FC2ブログ

ブルゴーニュ/シャンパーニュ 持ち込み会食 @コルク 20200704

4月から延期になっていたブルゴーニュ/シャンパーニュの持ち込み会食を
コルクの常連のみなさんと開催してきました。

*コーンのフラン、カナッペ*

koruku_20200704_01

koruku_20200704_02

アミューズは2品。キャビアが上に乗ったカナッペが美味しかったです。

koruku_20200704_03

合わせるワインはシャンパーニュ。
Benoit Lahaye(ブノワ・ライエ)の「グランクリュ・ナチュール 2011」。
ピノノワール90%、シャルドネ10%で、膨よかな味わい。美味しい。

*シャドークイーンのスープ*

koruku_20200704_04

koruku_20200704_05

紫芋のスープもとても味わい深く◎

koruku_20200704_06

ワインはMarc Colin(マルク・コラン)の
「シャサーニュ・モンラッシェ 1er Cru レ・シャン・ガン 2012」。
こちらのモンラッシェが素晴らしく美味しく、
さらにスープとのマリアージュも最高でした。

*毛蟹のニョッキ*

koruku_20200704_07

koruku_20200704_08

毛蟹の旨味がしっかりと乗ったニョッキ。
料理はどれも甲乙つけがたい美味しさでしたが、
個人的にはこの日一番のお皿でした。

*牡蠣*

koruku_20200704_09

koruku_20200704_10

牡蠣の上にジュレ。
牡蠣を食した後、美味しくてスープの如く全て飲み干しました。

*お肉*

koruku_20200704_11

koruku_20200704_12

koruku_20200704_13

koruku_20200704_14

ワインは安田さんが持ってきてくれたバルバレスコと
お酒を飲まれない上原さんがボトルで入れてくれたOvertureを飲み比べ。
どちらも料理に別の表情を与える美味しさでした。

*メイン*

koruku_20200704_15

koruku_20200704_16

koruku_20200704_17

キャビアが散りばめられたメインのお肉には
Maison Camille Giroud(メゾン・カミーユ・ジルー)の
「ヴォーヌ・ロマネ レ・シャランダン 2013」。
マスターの手腕が冴え渡る逸品。
ワインとのマリアージュも完璧。

*ブリュレ*

koruku_20200704_18

ということで、マスターに色々とワガママを聞いてもらい
素晴らしいディナーになりました。
美味しい料理と飲みたいワインを存分に楽しめた一夜でした。



関連ランキング:ダイニングバー | 鳥取駅

スポンサーサイト



テーマ : ワイン - ジャンル : グルメ

炭火焼き 福ふく [鳥取] 20200630

鳥取和牛・万葉牛を頂けるお店「炭火焼き 福ふく」さんに伺いました。

単品オーダーでの焼肉も可能ですが、
今回は4,800円のコースでお願いしました。

*前菜 (ローストビーフ)*

福ふく 2020630_02

*ステーキ (マルシン)*

福ふく 2020630_03

*塩焼き (吉川豚ナチュラルポーク、地どりピヨ)*

福ふく 2020630_04

*野菜 (塩キャベツ)*

福ふく 2020630_05

*牛握り (リブ芯、甘エビ軍艦巻き)*

福ふく 2020630_06

*牛盛り (ヒウチ、イチボ、マルカワ)*

福ふく 2020630_07

*焼き野菜 (エリンギ、アスパラ、ズッキーニ)*

福ふく 2020630_08

*ホルモン (パイプ、ヨメナカセ、ハート)*

福ふく 2020630_09

*キムチ (白菜、きゅうり、大根)*

福ふく 2020630_10

*ご飯 (牛しゃぶ茶漬け)*

福ふく 2020630_11

*デザート (黒糖シャーベット)*


最初から最後まで文句なしに美味しかったです。
しかもコースでこの価格!最高です。

福ふく 2020630_12

ドリンクはビールをジョッキで1杯と、
その後は、ピノノワールをボトル1本で通しました。
予約時に、メニューに載っている物より少し値段高めの
ピノで用意をお願いしたところ、
味も価格も丁度良いボトルをご用意して下さいました。
アメリカのピノで、少し樽もきいていて、
フランスの綺麗なピノより力強さがあって
お肉にはこれくらいが良いですね◎

オススメです!



関連ランキング:焼肉 | 鳥取駅

テーマ : こんな店に行ってきました - ジャンル : グルメ

ワインダイニング・コルク [鳥取] 20200213

映画を観終わった後、マネージャーと合流して
コルクさんを久々にディナー1軒目で利用しました。

今回は予算をお伝えして、
ディナーコース+ペアリングでお願いしました。
そして1本、バンジャマン・ルルーの
ジュヴレ・シャンベルタンを持ち込みで開けて頂きました。

*のどぐろ炙り*

koruku_20200213_01

koruku_20200213_02

アミューズはのどぐろ。香ばしくて美味しいです。
シャンパーニュで乾杯。

*にんじんのスープ*

koruku_20200213_03

koruku_20200213_04

ワインはドメーヌ・ド・ガニュベールの
シュナン・ブラン、1975年。
古酒特有の香りこそありましたが、
味はしっかりとしていて、スープとのマッチもバッチリでした。

*鶏*

koruku_20200213_05

koruku_20200213_06

鶏をバルサミコとふきと合わせて。
ペアリングは、シャトー・ラ・トゥール・ド・モンの
しっかりとしたボルドーワインで◎

*とらふぐの白子、蟹のソース*

koruku_20200213_07

koruku_20200213_08

これは絶品!とらふぐの白子を
風味豊かな蟹のソースとともに。
ワインは奥出雲のソービニヨン・ブラン。

*ハンバーグ*

koruku_20200213_09

koruku_20200213_10

メインはトリュフ入りハンバーグ。
お肉も複数の種類が入っていて
非常に味わい深く美味しかったです。

ここで持ち込みのジュヴレ・シャンベルタンを。
マスターが予め調べてくれていて、
味が開くまでに時間がかかりそうとのことで2時間前に抜栓。
メインの頃にちょうど風味が良くなってきて
しっかりとした仕事をして頂きました。

koruku_20200213_11

koruku_20200213_12

その後も少し飲みたかったので、
デザートはパスして代わりにチーズを出して頂きました。

また持ち込みで開けたいワインが既にあるので、
コルクでディナーの会も開催したいですね。
いつも美味しい料理とワインをありがとうございます!
ごちそうさまでした。



関連ランキング:ダイニングバー | 鳥取駅

テーマ : こんな店に行ってきました - ジャンル : グルメ

コルク 新年会 2020

いつもお世話になっているワインダイニング・コルクさんの
新年会にお誘い頂き、先日行ってきました。

スタッフさんと常連さんで12名程度。
気楽にワイワイやる感じかと思いきや、
テーブル席を横長に据えて、料理もコース仕立てで
思っていたよりも随分格式高く、得した気分でした。

常連さんは、ワイン持ち込みか、
もしくは課金制でお店のセラーから選ぶ方式。
ぼくは開けたかった程良いピノノワールが自宅にあったので、
それを持ち込みさせてもらいました。

koruku_20200126_01

koruku_20200126_02

koruku_20200126_03

写真にありませんが、ワインはシャンパーニュのマグナムにはじまり、
その後はお店側から提供の無課金の白(グリド甲州)を。

koruku_20200126_04

koruku_20200126_05

鹿肉がきたところで、コルクのバックヤードから見つけた
GAJAの下のクラスのブルネッロ・ディ・モンタルチーノを
他の方の課金で開けてもらうことに。
以前、自宅でこのワインを開けたことがあったので、
美味しさは確信しておりましたが、
改めて飲むと、熟した複雑味が素晴らしいワインでした。
ちなみに、マスターが個人的に飲む用に置いていたものだそう(笑)。

koruku_20200126_06

koruku_20200126_07

海老、白子の料理には、10月に大阪の試飲会で
マスターと満場一致で「美味しい!」となった
ナパ・Montagne Russeのシャルドネを。

koruku_20200126_08

koruku_20200126_09

メインは牛カツ。ここで満を持してぼくの持ち込みピノを。
思ったよりも優しく丸みのあるピノで美味しかったです。

koruku_20200126_10

koruku_20200126_11

デザートの後に、みんな浮かれちゃって
Opus Oneの下のクラスのOvertureを飲んでおりました。
よって、持ち込みしたぼくも課金する羽目に...(笑)。
とはいえ、この日の会費を含め、かなり良心価格というか
店側の負担の方がかなりヤバめでした。
またこういう会に誘ってもらえるといいな。

koruku_20200126_12

コルクのワインセラーの一画に、ぼくが来たときに
飲ませたいワインのコーナーが出来ておりました(笑)。



関連ランキング:ダイニングバー | 鳥取駅

テーマ : こんな店に行ってきました - ジャンル : グルメ

プティカレス [大阪・北新地] 20191118

前回の記事の、蒼山幸子さんのライブの後、
向かったのは、大阪・北新地で有名な、というか
国内でもトップクラスであろうワインバー、
ミルカレスのソムリエさんがプロデュースする
お肉×シャンパーニュをメインとした「プティカレス」さん。

お店はそのミルカレスさんの2Fとなっており、
ミルカレスさんへは何度か伺った事があったのですが、
プティカレスの看板がないとのことで
ご丁寧にミルカレスのソムリエさんが店先で待ってくださり、
プティカレスへ案内して頂きました。

入店するととても気さくなシェフがお出迎え。
料理は一休.comレストランより、コースでお願いしました。

ドリンクはもちろんシャンパーニュをオーダー。
petitcaresses_20191118_01

petitcaresses_20191118_02

アミューズはグジェール。
petitcaresses_20191118_03

前菜5種盛りもどれも美味しく、
ついついシャンパーニュが進んでしまう罪深さ(笑)。
petitcaresses_20191118_05

petitcaresses_20191118_04

我が鳥取の牛と鶏から採ったスープも
しっかりとした旨味が凝縮されていて美味しいです。
petitcaresses_20191118_07

petitcaresses_20191118_06

petitcaresses_20191118_08

サラダを挟んだ後に、メインのお肉2種類。
こちらも鳥取のお肉ということなのですが、
良質な食材はほとんど県外に出ているためと、
シェフの腕の素晴らしさが相まって
地元で食べる鳥取牛より美味しく感じました。
petitcaresses_20191118_10

petitcaresses_20191118_09

メインの後は、パスタかハヤシライスか選べます。
が、迷っていたところ、シェフがハーフ&ハーフで作って下さいました。
petitcaresses_20191118_11

petitcaresses_20191118_12

ドリンクはシャンパーニュ3種類と、
ピノノワール(マルサネ)を2杯頂きました。
メインがシャンパーニュとなるため、
どうしてもドリンク代が高くなってしまいますが、
そこをうまく調整すればCPはもっと高く感じることでしょう。
営業時間も遅くまでされているのも良いですね!

プティカレスの後に、1杯だけ良いピノノワールを飲みに
ミルカレスさんにもオジャマして、帰宅しました。
millecaresses_20191118




関連ランキング:ステーキ | 北新地駅大江橋駅東梅田駅

テーマ : こんな店に行ってきました - ジャンル : グルメ

トリュフの会 -The Truffle Night- @koruku 20181111

先週の日曜日、ワインダイニング・コルクで開催された
"トリュフの会"に、マスターにお誘い頂いたので行ってきました。

土地柄故、普段お店でアプローチしたいけど出来ないことが多いそうで、
こういう機会を作って、お店側も、美味しい物が好きなお客さん側も
双方が楽しめれる会を不定期で催されておられます。
...もっとも、お店側の利益は度外視な内容ですが(笑)。

各料理にトリュフを効果的に散りばめられた
素晴らしいディナーをどうぞ↓

koruku_20181111_01

*フォアグラのフランと栗のスープ 白トリュフオイルと黒トリュフのスライスをのせて*

koruku_20181111_02

*シャラン産 鴨のロースト ~黒トリュフのクリームソース~*

koruku_20181111_03

*黒トリュフとキノコのタリアテッレ*

koruku_20181111_04

*のどぐろのソテー 黒トリュフ添え ~シジミとアサリとキャビアのソース~*

koruku_20181111_05

*鳥取和牛のシャトーブリアンA5ランクの低温調理とフォアグラ・ド・カナール ~アルバ風ペリグーソース~*

koruku_20181111_06

*黒トリュフのクリームブリュレ*

koruku_20181111_07

二皿目の鴨のローストの時に、持ち込みさせてもらった
スペインのウルトレイア・デ・バルトゥイエ 2012を開けてもらいました。
こうしてこちらの楽しみも作ってくれるマスターの懐の深さに感謝
koruku_20181111_08

後ろの人の顔が腹立つ...(笑)。
koruku_20181111_09

前日、前々日もコルクにオジャマしていて、
特に前日飲み過ぎて、当日あまりワインが飲めれないという
不本意な状態でしたが、それ以外は完璧な一日でした。
マスターありがとうございました。
また次回も楽しい美味しい会をお願いします!



関連ランキング:ダイニングバー | 鳥取駅

テーマ : お店紹介 - ジャンル : グルメ