脇田もなり / I’m with You

脇田もなり / I’m with You

明日、脇田もなりちゃんのソロ1stアルバムが遂にリリースされます!Especia時代から大好きだったので、グループ脱退後もソロとして、こうして歌い続けてくれるのが何より嬉しいです。昨年末は一緒のイベントにも出演させて頂いたのも嬉しかったなぁ。。もっとライブ観に行く機会作りたいです!

ということで、アルバムが待ちきれないので、先月リリースされた3枚目のシングルが今日の一枚。タイトル曲の「I'm with You」は福富幸宏さんプロデュースということで、要所要所ジャジーな演奏も含んだ王道のハウスナンバーですね。そして注目は矢舟さんプロデュースのSide-B「Est! Est!! Est!!!」。Alice Clarkの「Never Did I Stop Loving You」のホーンをネタに使ったフリーソウル・ライクな好曲です♪

スポンサーサイト

テーマ : おすすめ音楽♪ - ジャンル : 音楽

Katie goes to Tokyo / Try

KGTT_Try

5月に配信リリースされた「Give You Up」に続き、Katie goes to Tokyo 第3章2枚目のシングルが公開されました。今回も韓国のレーベルからのリリースのようで、韓国のグループ、Peterpan Complexのボーカリスト、Jeon Jihanをフィーチャーした楽曲。当初『Don’t Stop, Don’t Give Up』というアメリカ映画のテーマ曲として描いていた曲のようですが、結局映画では別のアーティスト(Coldplay!)の楽曲が採用され、しばらくはデモのまま眠っていたようです。スロウテンポの沁みるトラックに、ケイティーらしい美しいメロディーの乗った曲になっています。

↓韓国のレーベルの7月のリリースダイジェスト。1曲目で聴けます。

テーマ : おすすめ音楽♪ - ジャンル : 音楽

YUKI / まばたき

YUKI まばたき LP

みなさん、こんばんは。今年も夏になるといろいろと予定が入り、いくつかの事案が同時進行していて、慌ただしくもあり、楽しくもあり、といった感じです。年中休みみたいなボクですが、お盆明けたら夏休みを取りたいなぁと思っております。どんだけストレスのない人生を送るつもりなんだ!と怒られそうですが...(笑)。

では今日の一枚。ズレズレの更新になりましたが、3月にリリースされたYUKIの8thアルバム『まばたき』です。今回のアルバムは前々作『megaphonic』、前作『FLY』と続いたクラブ/ダンスミュージック路線とは180度変えたポップ〜ロック・アルバムで、ダンスミュージック寄りのアプローチが好きなボクとしてはピンときてなかったのですが、聴いていくとやっぱりメロディーとかYUKIはYUKIだった、と気に入ってきました。「無敵」と「2人だけの世界」はメロディーが最高ですね。あとは昨年の映画『ポケモン』のエンディングテーマ「ポストに声を投げ入れて」は、毎日職場で聴いていて、やっぱいい曲だなぁと思いました。ラストに一曲だけ「トワイライト」というダンスミュージックも入ってますね◎そういえば『FLY』制作時にもロック路線のアルバムになりかけた時期があったそうで、今回こういった作品になったのは必然かもしれません。今年は15周年ということで、現在アリーナツアー中ですが、〆にさらに大きな会場でライブあったりしないのかな?あればどこへでも行きたいなぁ、と思っています。

↓CDも買ったし、写ってないですが、LPとカセットテープも買いました(笑)。




テーマ : おすすめ音楽♪ - ジャンル : 音楽

The Maggie Eaves Singers with The Alan Caddy Orchestra / Love Songs of The World

maggie_eaves

今日から7月。急に暑くなった感あります。そんな昨今、まさかの3件同時に商品未着のトラブル発生(笑)。3件別々のバイヤーに送った荷物なのですが、同時期に同じ国宛に送っているので、おそらくは同じ便で空輸されているものと思われます。が、相手国の税関に到着するまで追跡番号が更新されないので、途中経過全く分からないんですよね...。全く困ったものです。ちゃんと料金払って送っているのに遅延、もしくは未着って、ちゃんと責任持って仕事してもらいたいです。

では今日の一枚。英国のMaggie Eaves SingersがAlan Caddyのオーケストラをバックに1972年に吹き込んだアルバム『Love Songs of The World』。何度か販売用に仕入れたこともありましたが、綺麗な状態の物を探していたところ、disques blue-veryさんがデッドストックを販売しておられたので、かなりお手頃価格でゲットできました!特筆すべきはやはり「I Must Know」のカバーでしょう。ラテン・パーカッシブなビートに乗った華やかなホーン、そこにエレガントなコーラスが輪をかけて盛り上げる好バージョン。ラストのサビでは変調し3拍子になるアレンジも秀逸ですが、DJ的にはそれまでに繋がないといけないので、余計なことするな!とも思います(笑)。ま、いずれにしても素晴らしいです。異ジャケ異タイトル同内容でプレスが2種類存在し、こっちの白ジャケの方が見つかりやすいです◎

テーマ : おすすめ音楽♪ - ジャンル : 音楽

田中裕梨 / City Lights

田中裕梨 / City Lights

みなさん、こんばんは。yo☆ssyです。今年は意外と梅雨っぽくない日が多い気がして、割と過ごしやすいです。これからが蒸し暑くなる感じですかね?夏はどこかのタイミングで休暇をとりたいと思っておりますが、Freewayのリリースもあるし、悠長に休んでいられないかな~?忙しいのはありがたいことです。

では今日の一枚。昨年末にリリースされた、BLU-SWINGのボーカリスト、田中裕梨さんのアルバム『City Lights』が待望のアナログ盤でリリースされました!本作はBLU-SWINGとはガラッと変わって(多少、延長線上にある感じもしますが...)、アルバムまるまる所謂"和モノ"カバー作で、1970~80年代のシティ・ポップの名曲たちに新たな息吹をもたらしています。近年このテの作品はいくつかリリースされていますが、ボクこの人の声が大好きなので、格別に気に入っております。オープニング曲の「真夜中のドア / Stay with Me」のカバーからグッと掴まれてしまいました。オリジナルは若干コブシが効いたボーカルですが、こちらはクールに歌い上げて◎ 「都会」もメロウな演奏、ボーカル共に素晴らしいです。あとは「雨音はショパンの調べ」のカバーも良いですね。しばらくBLU-SWINGでの活動もお休みのようですので、復帰までお待ちたいと思います。夏のワンマン行きたいな~。

テーマ : おすすめ音楽♪ - ジャンル : 音楽

Bob Azzam / Garden of Love

Bob Azzam

昨日は、いつも髪を切ってもらっているLoGiのオーナー、やまたくの結婚パーティーに参加させて頂きました。久しぶりに会うレツメニ・クルーや、新郎・新婦ともに同い年なので同級生も多く、和やかなパーティーでとても良かったです。幸せな家庭を築いて頂きたいです✨余談ですが、Seebookこと磯江くんの司会も板についてきて、安定感ありました(笑)。あらゆるシチュエーションの司会業をこなせると思いますので、何かありましたらぜひ彼にお仕事をあげて下さい(笑)。

では今日の一枚はコレ!エジプトの音楽家で、ヨーロッパで広く活躍したBob Azzamの1971年のスウェーデン録音盤『Garden of Love』です。ハッピーなホーンに、合唱系のスキャット〜コーラスも最高なジャズグルーヴの逸品にして不滅のフロアクラシック「Let’s Celebrate」は、まさにウェディングでかけたい一曲ですね!最高にアガります↑↑

テーマ : おすすめ音楽♪ - ジャンル : 音楽

Mango Jones & His Orchestra with The Harry Ballu Singers / The Ska

mango jones

みなさま、こんばんは。5年くらい前でしょうか、ひたすら体調が悪く、早々に死ぬんじゃないかと思っておりましたが、最近知らぬ間に健康志向になっていて、R−1ヨーグルトを飲み、リンゴ酢を飲み、ついでに美容系のすっぽん小町というサプリを飲んでおります(笑)。毎日お腹痛くなるのは変わりませんが、数年前より大分マシな気がしてます。あと、YouTubeで見たGACKT様直伝の腹筋を毎日やっていて、筋肉ついてきたけど、上にのってる贅肉が落ちないため、見た目はまったく変わりまへん(泣)。

今日の一枚は今年上半期、ゲットできて一番うれしかった7インチです。Mango Jonesの同タイトル・同デザインのアルバムから4曲をカットしたスペイン盤オンリーのジャケ付き!ジャケット通りのダンサブルなスカ・ジャズを聴かせてくれて、中でもアルバムのハイライト曲であるご機嫌な「Coffee Street Ska」が収録されているのが嬉しいところ。他にもスパイ映画さながらの緊迫感あるジャズ・アレンジで、ビートはしっかりとスカリズムをキープした「Charade」のカバー、スカとラテンを掛け合わせたような「Ska La Bomba」等それぞれに個性があって良いです。


テーマ : おすすめ音楽♪ - ジャンル : 音楽

Liquid Pleasure / Take a Little - Breezin'

liquid_pleasure

GWの高松でのイベント『RICA'X JAZZ』でも発表しましたが、il Tempoレーベル2017年第2弾7インチのリリースが決まりました!既に契約は済んでおりまして、エンジニアさんによるリマスターが無事終われば、近く正式にアナウンス出来るかと思います。前回のArchie James Cavanaughほどの需要はないかもですが、個人的には今回もうちのレーベルからリリース出来ることになってとても嬉しタイトルです。お楽しみに〜。

では↑とは全くカンケーない今日の一枚。USの7人組ソウル〜ファンク・バンド、Liquid Pleasureの1974年の7インチ。この7インチ2種類ありまして、「Take a Little」を両面に収録した物と、Side-Bに「Breezin'」を収録した物とあるワケですが、後者がアタリ盤です🎯 冒頭からアッパーに打たれたビートと、メロディアスなエレピ、「パラッパ〜」スキャットも最高なポップなナンバー!早めのBPMでDJしている時は、どこかでこの曲を挟みたくなります♪良い曲ですよね!ちなみに数ヶ国でリリースされていたので、ジャケ付きで「Breezin'」収録盤を探してみたのですが、ことごとく両面「Take a Little」パターンでした。残念。

テーマ : おすすめ音楽♪ - ジャンル : 音楽

Katie goes to Tokyo / Give You Up

KGTT / Give You Up

昨年の夏に過去2枚のアルバムをil Tempoからリリースさせてもらった、Katie goes to Tokyoの7年振りのニューシングルが公開されました!ここ数年ダンス・ミュージック寄りに傾倒していたのは彼女のSNS等からも見て取れましたが、本作は彼女らしいメロディーは残しつつ、トラックはそういった趣きのダンス・ナンバーになっています!MVは謎のカンフーで面白いです(笑)。コチラから購入できます!

Eles & Elas / Nossos Dias - Recomecar

eles_elas

みなさん、こんばんは。もうすぐGWですね!GWの予定はほぼ仕事に埋め尽くされておりますが、5/4の『RICA'X JAZZ』だけが唯一の楽しみって感じです。気がつけば来週だ〜。松江代表の内田くん、出雲からお客さんとして来てくれる桑くんと一緒に行く予定で、3人の珍道中も楽しみです。高松近郊の方はぜひ遊びに来て下さい!

では今日の一枚。前回レビューしたLuiza Mauraに続き、ブラジリアン・ソウル〜フリーソウル的な物で今年ゲットしたコレです。1970年代後半に2枚(だけでしょうか?)の7インチをリリースした男女4人組、Eles & Elasによるシングル。Side-Bの「Recomecar」という曲が好きなのですが、おそらく説明しなくても試聴して頂くとそれも納得して頂けるのではないかと...(笑)。この転がるジャジーなピアノと、跳ねたグルーヴのリズム隊、ブラジル的なメロディーが気持ち良すぎる、フリーソウル・ナンバーですね♪こういうのたまらないですね...。地球の裏側に向かって「オブリガード」って言いたくなります(笑)。

テーマ : おすすめ音楽♪ - ジャンル : 音楽