美味しかったワイン 2018 春

冬終わり~春にかけて美味しかったワインを書き残しておきます。

cloudline_2013

『Cloudline 2013』

アメリカ・オレゴンのピノノワール。
コスパ高めで、お手軽に楽しめるピノって感じでした。
この価格でこの味だったら、なかなか良いと思います。

jean_javillier_pommard_2011

『Jean Javillier & Fils pommard 1er cru 2011』

こちらはイオン独占輸入と思われるピノです。
しかもセールで買ったような記憶があります。
元々が結構いい値段だったので間違いはないだろうと思い、
飲んでみたところ、間違いはなかったです(笑)。
やはりピノ・ノワールは、値段と味の比例が一番出やすいです。

Domaine_Francois_Raquillet_Mercurey_Rouge_2013

『Domaine Francois Raquillet - Mercurey Rouge Vieilles Vignes 2013』

こちらは以前、シャルドネを飲んで美味しかった
フランソワ・ラキエのピノ・ノワールです。
ピノは、スタイリッシュ過ぎて、複雑味がさほどない印象でした。
優等生ではあるけれど、もう少しおもしろみが欲しい感じですね。
決して悪いわけではないです。
むしろコスパを考えると買いですね。

time_wine_2003

『Time Wine 2003』

クラウドファンディングのCAMPFIREで支援していた
"Time Wine"なる甲州ワインが5月に到着しました。
ワインとは関わりのなかった企業が、
日本のトップソムリエさんと共同で手掛け、
2003〜06の4年間だけ醸造し、
勝沼のレンガ積みのトンネルに寝かせていた、
というドラマ満載のワインです。
15年の月日を経て2003年、その後2004年もリリースされていました。
甲州の風味はそのままに、しっとり甘みも感じる
なかなか良質なワインでした。

duck_pond_2014

『Duck Pond Pinot Noir 2016』

こちらもオレゴンのピノです。
ピノにしては安価ながら、こちらもアメリカらしい
なかなか高いクオリティーでした。

BelColle_barolo

『Barolo RiservaI DOCG Bel Colle 2009』

イオンでまさかの7割引につられて買ったバローロ。
一応、メーカーの希望価格は10,000円程度のようですが、
どうやら他店でも3,000円前後で買えるっぽいので、
得してるような、全く得してないような、曰く付きの一本(笑)。

ただ、本国でガンベロロッソ誌などの評価は高いらしく、
それなりに美味しいバローロでした。
深いベリー香と、ややスパイシーな味わいです。

Tentenublo_Tinto_2016

『Tentenublo Tinto 2016 Tentenublo』

スペインの若き醸造家が手掛けた、テンプラニーリョ主体の赤。
スペインって良いワイン、いろいろありますね。
普通にチーズと楽しんだのですが、
料理と合わせて飲んだら、さらに飛躍しそうなワインでした。

Camille_Giroud_Bourgogne_2013

『Bourgogne Rouge Camille Giroud 2013』

現在はアメリカのグループに買収されている
カミーユ・ジルーの一番下のブルゴーニュ・ルージュです。
特級畑のシャンベルタン等はかなりハイクラスですが、
こちらはお手頃で、味もそれなりです。
上のクラスも飲んでみたいものです。

fanny_sabre_pommard_2015

『Pommard Fanny Sabre 2015』

雑誌『ワイン王国』のブルゴーニュ特集の号に掲載されていた
フィリップ・パカレの弟子が手掛けるピノ・ノワール。
かなり上質で品格のあるオススメの一本ですね。
また飲みたいです。

ラストは...
comte_george_chambolle_2013

『Comte Georges de Vogue Chambolle Musigny 2013』

まだ開けていないのですが、コント・ジョルジュの
シャンボール・ミュジニーを入手しました。
この造り手の中では、一番お値ごろではあるものの、
それでも高価であることには変わりないです。

御用達のコルクさんに預けたので、
食事するタイミングがあれば開けてもらおうと思います。

- - - - - - - - -

おまけ①
Y_by_yoshiki_2011

『Y by Yoshiki Napa Valley Cabernet Sauvignon 2011』

ご存知、X JapanのYoshikiさんが、
モンダヴィ・ファミリーとコラボして作られたカベルネ。
価格がどんどん高騰していってます。
こちらは開けずに、欲しい方にお譲りしました。

おまけ②
sawaya_matsumoto_shiuku

『澤屋まつもと SHIZUKU』

たまには日本酒も。
京都の澤屋まつもとさんの極上の雫酒。
山田錦を使った、手間隙かけられたお酒で
これは本当に美味しかったです。

何より持ちが良いので、高額な物でも
ワインよりコスパは遥かに良いですね。
コルクで作られたエチケットに、ナンバリング入りもソソります。

という感じで、近々『美味しかったお店 2018 春』もお送りします。
スポンサーサイト

テーマ : ワイン - ジャンル : グルメ

AL MARE 1周年 Yoji Tokuyoshi ディナー 20180612

鳥取・岩美にあるイタリアン、AL MAREが1周年を迎え、
6/12に、なんとイタリア・ミラノのミシュラン一ツ星レストラン、
"Ristorante TOKUYOSHI"のオーナーシェフ、徳吉洋二さんによる
一夜限りのスペシャル・ディナーが振る舞われました。

が、しかーし、この素晴らしい会を知ったのが数日前で、
何とか行きたいというか、行くしかない一心で(笑)、
仕事を調整し、既に満席だったところ、
cafe SOURCEオーナーの大樹さんにお願いして、
多分、本来1部構成だったのを、2部構成に時間を調整してもらい
無事行けることになりました!
徳吉さん、大樹さん、アル・マーレさん、
ご面倒をおかけしました。ありがとうございます。

料理はRistorante TOKUYOSHIでいうところの"OMAKASE"コースでしたが、
価格もご自身のレストランの料金よりもやさしい設定で、
しかもミラノまで行って食べることを考えたら、かなりのお得感ですね。

イタリアでの食材調達同様、アル・マーレでは鳥取・岩美にある
素晴らしい食材探しからスタートされたようで、
徳吉さんのインスタグラムが更新される度に、
ブレない仕事ぶりにただただ感動。

その選りすぐりの食材は、テロワールを感じさせながらも、
イタリアで培われた素晴らしい技術とアプローチで
唯一無二の料理へと変わり、ひと皿ごとに感嘆しました。
↓ご覧あれ。

al_mare_20180612_01

al_mare_20180612_02

al_mare_20180612_03

al_mare_20180612_04

al_mare_20180612_05

al_mare_20180612_06

al_mare_20180612_07

al_mare_20180612_09

al_mare_20180612_08

al_mare_20180612_11

al_mare_20180612_10

ちなみに徳吉さんのことは、何年か前に大樹さんから話を聞いて、
ファンというか、即憧れの人になっていたので、
ぼくにとっては夢のような時間でした。

観て、食べて、感じる、素晴らしい料理と
それを創るシェフ/料理人と出会う度に、
その仕事ぶりに、こちらも襟を正す気持ちになります。

次回はミラノでいただきたいですね。
ごちそうさまでした!

al_mare_20180612_12




関連ランキング:イタリアン | 東浜駅

テーマ : イタリアン - ジャンル : グルメ

美味しかったお店 2017-18 冬

かなりタイムラグがありますが、
冬に行った美味しかったお店レポします。

12月のクリスマス前に久々のすし神戸さん。
しかもこの日はおひとり様!
sushi_kanbe_201712_01

sushi_kanbe_201712_02

sushi_kanbe_201712_03

sushi_kanbe_201712_04

sushi_kanbe_201712_06

sushi_kanbe_201712_07

いや~、今回も大満足でした。
ただこの日、車で帰宅しないといけなかったので、
お酒を飲めなかったのだけが悔やまれます(笑)。

中盤の、さより→のどぐろ→こはだ の流れが圧巻でしたね。
食事の後に大将に流れの話を伺ってみたら
やっぱり「口の中で余韻と味の変化を楽しんでもらうために
数値とったりして研究してます」っておっしゃってました。
しかもそれを冗談を交えて努力している感じをださず
言われる辺りニクいですね。

また機会があれば行きたいです。
お付き合い頂ける方も募集しております(笑)。



関連ランキング:寿司 | 旧居留地・大丸前駅元町駅(阪神)三宮・花時計前駅



- - - - - - - - -

年末の仕事終わりにととろさん行きました。
totoro_201712_01

totoro_201712_02

totoro_201712_03

鳥取の和食のお店の中でも信頼できるお店のひとつですね。
牡蠣ポン→のどぐろ→牛タタキ、全部美味しかったです。



関連ランキング:居酒屋 | 鳥取駅



ちなみにととろの後に、ホルソバのお店も行きました。
goen_201712_01

とにかく安い(笑)!

ぼくは観てないですが、アンジャッシュ渡部さんの
番組で紹介されたらしいです(笑)。
goen_201712_02




関連ランキング:ホルモン | 鳥取駅



- - - - - - - - -

年明け、サプライズで東京・綾瀬で叔父が経営している
季節料理ふくやさんよりおせち届く。
fukuya_osechi_2018

お店の方は7、8年行ってない気が...。
前回行った時の記事はコチラ



関連ランキング:割烹・小料理 | 綾瀬駅小菅駅



- - - - - - - - -

1月、やっと行けたみつきさん。
mitsuki_201801_00

mitsuki_201801_01

mitsuki_201801_02

mitsuki_201801_05

mitsuki_201801_04

mitsuki_201801_06

mitsuki_201801_07

mitsuki_201801_08

mitsuki_201801_09

ほぼほぼ予想はしていましたが、ワタクシ秒速でファンになりました。
内装も含め、パーフェクトなお店ですね。
全部好みです!



関連ランキング:懐石・会席料理 | 鳥取駅



- - - - - - - - -

同じく1月、珍しく津山でディナー。
イタリアンのお店、アムール・アリエさん。
amour_ALLIER_201802_01

amour_ALLIER_201802_02

amour_ALLIER_201802_03

例によって車だったため、ワイン飲めず(泣)。
でもお料理は美味しかったです!



関連ランキング:イタリアン | 津山市その他



- - - - - - - - -

2月に入りまして、こちらも気になっていた
倉吉のフレンチ、ビストロ・ドゥクール(Bistro DuCoeur)さん。
du_coeur_201802_01

du_coeur_201802_03

du_coeur_201802_02

du_coeur_201802_05

du_coeur_201802_06

du_coeur_201802_07

当たり前といえば当たり前かもしれませんが、
女性のスタッフさんが提案してくれるワインが
料理ともバッチリだし、好みにもドンピシャで良かったです。

ウェブで拝見した感じだと、鳥取の人、
ボトルで開けて飲む方は少なめなんですかねぇ?
せっかくの美味しいフレンチ、
ワインと合わせないテはないと思うのですが...。
相乗効果でより引き立って、美味しかったです。
持ち込みとか対応してくれないかなぁ...?

また行きたいお店です!



関連ランキング:フレンチ | 倉吉駅



- - - - - - - - -

2月中旬、岡山でねごとのライブを観た後、
とみ子という天ぷらのお店に行ってみました。
okayama_tomiko_201802

無類の天ぷら好きなので、メニューを見て色々と食しました。



関連ランキング:天ぷら | 郵便局前駅西川緑道公園駅柳川駅



ちなみに行きたかった酒・旬処 クロちゃんは満席で入れず...(泣)。
その後は、岡山では絶対行くと決めているBAR VAGABONDさんへ。

bar_bagavond_201802

ブルゴーニュ白2種類、赤3種類、ボルドー1種類くらい飲みました。
内容に関してはどれ飲んでも安心できるレベルですね。
2年ちょっと振りの訪問でしたが、今回も最高でした。



関連ランキング:バー | 西川緑道公園駅郵便局前駅柳川駅



- - - - - - - - -

2月下旬、東京出張。
まずはANAの機内食をどうぞ(笑)。
ANA_201802_01

たしか15時くらいの便だったので軽食ですね。
普通に美味しいです。
ただし、鳥取→羽田、1時間で着くので、
ゆっくりビールとともに味わっているヒマはないです。
割とまきで撤去されます(笑)。

1日目の夜は、銀座の鮨 結さん。
(まさかのこの1週間後に閉店されてる!ことを
この記事を書いている今知りました。)
sushi_yui_201802_01

sushi_yui_201802_02

sushi_yui_201802_03

sushi_yui_201802_04

sushi_yui_201802_05

sushi_yui_201802_06

sushi_yui_201802_07

sushi_yui_201802_08

sushi_yui_201802_09

sushi_yui_201802_10

sushi_yui_201802_11

sushi_yui_201802_12

sushi_yui_201802_13

江戸前鮨で、美味しかったですね。
最後の2つめの雲丹はコースには入っていなかったのですが、
最初に食べたのとは別の雲丹でおかわり(笑)。

気さくな大将でいろいろと教えてくれました。
閉店する素振りはなかったんですけどね...。



関連ランキング:寿司 | 銀座駅東銀座駅銀座一丁目駅



その後、俺のフレンチに行ってみるの巻。
orenofrench_201802_01

orenofrench_201802_02

キッチリ酔って1日目終了。

- - - - - - - - -

2日目のお昼は、ギリギリまで悩んだところ、
ミシュランで星も獲得されている銀座 よし澤さん。
yoshizawa_01

yoshizawa_02

yoshizawa_03

yoshizawa_04

yoshizawa_05

yoshizawa_06

yoshizawa_10

ぼくなんかがどうこういうレベルではない素晴らしいお店ですね。

味よし語呂よしな、鰆の藁焼きが秀逸です。
そしてごはんは北海道のゆめぴりかを、
炊き上がる直前のアルデンテ→炊きたて→
蒸らしあがり→おこげの4段階で楽しませて頂きました。

大将が気を遣って気さくに話して頂いて居心地も良かったです。
夜も一度訪問してみたいですね!



関連ランキング:割烹・小料理 | 銀座一丁目駅宝町駅京橋駅



- - - - - - - - -

そして2日目のディナーは、ミシュラン二つ星の
モダンスパニッシュ、スリオラ(ZURRIOLA)さん。
ZURRIOLA_201802_00

ZURRIOLA_201802_01

ZURRIOLA_201802_02

ZURRIOLA_201802_04

ZURRIOLA_201802_05

ZURRIOLA_201802_03

ZURRIOLA_201802_05

ZURRIOLA_201802_10

ZURRIOLA_201802_11

ZURRIOLA_201802_12

ZURRIOLA_201802_15

ZURRIOLA_201802_14

ZURRIOLA_201802_16

昨年の夏に行った、西のカセントと双頭の東のスリオラ。
スペイン料理って歴史もあるし、何より美味しいし、大好きです。
こちらのお店もコメントは不要でしょう。
素晴らしいです、とだけ言っておきます。



関連ランキング:スペイン料理 | 銀座駅東銀座駅日比谷駅



その後、行ってみたかったワインバー、
ラ・ニュイ・ブランシュ (La Nuit Blanche)さんへ。
La_Nuit_Blanche_201802

しっかり飲みたかったところですが、
スリオラさんでまぁまぁ飲んでいたので、
大して飲めず。帰り、銀座の中心で千鳥足(笑)。



関連ランキング:ワインバー | 銀座駅日比谷駅内幸町駅



- - - - - - - - -

からの〜、3日目のANA機内食をどうぞ(笑)。
ANA_201802_02

ドンピシャお昼の便だったので、ごはんでした。
ただし、空港から直で職場に行かないといけなかったので、
ビールは飲めず...(笑)。残念。

- - - - - - - - -

3月、やましょーとSeebookと3人でコルク。
koruku_201803

マスターにシャルドネをナミナミ注がれて
この後ひとり倍の金額を請求されるSeebookさん(笑)。

彼以外にはそんなことしない、
良心的なお店ですので、ご安心ください(笑)。



関連ランキング:ダイニングバー | 鳥取駅



- - - - - - - - -

同じく3月、みつきアゲイン!
mitsuki_201803_01

mitsuki_201803_02

mitsuki_201803_03

mitsuki_201803_04

mitsuki_201803_05

mitsuki_201803_06

mitsuki_201803_07

mitsuki_201803_08

全部美味しかったですが、最後の桜エビのごはんが美味しすぎて
3杯くらいおかわりしてもーたです(笑)。

2ヶ月に1回くらいのペースで行きたいなと思っているので、
今月行く月ですね。行けるかな。。

という感じで、長らくありがとうございました。
書き溜めると更新するの大変なので、
今後は出来るだけこまめにアップしたいです。

それではごきげんよう。

テーマ : おいしい店紹介 - ジャンル : グルメ

美味しかったワイン 2017-18 冬

どうも〜、yo☆ssyです。
この冬に飲んだワインを書き残しておきます。

blog_wine_201803_00

『Pouilly-Vinzelles Climat "Les Quarts" 2014』

非常に上質なシャルドネでした。
ブルゴーニュの最南端マコネ地方で作られています。

blog_wine_201803_02

『Tasca d'Almerita Riserva del Conte 2010』

シチリアの貴族のワイナリー、タスカ・ダルメリータのトップクラスの赤、
リゼルヴァ・デル・コンテ=伯爵の最上級。
ペリコーネとネロ・ダーヴォラによる極上の味わい。
かなりしっかりめで、なかなか開いてくれませんでした。
クリスマスに開けました🎄

タスカのワイン、少し前まで輸入業者が日本に
いるのかいないのかよく分かりませんでしたが、
サントリーさんのお陰でグッと身近になりました。

こちらはお値段的に頻繁には買えませんが(笑)、
以前飲んだロッソ・デル・コンテもまた飲みたいですね。

blog_wine_201803_01

『Brogan Cellars Pinot Noir 2008』

これも輸入している業者が見つからず、
サントリーさんも現在は取引していないのか、
ウェブに残っていたラスト1本を買いました。
アメリカ、ロシアン・リヴァー・ヴァレーのピノ。
これ、めちゃくちゃ良かったです!
もう一度飲みたいんだけど、どこで買えばいいのやら。。

blog_wine_201803_03

『Yarden Katzrin Chardonnay 2015』

以前、コスパの良い下のランクのシャルドネを飲んだことのある
イスラエルの有名なワイナリー、ヤルデンのトップキュヴェ。

ひと口飲んで、そうそうこの樽香&オイル香!と思い出す
独特のテイストで、ここまで個性のある物も少ないでは?

ただ、このワイン、お正月に開けたのですが、
おせち/和食とは...という感じありました。
シャブリとか、もっとスッキリタイプのシャルドネの方が
お料理とは合いそうですね。勉強できました。
スペイン料理とかだととてもマッチしそうな感じです。

blog_wine_201803_04

『Domaine Bernard et Thierry Glantenay Volnay 1er Cru Clos des Chenes 2015』

ネットショップの大袈裟な見出しに乗って
時々ワイン買ってますが、これは大袈裟でもなく
とても美味しかったですね。

畑も一級の「クロ・デ・シェーヌ」で、
並み居る高額ワインに混ざって高得点を獲得しています。
ま、これも安価とは言えませんが、
コスパを考えれば、かなり素晴らしいブルゴーニュですね。

blog_wine_201803_05

『Rupert & Rothschild Baroness Nadine 2015』

南アフリカのワイナリーながら、
アントン・ルパートとエドモン・ド・ロートシルトが
合同で手掛けているとあって美味しかったです。
ミネラルを感じながらもバニラっぽい香りもありつつ、
このテのシャルドネはやはり美味しいですね。

blog_wine_201803_06

『Ultreia Saint Jacques 2015 Raul Perez』

スペインの天才醸造家、ラウール・ペレスさんの
ウルトレイア "Saint Jacques"をリピート買い。
イエノミ用にはうってつけのやさしい価格と、
イエノミの域を超えた上質な味わいで、大好きです。
前回飲んだのは2013年で、今回は2015年でした。

blog_wine_201803_07

『Dom. A. Chopin et Fils Côte de Nuits Village Vieilles Vignes 2015』

こちらはまだ飲んでいません。
結構期待できそうなので、
開けるのを楽しみにしております。

あと、大好きなメオ・カミュゼのニュイ・サン・ジョルジュを
買いなおしたので、そちらも開けるタイミングを伺っております。

近日、美味しかったお店レポもアップします。
またのぞいてみて下さい!

テーマ : ワイン - ジャンル : グルメ

美味しかったワイン&お店 2017 秋冬

どうも〜、yo☆ssyです。
今年の秋〜冬は比較的飲みに出る機会が少なかったですが、
今回も美味しかったワインと共に書き残しておきます。

vino_2017aw_01

Louis Caillot Volnay 2004。

夏にルイ・カイヨの「Beaune」というのを飲みましたが、
こちらは2004年の「Volnay」。
熟成期間が長いので、よりしっかりとしていた記憶があります。
イオンの手がつけられていないワインコーナー、
だいぶん在庫減ってきましたが、まだ買うべき物はありますね。

vino_2017aw_02

Jean-Marc Millot Bourgogne Rouge 2015。

ネットショップの、「この値段でロマネコンティそのもの!」的な
キャッチコピーに乗って買ってみたブルゴーニュ。
畑のほとんどがヴォーヌ・ロマネとエシェゾーにあるらしく、
コスパはかなり良かったです。

vino_2017aw_03

Central Coast Pinot Noir "Cuvee V" Calera 2012。

お次はカリフォルニア・セントラルコーストの
有名なカレラの2012年。
アメリカ、安定の美味しさですね。
カリフォルニアで10月に大規模な山火事がありましたが、
ここのワイナリーは無事だったのでしょうか?

vino_2017aw_04

9月に酒菜や 呵呵旨さんで、職場のスタッフと
のどぐろ食べる会開きました。



関連ランキング:居酒屋 | 鳥取駅



そのあと、Claraちゃんとひとり企画さんと3人で久兵衛に行き、
Claraちゃん帰り、ひとり企画さんとコルク行きました。
vino_2017aw_08



関連ランキング:ダイニングバー | 鳥取駅



vino_2017aw_06

Ultreia de Valtuille 2012 Raul Perez。
Ultreia Saint Jacques 2013 Raul Perez。

夏に神戸のワインバーDさんで教えて頂いた
スペインの天才醸造家、Raul Perezさんの
「Ultreia」のトップクラスと
リーズナブルなクラスの赤を2本買い。

実はまだ「de Valtuille」の方は開けてないのです。
いつ開けようか悩み中です。
「Saint Jacques」はかなりお手頃価格ですが、
この値段でこの味わい、素晴らしかったです。
「de Valtuille」の期待が高まる(笑)!

10月、コルクで舌平目いただく。美味。
vino_2017aw_07

この週末は2日連続でコルク行ってたみたいです。
たまにそういう週あるね。

そういえば10月になかみちくん、ショックさん、ウイロに
ボクを加えたレアなメンバーで飲みに行きましたが、
写真が一枚もなかったです。
その日は、食知庵→サハラ→先日テレビで紹介されたらしい
おばちゃんのホルモンのお店に行きました。
結構飲んで楽しかったなぁ〜。

vino_2017aw_09

Varner Neely Upper Picnic Pinot Noir 2011。

こちらもワインバーDさんで出して頂いた
カリフォルニアのヴァーナー・ニーリー・ピノ。
他の区画のピノやシャルドネもあるようで、
そちらも気になりますね。
Dのマスター曰く、2010年(だったかな?)がさらにヤバい、とのことでした。

11月、いつも美味しいはせ川さんでランチ。
vino_2017aw_10

vino_2017aw_11



関連ランキング:割烹・小料理 | 鳥取駅



倉吉であったやまりょーの結婚パーティーから
鳥取へ戻り、コルクへ。
vino_2017aw_12


11月、恒例の松花さんでふぐ🐡
vino_2017aw_13

vino_2017aw_14



関連ランキング:懐石・会席料理 | 鳥取駅



11月、仕事終わりの『East of Underground』前にコルクで夜ごはん。
vino_2017aw_15

鼎さんのシャルドネ、優しいお味。
vino_2017aw_16

vino_2017aw_17

vino_2017aw_18

いつも美味しいけど、この日もとても良かったです◎

11月、蟹が解禁になってすぐ味暦あんべさん。
vino_2017aw_19

ちゃんと予約していったので、ウェイティングの方々を尻目に入店(笑)。



関連ランキング:懐石・会席料理 | 鳥取駅



vino_2017aw_20

Gevrey Chambertin Vieilles Vignes Gabriel Tortochot。

多分、イオンに残っていたシャンベルタン。
記憶に残っておりませんが(笑)、
この値段にしては充分楽しめるって感じだと思います(無責任。笑)。

vino_2017aw_21

Francis Ford Coppola Director’s Cut Chardonnay 2012。

何年振りかにコッポラ監督のワイン飲みました。
シャルドネは初でしたが、良いクオリティーですね。

vino_2017aw_22

Meo-Camuzet Marsannay 2013。

夏にミルカレスさんで衝撃を受けた、
メオ・カミュゼのリーズナブルなマルサネ。
いや、もうここのワインはどっぷりファンですわ。
どれ飲んでも美味しい。。

という感じのこの秋〜冬でした。
来年も美味しいモノいっぱい食べたいです♪

それではまた!
vino_2017aw_23

テーマ : ワイン - ジャンル : グルメ

36

どうも~。yo☆ssyです。
先日、22日に誕生日を迎え、
なんと36歳になってしまいました。
この一年の抱負も"若作り"でいきたいと思います。

せっかくなのでコルクでディナーしてきました。
前日、来店していたらしい宮田おやじさんより
日をまたいで、シャンパンをごちそうになりました。
(前夜、シャンパンの代金を置いて帰ったらしい...。サスガです(笑)。)
20170923_1

20170923_2

20170923_3

20170923_4

20170923_5

20170923_6

20170923_7

20170923_8

ルロワ・ブルゴーニュを開けてもらいました!
20170923_9

ピノだけど、しっかりとした味わいでした。

20170923_10

ちなみに飲み過ぎて、ケーキの辺りから記憶が曖昧です(笑)。

そういえば、うちの職場でアルバイトしている学生さんが
わざわざプレゼントをくれて、妙にうれしかったり
てか、よく覚えていたなぁ...と。

ということで、みなさま今後ともよろしくお願い致します。

テーマ : こんな店に行ってきました - ジャンル : グルメ

美味しかったワイン&お店 2017 夏

どうも~、yo☆ssyです。
この夏、美味しかったワイン、良かったお店を記録として残しておきます。
てか、こまめに書き記しておいた方が
ワインの味とか記憶が残っているし、
何より半年分一気にアップするのは
画像処理とか面倒くさいことに気がつきました(笑)。
読んで頂いている人も、きっとぐったりですよね...。

まずはこちら。7月の終わりに、ととろさん行きました。
totoro_20170731_1

totoro_20170731_2

このブログでも何度か紹介しておりますが、
料理が美味しくてお気に入りのお店のひとつです。



関連ランキング:居酒屋 | 鳥取駅



- - - - - - - - -

8月のはじめに行ったドタバタの東京で、
唯一ゆっくり出来た、szechwan restaurant 陳さん。
restaurant_CHEN_20170805

ご存知、陳建一さんがオーナーの四川料理ですね。
イベント明けのお昼、空港に向かう前に
滞在していた渋谷で、行きたかったお店なかったかなぁ?と考えて
パッと出てきたのがここでした。

ランチのお手頃価格で美味しい中華を頂けました。
カウンター席の目の前にガラス越しの厨房があり、
大勢のシェフの素晴らしい仕事も見ることが出来ます。



関連ランキング:四川料理 | 渋谷駅神泉駅代官山駅



- - - - - - - - -

こちらはイエノミ。
louis_caillot_beaune_2011

Louis Caillot Beaune 2011。

最近、イオンのワインコーナーでイオンが直輸入している
ワインを物色するのが趣味になっております(笑)。
が、近頃ワインコーナーにあまりチカラが注がれていないようで、
追加で全然仕入れがされておられません。

お店の客層的には低価格がやはり需要があるのか、
4,000円以上のワインはあまり手が付けられておらず、
ボクとしてはもうしばらくは楽しめそうです。

話が逸れておりますが、赤も白ももっぱら
ブルゴーニュばかり飲んでおります。
↑美味しいピノでした◎

- - - - - - - - -

お盆前の仕事終わり、夜ごはんに久兵衛行きました。
kyubay_201708_1

kyubay_201708_2

鱧(はも)を食す機会が多い今日この頃。



関連ランキング:居酒屋 | 鳥取駅



- - - - - - - - -

お盆に、Freewayの袋詰めのさぎょうをやりながら
こちらのブルゴーニュを頂いておりました。
meo_camuzet_bourgogne_2012

Meo-Camuzet Bourgogne Rouuge 2012。

7月に大阪に行った際、ミルカレスさんで
衝撃を受けた、メオ・カミュゼの一番下のランクのピノです。
下と言っても、さすがの作り手さんで、とても美味しいです。
何かの機にミルカレスさんで飲んだニュイ・サンジョルジュの
プルミエ・クリュ以上の物も飲みたいと思います。

- - - - - - - - -

その後、夏休みを経て、イエノミ。
irancy_pinot_2009

William Charriat Irancy 2009。

ブルゴーニュで唯一、セザールという品種を
掛け合わせることを許されているイランシー。
ふむふむ、勉強になりますね。
たしかに通常のピノとは若干趣きが異なる印象でした。

- - - - - - - - -

9月に入り、神戸で天ぷらランチ。
tentoku_20170901

無類の天ぷら好きで知られるyo☆ssyさんですが(...え、知られてない?笑)、
ミシュラン・ガイド、一ツ星を獲得されている
天徳さん、本当に美味しかったです。
これは夜も行かねば!という所存です。



関連ランキング:天ぷら | 三ノ宮駅(JR)三宮駅(神戸市営)三宮駅(神戸新交通)



- - - - - - - - -

知世様のライブを京都で観たのち、神戸に戻り、
まさかの2週続けてワインバーDさんに到着。
winebarD_20170901_1

winebarD_20170901_2

winebarD_20170901_3

今まで、2軒目以降に利用することがほとんどだったので、
料理をちゃんと頂いたことがなかったのですが、
今回、カルパッチョとパスタ頂きました。
当然ながら抜群に美味しかったです。

そしてカルパッチョにロゼ・シャンパンを
合わせるという、天才なソムリエさん。
前週も飲んだピノも美味しかったなぁ。。
このワイン、取り扱っているショップが限られているようなので、
あるうちに購入しよう。

- - - - - - - - -

いつもコルクに行く際に気になっていた(コルクのめちゃ近く)
日本料理 淳さんに、先日行ってきました。
jun_20170908_1

jun_20170908_2

jun_20170908_3

jun_20170908_4

jun_20170908_5

jun_20170908_6

jun_20170908_7

こちらでも、最近よく食べている鱧に、
のどぐろに、金時草に、美味しい料理たくさん頂きました。
バイ貝の雑炊も美味しかったなぁ。



関連ランキング:割烹・小料理 | 鳥取駅



- - - - - - - - -

ラストはまたもイオンで購入した赤と白。
thomas_fogarty_pinot_2012

Thomas Fogarty Pinot Noir 2012。

thomas_fogarty_chardonnay_2009

Thomas Fogarty Chardonnay 2009。

安定のレベル水準を持った、カリフォルニア・ワイン。
ピノもシャルドネも期待通りのテイストでした。
トーマス・フォガティさんもイオンさんもいい仕事しておられます(笑)。

そんな感じで、サクッとブログ書けました。
ご清覧ありがとうございました

テーマ : こんな店に行ってきました - ジャンル : グルメ

美味しかったお店 2017 上半期

ということで、2017年上半期まとめ、
美味しかったお店編です。

まずは1月、鳴門でお正月休みを取った際に行った
モアナコースト内にあるリストランテ・フィッシュボーンさん。
fishbone_201701

徳島産の食材を中心としたイタリアンで美味しかったです。
宿泊したモアナコーストも快適でした。



関連ランキング:イタリアン | 鳴門駅撫養駅



- - - - - - - - -

倉吉にも出来ていたの知らなかった
デリー・ダラバーにも行きました。
店員さんも含め、色々とクセになります。
DILLI_DARBAR_201701



関連ランキング:インド料理 | 倉吉駅



- - - - - - - - -

同じく1月、雪が降り積もる中、
コルクにてテヌータ・ディ・トリノーロを
持ち込みでディナーを頂きました。

koruku_201701_0

koruku_201701_2

koruku_201701_4

koruku_201701_3

koruku_201701_6

koruku_201701_7

koruku_201701_1

koruku_201701_5

あごだしで頂くお肉料理が美味しかったです。
ワインともピッタリ◎



関連ランキング:ダイニングバー | 鳥取駅



ちなみに3月に行った時はホワイトデーのチョコ
サービスして頂きました。
koruku_201702

- - - - - - - - -

2月の大雪が少しおさまった頃、モッブスさんで
仕事終わりの夜ごはん。
mobs_201703

大山のビール、八郷美味しいですね🍺
毎度ながら料理も美味しかったです!



関連ランキング:ダイニングバー | 鳥取駅



- - - - - - - - -

同じく2月、お昼にはわい温泉千年亭で温泉に入り...

夕方からコルク・マスター宅に招かれてホームパーティー。
kizokunokai_201701

料理もコースで頂いたらいくらになるんだ?って内容でしたが、
この日、Opus Oneを開けて頂きました。
別の5,000円くらいのワインとブラインド・テイスティング。
一発で分かる美味しさでした🍷

- - - - - - - - -

2月、ひとり企画さんと美味しいもの食べる会で
サハラのハッピーアワーで一杯頂き、
sahara_201702

久々、わびすけにオジャマしました。
wabisuke_201702_1

wabisuke_201702_2

いつも良い時間を過ごせる良いお店です。


関連ランキング:居酒屋 | 鳥取駅



その後、ととろさんにも行きました。
totoro_201702_1

totoro_201702

ここ、ホント美味しいですよね。



関連ランキング:居酒屋 | 鳥取駅


- - - - - - - - -

3月、寿し一貫さんの特上をテイクアウトし
モンラッシェと頂く贅沢な夜(笑)。
sushi_ikkan_201703


- - - - - - - - -

3月、やまりょーさんと食知庵。
kucchaan_201702_1

kucchaan_201702_2



関連ランキング:しゃぶしゃぶ | 鳥取駅



からの〜、柊。
hiiragi_201702



関連ランキング:和食(その他) | 鳥取駅



- - - - - - - - -

3月の終わりに以前シネマでアルバイトをしていた
愛すべきメンバーと大阪集合で飲みに行きました。

まずは沖縄から来た花ちゃんを関空に迎えに行き、中華ランチ。
osaka_20170331_2

osaka_20170331_1



関連ランキング:広東料理 | 関西空港駅



夜は居酒屋〜スペインバルっぽい店に行き、

終着駅はワインバー、ミルカレスさん。
osaka_20170331_7

osaka_20170331_6

osaka_20170331_8



関連ランキング:ワインバー | 北新地駅大江橋駅東梅田駅



宿はいつものアルモニーアンブラッセ大阪さん。
osaka_20170331_3

osaka_20170331_5

osaka_20170331_4

落ち着く。

- - - - - - - - -

しばらく空いて、6月は津山のcieloさんでランチ。
cielo_20170616



関連ランキング:イタリアン | 東津山駅高野駅津山駅



からの、夜はコルクでディナー。
koruku_20170616_4

koruku_20170616_3

koruku_20170616_1

koruku_20170616_5

koruku_20170616_7

koruku_20170616_2

koruku_20170616_8

- - - - - - - - -

同じく6月、かしもさんで夜ごはん。
バッタリみやたおやじと会う...(笑)。
kashimo_20170624_7

kashimo_20170624_4

kashimo_20170624_1

kashimo_20170624_3

kashimo_20170624_2

kashimo_20170624_6

kashimo_20170624_5



関連ランキング:懐石・会席料理 | 鳥取駅



- - - - - - - - -

上半期過ぎてますが、7月...
nolly_niji_20170721

ワインバー虹さんの、一日出張ワインバー in Nolly & The Naturesさんに
ひとり企画さんと行ってきました。

その後、ピアット・ドーロさん。
piatto_doro_20170721_1

piatto_doro_20170721_2

piatto_doro_20170721_3

piatto_doro_20170721_6

piatto_doro_20170721_4

piatto_doro_20170721_5



関連ランキング:イタリアン | 鳥取駅



- - - - - - - - -

ということで、いつも同じようなお店に行ってる気もしますが、
また下半期も綴っていきたいと思います。

テーマ : こんな店に行ってきました - ジャンル : グルメ

ワイン 2017 上半期

どもー。恒例の、今年の上半期飲んだワインを
記録として残しておきます。

tenuta_trinoro_2004

Tenuta di Trinoro 2004。

いきなりドドーンとイタリアの高級ワイン、
テヌータ・ディ・トリノーロ。
1月にコルクでディナーを頂いた際に
持ち込みで、お肉料理と共に頂きました。
何年か前に飲んだ「2012」の方が
複雑な味わいだった記憶がありますが、
ぼくの味覚が当時よりこなれてきただけかもしれません(笑)。

chateau_dudon_2000

Chateau Dudon Cuvee Jean-Baptiste Dudon 2000。

コスパ高めのボルドーは2000年モノ。
カシス系の濃厚な味わいでした。

pupille_2

Poupille 2011 / Chateau Poupille 2014。

こちらもコスパ高い、プピーユの2本。
特に左は某高級ワインとも張り合った逸品。
メルロー100%で、エレガントさも兼ね備えたフルボディ。

savigny_les_beaune_2011

Dom. Guy & Yvan Dufouleur Savigny les Beaune Les Gollardes 2011。

いつどこで買ったのか、そしてお味も忘れてしまっています...。
スミマセン。ただ、写真だけは撮っているという...(笑)。
いつかもう一度。

vino_ditalia_2017

GAJA Gaia & Rey Chardonnay と、イタリアワインいろいろ。

コルク・マスター主宰のホームパーティー、
通称"貴族の会"(笑)で持ち込んだ
真ん中のGAJA シャルドネが絶品。
左端のEDDAは個性的過ぎて、ぼくの口には合いませんでした。

tetta_chardonnay_2015

domaine tetta Chardonnay 2015。

岡山・新見にあるドメーヌ・テッタさんのシャルドネを購入しました。
シャルドネは🐼でしたが、品種ごとにイラストも色々で可愛いです。

充分美味しかったですが、今後にも期待ですね!
一度、ワイナリーも行ってみたいです。

日本のワイナリーでは...
koshu_akeno_2015_2

キュヴェ三澤 明野甲州 2015 / グレイス甲州 2015。

こちらの2本も素晴らしかったです。
甲州らしさは残しつつ、一歩抜け出た感ありますね。

GRACE WINE web

特に近年人気の「キュヴェ三澤 明野甲州」は
ネットで購入することが出来なくて、
入手に非常に困っています(笑)。

今年も英国のデカンタ・アワードで、
「キュヴェ三澤 明野甲州」は金賞、
「グレイス甲州」はプラチナ賞・ベストアジア賞を受賞しております。
世界に認められている、本当に素晴らしいワインです。

hess_chardonnay_2013

Hess Collection Napa Valley Chardonnay 2013。

ハズれないことでお馴染み、ナパ・ヴァレーのシャルドネ。
イオンで買った記憶があります(笑)。
まぁ、この価格帯でカルフォルニアで、となると
安心して買えますね。
リンゴ系の風味を感じる芳醇な一本でした。

calera_chardonnay_2012

Calera Collection 2012。

こちらもアメリカ。文句なしですね。

domaine_carrette_pouilly_fuisse

Domaine Carrette Pouilly Fuisse 2015。

柑橘系の芳香を感じるシャルドネでした。
大袈裟なキャプションを敢えて鵜呑みにして買った白。
あながち間違いではない、コスパ高めでイエノミに丁度良かったです。

puligny_montrachet_carillon_2006

Puligny-Montrachet 1er CRU Les Combettes - Louis Carillon 2006。

これはすし一貫さんで特上をテイクアウトした際に
贅沢に開けた、ルイ・カリヨンのピュリニー・モンラッシェ。
いや〜、最近飲んだ白の中では一番の美味しさでした。
また飲みたいなぁとは思いますが、予算が...(笑)。

ラストは...
montrachet_3


Chassagne-Montrachet 1er CRU Les MacherellesACHERELLES - Domaine Francois Carillon 2012。
Puligny-Montrachet - Domaine Francois Carillon 2012。
Puligny-Montrachet 1er CRU Les Truffieres - Domaine Francois Carillon 2013。

ルイ・カリヨンの息子、フランソワが手掛けたモンラッシェ3本!!
まだ一本残っているので、良きタイミングで開けようと思います。

今回は上半期ワイン編をお送りしました。
次回は上半期美味しかったお店編、お送り致します。
それではごきげんよう。

テーマ : ワイン - ジャンル : グルメ

大阪の夜 20170708

前回の続きです。大阪ディナー編。
YUKIのライブが終了したのが20:30頃だったので、
大阪城公園→大阪駅→北新地に移動して21:00。
そこから少し遅めの夜ごはんを頂きました。

一軒目はまる作さん。
osaka_20170708_4

osaka_20170708_5

osaka_20170708_6

osaka_20170708_7

osaka_20170708_8

どれもとても美味しかったのですが、
とてもお酒のすすむ白子が絶品でした。
いや、お造りや鮑も、穴子の天ぷらも、
やっぱり全部が美味しかったです。

帰り間際に大将さんが少しお話してくださったのですが、
とても気さくで、気持ち良く、満足感でお店をあとに出来ました。
後で知ったのですが、こちらのお店、
7月末でお店を閉められるということで、
その前に行くことが出来て良かったです。



関連ランキング:割烹・小料理 | 北新地駅西梅田駅東梅田駅



- - - - - - - - -

二軒目は、最近大阪行った際はオジャマしている
ワインバー、ミルカレスさん。
osaka_20170708_9

osaka_20170708_10

osaka_20170708_12

osaka_20170708_13

osaka_20170708_14

osaka_20170708_15

来る度に毎回驚きがあるし、当たり前ですがワインもフードも最高なお店。
↑チーズ盛り合わせの茶色く、キャラメルによく似た
スキクイーンという北欧チーズがボルドー系のワインとピッタリ。

そして今回一番良かったのが、
osaka_20170708_11

飲み比べたブルゴーニュ2本の右側!
お値段もそこそこですが、めちゃくちゃ美味しかったです。
フレッシュな左側の綺麗なルビー色と比べて
右側の濃く沈んだ色からも違いが見て取れます。
お味は煙っぽさ、なめし革感がありながらも、
エレガントで口にふくむ度に感動します。

少し飲んで帰るつもりが、いつものソムリエさんとも
話が弾んで26時オーバーでした(笑)。



関連ランキング:ワインバー | 北新地駅大江橋駅東梅田駅



- - - - - - - - -

ホテルはいつものアルモニーアンブラッセ大阪
osaka_20170708_1

osaka_20170708_2

osaka_20170708_3

お初タイプのお部屋でした。
ここのスタッフさんもいつも気持ちのよい対応をして下さるので、
また泊まりたいなぁ、と思って他の選択肢なく帰ってきます(笑)。

ということでいつも通り飲んで食べての幸せな一日でした。
そしてリフレッシュ出来るのが何より良いです。

それではまた。

テーマ : こんな店に行ってきました - ジャンル : グルメ