FC2ブログ

みつき [鳥取] 20200801

前回から4ヶ月ほど空いてしまいましたが、
みつきさんにお伺いしました。
みつき_20200801_01

今回はクラウドファンディングで「とっとり券」という
購入額+20%増しの金券を買っていたので、
気分的には支払いなしで美味しい料理を頂ける感覚です。

ビールをオーダーし、いざ実食。

*蓮の葉盛り (雲丹、海老、新れんこん豆腐、銀杏)*

みつき_20200801_02

みつき_20200801_03

先付けは冷涼感溢れる蓮の葉盛り。
下から出汁の効いたジュレ、雲丹、新れんこんの豆腐の中に海老、
上には銀杏が乗っています。
いつも通り先付けからグッと味覚も心も魅了されます。

*鳥取・東郷池の天然鰻 飯蒸し*

みつき_20200801_04

みつき_20200801_05

前菜で登場する最初の御飯物は鰻の飯蒸し。
タレは程よい量でつけられていて、
素材の旨味もしっかり分かるお味。
良い食材を選りすぐっているお店だからこそのひと皿ですね。
ちなみにこの夏、鰻を食べる機会がなかったので、
丁度頂くことが出来てより嬉しかったです。

*石垣貝*

みつき_20200801_06

みつき_20200801_07

肉厚で甘味が美味しい石垣貝。
この時点ではまだ日本酒を飲んでおりませんでしたが、
日本酒との相性は最高で、このお皿だけで永遠に
お酒が進みそうだな、と食べ終えてから思いました。
最高のおつまみですね。

*鱧と松茸と蓴菜のお椀*

みつき_20200801_08

みつき_20200801_09

いつも楽しみな椀物は、大好きな食材が一堂に会しておりました。
松茸は中国産ですが、松茸自体の味も出汁も
しっかりとしていて美味しかったです。
2020年7月に松茸が絶滅危惧種に指定されたとのことで
今年の秋は国産の松茸の市場価格はどうなることやらですね。

*ヒレ肉のしゃぶしゃぶ*

みつき_20200801_10

みつき_20200801_11

強肴はヒレ肉のしゃぶしゃぶで、とても贅沢なひと皿。
どのジャンルの料理でも、個人的にコースの中で
お肉料理をあまり重要視していないのですが、
特に日本料理店だとしゃぶしゃぶくらいが
あっさりと食せて良い感じです。
そして美味しかったです。

*鱧の油焼き、雲丹*

みつき_20200801_12

みつき_20200801_13

鱧の油焼きは、ほのかなオイリーさが香ばしく絶妙な味付けでした。
コースの中で裏の主役といった立ち位置でしょうか。
後から「美味しかったな。また食べたいな。」という余韻が何度も押し寄せました。

*鮎素麺*

みつき_20200801_14

みつき_20200801_15

夏らしい、鮎のそうめん。
鮎は開いて揚げられていて、香ばしいです。
あゆたで(笹蓼)も添えられています。

*フカヒレ*

みつき_20200801_16

みつき_20200801_17

見た目通りの美味しさを放つフカヒレ。
フカヒレは昨年も一度みつきさんで頂きましたが、
大将曰く、昔から京料理で使われる事があるそうです。
中華だけの物じゃなく、お出汁次第で
しっかりと日本料理の逸品としてもアプローチ出来るのですね。

*賀茂茄子と毛蟹の茶碗蒸し*

みつき_20200801_18

みつき_20200801_19

みつき_20200801_20

茄子色のお碗に実際の茄子の蔕を蓋として被せられて登場した茶碗蒸し。
まず、ビジュアルがとても愛らしいです。
中には賀茂茄子と毛蟹で、幸せな気持ちになる美味しさでした。

*鮎御飯*

みつき_20200801_21

みつき_20200801_22

*シャインマスカットと巨峰の白ワインゼリー*

みつき_20200801_23

ドリンクはビールの後、日本酒を3種類。
*旦 -DAN- (山梨)*

みつき_20200801_24

*紅桔梗 (新潟)*

みつき_20200801_25

*新政 No.6 S-type (秋田)*

みつき_20200801_26

を頂きました。

今回も美味しい料理を堪能させて頂き、
大変有意義な時間を過ごさせてもらいました。

何度伺っても「今日も来て良かったな」という気持ちになると同時に
早くまた来たい!と思いますね。
次回は秋のお料理を求めて伺おうと思います。
ごちそうさまでした。



関連ランキング:懐石・会席料理 | 鳥取駅

スポンサーサイト



テーマ : こんな店に行ってきました - ジャンル : グルメ

馳走 松ぼっくり [鳥取] 20200620

15年ほど前からたま〜に利用させて頂いている「馳走 松ぼっくり」さん。
数年前に大将がお亡くなりになられてから足が遠のいておりましたが
今の大将になってから初訪問です。

ちなみに当日予約でしたがコースでも対応して頂き、
急遽、飲み友の安田さんも行くことになり
人数が増えたのも快く応じて下さいました。(迷惑な客...。笑)

*生湯葉と蓴菜*

馳走 松ぼっくり 20200620_01

*前菜*

馳走 松ぼっくり 20200620_02

*お造り (白いか・バイ貝・ヒラメ・マグロ)*

馳走 松ぼっくり 20200620_03

*夏野菜の焚き合わせ*

馳走 松ぼっくり 20200620_04

*鱧の湯引き*

馳走 松ぼっくり 20200620_05

*鮎の塩焼き*

馳走 松ぼっくり 20200620_06

*ヒラメの雲丹包み揚げ*

馳走 松ぼっくり 20200620_07

*牡蠣*

馳走 松ぼっくり 20200620_08

*御食事*

馳走 松ぼっくり 20200620_09

*甘味*

馳走 松ぼっくり 20200620_10

馳走 松ぼっくり 20200620_11

馳走 松ぼっくり 20200620_12

馳走 松ぼっくり 20200620_13

この10皿出て、6,000円という驚異のコスパでした。
鱧の湯引きが少し水っぽいのが気になりましたが、
それ以外はとても美味しかったです。
ヒラメの雲丹包み揚げが個人的には一番のお皿でしたね。

ドリンクはビール2杯と日本酒を3種類で、
3,000円程度の計算なので、ドリンクもかなり良心価格。
而今が美味しかった〜。

我々はカウンター席でしたが、背にあるお座敷のテーブル席で
若者グループがにぎやかで、タイミングだとは思うものの
そこだけ「なんだかなぁ...」という印象でした。
鳥取の土地柄、難しいとは思いますが、
そういった客を取り込まなくてもいい、
高級路線に振り切ったらさらに良いお店になりそうですね。

でも、満足の食事でした。ごちそうさまでした。



関連ランキング:懐石・会席料理 | 鳥取駅

テーマ : こんな店に行ってきました - ジャンル : グルメ

料理や さか田 [鳥取] 20200612

3ヶ月ぶりに鳥取の日本料理店「料理や さか田」に伺いました。
初夏の食材へと変わり、何となくエネルギッシュです。

*冬瓜と雲丹の焚き合わせ*

料理や さか田_20200612_01

先附けは冬瓜の上に雲丹が乗った冷菜。
すっきりとしたジュレも美味しく、
暑くなってきたこの季節にぴったりな前菜。

*穴子の飯蒸し*

料理や さか田_20200612_02

穴子の上に乗っているのは一見、紫蘇の花の様に見えますが
浅葱(アサツキ)で、しっかりと葱の味。

*鯒(コチ)のお椀*

料理や さか田_20200612_03

椀物はコチと蓴菜。
いつもはしっかりとした出汁の椀物を提供されていますが、
今回はコチの味を楽しむためか、出汁の主張は控えめの薄味。
美味しかったのですが、個人的にはしっかりとした出汁の方が好みでした。

*ブドウエビ*

料理や さか田_20200612_04

ここでおそらくはメニューには入っていなかったと思われる
ブドウエビがこの日入ってきたとのことで、提供して頂きました。
東北〜北海道の太平洋側で採れるらしく、
その名の通り紫がかった色合いが特徴的。
お味は濃厚で、大変美味しかったです。

*日戻り鰹*

料理や さか田_20200612_05

焼津で一本釣りされた日戻り鰹。鮮度抜群!

*鱸(スズキ)の焼物*

料理や さか田_20200612_06

当然の如く、脂がしっかり乗って美味しいです。

*鳥取牛ミスジしゃぶしゃぶ*

料理や さか田_20200612_07

自分自身は、お肉料理にあまり比重を置いていないのですが、
そんな私でも思わず唸りたくなる希少部位のミスジのしゃぶしゃぶ。
これ絶品ですね。

*鮑の天麩羅*

料理や さか田_20200612_09

料理や さか田_20200612_10

ここで再び大将からメニュー外のご提供。
鮑の天麩羅に肝ソースが添えられて、幸せなひと時。

*御食事*

料理や さか田_20200612_08

*甘味*

料理や さか田_20200612_11


料理や さか田_20200612_12

料理や さか田_20200612_13

料理や さか田_20200612_14

個人的に皿数の多いコースの方が好きなので、
今回は通常のコースにプラス2皿追加があり、
大満足なディナーとなりました。

料理はもちろん、大将の人柄やお店の雰囲気も含め
また行きたいと思わせてくれる良店です。



関連ランキング:懐石・会席料理 | 鳥取駅

テーマ : こんな店に行ってきました - ジャンル : グルメ

和食みた [鳥取] 20200507

オープン当初に満席で予約が取れず、それからタイミングがなかったので
なかなか伺うことが出来なかった「和食みた」さんへ。
和食みた 20200507_01

コースは4,300円と6,500円の2種類で、
アラカルトでのオーダーも可能のようです。
今回は6,500円のコースでお願いしました。

*前菜*

和食みた 20200507_02

前菜5種類の中で特筆すべきは写真中央にあるサバの燻製。
食べた瞬間はしっかりとスモーキーながら、
後からサバの旨味もしっかり味わえます。
前菜の中の一品ではありますが、
みたさんのスペシャリテかもしれませんね。

*もさえび糝薯の椀物*

和食みた 20200507_03

山陰地方で味わうことの出来る甘味たっぷりの猛者エビを糝薯にしたお椀。
猛者エビが大好きなので、これは嬉しいひと皿。
もちろん出汁も美味しかったです。

*お造り*

和食みた 20200507_04

和食みた 20200507_05

お造りは、サザエ、スズキ、猛者エビ、真蛸、マグロの5種。
コースの価格を考えると、お造りが5種類出てくるのはかなりのコスパ高。
猛者エビは鮮度抜群で跳ねました(笑)。

*お肉*

和食みた 20200507_06

お肉料理は、鳥取牛オレイン55の炭火焼き。
七輪で自ら焼くスタイルです。

*鮨*

和食みた 20200507_07


*焼き物*

和食みた 20200507_08

焼き物はのどぐろ丸々一匹。

*茶碗蒸し*

和食みた 20200507_09

*蕎麦*

和食みた 20200507_10

*甘味 (いちごプリン)*

和食みた 20200507_11

お酒は生ビールが600円と良心的な値付け。
ビールを2杯とその後は日本酒(澤屋まつもと)を1.5合頂きました。
澤屋まつもとの日本酒は乳酸系のテイストもあり、
フレッシュで美味しかったです。
和食みた 20200507_12

和食みた 20200507_13

肉料理が序盤だったり、御食事の代わりに〆が蕎麦だったり、
いわゆる完全な割烹スタイルの流れではなかったものの、
これはこれで良かったです。
大将はアラカルトの他のお客さんの料理も作りつつでしたが、
皿出しのテンポも丁度良かったです。

そして何よりコスパは高いですね。
鳥取という土地に寄り添った価格で、
都心などで同じ食事をしたら1.5〜2倍の金額になりそうです。

機会があればまた伺ってみたいです。



関連ランキング:割烹・小料理 | 鳥取駅

テーマ : こんな店に行ってきました - ジャンル : グルメ

みつき [鳥取] 20200404

いろいろと大変な状況ですが、
会食で今年2回目のみつきさんへ。
エントランスにはアルコール消毒、
席の間隔は、元々広めに取ってあります。

*ホワイトアスパラ、もさえび、雲丹*

みつき 20200404_01

ペースト(スープ)状のホワイトアスパラの中に
茹でた猛者エビと雲丹が潜んでいました。
ホワイトアスパラの味がしっかり出て美味しくて、
先附けからテンションが上がります。

*稚鮎 (天竜川)*

みつき 20200404_02

天竜川の稚鮎を素揚げ。
ほのかな苦みにお酒が進みます。

*お造り (あまて鰈、ミル貝)*

みつき 20200404_03

お造りはあまて鰈(マコガレイ)とミル貝。
雲丹も添えられて、とても美味しかったです。

*甘鯛のお椀*

みつき 20200404_04

いつも楽しみな椀物、今回は甘鯛と桜餅が
クロスオーバーした、独創的なお椀でした。
上から桜の花、桜の葉、甘鯛、お米という構造です。
たけのこが添えられ、お出汁はいつもながらの美味。

*東伯牛*

みつき 20200404_05

*鮑の唐揚げ*

みつき 20200404_06

パリッと周りだけ薄く唐揚げられたアワビ。
中は弾力があって、旨味がギュッと詰まっていました。

*にぎりこ、片栗、赤こんにゃく*

みつき 20200404_07

*サクラマス*

みつき 20200404_08

*たけのこご飯*

みつき 20200404_09

*甘味*

みつき 20200404_10


ドリンクはビール3杯に、日本酒3種類。
みつき 20200404_11

みつき 20200404_12

みつき 20200404_13

愛山うすにごり、立山、新政No.6。
No.6はさすがの美味しさですね。

今回も春の食材を使った素晴らしいお料理を頂き、
幸せな気持ちになりました。



関連ランキング:懐石・会席料理 | 鳥取駅

テーマ : こんな店に行ってきました - ジャンル : グルメ

料理や さか田 [鳥取] 20200320

料理や さか田 20200320_01

昨夜は、4ヶ月ぶりに「料理や さか田」さんに伺いました。
情勢的に遠方に出かけるのもよろしくない風潮なので、
最近は地元のご贔屓さんを巡っております。

*春野菜と猛者エビ*

料理や さか田 20200320_02

ぼくが猛者エビを好きな事を大将が把握してくれていて、
先附けは猛者エビが出てきました。
猛者エビの旨味と柑橘系のジュレとの相性もバッチリ。

*稚鮎*

料理や さか田 20200320_03

長野の天竜川で採れた稚鮎。
ほのかな苦味もありつつ、とても美味しかったです。

*タチウオのお椀*

料理や さか田 20200320_04

椀物はタチウオのお吸い物。
さか田さんの椀物も楽しみのひとつで、
出汁がとても美味しく、
タチウオと出汁が相互に引き立てあっています。

*お造り*

料理や さか田 20200320_05

お造りは、墨烏賊、タカバ、シマアジの3種類。
シマアジが素晴らしく美味しかったです。

*焼物*

料理や さか田 20200320_06

マナガツオのお腹の部分のとても脂ののった焼物。

*和牛のしゃぶしゃぶ*

料理や さか田 20200320_07

*御食事*

料理や さか田 20200320_08

サクラマスの炊き込みごはん。
美味しくていつも通りおかわりしました。

*甘味*

料理や さか田 20200320_09

ドリンクはビール3杯と、日本酒を4種類半合ずつ頂き、
ほぼペアリング状態で、けっこう飲んでました(笑)。

料理や さか田 20200320_10

料理や さか田 20200320_11

料理や さか田 20200320_13

料理や さか田 20200320_14

今回は上のコースにしたので、食材もいつも以上に素晴らしく
大満足なディナーとなりました。
しばらくは地元で食事する機会も続きそうですので、
もう少しスパンを短くして早めに再訪したいです。
ごちそうさまでした。



関連ランキング:懐石・会席料理 | 鳥取駅

テーマ : こんな店に行ってきました - ジャンル : グルメ

みつき [鳥取] 20200305

みつき 20200305_01

昨日、今年初となるみつきさんへ伺いました。
コロナウイルスの影響で、みつきさんも
例年の同じ時期に比べ、利用量が落ちているらしいです。
飲食業界、どこも大変そうではありますが、
微力ながらご贔屓さんには貢献したいところです。

3月になり、徐々に春の食材も入ってきたようです。
今回もとても素晴らしいお料理を頂きました。

*はまぐりの茶碗蒸し*

みつき 20200305_02

はまぐりの出汁がしっかりと出ていて、旨味が口に広がります。

*宍道湖の白魚の天ぷら*

みつき 20200305_03

島根県の宍道湖で取れた白魚をさくさくの天ぷらで。
ビールがよく進みます。

*まぐろのお造り*

みつき 20200305_04

*とらふぐの白子*

みつき 20200305_05

白子を崩しながら、ごはんと共に頂きます。
白子は炭火で軽く焼いていて、
香ばしさもあり、美味しかったです。

*にぎりこ(数の子)のおひたし*

みつき 20200305_06

にぎりこは、お正月に備え冷凍保存せず、
採れたての生の状態の数の子だそうです。
これが抜群に美味しかったです。初めて食べました。

*白甘鯛のお椀*

みつき 20200305_07

毎回言っている気がしますが、
椀物はみつきさんに伺う楽しみのひとつです。
今回も美味しかった〜。

*ホワイトアスパラと雲丹*

みつき 20200305_08

*まながつおと金柑*

みつき 20200305_09

*お肉*

みつき 20200305_10

*たけのこ*

みつき 20200305_11

*新ごぼうと牛肉のごはん*

みつき 20200305_12

*甘味*

みつき 20200305_13

ドリンクはビールと日本酒3種類頂きました。
みつき 20200305_14

みつき 20200305_15

みつき 20200305_16

今回も素晴らしく美味しい料理の数々。
一切迷いのない料理、お仕事は
本当に美味しいし、格好良いです。

また2ヶ月後くらいに伺いたいと思います!



関連ランキング:懐石・会席料理 | 鳥取駅

テーマ : こんな店に行ってきました - ジャンル : グルメ

日本料理 楽心 [大阪・福島] 20200223

前夜、安田さんと京都で3軒ハシゴ酒して、翌朝は大阪へ移動。
ランチは福島にある日本料理 楽心さんに伺いました。

楽心 20200223_01

店構え、内観から凛としたものを感じます。

*先付け*

楽心 20200223_02

キツネのお面が被された器に
キツネの好物のお稲荷さんと菜の花。
2月に開催された京都・伏見稲荷の行事にちなんで。

*八寸*

楽心 20200223_03

ベニズワイガニ、せり鴨肉巻き、ヒラメの揚げ物など
どれを取っても美味しいです。

*お椀*

楽心 20200223_04

椀物は日本料理店に来た時の楽しみのひとつ。
とても美味しかったです。

*お造り*

楽心 20200223_05

柑橘系(でこぽん)の上に乗っています。

*かぶら蒸し、からすみ*

楽心 20200223_06

*御食事*

楽心 20200223_07

写真にはないですが、おかわりすると
筍ごはん+雑魚をご提供頂きました。
海老で出汁を取った味噌汁が濃厚で美味しい。

*水物*

楽心 20200223_08

ドリンクはヱビスの瓶ビールをひとり1本頂きました。
ランチの後、TAKAMURA COFFEE ROASTERSにて
ワインの試飲と、夜もたくさん飲むことになりそうだったので、
かなり控えめな飲み方でした。
その分、酔わずに料理の味をしっかりと楽しめました。

大将、サービスを担当する女将さん、
お弟子さんが数名といった編成で、
たしかな料理とサービスを堪能。
仕事に向かう姿勢にこちらまで身が引き締まりました。

初訪問にして、めちゃくちゃお気に入りでオススメのお店!
ディナーでも来てみたいです。

楽心 20200223_09



関連ランキング:割烹・小料理 | 新福島駅福島駅中之島駅

テーマ : こんな店に行ってきました - ジャンル : グルメ

割烹 青柳 [兵庫・芦屋] 20200113

翌日のランチは、以前から行ってみたかった
芦屋の「割烹 青柳」さんに伺いました。
2016年の「ミシュランガイド兵庫」で一つ星を獲得されています。

ランチでの訪問でしたが、せっかくなので
夜のコースと同内容の【特選会席】コースで予約しました。

*前菜*

割烹 青柳 20200113_01

お正月感の出た八寸的な豪華前菜からスタート。
お餅の様な食感のナマコが特に美味しかったです。

*椀*

割烹 青柳 20200113_02

椀物は、程よく苦味の効いた、ふきのとうの真薯が
お出汁と絶妙なアンサンブルで、素晴らしかったです。
ふきのとうを使った真薯は初めてだったので、
大将に「ふきのとうを使うことって一般的によくあるのですか?」と聞いたところ、
「ないですね。でも他と同じことしてても意味ないので」と男ットコ前なご回答。
上に乗っているのはふぐひれ。

*造里*

割烹 青柳 20200113_03

*焼物*

割烹 青柳 20200113_04

特選黒毛和牛ヘレ肉の炭火焼は文句なしの美味しさ。

*口直し*

割烹 青柳 20200113_05

鮑と、鳥取産のぼうずごろし(もずく)。うまい。

*中皿*

割烹 青柳 20200113_06

海老とトリュフの天ぷら。

*蒸物*

割烹 青柳 20200113_07

はまぐりの茶碗蒸し。

*止*

割烹 青柳 20200113_08

割烹 青柳 20200113_09

自家製からすみの土鍋御飯。

*水物*

割烹 青柳 20200113_10


ドリンクはビール2杯と日本酒を頂きました。

物腰が柔らかくも信念を持った
大将の人柄がしっかり出た丁寧な料理、
店内の空気にいつまでも酔い痴れたい、そんなお店でした。
メニューも1ヶ月で変えられているそうなので、
ぜひまた伺ってみたいですね。オススメです。



関連ランキング:割烹・小料理 | 打出駅芦屋駅(JR)

テーマ : こんな店に行ってきました - ジャンル : グルメ

みつき [鳥取] 20191218

ワイン好きの知人、安田さんと会食&忘年会ということで、
大好きな鳥取の日本料理店、みつきさんに伺いました。

おおよそ2ヶ月に1度のペースではありましたが、
今年もお店単位では2019年一番通ったレストランだと思います。

年末に相応しい珠玉の食材と調理で絶品料理を頂きました。

ビールからスタートするのが常ですが、
今回は年末ということで若干浮かれてシャンパーニュで乾杯。
みつき 20191218_01

*白子の茶碗蒸し*

みつき 20191218_02

先月、大阪の傳承 ゑ美寿さんで頂いた白子の茶碗蒸しは
クリーミーなペースト状でしたが、みつきさんは
固形でゴロっと茶碗蒸しの中に白子が入っておりました。
どちらも甲乙つけ難いです。

*雲丹とユリ根のごはん*

みつき 20191218_03

最初のごはん物は雲丹ごはん。
優しいお味のユリ根が縁の下の力持ち的存在で◎

*大間のマグロ、ふぐ*

みつき 20191218_04

お造り2品。
大将が卸しにマグロを注文したら
何故か高級な大間のマグロが納品されたそうで、
ありがたく頂きました。絶品!
ふぐは、すっぽんの出汁がかかっていて、
こちらも素晴らしい調和でした。

*クエのお椀*

みつき 20191218_05

みつきさんのお椀物は、いつも楽しみな瞬間のひとつ。
今回もとても美味しかったなぁ...。

*しいたけの御浸し*

みつき 20191218_06

高級食材が続くので、一旦シンプルな料理を、
と言われ出てきたのがしいたけの御浸し。
高級食材は戦闘力が予め高いので
美味しいのはある意味当然なのですが、
こういったどこでも手に入る食材で
印象に残るお皿を出せるのは、
料理人の戦闘力次第ですね。すでに感服。

シャンパーニュの後にビールを2杯ほど挟み、日本酒へ。
みつき 20191218_07

*フカヒレ*

みつき 20191218_08

中華鍋が登場し、「おや?」っと思ったら、フカヒレが登場しました。
何の出汁だったか忘れましたが(ここ重要...💦)、
しっかりと和食になっていて驚きでした。

別の日本酒を。この日、一番美味しかったお酒。
みつき 20191218_09

*ぶり大根*

みつき 20191218_10

*? (失念...)*

みつき 20191218_12

悪い癖で、この辺りはもうペアリング状態ですね。
みつき 20191218_11

*蟹ごはん*

みつき 20191218_13

みつき 20191218_14

*甘味*

みつき 20191218_15

いつも美味しい料理を出して頂いていますが、
いつも以上に高級食材を使って下さっていた印象で、
それはそれはとても美味しく頂きました。

年始も早々にお伺いしたいです!



関連ランキング:懐石・会席料理 | 鳥取駅

テーマ : こんな店に行ってきました - ジャンル : グルメ