Dino Siani / Al Pianoforte

dino siani

どーもー、yo☆ssyです。今日は少しばかりレコードについて考えてみようと思います(昨日、Record Store Dayでしたし...)。レコードブーム再来、とか時々記事を見かけますが、ボクは全然その域に達していないというか、あくまでコアな層の中でのことであって、90年代のような熱はやはりないと思います。...と真面目に語ってみるも、特にオチもないのでアレですが、今日紹介するレコードとか、先日4万叩いてポーンと買ったコレとか、デシネの閉店セールで買ったレア盤(そのうち紹介する日がくると思います)とか、競争率ハンパないだろうと、ひとり意気込んでいたのに肩透かしで、意外とすんなり買えるっていう現実。昔みたいに「申し訳ございません。売り切れました...」とか、「Sorry, It was sold to another Japanese...」とか、たまには味わいたいものです。まぁそうなったらそうなったで確実に腹立ちますけど...(どっちやねん!)。

ではすんなり買えた今日の一枚。昨日、フランスへ寄り道しましたが、イタリアへ戻ります。イタリアのピアニスト、Dino Sianiがマイナーレーベルに残したライブラリーLP。ラウンジーなジャズアルバムではありますが、端正に紡がれていくピアノプレイが素敵なジャズボサの「Burt」という曲がお気に入りです。また、落ち着きのあるラテンジャズ「Serge」や、ジャズワルツの「Peter」等も良い感じです。ちなみにキャプションには「Roberto Pregadio Style!!」と書かれていて、まぁこれが決め手になった感は否めません。

スポンサーサイト

テーマ : おすすめ音楽♪ - ジャンル : 音楽

Jacky Giordano / Rythmes et Melodies

jacky giordano rythmes

どうも、こんばんは。今週はやることが割とスムーズに終わりましてスッキリしております。時間に余裕があるのってホント良いことです。さて、明日はイベント『Love Love Love』に出演します。ボクの出番は24:40〜らしいです。お時間のある方はぜひ遊びに来て下さい。

では今日の一枚です。今日もライブラリーです。以前紹介したコチラもなかなかに強烈だったフランスの音楽家、Jacky Giordanoが1973年にSonimageレーベルに残したLPです。Sonimageはブローニュのレーベルなんですね。本作はファンク〜ジャズテイストの楽曲か中心で格好良く、シャープに打たれるファンクリズムに耳に残るホーンメロディーの乗った「Keep Quiet」や、ブラックムービー風のジャズファンク「Wafa」、重めのビートの「Eaglet」、軽快なラテンジャズの「Afolio」とかかなり良い感じです。

テーマ : おすすめ音楽♪ - ジャンル : 音楽

P.Kass - S.Haseley / Prototype

prototype

どうも、こんばんは。連日調子良くブログを更新しております。そのうちパタッと止まります。せいぜい今のうちです。当たり前と言えば当たり前ですが、こうしてブログでレコメンをしている時は音楽を良く聴いている時です。ちなみに更新していない時もおそらく同じ時間・量の音楽を聴いてはいるのです。違いは更新している時は自分の意志で聴きたい物を聴いてるって感じでしょうか?じゃあ更新してない時は何だ!?って話ですが。というかこの話題が何だって感じです。ボクが音楽聴いてる話なんか正味どーでもいいです(笑)。

では今日の一枚。無意識にモノトーン系のジャケが続いておりましたので、今日は意識的にモノトーンwith翼の生えた猿です。Music de WolfeのライブラリーLPなのですが、ボクMusic de Wolfeのレコードってほとんど持っていない気がします。このブログにも初登場かもしれませんね。初登場が翼の生えた猿です。音楽はSide-AをP.Kass、Side-BをS.Haseleyが手掛けていて、割とシリアスなファンク、ジャズ、ビート系のナンバーが並びます。S.Haseleyサイドが特に良く、しっかりと打たれたファンクビートに乗るギターと鍵盤がマッチしまくりな「Response」や、ブレイク入りもある切ないメロディーが印象的な「Prototype」とかかなり良いです。結構使える曲多めです。

テーマ : おすすめ音楽♪ - ジャンル : 音楽

Vladimir Cosma / Charme-Intimite-Loisirs

MPI 10

どうも、こんばんは。昨日までに打って変わり、よい天気の一日でした。少し肌寒かったですし、昨日までの強風で桜も散ってしまってましたが、天気が良いのはいいことです。しかし鳥取って冬はとことん曇り空。4月になってからまともに青空を見た気がしますね。今月も中旬〜下旬は忙しそうだし、いろいろとがんばります!

では今日の一枚。ジャズ特集するとか豪語したくせに、レコード棚を見ても紹介できるようなレコードがなかったので、ジャズ系ライブラリーで逃げようと思います。今日はフランスのレーベル、MPIに残された「10番」。Vladimir Cosmaの『Charme-Intimite-Loisirs』です。フルートの哀愁感とストリングスの華やかさが素敵なジャズボサの「Soleil a Vendre」がとても良いです。

テーマ : おすすめ音楽♪ - ジャンル : 音楽

Enzo Minuti / Horizons vol.1

horizons

どうも、こんばんは。今のクールでいくつか見ているドラマがありまして、その中のひとつに『あぽやん』っていう空港モノのドラマが普通におもしろいです。空港モノ、なぜかボク好きです。憧れがあるんですかね...?そして音楽もなかなかイィんです。爽やかソフロ調の曲が流れたり、そういうのもあって余計好きです。あとは『最高の離婚』もおもしろいですねー。

では前回の赤ジャケつながりで今日の一枚はコレ!Enzo Minutiが手掛けたイタリアのライブラリー『Horizons』です。軽快なファンクビートに、ワゥギターやシンセが飛び交う「Discosound」に、ミディアムテンポで、シンコペートするフルートのフレーズが中毒性高い「Rotomagico」が良い感じです。まぁなんてことのないライブラリーですが、妙にビビッときて好きになるパターンが時々あります。恋と一緒です(笑)。

テーマ : おすすめ音楽♪ - ジャンル : 音楽

Paolo Casa / Clouds

paolo casa

どうも、連日登場してみてます。yo☆ssyです。最近、モバゲーのパズドラってのにハマってまして、寝る前にやってます。最初は進むのは進むけど、どうしたらいいのか不明でしたが、この数日でコツを掴んできました。しかし無料でこのクオリティーってスゴいですね。みなさんもぜひやってみてください。

では昨日に続きスイスの友人のショップから届いたレコその②。イタリアのライブラリーレーベル、Octopusに1975年に残されたPaolo CasaによるLPです。もう説明が昨日のライブラリーと被りまくりですが、ファンクリズムにワゥにエレピです(笑)。そんな「Chase」って曲が格好良いです。グルーヴィーなベースラインがヤバいですね。もう一曲、ファンクチューンの「Games」って曲も良いのですが、ファンク一辺倒ではなく、一瞬にしてお花畑の世界へ誘うボサの「Sea-Side」とかあって、奥が深いです(笑)。「Sea-Side」なんでお花畑じゃなくて海岸ですね。

テーマ : おすすめ音楽♪ - ジャンル : 音楽

Jacky Giordano et Yan Tregger / Schifters

schifters

どうも、こんばんは。yo☆ssyです。2月も中旬です。確定申告をしないといけません。さっさと終わらせようと思いますが、結局ギリギリになってそうな気がします。毎年そうです。一ヶ月後のブログに何て書いているのか楽しみです。

では今日の一枚。先日ちょろっと書いたスイスの友人のショップから届いたレコその①。フランスのライブラリー・レーベル、FreesoundにJacky GiordanoとYan Treggerが残したアルバム『Schifters』です。アレンジャーのYan d'Ysはこの二人のコンビ名かと思われます。ほぼ全編マッドなファンクチューンを収録していてスゴいのですが、中でも冒頭のブレイクに続きひた走るビートとワゥギター&シンセが中毒性高い「Rieka」という曲がお気に入り。コラージュとかデザインとかって言葉を遣っては罰が当たってしまうような、テキトーなジャケも妙に愛着が湧きます。

テーマ : おすすめ音楽♪ - ジャンル : 音楽

Yan d'Ys / Ovation

ovation

2012年のF1もいよいよ大詰め。今日のレースも終わり、残り2戦を残すのみとなりました。優勝者多数のおもしろいシーズンですが、最後の最後まで分からないこの感じ、ワクワクしますね。そして今日のアブダビGP、遂にキミ・ライコネンが復帰後初優勝!久々にシビれました。やっぱ格好良いっす、ライコネン。アロンソの巧さとはまた違った速さの魅力がありますね。来年もロータスのようですし、優勝の姿がまだまだ見たいです。

では今日の一枚。フランスのマイナーレーベル、Freesoundに残された『Ovation』というライブラリーLPです。ここに収録されたPhilippe Briche & Lenoeud作の「Burble pie」という曲が、昨日に続き変態チックなシンセが乱れ弾かれるジャズファンクで格好良いです。爆音で聴いたらこのビートはヤバいでしょうね〜。ちなみにこのジャケの逸話、オベーション川を挟んだ左岸と右岸、不良グループのミゲルをはじめとする登場人物等はフィクションだったようです...。フッ。

テーマ : おすすめ音楽♪ - ジャンル : 音楽

Werner Drexler / Don't Stop Now

Werner Drexler / Don't Stop Now

どうも、こんばんは。連日お伝えしているMacアップグレードの他に今週は、久々にストレスMaxな出来事があり、おまけに体調も悪いしヘコたれそうなところですが、以外と充実しております。で、今朝、友人SMさんから電話があって、何の用事かと思えばボクのストレスの原因と同じストレスを抱えておりまして、爆笑してしまいました。まぁ何となく予想できた話ですが、朝から盛り上がってしまいました。来週〜月末まで忙しくなりそうだし、体調良くしてがんばります!

では今日の一枚。ドイツの作曲家、Werner Drexlerが1976年にHappyレーベルに残したファンク系ライブラリー。英・仏・伊・独の4ヶ国が欧州ライブラリー大国だと思うんですけど、ジャケにしても音にしても、見ただけ、聴いただけでどの国のレコードか分かるからあら不思議。他の国は何してたんですかねー?で、Werner Drexlerと言えば、どちらかと言うとジャズ/ボサ/スキャット系のイメージですが、本作はミディアム・メロウな、ボク好みのファンクが収録されていて好きな一枚です。特にワゥギターとホーン、メロウなストリングスが絶妙に絡んだ「Leaving Too Soon」とか最高です。

テーマ : おすすめ音楽♪ - ジャンル : 音楽

April Orchestra / vol.6

april orchestra 6

先日アップグレードしたMac。この前挙げていたアプリの他にエクセルも使えなくなってました(笑)。まぁたしかに古かったもんね。エクセルを買っても良かったのですが、アップルストアを見てたら、今まで気にも留めなかった、iWorkの中にNumbersという表計算ソフトが入っていて、しかもかなり安くてそれを買いました。ナンバーズ...なんだか宝くじみたいだな(笑)。いろいろ出費してますが、徐々に設備が整ってきてます。

では今日の一枚。フランスのライブラリーで、April Orchestraが残したLPのvol.6。レバノン出身でフランスで活躍した作曲家、ガブリエル・ヤレドが関わっていて、「Amen」でお馴染みのLucifer & Co.の面子と大体同じだそうです。音の方もモロその傘下にあるようなフレンチ・グルーヴ/ファンクの好曲が収録されてます。中でも冒頭の「Got Me」という曲は、跳ねるピアノにホーンも快活で格好良いです。また同系のファンク「Chart's Action」や、切ないストリングスも良いメロウグルーヴの「Don't Speak of Love」などもオススメです。

テーマ : おすすめ音楽♪ - ジャンル : 音楽