Kwartet Frits Kaatee + Jeanette Cordee / Will You Still Be Mine?

frits_kaatee_LP

じわじわと暑くなってきました。梅雨入りはしたのでしょうか?最近の楽しみは、夏休みをいつ取ろうかと、何しようかということをぼんやり考えるお気楽な私です。ちなみに考えてみたところ、今年はまとまった休み取れないような気がしていて、秋休みにやむなくズレるかも、という答えだけ出ております。それまでは目一杯お仕事をがんばろうと思います。その前に今月からW杯開幕ですね。日本の親善試合はほぼほぼ観れてませんが、他国の親善試合を観てたらなぜかテンション上がってきました。フランス、ベルギーとか、どこまでいくか楽しみです!先日、オーストリアに逆転負けしていたドイツはどうでしょうね?

では今日の一枚。久しぶりにジャズいきましょう。オランダのサックス奏者、Frits Kaateeが1984年に自主レーベルよりリリースしたアルバム『Will You Still Be Mine?』です。女性シンガー、Jeanette Cordeeの素晴らしいボーカルと、呼応するFrits Kaateeのサックスプレイが秀逸なKenny Rankin「In The Name of Love」のこのカバーが昔からフェイバリット。下手なアレンジさえしなければ駄曲にはまずならない名曲ですが、Kenny Rankin自身の7"のLPとは別テイクや、Paula Wayneのカバー等、ジャズでアレンジされたこの曲のカバーはどれも素晴らしいです。他にもモッド・ジャズファンク調の「Easy Evil」や、スウィンギーな「Will You Still Be Mine」等も良いですね。



スポンサーサイト

テーマ : おすすめ音楽♪ - ジャンル : 音楽

Eliana Pittman / Vou Pular Neste Carnaval

Eliana Pittman / Vou Pular Neste Carnaval

昨日、W杯の日本代表メンバーが発表されましたね。4年前とあまり代わり映えしないメンバーで、結局のところ実際にW杯始まってみないと、良かったのか、悪かったのかは分かりませんが、いっその事、今大会は捨てて、将来のある若いメンバーに経験を積ませるのでもいいんじゃないか?とさえ思えてきます。でも大迫、柴崎、乾には期待しています!久保、中島、井手口、W杯で観たかったな〜。

では今日の一枚。相変わらず「コレ7"であったんだ!」というレコードばかり買っております。ブラジルの女性シンガー、Eliana Pittmanの1972年のシングルです。同年にリリースされたアルバムからのカットで、昔から好きな「Vou Pular Neste Carnaval」がちゃんと7"として存在していたのと、無事入手出来たことに喜びを感じております。DJでどうこうってタイプの曲ではないのですが、とても良いブラジリアン・グルーヴですね。ぼくがブラジルのレコードを買い始めた初期にLPを買ってよく聴いていたので、思い入れもあり、当時を思い出させる一曲でもあります。

テーマ : おすすめ音楽♪ - ジャンル : 音楽

Audio Playmates 20180615

audio_playmates_20180615

『Audio Playmates』

on:2018.6.15 (Fri.) 19:00 open/start
at:Vanilla Sky New York Lounge
fee:free

*live... Long Tall Sally, The Burgundy Vincent Club, 砂DUB GROOVY (JAKE×falcon)
*dj... TARAWAH CRYSTAL, 拓龍拳, yo☆ssy, Seebook

- - - - - - - - -

6/15にこちらのイベントにDJ出演します。
実は、今年に入ってから初DJです(笑)。
ロック、レゲエ、ヒップホップ、レアグルーヴと、
大きく分けて4括りくらいの感じですね。
入場も無料ですし、ぜひふらっとお立ち寄り頂ければと思います。

さて、なにかけようか...。

テーマ : LIVE、イベント - ジャンル : 音楽

Sonido de Los Hermanos / Mentira - No Juegues con El Amor

sonido_hermanos

どうも、こんばんは。yo☆ssyです。Calicoのリリースから2週間ほど経ちました。みなさま、ご購入頂けましたでしょうか?まだの方はぜひ買って下さいね(笑)。リリース前、勝手な思い込みでCDをリリースしてもきっと足を引っ張るというか、大して売れないんだろうなと思っていましたが、レコードと同じくらい動いているようで、ちゃんとした物を作って良かったなと思っております。Calicoの音楽を知っているか知らないかで言ったら、世の中の99.9%の人は知らないでしょうから(アーティストに失礼か...笑)、もっともっと色々な方に聴いて頂きたいです。

では全く関係のない今日の一枚。音楽紹介も久しぶりですね。全く知らなかったレコードなのですが、今年の1月か2月頃に、以前レコードショップもされていた、ぼくが尊敬するバイヤーさんのひとりの方から購入した7"です。ペルーのラテン・バンド、Sonido de Los Hermanosの1981年のシングルで、ぼくが気に入っているのはSide-Bの「No Juegues con El Amor」という曲。これがイナたさと美メロの間でせめぎ合っているラテン・フリーソウルの好曲です。Aメロのホーン・フレーズや、Bメロの気持の良いメロディー、突き抜けるサビの感じとか、ホント絶妙です◎相場もよくわからないですが、安くで購入させて頂きました。いや、例え高額なレア盤だとしても、これは買ってしまうと思います。かなり気に入っております。

テーマ : おすすめ音楽♪ - ジャンル : 音楽

いよいよCalico 3タイトル 明日リリース!

どもどもー。yo☆ssyです。
Calico 『Lost and Found』(CD)、『Sunday Afternoon』(7")、
『What Am I Gonna Do』(7")の3タイトルが明日リリース、
本日フラゲ日となりました!

Calico_release

ずっと再発したかったタイトルの中のひとつが、
一緒にお仕事したい方々にサポートして頂き、
自分の思い描いた形でリリース出来てうれしく思っております。

あとはたくさんの方の元に届くことを願うだけですね。
当たり前ですが、オススメです(笑)。

昨年からリリースのタイトルが、AOR~フュージョンづいておりますが、
一般的に割と敬遠されがちな"フュージョン"の
良い部分、良い作品を再評価してもらいたいなぁというのと、
単純にボクが好きなものがフュージョン・テイストな物が多いのかな?
もちろん他のジャンルでも好きな作品はたくさんあるので、
そういったお仕事が出来るタイミングがあれば今後もやっていきたいです。

今回も沢山のショップで取り扱って頂いておりますので、
気になった方はどうぞよろしくお願い致します。





http://www.iltempodischi.com/

テーマ : おすすめ音楽♪ - ジャンル : 音楽

Calico アナログ盤 特典「妄想ジャケ」が決定しました!

5/9にリリースの、Calicoのアナログ盤7インチ×2種類に
恒例の"日本語版妄想ジャケット"が特典として付くことになりました!

Calico / 日曜の午後

Calico / どうしたらいいの

妄想ジャケも見慣れてきて、需要があるのかも分かりませんが、
まぁないよりはいいかな?ってコトで今回もハリきって作りました。
ぜひ本ジャケと着せ替えてお楽しみ下さい。

il Tempo ウェブにアナログ盤とCDの取扱店もアップしております。
内容は確かだと思うので、みなさまぜひ買って下さい♪
よろしくお願いします。


テーマ : おすすめ音楽♪ - ジャンル : 音楽

Calico 『Lost and Found』 CD&アナログ盤7"×2種類リリース決定!

2018年のil Tempo、やっと始動します。
今年最初のリリースは、カナダ産AOR/フュージョン、
Calico(キャリコ)のアルバム『Lost and Found』の世界初のCD化と、
そこから2曲ずつをカットしたアナログ盤7"を2パターンでリリースします。
発売日は5/9(水)に決定しました!

Calico / Lost and Found

いつからこのプロジェクトはじめたのかな?と思い
メールボックスを見返したところ、
ぼくが最初に権利調査のメールを送信していたのが
2015年の夏でした(笑)。
リリースまでに3年弱かかっている...(笑)。

とはいえ、それからの2年間はメールの返信がなく、
他のプロジェクトもやっていたので実質放置状態だったのですが、
元々、自主レーベルからのリリースだったので、
関係者の誰かに連絡がつけば交渉はスムーズなハズ!
という勝手な確証と、聴けば聴くほどに、
「これはリリースしたいよな~」という想いで粘り強く
関係者を探していてところ、
最終的には彼らの娘さんとコンタクトが取れ、
「お父さんかお母さんに連絡取るよう伝えて~」とお願いし、
コトが進みだしたのが、昨年の夏、
ちょうどFreewayの営業を兼ねて京都~神戸で
バカンスを取っていたタイミングでした。

やっとスタートラインに立てた感じですね。
あとは今回も沢山の方の手元にCDやレコードが
届けばいいなぁと思うばかりです。
てか、Calicoの知名度というか、レア盤としての需要度って
実際どのくらいなのでしょう...?

近年まで知られていなかったのが不思議なくらい
内容は良いけれど、オリジナルのLPが発掘されたのが
7、8年くらい前だったかと思うので、
このテのレア盤にしては比較的最近の
ニューディスカバリー物ということになります。
ま、内容知らない方にも試聴してもらえるくらいまで
がんばって営業&宣伝するしかないですね。

今回もリマスタリングはproduction dessinee、丸山さんにお願いしました。
いつもありがとうございます!

そしてCDの解説は、『Jazz Next Standard』や
『Jazz meets Europe』といったディスクガイド本、
数々のCDのライナーを執筆しておられる
小川充さんに書いて頂きました!
面識はなかったのですが、DMR時代から小川さんの書かれる
キャプションや解説が好きで、知り合いの知り合いを通じて
お願いしたところ、快く引き受けて頂きました。
リリース出来たこと自体もうれしいですが、
こうして自分の理想の形で構成出来るのも
とてもうれしく思っております。

ちなみにCDは、旧譜の再発ということもあり、
LPライクな仕様のA式紙ジャケットにしたくて、
プレス代がプラケースの2倍でしたが、
妥協しなくて良かったなぁと思っております。

本作は、ソフトロック好きの方ならご存知のグループ、
The Mutual Understandingでアレンジャーを務めたJimmy Daleこと
Jame E. Daleさんがプロデュースを手掛けています。
Calicoのふたりが書いた楽曲も素晴らしい上に、
Jimmy Daleの洗練されたアレンジで
さらに優れた音楽になっているのは疑う余地なしですね。

普段から新旧問わず様々な楽曲のカバーとか聴いていると、
本当に音楽ってアレンジ次第で良くも悪くもなるなぁと感じますね。
で、Jimmy Daleの人脈で集ったバックのバンドがまた豪華で、
カナダのトランペット奏者のGuido Bassoや、
トロンボーン奏者のRob McConnell等も参加していて、
自主盤としては異例の豪華布陣による素晴らしい演奏が聴けます。

CDの解説でも触れてもらってますが、
Calicoのふたりと、Jimmy Daleの出逢いは
彼らが当時出演していたCBC(カナダ放送局)の
TVショーのプロデューサーがJimmy Daleだったそうで、
本作はそのJimmy Daleの提案で制作が始まったとのことです。
そういった部分でも、ナイス・プロデューサー!ですね。

あと、冒頭でも触れましたが、
アルバムの中から抜粋した4曲を2枚に分けて
7"アナログ盤で同時リリースします。
2曲に絞れなくて、2曲×2パターンにしました。
当たり前ですが、この4曲はアルバムの中でも特に好きな曲で、
ブラジリアン・フュージョン調の「Sunday Afternoon」、
フリーソウルな「What Am I Gonna Do」はその中でもお気に入りです。
Calico / Sunday Afternoon

Calico / What Am I Gonna Do

はじめはジャケットの背景色を黒と白にしようと思ったものの
ぼくの技術不足で、上手くいかず断念(笑)。
ロゴの色だけ変えました。
間違えて2枚同じの買わないように気を付けてください。
(実際の商品には、OPP外袋に色違いのラベルシールが
貼られるので、間違えることはないと思いますが...。)
各600枚限定となります。

ということでダラダラと長文になってしまいましたが、
要約すると、Calicoの『Lost and Found』、
ぜひ聴いて下さいね!と言いたかったわけです。
ひとまずil TempoウェブかYouTubeかで試聴してみて下さい。
みなさま、よろしくお願いします!

http://www.iltempodischi.com/




= = = = = = = = =

Calico『Lost and Found』

il Tempo / ITCD-003
Format : CD
price : 2,592 yen (2,400 yen + tax)

01. Lost and Found
02. What Am I Gonna Do 03. In a Dream
04. Sad Song
05. Let’s Glide
06. Off My Feet
07. Can’t Say No
08. So Glad
09. Crying Eyes
10. Say Goodbye
11. Sunday Afternoon

http://www.iltempodischi.com/itcd-003

- - - - - - - - -

Calico『Sunday Afternoon』

il Tempo / ILTP-004
Format : 7"vinyl
price : 1,944 yen (1,800 yen + tax)

A-1. Sunday Afternoon
B-1. Say Goodbye

http://www.iltempodischi.com/iltp-004

- - - - - - - - -

Calico『What Am I Gonna Do』

il Tempo / ILTP-005
Format : 7"vinyl
price : 1,944 yen (1,800 yen + tax)

A-1. What Am I Gonna Do
B-1. Let's Glide

http://www.iltempodischi.com/iltp-005

= = = = = = = = =

テーマ : おすすめ音楽♪ - ジャンル : 音楽

ねごと "SOAK"ツアー2018 @岡山Image 20180217

2/17に岡山でねごとの『SOAK』ツアーに遊びに行ってきました。
昨年10月に鳥取大学の風紋祭で観てから、
次のツアーでまたライブ観たいなぁと思っていたので、
割と近めの(?)岡山もツアーに組み込まれていて、良かったです。

チケットの整理番号1番だったのに、到着したのが遅かったのと、
クロークに荷物預けたり、みんな場所を陣取ってるのに
悠長にビール飲んでいたりして、最後列...(笑)。
普段、クラブは行くけど、ライブハウスは行き慣れてないので、
みんなライブ終わった後にドリンク飲むんですね(笑)。
今思えば、駆けつけ一杯的に飲んでる人、ほとんどいませんでした(笑)。





セットリスト






「ETERNALBEAT」と「シンクロマニカ」はリミックスver.でしたね。
バンドサウンドで、リミックスver.を逆に演奏するって格好良いですよね。
ライブで聴きたかった「WORLDEND」(超名曲)と、
ドラムンベースな「moon child」も聴けて良かったです。
あと、終盤の「シリウス」の盛り上がりが尋常じゃなくて、
めっちゃ楽しかったです♪
隣の人も盛り上がっていたこともあり、
最後列だったけど、ぼくもめっちゃ跳ねて踊って楽しみました。
本当はもっと前で盛り上がりたかったけど...。

ねごと 20180217

写真も、もっと前で撮りたかったなぁ(笑)。

ライブ後の物販で、蒼山幸子ちゃんに
「あの辺りでノリノリでしたよね?見えましたよ。」と
言ってもらえて、嬉しいやらハズかしいやら(笑)。
後ろのお客さんは割とゆっくり観ている方が多かったので、
後ろで踊っていると、逆に目立つということが分かりました。

言葉では上手く表現できないくらい、楽しい時間でした♪
またライブ観に行きたいなぁと思っております。
次のツアーまでは長そうだし、
残りの『SOAK』ツアーの別会場に行けないか
自分のスケジュールをチェックしたいと思います。








テーマ : LIVE、イベント - ジャンル : 音楽

ねごと / SOAK

ねごと SOAK

やることが多めですが、集中力が途絶えたのでブログを更新してみてます。最近、中古盤ばかりレビューしていたので、たまには新譜も載せておきます。12月にリリースされたねごとの5thフルアルバム『SOAK』、これが最高でリリースされてからドライブ中や自宅で作業中や、ほぼほぼこれを聴いております。前作『ETERNALBEAT』からグッとエレクトロ路線になって、クオリティーもあがって、個人的にはさらにツボでしたが、『SOAK』はさらに進化しつつ、歌心は失わず、突き抜けた感じです。聴き応えあります。

リード曲の「DANCER IN THE HANABIRA」からブリブリのダンスチューンで格好良く、シングルでリリースされた時点からめちゃくちゃ聴いておりました。が、3曲目にそれを上回る「WORLDEND」という名曲が収録されております。サビでのメロディーが神がかっていて何度もリピートしてしまいます。「Fall Down」〜「moon child」〜「undone」のミドルパートも彼女たちのコアな部分が聴けて良いです。16ビートというかドラムンベースな「moon child」良い曲ですね。「空も飛べるはず」カバーのカップリングに収録されていた、ポップに駆け抜ける「ALL RIGHT」は、サビのボーカルが可愛いですね◎ その後の「シリウス」も歌詞とリンクしたドラム演奏に、この曲もサビが最高ですね。曲単位でもトータルでも、今までで一番の作品ですね〜♪

2月からの全国ツアー、行こうと思っております!




テーマ : おすすめ音楽♪ - ジャンル : 音楽

Jorge Santana / Love The Way - Sandy (spanish ver.)

jorge_santana_sandy_spanish

週のはじめ〜木曜くらいまではいつもルーティンのお仕事に追われていて、週末にそれ以外の仕事に取り掛かれるという感じなのですが、この週末はもっぱらCalicoのデザインの作業に勤しんでおりました。いつかは終わりがくると信じて(笑)、もくもくとやっております。が、なんせ集中力がないのでダメです。まだまだ先は長そうですが、がんばります。

では今日の一枚。お馴染みJorge Santanaのフリーソウル名曲「Sandy」のスペイン語ver.の7インチです。オケはそのままながら、スペイン語で歌われることで少し雰囲気も違いますよね。楽曲の気持ちよさはご存知の通りなので特に説明は不要かと思います。英語ver.の方がよく知られているし、なんとなくキャッチーなので、いつもそっちをかけてしまいがちですが、たまにはこちらもDJで使ってみようかしら。最初、英語ver.かけてからの中盤でシレッとこっちにミックスとか...(笑)。

テーマ : おすすめ音楽♪ - ジャンル : 音楽