fc2ブログ

御銀 [鳥取] 20220120

年末から慌ただしくしておりましたが、
昨日から3日間連休になったので、遅れてきた冬休みを満喫中です。
昨夜は鳥取市の焼鳥店では3本の指に入るであろう
御銀」さんで、新年会をしてきました。
まともにお店で外食するのも2022年初。
今回は「もつ鍋中心コース」(2,800円)で予約しました。

*納豆の麹漬け*

御銀_20220120_01

小鉢は納豆の麹漬けで、これはもう冒頭から日本酒が欲しくなる
酒好きの為のつきだしですね。

*鰤のお造り*

2

続いては、鰤のお造り。
血抜きし、熟成させていて、これが絶品。
何日寝かせたものか聞かなかったのですが、
熟成具合も絶妙で美味しかったです。
串以外でも仕事の丁寧さが垣間見れて、
焼鳥専門店ながらこれは試す価値ありのひと皿です。

*鶏肝*

御銀_20220120_03

*阿波尾鶏のもも*

御銀_20220120_04

*つくね*

御銀_20220120_05

焼鳥は鶏肝、阿波尾鶏のもも、つくねの3種類。
つくねは・パウダーが添えられていて、
カレー風味でも楽しめました。

*もつ鍋*

御銀_20220120_06

御銀_20220120_07

メインのもつ鍋は出汁が美味しく、
もつ(パイプ?)も鮮度が良く◎
柚子が効いてて、食後感もスッキリで良かったです。

*デザート*

御銀_20220120_09

*Méo Camuzet Frere & Sœurs - Meursault 2017*

御銀_20220120_08

ドリンクはビール2杯に、白ワインを持ち込みさせて頂きました。(要・持込料)
大好きなメオ・カミュゼのネゴシアン部門のムルソー2017年。
村名ながらめちゃんこ美味しかったです。
樽も程よく効き、フレッシュな酸味もあり、エレガントなムルソーでした。
もつ鍋とも相性◎

大将をはじめ、スタッフさんの人柄、サービスも良く
気持ち良く食事の出来るお店です。
また伺いたいと思います。



関連ランキング:鳥料理 | 鳥取駅

スポンサーサイト



テーマ : こんな店に行ってきました - ジャンル : グルメ

ワインダイニング・コルク [鳥取] 20211229

年をまたいでしまいましたが、仕事人間と化していた年末に、
いつもの飲み仲間&moreのみなさんにお声がけをして
ワインダイニング・コルクさんで忘年会を行いました。

*フォアグラとブリアサヴァランのチュイール*

koruku_20211229_01

アミューズはフィンガーフードの可愛い小品。
当然ながらシャンパーニュと抜群の相性で良いスタート。

koruku_20211229_00

シャンパーニュはPiper-Heidsieckの「Cinema Edition」。
リンゴ系の果実にコクもあって美味しいです。

*牡蠣、アサリのサフランソース*

koruku_20211229_02

牡蠣にサフランソースが心地良い前菜。

*親ガニのババロア*

koruku_20211229_03

見た目のインパクトもなかなかの蟹を凝縮したひと皿。
ここから白ワインを開けてもらいました。

koruku_20211229_04

白はニュージーランドの「クメウ・リヴァー」というワイナリーのシャルドネ。
これが飲んでビックリな、ブルゴーニュのシャルドネにも引けを取らないお味で、
コスパも良く、かなりオススメです。

*スープ*

koruku_20211229_05

*雲子のムニエル、春菊とカリフラワーのソース、松葉ガニ*

koruku_20211229_06

鱈の白子に香ばしい春菊とカリフラワーのソースが絶品のひと皿。
奥の松葉ガニ(ズワイガニ)も当然ながら美味しいです。

*万葉牛のロッシーニ風*

koruku_20211229_07

赤ワインはどちらもブルゴーニュ。

*Christophe Chevaux - Chambolle Musigny 2019*

koruku_20211229_08

*Dom. des Comtes Lafon - Volnay "Champans" 1erCru 2018 (持込み)*

koruku_20211229_09

*デセール*

2021年もお世話になったコルクさんの美味しい料理とワインで、
気の置けない仲間と楽しい時間を過ごせました。
2022年もたくさん伺える機会を作りたいです。



関連ランキング:ダイニングバー | 鳥取駅

テーマ : こんな店に行ってきました - ジャンル : グルメ

Bar 虹 [鳥取] 20211127 『ペルシュウ×ナチュールワイン・イベント』

鳥取市にある自然派ワイン推しのバー「虹」さんで、
日本で唯一の公認パルマハム職人、BON DABON・多田昌豊さんと、
ナチュラルワインのインポーター、Keppagle・小山訓央さんが来店され、
それぞれを提供されるイベントに伺いました。

3年前にも同内容のイベントがあり、その際に多田さんの
ペルシュウを初めて頂いたのですが、
本当に生ハムの概念が覆るくらいの美味しさで、
虹のオーナーさんからイベントのお誘いを頂いていたので、
今回も参加させて頂きました。

3,000円でペルシュウ1皿+ドリンク1杯で、
それ以降はペルシュウ、ワイン共に課金制。
金額的にも気軽に参加しやすく、お客さんも次々と来られ、
店外にも列ができていました。

Bar虹_20211127_01

まずは3年振りのペルシュウ。
いやはや、これは料理としてもおつまみとしても最高ですね。
口の溶ける繊細さで、優しいお味。

Bar虹_20211127_02

Bar虹_20211127_03

そして1杯目のドリンクは、スパークリング赤。
Fattoria AL FIOREという宮城県のワイナリーで、
マスカット・ベーリーA主体の国産の泡。
当然ながらペルシュウとの相性バッチリでした。

Bar虹_20211127_04

2杯目はまだリリースされていないらしい
アメリカの自然派のピノノワール。
アメリカっぽさはあるものの、
アメリカでメジャーなピノとは雰囲気が違い、
ナチュールらしい獣臭やなめし皮っぽさもありワイルドなワインでした。

Bar虹_20211127_05

3杯目はロワール地方のLes Poëteという生産者の「ODYSSÉE」というピノノワール。
こちらもブルゴーニュのピノとは違った個性で、
普段飲んでいるテイストとの違いを楽しめました。

またこの様なおもしろいイベントがあれば参加したいと思います。



関連ランキング:バー | 鳥取駅

テーマ : こんな店に行ってきました - ジャンル : グルメ

ワインダイニング・コルク [鳥取] 20211008

年に2回食事をする友人と、今年は初の会食を
ワインダイニング・コルクさんで楽しんできました。
例年は夏と年末に一緒に飲みに行くのですが、
今夏はお店が時短営業していたり、
友人が公務員なので、コロナ感染者の多い時期に外食させるのも
職業柄良くないかなと思い、10月まできてしまいました。

この日は、料理は8,000円のコース、
シャンパーニュをグラス、白ワインをボトルでオーダー。
赤ワインは1本持ち込みさせて頂きました。(要・持込料)

*黄桃のマリネ、24ヶ月熟成のプロシュット*

コルク_20211008_01

アミューズは桃のマリネに、熟成生ハム。
生ハムメロンのアレンジ版というと語彙力の無さが浮き彫りですが(笑)、
ニュアンス的にはそんな感じで、マリネも生ハムも旨味が凝縮されていて、
生ハムメロンの100倍は美味しいひと皿。
マスターのオススメのブラン・ド・ブランのシャンパーニュとも最高なマリアージュ。

*Andre Clouet - Chalky [Champagne] N/V*

コルク_20211008_00

*マッシュルームのスープ*

コルク_20211008_02

コルク_20211008_03

スープは濃厚なマッシュルームのスープに、
鳥取地鶏ピヨのクネル、その上にサマートリュフが乗っています。
それぞれが相乗効果で見事な味の連携ですね。
ここでワインは、白と赤の両方を開けてもらい、
都度、料理とマッチする方で楽しみました。

*Maison Roche de Bellene - Puligny Montrachet 1erCru "Hameau de Blagny" 2003*

コルク_20211008_04

白はピュリニー・モンラッシェ・プルミエの2003年。
18年熟成ということで、若いヴィンテージに比べピチピチとした酸はないものの、
落ち着きのある味わいが料理と合わせるには丁度良い感じでした。

*Emmanuel Rouget - Nuits Saint Georges 2017*

コルク_20211008_05

赤は持ち込みのエマニュエル・ルジェのニュイ・サン・ジョルジュ2017年。
村名ワインですが、価格的には一般的なプルミエ以上、グランクリュにも迫ります。
優しくエレガントなタンニンが心地よく、上記のマッシュルームのスープ、
後述のメインのお肉料理とは抜群の相性でした。

*赤エビ、のどぐろ、ヒラメ、マグロ*

コルク_20211008_06

続いてはフレンチ版お造りのポワソンクリュ。
こちらは熟成ピュリニー・モンラッシェとマッチングが最高でした。

*地鶏ピヨもも肉*

コルク_20211008_07

*鯛、ホタテのほうれん草包み、マスキャビア添え*

コルク_20211008_08

お魚料理は鯛とホタテをほうれん草で包み、上にはマスキャビア、
ソースブールブランで頂くマイルドなお料理。
こちらも独創的で美味しかったです。

*万葉牛*

コルク_20211008_09

コルク_20211008_10

メインは鳥取のブランド牛「万葉牛」に、
フォアグラ、トリュフの乗った贅沢な逸品。
完璧なメインディッシュで締めて頂けると満足度が増しますね。

*デセール*

コルク_20211008_11

コルク_20211008_12

デセールはかぼちゃのブリュレにミニカヌレ。

昨今の時短営業で、以前より利用頻度が減っていますが、
やはりコースで利用すると予算に合わせて全力で
美味しいものを提供して頂けるので、今回も料理、ワイン共に
非常に楽しめて、勉強にもなって、良いディナーでした。



関連ランキング:ダイニングバー | 鳥取駅

テーマ : こんな店に行ってきました - ジャンル : グルメ

肉料理Nick [鳥取] 20210701

6月は仕事に明け暮れていて、ほとんど食事にも行っていなかったのですが、
それを見かねてか飲み友さんから「ワイン飲みに行きましょう」と連絡があり、
「肉料理 Nick」さんへ約半年振りに再訪することに。

nick_20210701_01

前回と同じ価格のコースを予約したのですが、
予約時に、前菜等の内容を前回と違うものでお願いしたところ、
前回の内容も把握しておられて、一部変更、または全て変更も対応できます、
と来店前から完璧な対応でした。
ワインの持ち込みも快くOKして下さいました。

*和牛ブルスケッタ*

nick_20210701_02

nick_20210701_03

アミューズは夏を感じさせるテイストの和牛のブルスケッタ。

nick_20210701_13

お店のメニューにあるワインは赤・白がボトルでそれぞれ5~6種類程度(一部はグラス出し可)、
泡がボトルで2種類と少なめですが、
シャンパーニュが7,500円(良心価格)であり、そちらをオーダー。
ワインの値付けは3,000円台~8,000円程度と、
鳥取のお客さんに寄り添った現実路線で、かつ値付けも良心的だと思います。

で、シャンパーニュが当然ながらこのアミューズとも相性バッチリです。

*お造り*

nick_20210701_04

続いてはお造りが3種。
子持ちこんにゃく、炙りの握り、和牛。
子持ちこんにゃくは、こんにゃくに魚卵が練り込まれていて
味わいも興味深く、お酒が進むタイプのひと品。
握りと和牛に関しては説明するまでもなく美味しいです。

*鳥取和牛トマト煮込み*

nick_20210701_05

これはほぼほぼイタリア料理と言ってよいでしょう。
お肉がお箸でほころぶ柔らかさ。
ソースの旨味が肉全体に馴染んでいてシンプルながら美味しいです。

*牛タン燻製*

nick_20210701_06

nick_20210701_07

こちらは前回も登場したスモークされた牛タン。
動画映えするお皿というだけではなく、しっかりと美味しいです。

nick_20210701_14

ここで持ち込みのピノノワールを開けます。
* Drouhin Laroze - Latricières Chambertin GrandCru 2018
グランクリュも比較的購入しやすい価格帯の
ドルーアン・ラローズの「ラトリシエール・シャンベルタン」です。
タンニンがとても滑らかで、グランクリュの複雑さも当然あり、美味しいです。

*万葉牛ローストビーフ*

nick_20210701_08

*鳥取和牛肩三角*

nick_20210701_09

nick_20210701_10

メインは鳥取和牛のクリミ。

*和牛ひつまぶし*

nick_20210701_11

Nickさんの看板メニュー、和牛のひつまぶしで〆。
前回の御食事は牛骨雑炊が少量だったので、
今回はひつまぶしたっぷり食べれて何も文句はございません(笑)。

ちなみに夜もアラカルトでのオーダーができる様で、
この日もこのひつまぶしだけ食べて帰るお客さんがちらほら。
美味しいし、これだけで満たされると言えば満たされる。

*デザート*

nick_20210701_12

デザートは5種類程度の中から選べて「白桃とヨーグルト」にしました。

ということで、今回もかなり良く、連れの飲み友も満足しておりました。
オーナーシェフは調理で忙しそうにされている合間をぬってお話しもして頂き、
終始、楽しく気持ち良く食事が出来ました。
今後の展開、料理にも期待のお店です。また伺います!



関連ランキング:牛料理 | 鳥取駅

テーマ : こんな店に行ってきました - ジャンル : グルメ

御銀 [鳥取] 20210516

「ミシュランガイド2019 鳥取」でミシュランプレートを獲得されている
焼鳥ともつ鍋のお店「御銀」さんに伺いました。

「串中心コース」(2,800円)を2名で予約し、
当日、急遽1名追加になったため、結構直前に電話し確認したところ
「一部違う料理になりますが、大丈夫です」と快く対応して頂けました。

その「串中心コース」は、
・おつまみ3種盛
・本日のお刺身
・串六種
・かしわめし
・本日の汁物
・デザート or 串1種追加
という構成で、味・量ともに申し分ない内容でした。

御銀_20210516_01

御銀_20210516_02

御銀_20210516_03

御銀_20210516_04

御銀_20210516_05

御銀_20210516_06

御銀_20210516_07

御銀_20210516_08

恒例のワイン持ち込みも対応可で(要・持込料 2,000円/1本)、
ビール→ワインでこちらもテッパンの流れ。
この日は日本酒は飲みませんでしたが、
鳥取の物を中心にセレクトされていて、
県外からのお客さんにも喜ばれそうですね。

御銀_20210516_09

・Arnoux Lachaux - Nuits Saint Georges 1erCru 'Les Procès' 2017

アルヌー・ラショー、最幸!
最近、どこのお店に行く時でもワインとグラス常備してるのがウケます。

御銀さん、3~4年ほど伺っておりませんでしたが、
かなり良かったので、またふらっと行ってみたいと思います。



関連ランキング:鳥料理 | 鳥取駅

テーマ : こんな店に行ってきました - ジャンル : グルメ

炭火焼き 福ふく [鳥取] 20210428

約5ヶ月ぶりに「炭火焼き 福ふく」さんへ
いつもの飲み友さんとコースで行ってまいりました。

*前菜 (ローストビーフ)*

福ふく_20210428_01

*ステーキ (ランプ)*

福ふく_20210428_02

*塩焼き (塩タン)*

福ふく_20210428_03

*野菜 (塩キャベツ)*

福ふく_20210428_04

*牛握り (サーロイン、甘エビ軍艦巻き)*

福ふく_20210428_05

*牛盛り (リブ芯、千本スジ、ハバキ)*

福ふく_20210428_06

福ふく_20210428_07

福ふく_20210428_08

*焼き野菜 (エリンギ、竹の子、アスパラ)*

福ふく_20210428_09

*キムチ (白菜、きゅうり、大根)*

福ふく_20210428_10

*ホルモン (パイプ、フワ、センマイ)*

福ふく_20210428_11

*ご飯 (牛しゃぶ茶漬け)*

福ふく_20210428_12

*デザート (黒糖シャーベット)*

福ふく_20210428_13


前回もそうでしたが、メニュー構成は同じながら
以前とは違った部位を頂けて、全く同じではないのが良いです。

ワインを一本持ち込みさせて頂き(要・持込料 2,000円/1本)、
前半はビール、中盤から好みのワインで通せて、余計満足感がありました。
福ふく_20210428_14

福ふく_20210428_15

・Lucien Le Moine - Gevrey-Chambertin 1erCru 'Champeaux' 2017

あと、退店後に焼肉特有の匂いがほとんど服や髪につかないのもポイント高いです。

ということで、また程よいタイミングでオジャマしたいと思います!



関連ランキング:焼肉 | 鳥取駅

テーマ : こんな店に行ってきました - ジャンル : グルメ

Liberta La Cucina [鳥取・用瀬] 20210419

libertalacucina_20210419_01

前回の初訪問の際に、お店の内外観が好きで、お料理も美味しく
ファンになった「リベルタ・ラ・クッチーナ」さんに5ヶ月振りに再訪。

libertalacucina_20210419_02

食事をする以前に、気持ちが高まります。

今回も特にリクエストはせず、お料理はおまかせでお願いしました。
libertalacucina_20210419_04

libertalacucina_20210419_05

libertalacucina_20210419_06

libertalacucina_20210419_07

・サワラの酒蒸し
・大山ポークの角煮 ~淡路・2525ファーム蜜玉と共に~
・カラフルデトックスピクルス
・丹波・婦木農場 平飼い卵と春キャベツのフリッタータ
・自生クレソンのナムル
・八頭町産たけのこの団子
・春野菜のサラダ・2種の卵添え ~シーザードレッシングで~
・新玉ねぎの和風ポタージュ
・山菜の天ぷら
・五穀米

春の食材満載で、かつ調理も好きなお料理ばかりでした。
天ぷらが好きなので、こごみやうどの天ぷらも良かったですし、
角煮や鰆も美味しかったです。

店主さんに食材について色々と説明もして頂き、
それを理解した上で頂くと、より食事が楽しくできました。

食後に美味しいコーヒーを頂いてごちそうさまでした。
libertalacucina_20210419_08

また程よいタイミングで伺いたいと思います。
libertalacucina_20210419_03




関連ランキング:創作料理 | 因幡社駅

テーマ : こんな店に行ってきました - ジャンル : グルメ

和み処 八洲 [鳥取] 20210311

鳥取市でお気に入りの小料理屋/居酒屋系のお店はいくつかあるのですが、
こちらもそのうちのひとつ「和み処 八洲」さん。
2019年のミシュラン鳥取版で「ミシュランプレート」を獲得されています。

メニューは割と厳選されていて、でも決して種類が少ないわけでもなく、
ちゃんとツボを突いている内容になっています。
そんな中から、
・つきだし
・お造り盛り合わせ
・天ぷら盛り合わせ
・もさえび塩焼き
・和牛たたき
・お茶漬け(梅)
をオーダー。

八洲_20210311_01

お造りは、まぁ申し分ない内容で、どれも美味。

八洲_20210311_02

天ぷらは、単品だと「ゲソ」か「穴子」がメニューに記載されていましたが、
盛り合わせにすると、海老と季節の野菜が登場しました。
心地良い苦味のある蕗の薹に、春の訪れを感じました。

八洲_20210311_03

大好きな猛者エビは塩焼きで。
お連れの方は猛者エビ初めてだったようですが、
美味しさを分かって頂けて満足。
ちなみに猛者エビは、お造りや、クリームコロッケでも提供されています。

八洲_20210311_04

口に入れた瞬間、旨味の広がる和牛たたきは
万人が好きであろうひと品でした。

八洲_20210311_05

この料理+ビールを3杯程度頂いて、お会計はひとり4,000円。
さらっと奇跡が起きていました。

普段、個人的にはコースで食事する機会が多いものの、
やはりこういうお店も良いですよね!って再確認した夜でした。



関連ランキング:居酒屋 | 鳥取駅

テーマ : こんな店に行ってきました - ジャンル : グルメ

居酒屋 久兵衛 [鳥取] 20210204

小料理・居酒屋系ではお気に入りのお店「居酒屋 久兵衛」さんへ伺いました。
過去に訪問した際は、いずれも単品オーダーだったので、今回はコースで予約。

4,000円~の「会席コース」と、3千円台の「鍋コース」があり、
色々と料理を楽しみたいので「会席コース」でお願いしました。

*青のりのお出汁*

居酒屋 久兵衛_20210504_01

先付けは青のりの良い風味の出汁を飲んで体を温めます。

*お造り*

居酒屋 久兵衛_20210504_02

お造りは左から、ブリ、アジ、サーモン炙り、鯛、赤貝の5種盛り。
見た目にもとても鮮やかで、お味は当然すべて◎
種類が多いのも個人的に高得点です。

*前菜盛り合わせ*

居酒屋 久兵衛_20210504_03

*フグのお椀*

居酒屋 久兵衛_20210504_04

椀物はフグ。
丁寧なお出汁が美味しく、コースの中で椀物に比重を置いているので、かなりのご満悦です。
「居酒屋」と名乗っているレベルではないのを確信できます。

*だし巻き玉子*

居酒屋 久兵衛_20210504_05

*鰆の焼き物*

居酒屋 久兵衛_20210504_06

焼き物はサワラ。
こちらも個人的に好きなお魚なのでグイグイと日本酒が進みます。

*握り*

居酒屋 久兵衛_20210504_07

お鮨は鯛と海老。

*大山鶏のステーキ*

居酒屋 久兵衛_20210504_08

*牡蠣の天ぷら*

居酒屋 久兵衛_20210504_09

*もずく雑炊*

居酒屋 久兵衛_20210504_10

*苺*

居酒屋 久兵衛_20210504_11


この料理10皿で、4,000円はホント奇跡!
以前から料理が美味しくてお気に入りのお店でしたが、
コースの内容・味・コスパを知り、ますますファンになりました。

ドリンクはビール→日本酒を頂きました。
日本酒は鳥取の物を中心に、他県のお酒も数種類ありました。
女将さんに好みをお伝えして、バッチリなお酒を出して頂けました。

ということで、鳥取市で和食で程よい価格のお店をお探しの方には
めちゃくちゃオススメです。
コースでも単品でも満足度高いと思います!

テーマ : こんな店に行ってきました - ジャンル : グルメ