FC2ブログ

みつき [鳥取] 20200801

前回から4ヶ月ほど空いてしまいましたが、
みつきさんにお伺いしました。
みつき_20200801_01

今回はクラウドファンディングで「とっとり券」という
購入額+20%増しの金券を買っていたので、
気分的には支払いなしで美味しい料理を頂ける感覚です。

ビールをオーダーし、いざ実食。

*蓮の葉盛り (雲丹、海老、新れんこん豆腐、銀杏)*

みつき_20200801_02

みつき_20200801_03

先付けは冷涼感溢れる蓮の葉盛り。
下から出汁の効いたジュレ、雲丹、新れんこんの豆腐の中に海老、
上には銀杏が乗っています。
いつも通り先付けからグッと味覚も心も魅了されます。

*鳥取・東郷池の天然鰻 飯蒸し*

みつき_20200801_04

みつき_20200801_05

前菜で登場する最初の御飯物は鰻の飯蒸し。
タレは程よい量でつけられていて、
素材の旨味もしっかり分かるお味。
良い食材を選りすぐっているお店だからこそのひと皿ですね。
ちなみにこの夏、鰻を食べる機会がなかったので、
丁度頂くことが出来てより嬉しかったです。

*石垣貝*

みつき_20200801_06

みつき_20200801_07

肉厚で甘味が美味しい石垣貝。
この時点ではまだ日本酒を飲んでおりませんでしたが、
日本酒との相性は最高で、このお皿だけで永遠に
お酒が進みそうだな、と食べ終えてから思いました。
最高のおつまみですね。

*鱧と松茸と蓴菜のお椀*

みつき_20200801_08

みつき_20200801_09

いつも楽しみな椀物は、大好きな食材が一堂に会しておりました。
松茸は中国産ですが、松茸自体の味も出汁も
しっかりとしていて美味しかったです。
2020年7月に松茸が絶滅危惧種に指定されたとのことで
今年の秋は国産の松茸の市場価格はどうなることやらですね。

*ヒレ肉のしゃぶしゃぶ*

みつき_20200801_10

みつき_20200801_11

強肴はヒレ肉のしゃぶしゃぶで、とても贅沢なひと皿。
どのジャンルの料理でも、個人的にコースの中で
お肉料理をあまり重要視していないのですが、
特に日本料理店だとしゃぶしゃぶくらいが
あっさりと食せて良い感じです。
そして美味しかったです。

*鱧の油焼き、雲丹*

みつき_20200801_12

みつき_20200801_13

鱧の油焼きは、ほのかなオイリーさが香ばしく絶妙な味付けでした。
コースの中で裏の主役といった立ち位置でしょうか。
後から「美味しかったな。また食べたいな。」という余韻が何度も押し寄せました。

*鮎素麺*

みつき_20200801_14

みつき_20200801_15

夏らしい、鮎のそうめん。
鮎は開いて揚げられていて、香ばしいです。
あゆたで(笹蓼)も添えられています。

*フカヒレ*

みつき_20200801_16

みつき_20200801_17

見た目通りの美味しさを放つフカヒレ。
フカヒレは昨年も一度みつきさんで頂きましたが、
大将曰く、昔から京料理で使われる事があるそうです。
中華だけの物じゃなく、お出汁次第で
しっかりと日本料理の逸品としてもアプローチ出来るのですね。

*賀茂茄子と毛蟹の茶碗蒸し*

みつき_20200801_18

みつき_20200801_19

みつき_20200801_20

茄子色のお碗に実際の茄子の蔕を蓋として被せられて登場した茶碗蒸し。
まず、ビジュアルがとても愛らしいです。
中には賀茂茄子と毛蟹で、幸せな気持ちになる美味しさでした。

*鮎御飯*

みつき_20200801_21

みつき_20200801_22

*シャインマスカットと巨峰の白ワインゼリー*

みつき_20200801_23

ドリンクはビールの後、日本酒を3種類。
*旦 -DAN- (山梨)*

みつき_20200801_24

*紅桔梗 (新潟)*

みつき_20200801_25

*新政 No.6 S-type (秋田)*

みつき_20200801_26

を頂きました。

今回も美味しい料理を堪能させて頂き、
大変有意義な時間を過ごさせてもらいました。

何度伺っても「今日も来て良かったな」という気持ちになると同時に
早くまた来たい!と思いますね。
次回は秋のお料理を求めて伺おうと思います。
ごちそうさまでした。



関連ランキング:懐石・会席料理 | 鳥取駅

スポンサーサイト



テーマ : こんな店に行ってきました - ジャンル : グルメ

Igor Nazarjuk - Jazz Compositions / Statement (Утверждение)

Igor_Nazarjuk

今年の上半期は人知れず旧ソ連ジャズ〜東欧グルーヴにハマっておりまして、自分の無知さを痛感するくらいに色々と知らないレコードを勉強/発掘できました。特に旧ソ連の国営レーベル、Melodiyaは掘れば掘るほど未知の音楽が出てきそうです。社会主義国の歴史を勉強すれば、もっと深く音楽も理解出来そうであり、侮れないレベルの高さの秘密も紐解けるかもしれませんね。

では今日の一枚。今回、掘った中でダントツMVPだった、ピアニスト、Igor Nazarjukを中心としたギター入りのジャズカルテットの1978年のLP。アルバムのラストに収録されたJose Feliciano「Утверждение (Statement)」のカバーは、情緒溢れるピアノの旋律がひたすら美しいジャズ・ファンク。ドラマチックな展開を含め、これは奇跡としか言い様のない名演です。メロディーの素晴らしさも然ることながら、アレンジ・演奏も一級品で、ひたすら感動的。永遠に聴けます。

テーマ : おすすめ音楽♪ - ジャンル : 音楽

Raivo Tammiku Instrumentaalansambel / Kallis Mari

Raivo Tammiku / Kallis Mari

先週は思いの外、多忙で一週間が瞬く間に過ぎ去っていきました。週末もやる事が積もりまくっていて、どこにも飲みに行くことが出来ず、ひたすら自宅でPCに向き合っておりました。次の週末は多少自由な時間があるといいなぁと思っております。F1 イギリスGPがあるのも楽しみです。

では今日の一枚。エストニアのジャズピアニスト、Raivo Tammikuが ドイツに移住前の1972年にエストニアで吹き込んだ2枚存在するレアな7インチの内のひとつ。同グループはベースのTaivo Sillar(フィンランド出身)以外はエストニアのジャズメンで編成されています。 両曲ともRaivo Tammikuのオリジナル曲で、Side-Aの「Kallis Mari」は、哀愁のメロディーがボサリズムに乗ったモーダルジャズ。乾いたホーンに、華麗なピアノプレイも素晴らしいです。Side-Bの「Karjase Kaebus」は、ドラマチックなピアノのメロディーラインが圧巻のジャズファンク調のナンバー。どちらもそれぞれに素晴らしく、奇跡としか言い様のない一枚です。

テーマ : おすすめ音楽♪ - ジャンル : 音楽

Fée des Neiges [鳥取] 20200718

鳥取市の結婚式場、ラ・メゾン・ド・ブランシュ内にある
フレンチ・レストラン、「フェ・デ・ネージュ」さんにディナーで伺いました。
敷地内は緑豊か、レストランは白を基調としたナチュラルな内観となっています。

Fee des Neiges_20200718_00

ディナーコースは3,000円、5,000円、7,000円、10,000円の4種類で、
今回は7,000円でお願いしました。

ドリンクはワイン・ペアリング、ノンアルコール・ペアリングなど充実。
ワイン・ペアリングは3種、5種ハーフ、5種がありますが、
今回はシャンパーニュと赤をグラスで、中盤は白をボトルで通しました。
ワインリストを拝見したところ、ワインの値付けはかなり良心的です。

シャンパーニュで乾杯!
Fee des Neiges_20200718_01

*生ハムと米せんべい、桃のスープ*

Fee des Neiges_20200718_02

Fee des Neiges_20200718_03

アミューズは2種類。
生ハムと米せんべいのマッチング、
さらにシャンパーニュとのマリアージュも絶妙な小品です。
アミューズの時点でこの後の料理の美味しさを確証して頂きました(笑)。

*岩牡蠣のパイ包み*

Fee des Neiges_20200718_04

Fee des Neiges_20200718_05

前菜は岩牡蠣を春巻き風にパイ包みされたお皿。
これも美味しいですねぇ。

ここからシャルドネをボトルで頂きました。
Fee des Neiges_20200718_06

米粉の蒸しパン。
Fee des Neiges_20200718_07

*白イカのサラダ仕立て*

Fee des Neiges_20200718_08

Fee des Neiges_20200718_09

白イカを主役に、マイクロきゅうり等で彩ったサラダ。
黒いチップスはイカスミで作られており、
見た目もお味も良いアクセントになっていました。

*フォアグラ*

Fee des Neiges_20200718_10

Fee des Neiges_20200718_11

ここでシェフのご提案で、琥珀色に熟成したサンセールをグラスで頂きました。
熟成感がフォアグラにバッチリ合っていて、
変化球なワインではありますが、
マリアージュの醍醐味を楽しめました。

*アコウのポワレ*

Fee des Neiges_20200718_12

Fee des Neiges_20200718_13

高級魚のアコウ(キジハタ)のポワレ。
これはストレートにシャルドネとベスト・マッチング。
ムースが見た目に反してしっかりと味がついていて、食を呼びます。

*鳥取和牛フィレ*

Fee des Neiges_20200718_14

Fee des Neiges_20200718_15

Fee des Neiges_20200718_16

チーズはよく飲む我々を見かねて(?笑)か、
シェフがサービスで出してくれました。
Fee des Neiges_20200718_17

*デセール*

Fee des Neiges_20200718_19

Fee des Neiges_20200718_18

ということで、素晴らしい料理と
楽しいマリアージュを満喫できました。

特に鳥取市はフレンチ・ビストロ的なお店はあれど
こういったフレンチ・レストランのお店はほとんどなく、
さらにはクオリティーも申し分ないため、
このジャンルではフェデネージュさんの独壇場ですね。

季節ごとに伺いたい素晴らしいお店です。
ごちそうさまでした。



関連ランキング:フレンチ | 鳥取駅湖山駅

テーマ : こんな店に行ってきました - ジャンル : グルメ

Swan Snake / Sneakin' - Zona Rosa

swan_snake

3月の開幕予定から4ヶ月遅れで遂にF1 2020年シーズンが開幕しました。2019年の最後のレース、アブダビGPが12月のはじめだったので、実に7ヶ月ぶりのレースでした。そして、開幕戦ということもあり各チーム、トラブルが頻発したため、荒れたレースとなり、やっぱりF1って面白い!と思わせてくれる週末でした。今年はコロナウイルスにより、スケジュールが大幅に変更となって、開幕2戦は同じオーストリアのレッドブルリンクで連戦ということで、正直「えっ...!?」となっておりましたが、今週末もまた熱いレースが期待できそうで、全然問題なさそうです。現時点で9月中旬以降のカレンダーが確定しておりませんが、関係者の安全を第一になんとか世界選手権として成り立つといいなと思います。

では今日の一枚。カリフォルニアのマイナーレーベルから1975年にリリースされたSwan Snakeなるファンク・バンドの7インチです。Side-Bに収録の「Zona Rosa」は強烈なブレイクからはじまりメロウなストリングスに、リードとサイドのカッティング・ギターも絶妙なインスト・ファンク。アフターアワーズに持ってこい、な名曲です。またSide-Aの「Sneakin’」もグルーヴィーなベースラインにウワモノの演奏はどこかヨーロッパのライブラリーに収録されていそうな雰囲気もあるファンクナンバーで格好良いです。


テーマ : おすすめ音楽♪ - ジャンル : 音楽

ブルゴーニュ/シャンパーニュ 持ち込み会食 @コルク 20200704

4月から延期になっていたブルゴーニュ/シャンパーニュの持ち込み会食を
コルクの常連のみなさんと開催してきました。

*コーンのフラン、カナッペ*

koruku_20200704_01

koruku_20200704_02

アミューズは2品。キャビアが上に乗ったカナッペが美味しかったです。

koruku_20200704_03

合わせるワインはシャンパーニュ。
Benoit Lahaye(ブノワ・ライエ)の「グランクリュ・ナチュール 2011」。
ピノノワール90%、シャルドネ10%で、膨よかな味わい。美味しい。

*シャドークイーンのスープ*

koruku_20200704_04

koruku_20200704_05

紫芋のスープもとても味わい深く◎

koruku_20200704_06

ワインはMarc Colin(マルク・コラン)の
「シャサーニュ・モンラッシェ 1er Cru レ・シャン・ガン 2012」。
こちらのモンラッシェが素晴らしく美味しく、
さらにスープとのマリアージュも最高でした。

*毛蟹のニョッキ*

koruku_20200704_07

koruku_20200704_08

毛蟹の旨味がしっかりと乗ったニョッキ。
料理はどれも甲乙つけがたい美味しさでしたが、
個人的にはこの日一番のお皿でした。

*牡蠣*

koruku_20200704_09

koruku_20200704_10

牡蠣の上にジュレ。
牡蠣を食した後、美味しくてスープの如く全て飲み干しました。

*お肉*

koruku_20200704_11

koruku_20200704_12

koruku_20200704_13

koruku_20200704_14

ワインは安田さんが持ってきてくれたバルバレスコと
お酒を飲まれない上原さんがボトルで入れてくれたOvertureを飲み比べ。
どちらも料理に別の表情を与える美味しさでした。

*メイン*

koruku_20200704_15

koruku_20200704_16

koruku_20200704_17

キャビアが散りばめられたメインのお肉には
Maison Camille Giroud(メゾン・カミーユ・ジルー)の
「ヴォーヌ・ロマネ レ・シャランダン 2013」。
マスターの手腕が冴え渡る逸品。
ワインとのマリアージュも完璧。

*ブリュレ*

koruku_20200704_18

ということで、マスターに色々とワガママを聞いてもらい
素晴らしいディナーになりました。
美味しい料理と飲みたいワインを存分に楽しめた一夜でした。



関連ランキング:ダイニングバー | 鳥取駅

テーマ : ワイン - ジャンル : グルメ

炭火焼き 福ふく [鳥取] 20200630

鳥取和牛・万葉牛を頂けるお店「炭火焼き 福ふく」さんに伺いました。

単品オーダーでの焼肉も可能ですが、
今回は4,800円のコースでお願いしました。

*前菜 (ローストビーフ)*

福ふく 2020630_02

*ステーキ (マルシン)*

福ふく 2020630_03

*塩焼き (吉川豚ナチュラルポーク、地どりピヨ)*

福ふく 2020630_04

*野菜 (塩キャベツ)*

福ふく 2020630_05

*牛握り (リブ芯、甘エビ軍艦巻き)*

福ふく 2020630_06

*牛盛り (ヒウチ、イチボ、マルカワ)*

福ふく 2020630_07

*焼き野菜 (エリンギ、アスパラ、ズッキーニ)*

福ふく 2020630_08

*ホルモン (パイプ、ヨメナカセ、ハート)*

福ふく 2020630_09

*キムチ (白菜、きゅうり、大根)*

福ふく 2020630_10

*ご飯 (牛しゃぶ茶漬け)*

福ふく 2020630_11

*デザート (黒糖シャーベット)*


最初から最後まで文句なしに美味しかったです。
しかもコースでこの価格!最高です。

福ふく 2020630_12

ドリンクはビールをジョッキで1杯と、
その後は、ピノノワールをボトル1本で通しました。
予約時に、メニューに載っている物より少し値段高めの
ピノで用意をお願いしたところ、
味も価格も丁度良いボトルをご用意して下さいました。
アメリカのピノで、少し樽もきいていて、
フランスの綺麗なピノより力強さがあって
お肉にはこれくらいが良いですね◎

オススメです!



関連ランキング:焼肉 | 鳥取駅

テーマ : こんな店に行ってきました - ジャンル : グルメ

馳走 松ぼっくり [鳥取] 20200620

15年ほど前からたま〜に利用させて頂いている「馳走 松ぼっくり」さん。
数年前に大将がお亡くなりになられてから足が遠のいておりましたが
今の大将になってから初訪問です。

ちなみに当日予約でしたがコースでも対応して頂き、
急遽、飲み友の安田さんも行くことになり
人数が増えたのも快く応じて下さいました。(迷惑な客...。笑)

*生湯葉と蓴菜*

馳走 松ぼっくり 20200620_01

*前菜*

馳走 松ぼっくり 20200620_02

*お造り (白いか・バイ貝・ヒラメ・マグロ)*

馳走 松ぼっくり 20200620_03

*夏野菜の焚き合わせ*

馳走 松ぼっくり 20200620_04

*鱧の湯引き*

馳走 松ぼっくり 20200620_05

*鮎の塩焼き*

馳走 松ぼっくり 20200620_06

*ヒラメの雲丹包み揚げ*

馳走 松ぼっくり 20200620_07

*牡蠣*

馳走 松ぼっくり 20200620_08

*御食事*

馳走 松ぼっくり 20200620_09

*甘味*

馳走 松ぼっくり 20200620_10

馳走 松ぼっくり 20200620_11

馳走 松ぼっくり 20200620_12

馳走 松ぼっくり 20200620_13

この10皿出て、6,000円という驚異のコスパでした。
鱧の湯引きが少し水っぽいのが気になりましたが、
それ以外はとても美味しかったです。
ヒラメの雲丹包み揚げが個人的には一番のお皿でしたね。

ドリンクはビール2杯と日本酒を3種類で、
3,000円程度の計算なので、ドリンクもかなり良心価格。
而今が美味しかった〜。

我々はカウンター席でしたが、背にあるお座敷のテーブル席で
若者グループがにぎやかで、タイミングだとは思うものの
そこだけ「なんだかなぁ...」という印象でした。
鳥取の土地柄、難しいとは思いますが、
そういった客を取り込まなくてもいい、
高級路線に振り切ったらさらに良いお店になりそうですね。

でも、満足の食事でした。ごちそうさまでした。



関連ランキング:懐石・会席料理 | 鳥取駅

テーマ : こんな店に行ってきました - ジャンル : グルメ

_NEUR - Timeless Jelly Serum

_NEUR

少し前から美容液を『_NEUR (アンダーノイル)』の「タイムレスジェリーセラム」に
変えてみたところ、これがかなり良い感じな気がしてます。

テーマ : 美容・健康・アンチエイジング - ジャンル : ヘルス・ダイエット

料理や さか田 [鳥取] 20200612

3ヶ月ぶりに鳥取の日本料理店「料理や さか田」に伺いました。
初夏の食材へと変わり、何となくエネルギッシュです。

*冬瓜と雲丹の焚き合わせ*

料理や さか田_20200612_01

先附けは冬瓜の上に雲丹が乗った冷菜。
すっきりとしたジュレも美味しく、
暑くなってきたこの季節にぴったりな前菜。

*穴子の飯蒸し*

料理や さか田_20200612_02

穴子の上に乗っているのは一見、紫蘇の花の様に見えますが
浅葱(アサツキ)で、しっかりと葱の味。

*鯒(コチ)のお椀*

料理や さか田_20200612_03

椀物はコチと蓴菜。
いつもはしっかりとした出汁の椀物を提供されていますが、
今回はコチの味を楽しむためか、出汁の主張は控えめの薄味。
美味しかったのですが、個人的にはしっかりとした出汁の方が好みでした。

*ブドウエビ*

料理や さか田_20200612_04

ここでおそらくはメニューには入っていなかったと思われる
ブドウエビがこの日入ってきたとのことで、提供して頂きました。
東北〜北海道の太平洋側で採れるらしく、
その名の通り紫がかった色合いが特徴的。
お味は濃厚で、大変美味しかったです。

*日戻り鰹*

料理や さか田_20200612_05

焼津で一本釣りされた日戻り鰹。鮮度抜群!

*鱸(スズキ)の焼物*

料理や さか田_20200612_06

当然の如く、脂がしっかり乗って美味しいです。

*鳥取牛ミスジしゃぶしゃぶ*

料理や さか田_20200612_07

自分自身は、お肉料理にあまり比重を置いていないのですが、
そんな私でも思わず唸りたくなる希少部位のミスジのしゃぶしゃぶ。
これ絶品ですね。

*鮑の天麩羅*

料理や さか田_20200612_09

料理や さか田_20200612_10

ここで再び大将からメニュー外のご提供。
鮑の天麩羅に肝ソースが添えられて、幸せなひと時。

*御食事*

料理や さか田_20200612_08

*甘味*

料理や さか田_20200612_11


料理や さか田_20200612_12

料理や さか田_20200612_13

料理や さか田_20200612_14

個人的に皿数の多いコースの方が好きなので、
今回は通常のコースにプラス2皿追加があり、
大満足なディナーとなりました。

料理はもちろん、大将の人柄やお店の雰囲気も含め
また行きたいと思わせてくれる良店です。



関連ランキング:懐石・会席料理 | 鳥取駅

テーマ : こんな店に行ってきました - ジャンル : グルメ