fc2ブログ

Ennio Morricone / La Stagione dei Sensi

Ennio Morricone / La Stagione dei Sensi

みなさま、2022年をいかがお過ごしでしょうか?わたくしはまだ今年の抱負とか目標が定まっておらず、ひとまずやりたいことを探すところからスタートしております。自分的に目標が決まっていない状態で過ごしていると、本当にただ流れに身を委ねて時間が過ぎていくだけなので、仕事・プライベートに関わらず目指すものが必須です。レコードをリリースするでもいいし、新規事業でもいいし、没頭できる案件をはやく見つけたいと思います。

では今日の一枚。1969年にMassimo Franciosa監督が制作した伊・独合作映画『La Stagione dei Sensi』のサントラ。音楽はエンニオ・モリコーネ先生が手掛けたレア盤のひとつ。白眉はやはりA-2に収録されたチネボサ「Una Voce allo Specchio」で、Edda dell’Orsoの耽美なスキャットに、端正なボサリズムと華麗な演奏が儚く沁みる名曲ですね。昔から好きな曲ですが、意外にもオリジナル盤が入荷したのが初だったので記念にアップしてみました。

スポンサーサイト



テーマ : おすすめ音楽♪ - ジャンル : 音楽

『僕らのレコジャケ展』 2021.11.19(金)~23(火・祝)まで開催中

僕らのレコジャケ展_2021_01

11/19(金)〜23(火・祝)にパレットとっとりで開催されている
レコジャケ展に、今年も出展しています。

僕らのレコジャケ展_2021_02

今年は「花」ジャケットを個人的テーマに好きな3枚チョイスしてみました。
近年話題のスウェーデンの鬼才のアレや、
ドイツのピアニストが1970年代に英国で残したスキャットジャズ作品や、
チネボサの名カバーが潜んでいるイタリア産ラウンジ・コンピと、
内容的にもオススメな3枚です。

僕らのレコジャケ展_2021_03

僕らのレコジャケ展_2021_04

僕らのレコジャケ展_2021_05

↑この写真の右側9枚をセレクトされている方の
テーマ性や選盤がとても好みでした。

僕らのレコジャケ展_2021_06

入場無料ですので、近郊の方はふらりと立ち寄ってみて下さい。

僕らのレコジャケ展_2021_07


- - - - - - - - -

『僕らのレコジャケ展』

* on:‪2021.11.19 (Fri.)~23 (Tue.) 10:00~18:00 (最終日は16:00まで)
* at:パレットとっとり市民交流ホール
* fee:free

* 主催:鳥取商工会議所
* 後援:鳥取市中心市街地活性化協議会
* info:パレットとっとり市民交流ホール (phone:0857-39-2555)

https://www.palettehall.jp/events/event/event-2647/

- - - - - - - - -

テーマ : LIVE、イベント - ジャンル : 音楽

INUWASI / DUTY

inuwasi_duty

INUWASI待望のフル・アルバム『DUTY』がリリースされました。ライブにはいまだ行けていないものの、デビュー時からずっと注目しているグループで、コロナと共にスタートを切るという不遇を、アルバムのリリースまで漕ぎつけるって、彼女たち+スタッフさんのがんばりの賜物ですね。そしてそんな状況の中、メンバーは誰ひとり欠けることなく活動しているのも理想的で素晴らしく、応援している側としても気持ち良いものです。

先行で配信されていたEP『chimera』に収録の楽曲からも漂っていましたが、当初のハードコア・サウンドから徐々に音楽性の幅を広げ、今作は様々なアプローチの楽曲が詰め込まれています。メロディーラインが驚異的に格好良い「eyelid」、ポップ寄りのダンスミュージック「The Season is Like You」や「Lapse」に、胸に刺さる曲調とメロディーの「Mother Earth」と「Beyond Goodbye」、エッジの効いた「Hello Anonymous」、そして圧倒的な存在感の「Axenxion」等、どんなジャンル/音楽性でも、もはやINUWASI色になっているって強みですよね。変わっていくことって発信する側も受け手もコワいものですが、変化は進化であって、変わらないことは一歩間違うと後退しかねないので、そういった意味でも感心しかありません。

あとはCDが届いたことで、歌詞を理解できるのも嬉しいです。「Axenxion」なんか、英語の歌詞だと思って、耳コピしたデタラメな英語で歌っていたパートが、全て日本語で吹きました(笑)。各曲じっくりと歌詞を見ながら聴きたいと思います。

本作のナタリーのインタビュー記事も良かったです。

2周年になる前にライブ行くぞ!おー!







テーマ : おすすめ音楽♪ - ジャンル : 音楽

Edition Spéciale / Allée des Tilleuls ep

Edition Spéciale / Allée des Tilleuls ep

先日、知人のソムリエの方のワイン持ち寄りホームパーティーに参加させて頂き、楽しいひと時を過ごさせて頂きました。こういう会だとほぼ毎回、自分以外はソムリエやワイン・エキスパートの資格を持っている方、飲食関係の方だったりするので、ド素人がひとり混ざって恐縮です。メンバーもみんな仲良いし、主催者さんのお料理も最高、今回はブルゴーニュ・ワイン縛りで内容的にもドンピシャでした。飲み過ぎて後半しんだことだけが悔やまれます(笑)。飲んだワインは、またいつか記事でアップしようと思います。

では今日の一枚。フランスの4人組(+女性コーラス)ジャズロック~プログレ・バンド、Edition Spécialeが1976年にリリースした1stアルバム『Allée des Tilleuls』から、アルバムのプロモーション用に4曲をカットした非常にレアな7インチです。注目はやはり、アルバムのハイライト曲である「Mr Business」をA-2に収録していることでしょう。イントロからリフレインされる鍵盤のフレーズにグルーヴィーなリズム隊、小気味良いギター、そしてソウルフルながら、フランス語歌唱ということでどこかインテリジェンスを感じるボーカルが最高な一曲です。アルバムのサンプラーなので、無理矢理4曲収録させていますが、「Mr Business」と「Marie Qui Te Maries」の2曲で、ピクチャースリーヴが付属していたら100点満点だったと思います。

テーマ : おすすめ音楽♪ - ジャンル : 音楽

ずっと真夜中でいいのに。 / CLEANING LABO「温れ落ち度」

zutomayo_ CLEANING_LABO_01

先月リリースされた、ずっと真夜中でいいのに。のライブBlu-ray『CLEANING LABO「温れ落ち度」』を、自宅に居る時は頻繁に観たり、たれ流しで聴いたりしています。2021年5月に開催された同公演の最終日の模様を収録したもので、初回盤は【魔導書パッケージ仕様】となり『やきやきヤンキーツアー @東京ガーデンシアター 2020.11.29』も収録されていて、パッケージとしても、内容的にも素晴らしい作品でした。

zutomayo_ CLEANING_LABO_02

特に『CLEANING LABO「温れ落ち度」』は会場が幕張メッセということもあり、その広さを存分に利用した壮大なセット、エンタテインメント性の高い舞台演出、異次元に安定したハイクオリティーの演奏、音源以上の歌唱を聴かせてくれるACAねさんのボーカルと、これぞライブでしか成し得ない胸が高鳴る2時間弱。随所に舞台監督の演出のスゴさをヒシヒシと感じますし、それを120%で表現している演者さん達も尊すぎます。

zutomayo_ CLEANING_LABO_03

序盤の「お勉強しといてよ」からこちらのボルテージは最高潮で、中盤「繰り返す収穫」以降のしっとりめのナンバーも演奏力の秀逸さでしっかりと聴き入ることができますし、終盤の「秒針を噛む」~「マイノリティ脈絡」~「正義」の流れは圧巻。アンコールではライブ時点では未発表の「あいつら全員同窓会」に、ラストの「MILABO」まで見応えのあるパフォーマンスでした。こんなの見せられたら、ライブ行きたくなってしまいました。いつの日かきっと。




テーマ : おすすめ音楽♪ - ジャンル : 音楽

Hyewon (김혜원) / Challenge

Heywon_Challenge

インスタグラムで繋がっている、韓国の女性フルート奏者、Hyewon(김혜원)さんの4作目のシングル『Challenge』が配信スタートしました。少し記憶が定かではありませんが、元々はボクがたまたま気になった彼女のインスタの投稿に「いいね」をしたか、もしくは彼女がプライベート垢でボクをフォローしてくれていたか、というのがきっかけだったかと思います。フルート奏者のジャズ演奏って、個人的に問答無用で好きで、インスタに投稿されているライブ演奏を聴いて、一瞬でファンになりました。

で、昨日リリースされた「Challenge」。これはどツボな16ビートのジャズナンバーで、ドラムンベースとフュージョンがクロスオーバーしたナンバーとなっています。リードを取る彼女のフルートの旋律はもちろん、後半はピアノのプレイも圧巻で、とにかく素晴らしいです。これ、ライブで聴いたら鳥肌が立ちそうな気がします。彼女が今後どのような活動・展開をしていくのかは分かりませんが、次作も楽しみですし、アルバムも作ってほしいですね。

テーマ : おすすめ音楽♪ - ジャンル : 音楽

Bruno Battisti D'amario / Tastiere Oggi

Bruno Battisti D'amario / Tastiere Oggi

先日、出演させて頂いた『Jimmie Soul Radio』聴いてくださったみなさま、ありがとうございました。いかがでしたでしょうか?『Jimmie Soul Radio』の番組でも、現在アナログ盤の復刻を企画されているそうで、そういった流れから今回、il Tempoで再発を手掛けている自分にお声がかかったという経緯です。過去にリリースした際のお話を中心に、パーソナリティのJimmie Soulさんのお陰で楽しくお話しさせて頂くことが出来ました。貴重な機会を頂きありがとうございました。

では今日の一枚です。イタリアのギタリスト、Bruno Battisti D'amarioが、自身が主宰していたライブラリーレーベル、Nikeに1976年に残したアルバム『Tastiere Oggi』です。イタリア産らしいメロディーと演奏の麗しのジャズボサ「Tumbada」、軽快なボサビートに、陰と陽をコントラストさせたような演奏が印象的な「Tetranote」、4つ打ちで耳を惹くピアノプレイが秀逸なジャズファンク~ディスコとも解釈できる「Immissione」、『Sesso Matto』等のイタリア映画のサントラにでも収録されていても不思議ではない、ムーグ使いのボサ「Elisa」、こちらも音に身を委ねたくなる心地良く美しいボサ「Pomarancio」、歯切れのよいビートのジャズロック調「Insistiamo」、コミカルな演奏のボサ「Go」等、好曲がぎっしり詰まった作品です。




テーマ : おすすめ音楽♪ - ジャンル : 音楽

Bossa Jazz 3 / Divulgacao I

Bossa Jazz 3 / Divulgacao I

2021年のF1も後半戦に入り、この時期特有の来年のドライバーの移籍が続々と発表になっています。中でも、デビューからずっと応援してきたキミ・ライコネンが今シーズン限りで引退ということで、残念な想いと今までエキサイティングなレースを沢山観せてくれた感謝の想いでいっぱいです。今年、日本GPが中止になったので、鈴鹿で観れないのが悔やまれます...。そのアルファ・ロメオのシートにはずっと噂されていたボッタスが、メルセデスにはラッセルが昇格(チーム間での競いは来年のメルセデスが一番楽しみ)、ウイリアムズにはアルボンが復帰と、連鎖的にこの一週間くらいで次々と決まりましたね。アルファ・タウリの角田くんも残留出来て何よりです。先週、36年振りに開催されたオランダGPも非常に面白かったし、シーズン終盤には初開催のサウジアラビアGPもあり、そして熾烈なチャンピオン争いも目が離せません。

では今日の一枚。ピアニスト・Marcos Resende、ベーシスト・Manuel Barbosa、ドラマー・Paulo Gilからなるポルトガルのジャズサンバ・トリオ、Bossa Jazz 3が1968年にリリースした3曲入りの7インチEP『Divulgacao I』です。ここに収録のJoao Donatoの「Outra Vez」のカバーが最強に格好良いジャズサンバでシビれます。こんなに素晴らしい演奏は本家を越えたと言っても過言ではないハズ。また、落ち着きのあるジャズボサ「Amor Em Paz」に、軽やかに転がるピアノプレイも秀逸な「Autumn Leaves」も素晴らしいです。ちなみにこの「Outra Vez」のカバーを知ったのは、かれこれ15年くらい前にNicola Conteが日本企画でリリースした『The New Sound of '60』というミックステープに収録されていたのがきっかけで、それ以来このカバーは他の追随を許さないフェイバリット・テイクです。

テーマ : おすすめ音楽♪ - ジャンル : 音楽

【ラジオ出演】『Jimmie Soul Radio』9/9(Thu.) 23:00 ON AIR

jimmie_soul_radio_logo

明日、9/9(木) 23:00~オンエアのRNC西日本放送
Jimmie Soul Radio』にラジオ出演させて頂きます。
https://radiko.jp/share/?sid=RNC&t=20210909230000

こちらの番組でも現在、レコードをリリースしようとされているそうで、
そういった流れから、7月にリリースした
Ralph Marco Bandのリリースまでの経緯や、
過去のリリース作品、レーベルの紹介をして頂きました!
パーソナリティのJimmie Soulさんのおかげで楽しくお話し出来ました。

お時間のある方はぜひ聴いて下さい!

テーマ : ラジオ全般 - ジャンル : テレビ・ラジオ

INUWASI / chimera

inuwasi_chimera

アイドルでは唯一推しのINUWASI。今秋リリース予定のフルアルバム(遂に!)に先駆けてEP『chimera』が配信されました。コロナ禍ながらグループはがんばって活動されていますが、自分自身はライブに行こうと思うと大移動になるため、いまだに観に行くことが出来ず...。YouTubeでひたすら「楽しそうだなぁ」と思いながら観ている日々です。なので、なおさらアルバムのリリースは楽しみですし、先行の配信も嬉しいです。

今回の個人的注目はラストに収録された「Axenxion」に尽きます。16ビートのパワフルな演奏に、クセになるサビのメロディーと歌詞(←耳コピできず何て歌っているか気になる。笑)が最高。ライブ映像もいくつか観ましたが、めちゃくちゃ盛り上がっていて、一緒にジャンプしたい気持ちでいっぱいです。他にもクール&メロディアスな「黎明ノ昊」に、ノリやすい掛け声的なフレーズが印象的な「Israfil」、シリアスで格好良い「monotonous」等も良いです。最近、移動中はもっぱらINUWASIしか聴いてません。

↓新衣装&新アー写も素敵です。
inuwasi_202108





テーマ : おすすめ音楽♪ - ジャンル : 音楽