FC2ブログ

Family of Swede / Living From Day To Day

Family of Swede / Living From Day To Day

1月は無気力に過ごしてしまい、なんだかもったいない日々を過ごしてしまいました。2月から2020年を始めた所存で、今年やろうかなと思っていることを整理中です。3月には久しぶりにDJイベントに出演予定なので、少しずつ活力を漲らせていこうと思います。イベントに関してはまた告知します。

では今日の一枚。1970年代のソウルの未発表音源を発掘/リリースしているCordial Recordingsから、ソウル・グループ、Family of Swedeのこちらも未発表作の7インチです。オークランドでライブを中心に活動をしていたバンドのようですが、リリースは数枚のシングルのみで、陽の目を見ることなく埋もれている音源がLPとして今年リリースされ、本盤はその先行シングルの様です。US産ではあるものの、音の感じはヨーロッパのライブラリーにでも収録されていそうなテイスト。ボーカルはしっかりとアメリカのソウルですね。BPMが結構速いので、これくらいのテンポの楽曲をプレイする時には重宝しそうです。

YouTubeに音源が上がっていなかったので、コチラから試聴をどうぞ♪
スポンサーサイト



テーマ : おすすめ音楽♪ - ジャンル : 音楽

Mr. Danny Pearson / Honey Please, Can't You See - Say It Again

Mr. Danny Pearson / Say It Again

今週は師走らしく、忘年会、会食、イベントに遊びに行くなど予定が入っております。残り10日ほど、あっさりと終わっていきそうな雰囲気が漂っておりますが、良い一年の締めくくりができるといいなぁと思います。年末年始も普通に仕事なので、例年通り大みそかからフライングで食べるおせち+白ワインが唯一の楽しみとなりそうです。

では今日の一枚。割と長らく探していて、年の瀬にやっと入手できたDanny Pearsonの7インチ。Barry Whiteが1978年にプロデュースしたアルバムからのカットで、両面「Honey Please, Can't You See」を収録したプロモ盤はプロモ盤のくせに不思議なくらいに見かけますが、何故かこのリリース盤は見つかりにくいのです。で、こちらのリリース盤にはSide-Bに「Say It Again」が収録されていて、これが最高のメロウ・ソウルなのは説明不要かと思います。Danny Pearsonが吹き込む5年前に、同じくBarry Whiteが手掛けたLove Unlimitedのアルバムにも同曲が収録されているものの、アレンジの素晴らしさはDanny Pearsonのテイクが圧勝です。イントロから心震え、ボーカルがスウィート&ややハイトーンで絶妙です。ちなみにずっと海外で探していたのですが、国内でやさしいお値段で買うことが出来ました。灯台もと暗過ぎです...。

テーマ : おすすめ音楽♪ - ジャンル : 音楽

B.C. Generation (The Bob Crewe Generation) / Street Talk

Bob Crewe Generation / Street Talk

今年のF1も残すところ4戦となりました。今週末はメキシコGP、翌週は連戦でアメリカGP、その2週間後にはブラジルGPと、アメリカ大陸でのレースが続きます。決勝レースが28:10~(ブラジルは27:10~)と、日本でライブ観戦するのも体力が要りますが、その時間に観ている猛者に混ざって観戦している感覚が好きだったりも...(笑)。ということで、何とかライブ観戦でがんばりたいと思います。(ライブ観戦しないとSNSの発達により見逃し配信観る前に情報入ってくる確率高め(笑)!)

では、昔から大好きな今日の一枚を。「君の瞳に恋してる」や『バーバレラ』のサントラを手掛けたことで有名な、Bob Creweが1976年にThe Bob Crewe Generation名義でリリースしたアルバム『Street Talk』から同曲をカットした7インチ。元々はアルバムに収録の8:44のバージョンで、12インチに収録の9:22のバージョンも存在しますが、こちらは両面同曲のシングル用のエディットで、Side-Aが3:30、Side-Bが6:10のテイクとなっています。イントロのギターカッティングからワクワクさせ、曲に入ってからは程よくメロウで琴線に触れる旋律のストリングス、「トゥルットゥ~」コーラス/スキャットも入るディスコチューンで、永遠に好きな一曲です。

テーマ : おすすめ音楽♪ - ジャンル : 音楽

Mark IV / I Knew It Wouldn't Last

Mark IV / I Knew It Wouldn't Last

お盆を過ぎて暑さが微妙に和らいだ気がします。普段、代謝が悪いのかあまり汗をかかない方ですが、今年は向こう5年分くらいかきました。ちなみにお盆ウィークは、レーベルのお仕事が大詰めでやっとCDをプレスに出すことが出来ました。リリースは10月くらいかなぁ...。追ってアナウンスします。みなさま、よろしくお願い致します!

では今日の一枚。2017年リリースされた未発表曲を集めたMark IVのアルバムに収録されていた、個人的にも大好きな名曲「I Knew It Wouldn't Last」の別テイクが今年7インチでリリースされました。ミディアム・テンポでエレピがリードを取るLPのバージョンに比べ、こちらはアップテンポで演奏のアレンジも若干変えてフロア仕様になっています。味わい深さではLPのバージョンに軍配があがると思いますが、こちらはこちらで良いですし、そもそも曲自体がとても良いということを再確認しました。

テーマ : おすすめ音楽♪ - ジャンル : 音楽

The Quadraphonics / Betcha If You Check It Out

Quadraphonics

数日経っていますが、新元号「令和」が発表されましたね。強めの万葉集推しはともかくとして(笑)、とても綺麗なネーミングで良いのではないかと思います。個人的には「美」を使った元号を期待しておりましたが、カスリもせず...(笑)。次回に期待しましょう(生きていれば...)。

では今日の一枚。先日、遂にジャケ付きでゲットできた、USのソウルグループ、The Quadraphonicsの1974年の7インチです。曲自体は大好きで、今までジャケなしで持っていたのですが、ジャケ付きで発見→気持ち値段高めだったものの迷いなく購入しました。その「Betcha If You Check It Out」は、Velvetのカバーで、原曲を軽く超えてしまったドラマチックなアレンジ、歌唱力が素晴らしいソウルダンサーですね。最高です!

テーマ : おすすめ音楽♪ - ジャンル : 音楽

Mark IV / Signs of a Dying Love

Mark IV / Signs of a Dying Love

みなさま、2019年如何お過ごしでしょうか?ぼくは今のところ休みなく働いております。お正月におせちと良いワインを嗜んだくらいで、特にコレといったことはしてないですね。(少々仕事も絡んでますが)来週冬休みを少し取る予定なので、それを楽しみにそれまではがんばりたいと思います。

では今日の一枚。昨年、何気によく聴いていた、Mark IVの未発表曲を集めたアルバムです。Mark IVといえば「Signs of a Dying Love」がレア盤として知られ、その未発表バージョンが2017年に発掘、そして昨年、1974〜78年に録音されていたその他の曲もディスカヴァリーされました。たしかに未発表曲だよな...っていう曲もあるのですが、タイトなビートの「How I Feel For You」や、ファンキーなホーンのソウル〜ディスコ「Hang Ups」辺りは普通にリリースされていてもおかしくないレベル。そしてハイライトは3曲目に収録された「I Knew It Wouldn't Last」。Marcia Hinesの「You Gotta Let Go」を彷彿とさせるメロディーと演奏の雰囲気、サビでの突き抜け感も最高に気持ち良いフリーソウル・ナンバーです。めちゃくちゃ良い曲ですね!


テーマ : おすすめ音楽♪ - ジャンル : 音楽

Patsy Gallant / Michel - Dis-moi

patsy gallant dis-moi

みなさん、こんばんは。yo☆ssyです。今週末は金土日と仕事以外でもめずらしくギッシリ予定が詰まっていて、充実した週末になりそうです。と言ってもほぼ食事とお酒を飲みに出てる予定なのですが...(笑)。レーベルのお仕事と、イベント関係も作業を進めていかないといけないので、週が明けるころには廃人になっていることでしょう。。

では今日の一枚。先日に引き続きPatsy Gallantです。しかも前回と同曲のフランス語バージョン(笑)!こちらはアルバム『Patsy Gallant et Star』に収録されています。で、Side-Bの「Dis-Moi」が「It’ll All Come Around」のフランス語ver.となるわけですが、フランス語ということで英語ver.とは響きが違うのと、譜割りも変えているため、かなり新鮮に聴こえます。聴き比べてみて下さい♪

テーマ : おすすめ音楽♪ - ジャンル : 音楽

Patsy Gallant ‎/ O Michel - It'll All Come Around

patsy gallant english

今年、呼んで頂いたイベント以外でDJをしておりませんでしたが、12月にイベントを催す予定で、ただ今準備中です。近々、告知できればいいな、というか、そろそろ告知していかないといけません(笑)。日にちは12/8を予定しておりますので、ぜひご都合をつけて遊びに来て頂きたいです!また情報解禁になったらお伝えします。

では今日の一枚。カナダの女性シンガー、Patsy Gallantの1978年のアルバム『Patsy!』から2曲をカットしたレアな7インチ。ずっと欲しかったのですが、異様に高額だったり、なかなか見つからなかったりで、夏頃やっとゲットしました。まぁ、割と手頃に買えるLPに収録されているので、無理に7インチで買わなくてもいいような気もしますが、そこは性ということで(笑)。もちろんお目当てはSide-Bの「It'll All Come Around」。昔から大好きなんですよね~、この曲。遅いBPMで、ズシッとくる感じのビートに、サビで華やぐ展開やメロディーも最高です。

テーマ : おすすめ音楽♪ - ジャンル : 音楽

Gwen Conley / You'll Never Know

gwen_conley

今週は広大な被害を及ぼした台風と北海道の地震と、災害続きで、しかも被害も大きく何だかやりきれない気持ちの一週間でした。一刻も早く復旧・復興出来ることを祈るばかりです。自分のできる範囲、できる形で引き続きその協力ができればと思っております。

では今日の一枚。USの女性ソウルシンガー、Gwen Conleyが1977年にほぼ自主的なマイナーレーベルに残したアルバム『The Many Faces』からリード曲の「You'll Never Know」をカットした7"です。軽快かつグルーヴィーなリズム、メロウなエレピも素晴らしいフロア受けも良いフリーソウルの好曲ですね。

この度、十数枚ほどですがデッドストックで発掘しました✌

テーマ : おすすめ音楽♪ - ジャンル : 音楽

Jorge Santana / Love The Way - Sandy (spanish ver.)

jorge_santana_sandy_spanish

週のはじめ〜木曜くらいまではいつもルーティンのお仕事に追われていて、週末にそれ以外の仕事に取り掛かれるという感じなのですが、この週末はもっぱらCalicoのデザインの作業に勤しんでおりました。いつかは終わりがくると信じて(笑)、もくもくとやっております。が、なんせ集中力がないのでダメです。まだまだ先は長そうですが、がんばります。

では今日の一枚。お馴染みJorge Santanaのフリーソウル名曲「Sandy」のスペイン語ver.の7インチです。オケはそのままながら、スペイン語で歌われることで少し雰囲気も違いますよね。楽曲の気持ちよさはご存知の通りなので特に説明は不要かと思います。英語ver.の方がよく知られているし、なんとなくキャッチーなので、いつもそっちをかけてしまいがちですが、たまにはこちらもDJで使ってみようかしら。最初、英語ver.かけてからの中盤でシレッとこっちにミックスとか...(笑)。

テーマ : おすすめ音楽♪ - ジャンル : 音楽