エヴァの匂い

引き続き、ひとりジャンヌ祭りしております。
しばらく続きそうな予感です。ジャンヌ祭り。

先日、何年振りかに『エヴァの匂い』を観ました。
ジャンヌ・モローが34歳の時の主演作です。
ちょうどいい頃ですね。若すぎず...。

eva_jeanne_01

お金にしか興味を示さない娼婦に惑わされ、
身を滅ぼす男の哀れな物語なのですが、
スタンリー・ベイカー演じる"みじめな男"の、
もう追いかけたくないのに、追いかけてしまう心情がよく出ていて、
このダメな男には共感したくないけど、
多少共感できるかもですね~(笑)!?

eva_jeanne_02

ワイングラスを転がすジャンヌが最高に美しい!

eva_jeanne_03

特にどハマりしたこの男の結末は悲惨そのもの。
身の丈に合わぬことはやめなさいという、
教訓がそこには含まれています。

eva_jeanne_04

eva_jeanne_05

逆にジャンヌ演じるエヴァは、もう清々しいものです。
いききってる感があり、全てを見抜いているので、
男を手のひらで転がすという域をも超えてますね、コレは...(笑)。

あと、忘れてはいけないのが音楽を担当した
ミシェル・ルグランの存在。
全編ジャズ・スコアで、このモノクロームで
退廃した雰囲気にバッチリと合った仕事をしています。
当時、7インチでしかサントラがリリースされていなかったのが
不思議なくらい、最初から最後まで聴き応えのある音楽を提供しています。
CDにはアルバムとして全曲収録されているので、
もう一度聴き返したくなりました。(うちのiTunesに入っているハズ...。)

やっぱりこの時代の作品は最高ですね。

スポンサーサイト

テーマ : 映画 - ジャンル : 映画

36

どうも~。yo☆ssyです。
先日、22日に誕生日を迎え、
なんと36歳になってしまいました。
この一年の抱負も"若作り"でいきたいと思います。

せっかくなのでコルクでディナーしてきました。
前日、来店していたらしい宮田おやじさんより
日をまたいで、シャンパンをごちそうになりました。
(前夜、シャンパンの代金を置いて帰ったらしい...。サスガです(笑)。)
20170923_1

20170923_2

20170923_3

20170923_4

20170923_5

20170923_6

20170923_7

20170923_8

ルロワ・ブルゴーニュを開けてもらいました!
20170923_9

ピノだけど、しっかりとした味わいでした。

20170923_10

ちなみに飲み過ぎて、ケーキの辺りから記憶が曖昧です(笑)。

そういえば、うちの職場でアルバイトしている学生さんが
わざわざプレゼントをくれて、妙にうれしかったり
てか、よく覚えていたなぁ...と。

ということで、みなさま今後ともよろしくお願い致します。

テーマ : こんな店に行ってきました - ジャンル : グルメ

クロワッサンで朝食を

少し経ってしまいましたが、7/31にフランスの大女優、
ジャンヌ・モローさんがお亡くなりになられました。

ヌーベル・ヴァーグの時代から近年まで沢山の映画に出演され、
『死刑台のエレベーター』、『危険な関係』、『夜』、
『女は女である』、『突然炎のごとく』、『エヴァの匂い』、
『ビバ!マリア』、『黒衣の花嫁』、『ぼくを葬る』と
ざっと思い出せるだけでも、結構な作品を観ております。
そして最後の出演作となった『クロワッサンで朝食を』を
ずっと観ないままDVD放置していたので、この機に鑑賞しました。

その7/31、パリ8区の自宅アパートメント内で倒れた状態で
亡くなっているのを家政婦が発見した、とのことですが、
奇しくもこの映画はその状態に近い設定で繰り広げられます。

内容に関しては深く書きませんが、
観る側に感情をある程度考えさせながら
観終わった後、不思議な余韻を与えますね。

クロワッサンで朝食を 1

クロワッサンで朝食を 5

もうひとりの主役、アンヌ役のライネ・マギさんが
ストーリーが進むにつれ輝き、美しくなっていくのも見所ですね。
クロワッサンで朝食を 2

クロワッサンで朝食を 3

クロワッサンで朝食を 4

ちなみに『ティファニーで朝食を』を捩った
日本人が好みそうな『クロワッサンで朝食を』という邦題から、
もっとポップな作品かと思っていましたが、
視覚上の全体のトーンは暗い映画でした(笑)。

原題は『Une Estonienne à Paris』=『パリのエストニア人』。
まぁそのままの訳で邦タイトルにするとアレですが、
鑑賞後、しっくりくるタイトルだなぁと思いました。

テーマ : 映画 - ジャンル : 映画

Calico / Lost and Found

calico

すっかり秋らしい気候になってきました。最近、気になっていることはもっぱら、2018年のF1のホンダの動向です🏁 シンガポールGP前の報道では、マクラーレンがシビれを切らし契約を解消、トロロッソ・ホンダが誕生すると言われておりますが、まぁおそらくそうなる感じですね。色々なことが起こるのがF1の世界。こういう時、来年から飛躍的に向上したりってこともありえますよね。まぁいずれにしても2018年もホンダがF1の舞台に残れていることを願っております。

さて、今日の一枚です。カナダのAndy ParisienとDonna Leeからなる夫婦デュオ、Calicoが1981年に自主で残した唯一のアルバム『Lost and Found』です。クレジットを見てみると、プロデューサーでJames F. Dale (Jimmy Dale)が参加しているんですね。楽曲のクオリティーの高さも納得です。お気に入りは、ブリージンなブラジリアン・フュージョンタッチの演奏に乗せて、エレピと清々しいボーカルの乗る「Sunday Afternoon」。少しピッチ調整が必要ですが、The Butterfliesの「Brasilian Mood」とよく繋いでおりました(イベント『la moda』をしている頃(笑))。他にも、Kitty Winter辺りを想起させる、よりブラジリアン・フュージョン色の強い「Let's Glide」に、爽やかに流れる演奏とメロディーが素晴らしいフリーソウル「What Am I Gonna Do」、ライトファンクな演奏を軸に緩急をつけたAOR「Say Goodbye」の4曲が特に素晴らしいですね。大好きなアルバムです。


テーマ : おすすめ音楽♪ - ジャンル : 音楽

美味しかったワイン&お店 2017 夏

どうも~、yo☆ssyです。
この夏、美味しかったワイン、良かったお店を記録として残しておきます。
てか、こまめに書き記しておいた方が
ワインの味とか記憶が残っているし、
何より半年分一気にアップするのは
画像処理とか面倒くさいことに気がつきました(笑)。
読んで頂いている人も、きっとぐったりですよね...。

まずはこちら。7月の終わりに、ととろさん行きました。
totoro_20170731_1

totoro_20170731_2

このブログでも何度か紹介しておりますが、
料理が美味しくてお気に入りのお店のひとつです。



関連ランキング:居酒屋 | 鳥取駅



- - - - - - - - -

8月のはじめに行ったドタバタの東京で、
唯一ゆっくり出来た、szechwan restaurant 陳さん。
restaurant_CHEN_20170805

ご存知、陳建一さんがオーナーの四川料理ですね。
イベント明けのお昼、空港に向かう前に
滞在していた渋谷で、行きたかったお店なかったかなぁ?と考えて
パッと出てきたのがここでした。

ランチのお手頃価格で美味しい中華を頂けました。
カウンター席の目の前にガラス越しの厨房があり、
大勢のシェフの素晴らしい仕事も見ることが出来ます。



関連ランキング:四川料理 | 渋谷駅神泉駅代官山駅



- - - - - - - - -

こちらはイエノミ。
louis_caillot_beaune_2011

Louis Caillot Beaune 2011。

最近、イオンのワインコーナーでイオンが直輸入している
ワインを物色するのが趣味になっております(笑)。
が、近頃ワインコーナーにあまりチカラが注がれていないようで、
追加で全然仕入れがされておられません。

お店の客層的には低価格がやはり需要があるのか、
4,000円以上のワインはあまり手が付けられておらず、
ボクとしてはもうしばらくは楽しめそうです。

話が逸れておりますが、赤も白ももっぱら
ブルゴーニュばかり飲んでおります。
↑美味しいピノでした◎

- - - - - - - - -

お盆前の仕事終わり、夜ごはんに久兵衛行きました。
kyubay_201708_1

kyubay_201708_2

鱧(はも)を食す機会が多い今日この頃。



関連ランキング:居酒屋 | 鳥取駅



- - - - - - - - -

お盆に、Freewayの袋詰めのさぎょうをやりながら
こちらのブルゴーニュを頂いておりました。
meo_camuzet_bourgogne_2012

Meo-Camuzet Bourgogne Rouuge 2012。

7月に大阪に行った際、ミルカレスさんで
衝撃を受けた、メオ・カミュゼの一番下のランクのピノです。
下と言っても、さすがの作り手さんで、とても美味しいです。
何かの機にミルカレスさんで飲んだニュイ・サンジョルジュの
プルミエ・クリュ以上の物も飲みたいと思います。

- - - - - - - - -

その後、夏休みを経て、イエノミ。
irancy_pinot_2009

William Charriat Irancy 2009。

ブルゴーニュで唯一、セザールという品種を
掛け合わせることを許されているイランシー。
ふむふむ、勉強になりますね。
たしかに通常のピノとは若干趣きが異なる印象でした。

- - - - - - - - -

9月に入り、神戸で天ぷらランチ。
tentoku_20170901

無類の天ぷら好きで知られるyo☆ssyさんですが(...え、知られてない?笑)、
ミシュラン・ガイド、一ツ星を獲得されている
天徳さん、本当に美味しかったです。
これは夜も行かねば!という所存です。



関連ランキング:天ぷら | 三ノ宮駅(JR)三宮駅(神戸市営)三宮駅(神戸新交通)



- - - - - - - - -

知世様のライブを京都で観たのち、神戸に戻り、
まさかの2週続けてワインバーDさんに到着。
winebarD_20170901_1

winebarD_20170901_2

winebarD_20170901_3

今まで、2軒目以降に利用することがほとんどだったので、
料理をちゃんと頂いたことがなかったのですが、
今回、カルパッチョとパスタ頂きました。
当然ながら抜群に美味しかったです。

そしてカルパッチョにロゼ・シャンパンを
合わせるという、天才なソムリエさん。
前週も飲んだピノも美味しかったなぁ。。
このワイン、取り扱っているショップが限られているようなので、
あるうちに購入しよう。

- - - - - - - - -

いつもコルクに行く際に気になっていた(コルクのめちゃ近く)
日本料理 淳さんに、先日行ってきました。
jun_20170908_1

jun_20170908_2

jun_20170908_3

jun_20170908_4

jun_20170908_5

jun_20170908_6

jun_20170908_7

こちらでも、最近よく食べている鱧に、
のどぐろに、金時草に、美味しい料理たくさん頂きました。
バイ貝の雑炊も美味しかったなぁ。



関連ランキング:割烹・小料理 | 鳥取駅



- - - - - - - - -

ラストはまたもイオンで購入した赤と白。
thomas_fogarty_pinot_2012

Thomas Fogarty Pinot Noir 2012。

thomas_fogarty_chardonnay_2009

Thomas Fogarty Chardonnay 2009。

安定のレベル水準を持った、カリフォルニア・ワイン。
ピノもシャルドネも期待通りのテイストでした。
トーマス・フォガティさんもイオンさんもいい仕事しておられます(笑)。

そんな感じで、サクッとブログ書けました。
ご清覧ありがとうございました

テーマ : こんな店に行ってきました - ジャンル : グルメ

Lucien Joly Quintet / same

Lucien Joly Quintet

自分が所有しているLP以外で、ここ10年位なかなか見つからなかったのに、何故か突然、今年はこれのアタリ年となっております。今年だけで4枚入荷して、売れました。自分が特に好きなレコードが売れるのって、買って頂いた方と意識が共有できる感じでなんだか嬉しいものです。

仏領海外県マルティニークのサックス/フルート奏者、Lucien Jolyが1986年にマイナーレーベルに残したこのアルバム。注目はやっぱりA-2に収録の「Carete B」。ラテン〜カリビアン・タッチのリズムに『ロシュフォールの恋人たち』の「双子姉妹の歌」のフレーズも大胆に引用し、クールな演奏に巧みに掛け合わせた奇跡的な一曲です。何年経っても好きで、何度でも聴いていられますわ〜♪

Lucien Jolyさん、2015年に突如、新作『Impossible Love』をリリースしておられましたね。内容普通でしたが...(笑)。

テーマ : おすすめ音楽♪ - ジャンル : 音楽

原田知世 / music & me

tomoyo_harada_music_me_LP

ということで、先日のライブの余韻に浸るべく、今日の一枚は知世様の2007年のアルバム『music & me』です。このアルバムが一番好きで、アナログ化を熱望していたら、10年の月日を経て先月、ブルーヴァイナル仕様&見開きジャケという素晴らしいディテールのLPでリリースされました。

ピアノプレイがただただ美しく、知世様の優しい歌声のメロディーも最高な「きみとぼく」がホント名曲です。エレクトロニカなトラックが不思議と違和感なくアルバムの流れを作る「Are You There?」、ビートルズの「I Will」のボサ・カバー、こちらも胸にスッと入ってくる素敵なメロディーの「Wonderful Life」、Side-Bに移り「シンシア」をボサ・アレンジでセルフカバーしたver.、切ない雰囲気のワルツナンバー「ノスタルジア」、先日のライブでもやってくれた、涙なしには聴けない「くちなしの丘」、ラストは「時をかける少女」のアコースティック・ボサver.と、作品として本当に秀逸です。個人的にはコレをよく聴いてた10年前にタイムスリップする感じもあって、とても大切な一枚です。



テーマ : おすすめ音楽♪ - ジャンル : 音楽

原田知世 35周年アニバーサリー・ツアー "音楽と私" @ロームシアター京都 20170901

9/1にkimiwoowちゃんと原田知世様の
35周年アニバーサリー・ツアー、京都公演へ行ってきました。
ボクは2015年のビルボードのライブ以来2年振り、
kimiwoowちゃんは昨年の加古川でのライブ以来1年振りとのこと。

京都に到着後、会場までバス移動でしたが、
kimiwoowちゃんの誘導で無事、早めに到着しました。

原田知世 20170901_1

原田知世 20170901_2

原田知世 20170901_3

ロームシアター京都のサウスホールは、
キャパが700席ほどだったので、
2階席でもけっこうバッチリ知世様を拝めました。

35周年記念ということで、アルバム『音楽と私』同様
オールタイムベスト的な内容で、とても楽しめました。

ほがらかなMCで会場も和み、あたたかい空気に包まれていました。
しかし、相変わらず天使でしたね👼
「次回のツアーも絶対行こうなっ!」と
kimiwoowちゃんと固く約束をしました。



セットリスト




テーマ : LIVE、イベント - ジャンル : 音楽

夏休み、ときどき営業

どうも〜、yo☆ssyです。
2週間前になりますが、今年も夏休みを頂きました。
そして今年も京都〜神戸です。

まず1日目は京都へ。
夕方に到着し、昨年も行った縁切り神社で良縁を祈願(笑)。
その後、il TempoからリリースのFreewayのフラゲ日ということでJet Setさんへ。
20170824_jetset

前回のArchie James Cavanaughからお世話になっている
森野さんにもご挨拶が出来て良かったです。
ちゃんと仕事もしています(笑)。

Jet Setをあとにして、ホテルのチェックイン。
ちなみに、京都はリーガロイヤルホテルに宿泊。
お値段もお手頃で、普通に良かったです◎
そして慌ただしく夜ごはんのお店へGO!

タクシーでAWOMB(アウーム)さんに到着。
可愛いエントランスですね。
20170824_awomb_1

こちらも可愛い手巻き寿司のお店です。
20170824_awomb_2

どうやって組み合わせるのが正解かも分からず
自由に試行錯誤しながら、美味しく頂きました。

スタッフの方が一品ずつ内容を言ってくださったのですが、
多すぎてこっちも入ってこないし(笑)、
スタッフの方も覚えるのが大変そうでした。

いつも通りのペースで食べていたら
案の定、周りのお客さんは帰ってしまって取り残されました。
なのに、そこから日本酒3点飲み比べを始めるというKYな客...(笑)。
お寿司もお酒も美味しかったです。



関連ランキング:寿司 | 烏丸駅四条駅(京都市営)烏丸御池駅



AWOMBの周りにもリノベーションした建物で営業している
素敵なお店が多くて、行けばよかったなぁと後悔。。
また次回ですね。

その後は、行きたかったワインバー、SAYURAさんが
店休日だったので、祇園の別のワインバーへ。
ワイン&バー 京都祇園 宮川町近江栄さん。
外観も内観も京都らしい佇まいで良い雰囲気。
20170824_ohmie_0

白と赤を1杯ずつと、チーズを。
20170824_ohmie_1

20170824_ohmie_2

...食べログの評価見たら軒並み良かったのですが、
ボク的にはなんだかしっくりこず、ここで1日目終了としました。
お店の雰囲気はとても良いですし、
たまたま提供された物にボクが物足りなさを感じただけなので、
参考にはしないで下さいね💦



関連ランキング:ワインバー | 清水五条駅祇園四条駅河原町駅



- - - - - - - - -

2日目はいきなり得意の時間との格闘からスタート。
ランチの予約時間に間に合わない〜ってなりながら
京都から神戸へ車を飛ばしました。
なんでいつもこうなるんですか(笑)?

少し遅刻して、昨年の夏もランチでオジャマした
ギュール・ルモンテさんに到着。
20170825_gueule_remonte_0

20170825_gueule_remonte_1

20170825_gueule_remonte_2

20170825_gueule_remonte_3

20170825_gueule_remonte_4

20170825_gueule_remonte_5

20170825_gueule_remonte_6

20170825_gueule_remonte_7

20170825_gueule_remonte_8

20170825_gueule_remonte_9

20170825_gueule_remonte_10

昨年は車で帰らないといけなかったので、
お酒飲めなかったのですが、
今年は念願のワインも飲めました。
しかも、ソムリエールさんもおられたので、
料理に合わせてグラスで数杯頂きました。
抜群のチョイスで、料理がさらに引き立ちましたね。
素晴らしい、としか言えません。

スタッフの女性の方が、昨年来たのを覚えて下さっていて嬉しかったです。
今度はディナーで来たいですね。



関連ランキング:フレンチ | 旧居留地・大丸前駅元町駅(阪神)元町駅(JR)



ランチを終え、ホテルにチェックインする前に
神戸で唯一、Freewayの7インチを取り扱って頂いている
Strada Recordsさんにご挨拶へ。
20170825_strada_records

オーナーさんとは初対面でしたが気さくに色々とお話しして頂き、
しかもその場でバックオーダーも頂きました。
メインはハウスとかダンス・ミュージックにも関わらず
Archie James CavanaughやFreewayも取り扱って頂けて嬉しい限りです。
ありがとうございます。
ちゃんと仕事もしています(笑)。

ストラーダさんを出て、ホテルへ。
今年ももちろんラ・スイート神戸です。
20170825_la_suite_1

20170825_la_suite_2

20170825_la_suite_3

陽が落ちてくるとさらに良い感じ。
20170825_la_suite_4

夜になり、今回の旅のメイン、カセントさんへ。
20170825_CaSento_0

神戸で唯一、ミシュラン・ガイドの三つ星を獲得している
言わずと知れたモダン・スパニッシュのレストラン。
もう憧れに近い感じで、ずっと行きたかったので、
念願が叶いました。てか、よく予約取れたなって感じですが...。

焼き菓子からスタート。
20170825_CaSento_1

ハムとハモ。愛嬌たっぷりなネーミング。
20170825_CaSento_2

タパス。
20170825_CaSento_3

鴨の血のソーセージ。
20170825_CaSento_4

20170825_CaSento_5

20170825_CaSento_6

のどぐろ。
20170825_CaSento_7

メイン。
20170825_CaSento_8

おじやの語源となったオジャ。(...と教わる。)
20170825_CaSento_9

デザート3つ。
20170825_CaSento_10

20170825_CaSento_11

20170825_CaSento_12

いやいや、これは芸術ですね。
言葉を失う美味しさ。
視覚と味覚で1品につき2回の驚きがあります。
ワインも美味しかったなぁ〜。
またカセントに帰って来たいです。



関連ランキング:スペイン料理 | 県庁前駅元町駅(JR)元町駅(阪神)



その後はお決まりのワインバーDさんへ。
20170825_winebarD_1

20170825_winebarD_2

マスターの人柄が好き。
ワインは毎回驚きと発見。
お店の居心地も最高。です。

神戸に来る度に、ほぼ毎回訪れているし、
このブログでも毎回登場しているので、
もう説明不要ですね。



関連ランキング:ワインバー | 三宮駅(神戸市営)神戸三宮駅(阪急)三ノ宮駅(JR)



という今年の夏休みでした。
美味しいものいっぱい食べた!
下半期もがんばれそうです。
次はお正月休みですね。

テーマ : こんな店に行ってきました - ジャンル : グルメ

Freeway 完売御礼!

ILTP-003_sold

先日もお伝えした通り、Freewayの7インチ、
おかげさまでレーベル在庫が全て無くなってしまいました!

あとは取扱店さんで販売して頂いている在庫が全てとなりますので、
お買い逃しのないようお願い致します。

既に完売の店舗も出ているようです。お早めにどうぞ!

http://www.iltempodischi.com/iltp-003

テーマ : おすすめ音楽♪ - ジャンル : 音楽