんヌーベルバーグ以降の
フランス映画の流れは興味深いので、楽しく観ることができました。
が、その辺りに興味のない方だとチンプンカンプンな内容でしょう。

Le_Redoutable_01

本作は、ゴダールの2番目の妻で、『中国女』の主演を務めた
アンヌ・ヴィアゼムスキーの自伝的小説を映画化したもの。
なので、ゴダールが『中国女』後の、商業映画との決別をした辺り〜
アンヌ・ヴィアゼムスキーとの別れまでが描かれています。

イケメン、ルイ・ガレルが髪を剃り落としてまで
ゴダールに似せた役者魂、スゴい...。
Le_Redoutable_02

アンヌ・ヴィアゼムスキーを演じるのはステイシー・マーティン。
Le_Redoutable_03

現代のフランス映画、もっと日本公開されたらいいのになぁ、
と思いつつ、なかなか動員に結びつかなさそうですね...💧

テーマ : 映画レビュー - ジャンル : 映画