Jorge Santana / Love The Way - Sandy (spanish ver.)

jorge_santana_sandy_spanish

週のはじめ〜木曜くらいまではいつもルーティンのお仕事に追われていて、週末にそれ以外の仕事に取り掛かれるという感じなのですが、この週末はもっぱらCalicoのデザインの作業に勤しんでおりました。いつかは終わりがくると信じて(笑)、もくもくとやっております。が、なんせ集中力がないのでダメです。まだまだ先は長そうですが、がんばります。

では今日の一枚。お馴染みJorge Santanaのフリーソウル名曲「Sandy」のスペイン語ver.の7インチです。オケはそのままながら、スペイン語で歌われることで少し雰囲気も違いますよね。楽曲の気持ちよさはご存知の通りなので特に説明は不要かと思います。英語ver.の方がよく知られているし、なんとなくキャッチーなので、いつもそっちをかけてしまいがちですが、たまにはこちらもDJで使ってみようかしら。最初、英語ver.かけてからの中盤でシレッとこっちにミックスとか...(笑)。

スポンサーサイト

テーマ : おすすめ音楽♪ - ジャンル : 音楽

Paul Craver / Back To You

Paul Craver

2週続けて週末に台風でしたね。今回は前回ほどヒドくはなかったですが、それでも夜中はけっこう激しく暴風雨が窓をたたきつけておりました。そして、台風の前日にはわが家にきている電線が火花を散らしていたようで、電力会社、警察、消防が駆けつけて近所が大騒ぎだったようです。ボクは仕事の為、不在でした(笑)。火災などならず、無事に復旧→修理して頂き安心しましたが、ネットニュースを見たら、全国的に同様の現象が発生していたようで、前回の台風が海からの潮を吸い上げて雨を降らし、電線がショートしたのが原因のようです。何が起こるか分かりません。

では今日の一枚です。少し前に購入していたけど聴いていなかった新譜に針を落としたら、とても良かった!という7インチ。サウスカロライナのベテラン・シンガー、Paul Craverさんが、ホントに優良なレーベル・Sundae Soulから今年リリースした2曲入りのシングル。気持ち良いメロウなトラックに、同じくサウスカロライナのソウルシンガー、Arthur Prysock辺りを彷彿させる低く渋いトーンのボーカルの「Back To You」が、レコード屋さんのサイトでめっちゃ良くて買ったのを、今聴いて思い出しました(笑)。Side-BのGarland Green「Don't Let Love Walk Out In Us」もかなり良いですね!オススメです。


テーマ : おすすめ音楽♪ - ジャンル : 音楽

Liquid Pleasure / Take a Little - Breezin'

liquid_pleasure

GWの高松でのイベント『RICA'X JAZZ』でも発表しましたが、il Tempoレーベル2017年第2弾7インチのリリースが決まりました!既に契約は済んでおりまして、エンジニアさんによるリマスターが無事終われば、近く正式にアナウンス出来るかと思います。前回のArchie James Cavanaughほどの需要はないかもですが、個人的には今回もうちのレーベルからリリース出来ることになってとても嬉しタイトルです。お楽しみに〜。

では↑とは全くカンケーない今日の一枚。USの7人組ソウル〜ファンク・バンド、Liquid Pleasureの1974年の7インチ。この7インチ2種類ありまして、「Take a Little」を両面に収録した物と、Side-Bに「Breezin'」を収録した物とあるワケですが、後者がアタリ盤です🎯 冒頭からアッパーに打たれたビートと、メロディアスなエレピ、「パラッパ〜」スキャットも最高なポップなナンバー!早めのBPMでDJしている時は、どこかでこの曲を挟みたくなります♪良い曲ですよね!ちなみに数ヶ国でリリースされていたので、ジャケ付きで「Breezin'」収録盤を探してみたのですが、ことごとく両面「Take a Little」パターンでした。残念。

テーマ : おすすめ音楽♪ - ジャンル : 音楽

Mayer Hawthorne / Man About Town

Mayer Hawthorne / Man About Town

みなさん、こんばんは。yo☆ssyです。いよいよ今週は『モンパルナス』です。諸々準備も間に合いそうで、あとは自分のDJの準備だけって感じです。イベントが楽しく、円滑に進めるようがんばりたいと思います!ご来場お待ちしております!

さて、最近は新譜/旧譜関わらずまぁまぁレコードを買っております。そんな中、良かったのがMayer Hawthorneの新作『Man About Town』。他にもいろいろと参加していたりする彼ですが、オリジナルアルバムとしては4枚目(ですよね?)。安定のソングライティングで、どの曲も素晴らしいのですが、「Breakfast In Bed」という曲がお気に入りです。ジャジー&メロウで良いですね〜♪ちなみに彼のHPを見たら、プロフィールのところに「身長:184cm」ってあったけど、その情報要る〜(笑)?

テーマ : おすすめ音楽♪ - ジャンル : 音楽

Platinum Plus / Why Must We Part

platinum plus

どうも。yo☆ssyです。先週末『minigroove』とボルゾイラジヲにお越し頂いたみなさま、ありがとうございました。お楽しみ頂けたでしょうか?12月も2本DJがありますので、がんばります。そしてそれ以外はかなり忙しくなりそうです。ひとつ山は越えましたが(つもりです)、次から次へと山脈を見上げるばかりです。しかし、12月に入って雪もチラホラ、一気に寒くなりました。ニガテな季節の到来です。

では今日の一枚。ノーザン〜モダンソウル系は知識がないのですが、色々と試聴したりして自分のDJで使えそうな物を時々買ってます。これも多分、今年に入って(春頃だったかな〜?)買った"ヤヴァイナル"。1970年代に残されたPlatinum Plusの7インチです。これに収録の「Why Must We Part」が、イントロからキャッチーなホーンで幕を開け、最高なんです。コーラスも覚えやすいし、ノリやすいリズムで良いですよね。結構レアです。

テーマ : おすすめ音楽♪ - ジャンル : 音楽

Ed Motta / AOR

ed mott AOR

昨日書き忘れていたのですが、土曜日のStrawberry Fieldsの2周年パーティーで、ZINEが配布されるそうですが、1ページ割いてもらってコラムみたいなの書きました。ゲストがSumireさんということもあって、最初は普通にインディーのオススメディスクのレコメンを頼まれたのですが、ボクより若い人やインディーに精通している人が書いた方が良いと思ったので、ボクは他の人には書けないものを書こうと思い、インディーミュージックを絡めながらも、それなりに濃い内容のものが書けたのではないかと自負しております。デザインもしましたし、結構がんばって作ったので、ぜひ会場で見てみて下さい。

では今日の一枚。遂にアナログ盤でもリリースされた、ブラジルのSSW、エヂ・モッタの2013年のアルバム『AOR』です。ジャケ写を見る限り基本的に体型とか変わりませんが、おヒゲに白髪が増えましたね(笑)。で、本作、タイトル通りモロ"AOR"で、全ての音楽ファンを唸らせる内容と言っても過言ではないんじゃないでしょうか?David T. Walkerをフィーチャーした、らしいギターフレーズのイントロからはじまる「Dondi」を筆頭に、全編素晴らしいです。未開封のまま放置してある新譜をよそに、これは久々に届いてすぐ聴きました(本来それが普通...)。

テーマ : おすすめ音楽♪ - ジャンル : 音楽

Pieces / Dance So Good

pieces

どうも、こんばんは。おはようございますの時間です。帰宅してからずっとイラレとフォトショップを行ったり来たりしてデザインの作業に明け暮れておりました。全然才能ないんでダメですわー。とは言え、中途半端な物は作りたくないので、今週末はほぼこれですね。お腹空いた。蒟蒻ゼリー食べたい。

では夏の終わりのメロウ・レアグルーヴ祭り。今日はアメリカは西海岸のソウル〜AORグループ、Piecesの7インチです。7インチオンリーという訳ではなく、LPがとっても高いので、やむなく7インチです。昨日アップしたBobby Caldwellに良く似たリズムですが、ストリングスやボーカルのメロディーがアフターアワーズ感を醸し出していて、朝方聴いたら気持ち良いだろうなぁという一曲です。イィ曲ですね。Universal Robot Bandとかとも相性良さそう!

テーマ : おすすめ音楽♪ - ジャンル : 音楽

Bobby Caldwell / The House Is Rockin’

bobby caldwell

どうも、こんばんは。ちょっと息抜きにブログ更新〜。2013年に入ってから景気上向き風に伝えられてますが、結局のところ良くなってるんでしょうか?ボク個人には全く反映されないんですけど...(笑)。というか、レコード自体が売れないだけであって、他の業種は儲かってんですかねぇ?ので、最近ではレコードの仕入れはせず、ワインばっかりネットで探してます(笑)。

では今日の一枚(...結局レコードを紹介する人)。昨日に続き、爽やかレアグルーヴです。あのBobby Caldwellが1976年に7インチオンリーでリリースした『The House Is Rockin’』。AORではなく、ディスコ〜ファンク路線で、タイトなビートにカッティングギターも心地良く、耳馴染みよいボーカルが最高な一曲。中盤には短いブレイクもあったり、素晴らしい要素満載のナンバーです。だいたいいつもレコードバッグに入れてます。そういえば昨年リリースされたアルバム聴いてないけど、内容良いのだろうか...。誰か聴いた方おられますか?

テーマ : おすすめ音楽♪ - ジャンル : 音楽

Pazazz / So Hard To Find

pazazz

どうも、こんばんは。音楽ブログ『la moda』へようこそ。最近涼しくなったせいか、おとといくらいから鼻の調子が悪く、昨日なんか薬飲んだら、薬がキツくてカラダの調子自体も悪くなって散々でした。おかげで今朝のテニスは全然カラダが動かなかったな〜。というか、年中カラダの疲れが取れないのは、歳のせいかしら〜?病気かしら〜?

では今日の一枚。あしかけ数年、先日ついにゲットしたディスコファンク〜モダンソウル、ざっくり言うとレアグルーヴなこの一枚。マイアミのマイナーレーベルに1979年に残されたPazazzの「So Hard To Find」の7インチです。ディスコ×アフロキューバン〜ラテンっぽいリズムに、ぶっといベースラインもツボなのですが、やっぱりこのキャッチーなメロディーが最高です。エレピもやたら綺麗ですね。まさに"Hard To Find"なレコードです。

テーマ : おすすめ音楽♪ - ジャンル : 音楽

Ron Baumber / China Doll

ron baumber

どうも、こんにちは。先月ブログ更新し過ぎの反動で、7月全然更新してないyo☆ssyです。いやー、しかし暑いですね。この酷暑の中、テニスにハマっている青年Hくんに誘われて、先日炎天下の中、初テニスしてきました。ただでさえ運動してないのに、いきなりこの季節の日中に屋外でテニスって、まぎれもなく自殺行為でした(笑)。しかし、そこは意外とタフなyo☆ssyさん、1時間でしたがなんとかがんばりましたー!で、ボクより先に潰れたのが、倉庫から引っ張り出してきた15年落ちのリアル・ビンテージAIR MAX!30分でソールがびろんびろん(笑)。御愁傷様でした。

では今日の一枚。今日からカナダ特集第2弾いきます!本日はカナダのSSW、Ron Baumberの1976年のアルバム『China Doll』です。全体的に良い感じのAOR〜ソウル〜ブギーなんかをやっていますが、オススメはタイトル曲の「China Doll」という曲。前半は落ち着いた感じなのですが、サビのメロディー、女性コーラスの絡みが最高です。何かこう、一気にドラマチックになる感じというんでしょうか。良い曲ですね。

テーマ : おすすめ音楽♪ - ジャンル : 音楽