FC2ブログ

Alter Ego 20190614

このブログでも何度か取り上げている徳吉洋二シェフが
2月に東京・神保町にオープンされた
Alter Ego (アルテレーゴ)へ遂に行くことが出来ました。

先週末に東京へ行くことは割と早い段階で決まっていて、
いずれにしてもAlter Egoさんへは伺おうと思っておりましたが、
2ヶ月ほど前にインスタグラムを見ていたところ、
この日まで帰国中の徳吉さんがお店に立たれるとのことで即予約しました。

Alter Ego 20190614_01

Alter Ego 20190614_02

外観、エントランスも素敵ですね。

入店すると、2回転目の準備中で、さっそく徳吉さんと再会。
お店のオープンから数ヶ月経っていますが
開店祝いも無事渡すことが出来ました。
2階のウェイティング・ルームで数分待ったところで
スタッフさんにお呼び頂き、20:30一斉スタート。

この日のメニューはこちら。
Alter Ego 20190614_03

テーマは「Equilibrio」=バランス。

アルテレーゴの特徴のひとつ、スープペアリングと、
ミネラルウォーター、コーヒー、サービス料込みで
このクラスのレストランでこの価格は良心的な気がします。

まずはシャンパーニュ。
Alter Ego 20190614_04

*Pizza Delivery*

Alter Ego 20190614_05

Alter Ego 20190614_06

1品目はピザの箱に入れられてカウンター越しからデリバリーされる
米粉とポレンタの生地に、チーズ、トマトソースにハム(?)など具材、
さらにはエディブルフラワーで彩られたアミューズ。
序盤からワクワクが止まりません。

*鰹 生ハム (ケッパー 台湾胡椒)*

Alter Ego 20190614_07

2品目からは括弧内のスープペアリングが付きます。
続いてもAlter Egoの看板料理のひとつ、
鰹のヅケと生ハムのまさかの絶品組み合わせ!
ホント、口に入れるまで想像がつかなかったのですが、
併せて食べるとちゃんとマリアージュするから不思議です。
どうやってこんな組み合わせ思いつくのでしょうか?
そしてスープとの相性も当然素晴らしく良いです。

2品目から持ち込みさせて頂いたワインを。
Alter Ego 20190614_08

『Miani Chardonnay 2017』

イタリアのカルト・ワインとして有名なミアーニのシャルドネ。
過去にリリースされた物は一瞬で完売する生産量の少なさと需要過多のハンパなさ。
Alter Egoさんに持ち込みするならイタリア・ワインで
大好きなシャルドネを!と思っていたので、
運良く購入できて良かったです。
2017年と若いながらもしっかりとしていて
且つ複雑さもあり、この後の料理ともバッチリでした。

Alter Ego 20190614_09

3品目に行く前に別のタイプの生ハムを頂きました。うま。

*夏野菜 アオリイカ (イカ アニス)*

Alter Ego 20190614_10

アオリイカのサラダに、スープも濃厚なイカで当然のマッチ◎

*Gyotaku (サオール)*

Alter Ego 20190614_11

魚料理は、こちらも徳吉さんの代表料理『Gyotaku』!
アタマの部分はイカスミを塗ったスタンプを直接お皿に。
鰯をベースに、猛者エビも閉じ込められていて
味付けはイタリアンを確かに感じ、
和とイタリアンの融合という逸品。もはや芸術。

パスタ料理の前にこれから使う茄子が登場。
調理的に見せれる時は目の前でショーの様に料理が始まります。
Alter Ego 20190614_12

*トマト水 雲丹 賀茂茄子 (ズッキーニ オリーヴ)*

Alter Ego 20190614_13

トマト水でアルデンテに茹でられたパスタに、
先程の茄子と雲丹が贅沢に乗っています。
美味しいですねぇ。

*ホロホロ鳥 ペヴェラーダ (じゃが芋 ローズマリー)*

Alter Ego 20190614_14

続いてはメインの肉料理。
ホロホロ鳥の描いてあるお皿にホロホロ鳥。
ブルゴーニュのガメイをグラスで頂いて、
料理とも非常に調和が取れていて美味しかったです。
ちなみにお皿のイラストはイタリアの方が描いているそうです。

元のお姿はこちら...。


*卵かけご飯 鰻 (焼きトウモロコシ)*

Alter Ego 20190614_15

料理ラストはリゾット風の卵かけご飯。
上には鰻、塩漬けした牛肉のスライス、
パルメザンチーズ、オリーブオイル。
新潟県産のお米「新之助」のアルデンテ具合も抜群。

*ボネ よもぎ (カカオヴィネガー ミント)*

Alter Ego 20190614_16

*Cannolo Siciliano*

Alter Ego 20190614_17

デザート2品も美味しかったです。
カンノーロもインスタ等で見ていてぜひ食べたかったので、
ちゃんと登場してよかったです。

コーヒーはTOTTORI COFFEE ROASTERさんの
Alter Ego用にブレンドされた、その名も「Equilibrio」。
とても美味しく締めてくれました。

徳吉さんとも鳥取の話題を中心に色々とお話できて楽しかったです!

ということで、念願のAlter Egoさんに大満足。
昨年、鳥取のAL MAREで頂いた料理とはまた違った内容で
今回も大変美味しく、楽しめました。
ミラノのRistorante TOKUYOSHIもいつの日か!



関連ランキング:イノベーティブ・フュージョン | 神保町駅九段下駅竹橋駅

スポンサーサイト

テーマ : こんな店に行ってきました - ジャンル : グルメ

melody! 20190713 開催決定!

melody_20190713_f

すでに夏幕開けの時期ですが、2019年最初イベント
『melody!』が7/13(Sat.)に開催決定しました!
場所は昨年12月にTreesさんに作って頂いた
cafe SOURCE BANQUET隣の、いつもは未使用の隠れ家スペース。

DJは『melody!』選抜のyotturn☆、ぼく、ayumuくんの3人に、
オールドスクーラーalfredさん、necco70のfuck-Dさん、
若手のホープarata、そしてTreesオーナーのTaikiさんを加えた
ジャンル、年齢、好きな女子の趣向も幅広いメンツでお送りします。

ぼくはおそらく途中からの参加となりますが、
20時~ワイワイやっておりますので、ぜひ遊びに来て下さい!

- - - - - - - - -

melody_20190713_b

『melody!』

on:‪2019.7.13 (Sat.) 20:00‬ open/start
at:SOURCE BANQUET
fee:1,500 yen with 1 drink
*djs... yotturn☆, yo☆ssy, ayumu, alfred, fuck-D, taiki, arata


cafe SOURCE BANQUET 隣の隠れ家的スペースにてグッド・ミュージック・パ ーティー『melody!』が7/13に開催決定!『melody!』レギュラー・メンバー のyotturn☆、yo☆ssy、ayumuに加え、今回はヒップホップを基調にあらゆ るジャンルをミックスしてみんなのハートをがっちりロックオンしちゃうらし いプレイスタイルのalfred、某アジア料理店の店主であり、豊富な音楽知識〜 DJプレイで空間を支配するMr.ナイスガイfuck-D、サンプリングとヒップホ ップ中心の選曲が売りのオールドスクールかぶれのニュースクーラーなラブリ ーサマーちゃん好きのハタチのトラックメーカーarataという個性的なメンバ ーでお送りします♪ジャンルは問わずワイワイと開催しておりますので、気軽にお越し下さい!

- - - - - - - - -

フライヤー裏面にyotturn☆とぼくで、『melody!』クラシックと
夏と言えばコレ!というサマーアンセムを掲載しました。
イベントの予習がてら↓YouTubeでチェックしてみて下さい!

● yotturn's melody! クラシック >>> Saint Pepsi / Fiona Coyne


● yo☆ssy's melody! クラシック >>> Mighty Sparrow / Tour of Jamaica


〇 yotturn's サマーアンセム >>> Chris del Camino feat. Inna Vision / Heartbeat


〇 yo☆ssy's サマーアンセム >>> Arnaud Fleurent-Didier / Reproductions

テーマ : LIVE、イベント - ジャンル : 音楽

ねごと "お口ぽかーん!LAST TOUR ~寝ても覚めてもねごとじゃナイト~" @高松DIME 20190602

ねごと 20190602

前日に岡山で後輩の結婚式があり、
ということは翌日も仕事休めるということが確定。
ねごとのラストツアーのどこかの会場に絶対に行きたかったので、
これはもうピンポイントで香川公演へおゆきなさいと
神様からのお告げと捉え、行ってまいりました。
我ながらおそるべき計画性です。

会場のキャパが300程度の、整理番号は100番台でしたが
スルスルっとシモテの前から3列目辺りに行くことが出来て、
かなりバッチリ見れて、前方のみなさんノリノリだったので
それに紛れてめちゃくちゃ跳ねて楽しめました♪




セットリスト





ラストツアーに相応しいオールタイム・ベストなセトリでした。
27曲を2時間半で駆け抜ける疾走感で、
終盤の「LAST SCENE」の歌詞にうるっときてしまったものの、
全編とにかく楽しかったー。
音もとても良いし、演奏もキレッキレで素晴らしかったです。

来月、解散?嘘でしょ?というくらいに
メンバーもオーディエンスもハッピーな雰囲気でした。
「greatwall」と「憧憬」が聴けたのは嬉しかった♪
「WORLDEND」や「シリウス」、「黄昏のラプソディ」辺りも聴きたかったけど、
まぁこれだけたくさんの曲をやってもらえたので、良しとしましょう。

ボクが日本のバンドに疎いのもありますが、
こんな格好良いダンスミュージックを奏でて、
尚且つ、メロディーも琴線にふれる様なグループ、
今後出逢える気がしません。
もっともっと彼女たちの楽曲を聴きたかったなぁ...
と思いつつ、各々の今後に期待ですね。

ということで、これにてねごと見納め。
あとはこのツアーがブルーレイ化されることを願って
解散まで陰ながら応援していきたいと思います。
(ボク的に優勝だった『SOAK』ツアーは
結局ブルーレイ化されないのかい?)





この投稿をInstagramで見る

昨日はラスト高松! #高松DIME に来てくれたみんな ありがとう(๑′ᴗ‵๑) スタッフのみなさんも元気そうで何よりでした♡ 長い間お世話になりました! . 打ち上げで、すだち酒を浴びるように二杯飲んで お腹いっぱいだったけど 勢いでめちゃくちゃ美味しい餃子を食べて帰りました☺️ さっきもみんなで朝うどんしてきたよ◎ 昨日と今日でうどん4杯くらい食べてるなぁ。笑 高松最高でした🥰🙏🏻ばいびー! . . #ねごと #ラストツアー #ライブ #drum #drummer #ドラム #ドラマー #高松 #寝起きうどん #釜バター #毎朝これがいい #ごちそうさまでした #バンホーテンさやこ #流石にくたくた

さやこ(NEGOTO.Dr)さん(@sayako_negoto)がシェアした投稿 -




最高の音楽をありがとうございました。




↓帰りの夜の瀬戸大橋が綺麗でした◎
瀬戸大橋

テーマ : LIVE、イベント - ジャンル : 音楽

BRUTUS No.893 - 新・日本のイタリアン。

brutus_893_1

雑誌『BRUTUS』の5/15発売号が『新・日本のイタリアン。』で、
徳吉洋二シェフが今年2月に東京・神保町にオープンされた「ALTER EGO」と、
2015年からミラノにお店を構えている「Ristrante TOKUYOSHI」が
掲載されていたので購入しました。

brutus_893_2

徳吉ファンとして、載っている情報はSNSでほぼ把握していますが、
こうして雑誌で取り上げられると嬉しい気持ちになりますね。

また、東京はもちろん、それ以外の都市の
イタリアン・レストラン・ガイドが掲載されていて、
これはありがたいです。良い特集でした。

「ALTER EGO」まだ訪問したことないので、早く行ってみたいです!
(...と言いつつ少し前に予約している人。笑)

テーマ : 本、雑誌 - ジャンル : 本・雑誌

Bistro Du Coeur 20190509

先週、倉吉市にあるビストロ・ドゥ・クールさんにて
マネージャーと今年初飲みをしてきました。
年末にみつきさんで「早々に新年会しような!」と約束して
早5ヶ月経っておりました💦

夕方、鳥取に出張で来ていたであろうサラリーマンに紛れ、
スーパーまつかぜに乗って倉吉へ。
特急だと30分で着くの、良いですね。
そして自由席だと特急券の料金も破格。これは良いです。

ちなみに鳥取駅のバルみたいな店で0次会、まつかぜの車内で0.5次会を
目論んでいたのですが、鳥取駅に着いたのがギリギリで0次会は出来ず、
まつかぜは2席並びで空いている箇所がなく、
マネージャーと離れ離れになってしまったため0.5次会も断念(笑)。
「ま、この後美味しいお酒飲むからいいも〜ん」と言い聞かせ倉吉着。

ビストロ・ドゥ・クールさんに伺うのは1年数ヶ月ぶり2回目。
なかなか伺えなかったので、今回機会が出来て良かったです。

泡でスタートし、前菜1品目は牡蠣。
Bistro Du Coeur 20190509_01

2品目は烏賊と海老のしんじょの上に桜海老が乗った、そら豆のポタージュ。
Bistro Du Coeur 20190509_02

ここでシャルドネを2タイプ用意してもらい、
それプラスお店側からの提案で別の白も。

3品目は鱒だったでしょうか?(すでに酔ってて記憶が...。笑)
上に乗ってるブラックペッパー的なのと、
アメリカのシャルドネの樽香が絶妙にマッチして良かったです。
Bistro Du Coeur 20190509_03

4品目の鶏のパテが出てきたところで...
Bistro Du Coeur 20190509_04

満を持して持ち込みさせて頂いた
ミシェル・グロのクロ・デ・レア登場!
Bistro Du Coeur 20190509_09

『Dom. Michel Gros Vosne Romanée 1er Cru Clos des Réas Monopole 2013』
凝縮感がありながら、非常にしなやかでお上品。
料理との相乗効果で、この後さらに美味しく頂けました。

お魚は鰹。
Bistro Du Coeur 20190509_05

白でも赤でも合うので、テーブルに並んでいたワインで
色々とマリアージュを楽しみました。

お肉のメインはサーロイン。
Bistro Du Coeur 20190509_06

メインってたどり着くまでに満腹だったり、酔いがまわっていたりと、
印象に残らない時もあるのですが(...贅沢な。笑)、
このサーロインはめちゃくちゃ美味しくて、
はっきりと思い出せます。...美味しかった。

お店の方にミシェル・グロをお裾分けしたところ、
お店側からサービスでピノ頂いてしまいました。
こちらもとても美味しかったです。
Bistro Du Coeur 20190509_11


Bistro Du Coeur 20190509_07

Bistro Du Coeur 20190509_08

という感じで、4時間くらいかけ料理とワインを堪能しました。
また機会を作って行きたいと思います。
Bistro Du Coeur 20190509_10



関連ランキング:ビストロ | 倉吉駅

テーマ : こんな店に行ってきました - ジャンル : グルメ

アラン・デュカス 宮廷のレストラン

アラン・デュカス 宮廷のレストラン 01

昨年、日本公開された、フランス出身モナコ国籍のシェフ、
アラン・デュカスのドキュメンタリー映画
アラン・デュカス 宮廷のレストラン』をアマゾン・プライムで鑑賞。

日本でも「ベージュ アラン・デュカス 東京」や「ブノワ東京」を手掛け、
世界各地で23のレストランを経営する、言わずと知れた名シェフに2年間密着し、
ベルサイユ宮殿に宮廷レストランをオープンさせるまでを軸に、
彼の多忙な日常、各レストランの試食、貪欲に新たな発見を追い求める姿を
映し出した貴重な内容の作品。

日本で、ベージュでの試食や、京都での食事の様子も映し出されています。
アラン・デュカス 宮廷のレストラン 02

アラン・デュカス 宮廷のレストラン 03

ロンドンでは過去に厳しい一面も見せつつ、
その成果の現れで彼の基準を満たすシェフの料理に
鋭い評価とアドバイスを言ったりしています。
アラン・デュカス 宮廷のレストラン 04

料理に興味のない方でも、彼の仕事に対する姿勢や、
時代の流れを読み取り、新しいものを取り入れていく洞察力など、
刺激になることが多いと思います。
アラン・デュカス 宮廷のレストラン 05

アラン・デュカス 宮廷のレストラン 06

アラン・デュカス 宮廷のレストラン 07

もちろん素晴らしい料理も拝むことが出来ます。
アラン・デュカス 宮廷のレストラン 08

アラン・デュカス 宮廷のレストラン 09

アラン・デュカス 宮廷のレストラン 10

アラン・デュカス 宮廷のレストラン 11

労力を費やして完成したベルサイユ宮殿のレストラン、ORE
本当に豪華絢爛で素晴らしかったです。
行ってみたいなぁ...(笑)。

テーマ : ドキュメンタリー映画 - ジャンル : 映画

Jesse Green / You Came, You Saw, You Conquered

Jesse Green / You Came, You Saw, You Conquered

「令和」はじまりましたね。GWは仕事づくめで、本日のみ休みらしい休みを取っています。と言いつつ、遅れている仕事をしないといけないので、結局は休みのようで休みではない。いっその事どこか行かないと休みにはならないのです。今月は月イチ休みをどこで取ろうかな...。

では今日の一枚。ジャマイカ出身で英国で活動していた男性シンガー、Jesse Greenの1976年のアルバム『Nice and Slow』から2曲をカットした7インチ。このアルバムからのシングル・カットは数曲あり、色々な国でジャケ違いでリリースされていたりと、探すのも楽しいです。そのアルバムの中でボクが一番好きなのがこの「You Came, You Saw, You Conquered」という曲。フリーソウル好きはドツボであろうサビのメロディーが良いです。ただこの曲はなぜかカナダ盤でしか7インチのリリースがなく、カナダ人のセンスに感謝するばかりです。

テーマ : おすすめ音楽♪ - ジャンル : 音楽

ねごと / NEGOTO BEST

ねごと NEGOTO BEST

7月で解散してしまう、ねごとの最初で最後のベスト・アルバムがリリースされました。デビュー当時は一応iTunesに入れておくか...っていう程度だったのですが(かなり失礼。笑)、後期のサウンド&楽曲は本当にクオリティーが高く、気がついたらガチ勢になっておりました。ちなみに楽曲自体は初期も良い曲たくさんあります。アレンジとサウンドの好みが個人的に後期だったってことです。もっともっと今の路線での曲を聴きたかったので、解散は非常に残念ですね。ここまで好きになれるバンド、今後出てくるかなぁ...というレベルです。が、くよくよしていてもしょうがないので、メンバーのみなさんの今後のご活躍に期待しております。

で、そのベスト盤。2枚組で時系列に収録されているので、もちろん中期以降の「Disc 2」が好きなわけで、メンバーが選曲したという収録曲ももちろんハズレなし。ねごとの曲の中で一番好きな「WORLDEND」も、シングル曲ではなくとも収録済み。ありがとうございます👍そして一番の注目は最後の新曲「LAST SCENE」。今のねごとの良さをギュッと凝縮したような攻めたサウンドとキャッチーなメロディーが共存し、希望に満ちた歌詞が集大成に相応しいナンバーになってました。

5月末からはじまるラスト・ツアー、1ヶ所しか行けなさそうですが、目と耳に焼き付けておきたいと思います!あと、なさそうですが『SOAK ツアー』のライブ、ブルーレイ化を熱望しております🔥








テーマ : おすすめ音楽♪ - ジャンル : 音楽

カ・セント Ca' Sento 20190420

先週末、大好きな神戸のカ・セントさんに
再訪できる事になり、心躍らせて行ってまいりました。

言わずと知れた、ミシュラン三つ星のモダン・スパニッシュ。
ただし、スペイン料理をベースとしながらも
もはやカ・セントでしか成し得ない料理にただただ感動。
それではどうぞ。

*トマト*

カセント 20190420_01

*筍*

カセント 20190420_02

上にはチーズなどが乗っていて、絶品!

*Small plates*

カセント 20190420_03

カ・セント名物のタパス。
お馴染み鴨の血のソーセージも登場!
全部美味しかったなぁ...。

*牡丹海老*

カセント 20190420_04

とても甘くて美味しかったです。

*お野菜*

カセント 20190420_05

*お魚*

カセント 20190420_06

鱗のカリカリ感も香ばしくて、より食をそそります。

*お肉*

カセント 20190420_07

*お米*

カセント 20190420_08

魚介の風味が著しく出ていて最高!

*莓*

カセント 20190420_09

*スフレ*

カセント 20190420_10

*アイス*

カセント 20190420_11

ワインはマルク・コランのサン・トーバン・プルミエ。
カセント 20190420_00

写真撮り忘れていましたが、お肉に合わせて
オーストリアのピノノワールも頂きました。
どちらも抜群でした。

料理もワインもサービスもパーフェクト&徹底されていますが、
それもしっかり愛を感じる温かさがあって好きなんですよね。

食事後にオーナーの福本シェフとお話させて頂きました。
昨年、鳥取の日本料理店みつきさんがカ・セントさんに行かれて、
とても感心しておられたので、それをお伝えしておきました(笑)。

最高の週末を過ごせました✨



関連ランキング:イノベーティブ・フュージョン | 県庁前駅元町駅(JR)元町駅(阪神)

テーマ : こんな店に行ってきました - ジャンル : グルメ

みつき 20190406

昨日、オフ日になることが数日前に判明したので、
即みつきさんに問い合わせしたところ、
席が空いているとのことで、オジャマしてきました。

春の香りを感じる素敵な料理を頂きました。

みつき 20190406_01

みつき 20190406_02

みつき 20190406_03

みつき 20190406_04

みつき 20190406_05

みつき 20190406_06

みつき 20190406_07

みつき 20190406_08

みつき 20190406_09

みつき 20190406_10

みつき 20190406_11

みつき 20190406_12

中盤のすっぽん鍋や、鮎の稚魚の素揚げ等
今回も全て美味しかったです。
カツオのたたきは藁で炙られていて、
その香ばしさと絶妙な火入れに感動でした。

2ヶ月に一度、大将に会いに行くのが
生きがいな、みつきオタクです。
次回は6月辺りに伺いたいですが、
6月いろいろと予定と出費があるので、
その前後で伺うことが出来たらなぁと思っております。



関連ランキング:懐石・会席料理 | 鳥取駅

テーマ : こんな店に行ってきました - ジャンル : グルメ