Bob Azzam / Garden of Love

Bob Azzam

昨日は、いつも髪を切ってもらっているLoGiのオーナー、やまたくの結婚パーティーに参加させて頂きました。久しぶりに会うレツメニ・クルーや、新郎・新婦ともに同い年なので同級生も多く、和やかなパーティーでとても良かったです。幸せな家庭を築いて頂きたいです✨余談ですが、Seebookこと磯江くんの司会も板についてきて、安定感ありました(笑)。あらゆるシチュエーションの司会業をこなせると思いますので、何かありましたらぜひ彼にお仕事をあげて下さい(笑)。

では今日の一枚はコレ!エジプトの音楽家で、ヨーロッパで広く活躍したBob Azzamの1971年のスウェーデン録音盤『Garden of Love』です。ハッピーなホーンに、合唱系のスキャット〜コーラスも最高なジャズグルーヴの逸品にして不滅のフロアクラシック「Let’s Celebrate」は、まさにウェディングでかけたい一曲ですね!最高にアガります↑↑

スポンサーサイト

テーマ : おすすめ音楽♪ - ジャンル : 音楽

Elaiza Romero / Mi Chiamo Elaiza

elaiza romero

アジア杯、日本は早々に負けてしまいましたね。レモン・山田くんと歩くんの3人で、スポーツBar・カナイチヤでワイワイ観てましたが、なんとなく勝てない感じのムードが伝わってきました。なんだか重症感がハンパないんですが、ここで躓いてるのに、W杯で勝てるんでしょうか?4年前の決勝戦のチュンソンこと李さんのボレーが懐かしいです。あと、山本昌邦さんの解説にレモン・山田の副音声解説が加わると、よりサッカーが楽しく観れることが分かりました(笑)。

では今日の一枚。昨年末、最後に買ったビッグ盤!オンダ・ヌエヴァの申し子、Aldemaro Romeroの娘、Elaiza RomeroがイタリアでAugusto Martelliのオーケストラをバックに吹き込んだLPです。10年くらい探してたのですが、全く見つからず、でも諦めずに探していると巡り合うものです。しかも安かった...(まぁ高くても買うけど)。このアルバムといえば、やっぱり冒頭に収録された「Sei Sbagliato e Non Lo Sai」ですね。全くオンダ・ヌエヴァでなく、普通に4拍子のソフトロック〜ポップなのですが、ストリングスをはじめとするドラマチックな演奏に、切ない雰囲気のボーカルがたまりません。良い曲です。

テーマ : おすすめ音楽♪ - ジャンル : 音楽

Lou Stein / Introspective 1

lou stein

どうも、yo☆ssyです。最近、会う人会う人に「痩せた?」と言われます。ボク痩せたんでしょうか?体重を計ってみるも特に変化なしでした。ただ夏前辺りから体調ビミョーで、禁酒&食事の量がこのところ少なかったのが少なからず影響しているのかもしれません。しかしこの数週間、息を吹き返しておりまして、お酒を飲んでおりますので、すぐにリバウンドしてしまう恐れが...。痩せなくてもいいんで、お腹のお肉だけ取りたいです。

では今日の一枚。更新頻度の少なさから、まさかの半年に渡ってのイタリア特集でしたが、今日で一旦終わりたいと思います。有終の美を飾るのはこちら!ピアニスト、Lou Steinさんのアルバム『Introspective 1』です。US盤もあって、そちらは割と普通に買えるっぽいですが、このイタリア盤は多分レアだと思います。高らかと弾むピアノが印象的なジャズとサイケなロックをクロスオーバーさせたような「Discovery」が痛快で◎ 包み込むような雰囲気のメロウジャズナンバー「Hope」も好きです。いい仕事してます。

テーマ : おすすめ音楽♪ - ジャンル : 音楽

Paolo Zavallone / La Donna dei Sogni

paolo zavallone

どーも、yo☆ssyです。おとといはTBVCのリョーマくんから仕事終わり間際のナイスタイミングで連絡があり、珍しくふたりで飲みに行ってきました。いろいろな話が出来て有意義な時間でした。...が、ワタクシここ数日ノンアルが続いていたのと疲れとで、翌日思いっきり二日酔いでした。Mobsさんで開けたイタリアの赤ワインも美味しかったなぁ...。

では今日の一枚。イタリア物が続きます。Paolo ZavalloneとGino Mescoliのオーケストラによるスプリット・アルバム『La Donna dei Sogni』です。割と幅広いタイプの楽曲を収録しているのですが、Paolo Zavalloneによるメロウジャズ「La Donna dei Sogni」が最高です!何ともイタリアらしい楽曲ですね。Gino Mescoliサイドはスキャット・ボサの「Sandy」と「Francoise」が良い感じです。

テーマ : おすすめ音楽♪ - ジャンル : 音楽

Pino Presti Sound / 1st Round

pino presti

どーもー。よしむら3:50(くらいにブログ更新)です。今年のF1、3戦終わり、昨年前のベッテルの独壇場とは違った様相でおもしろいです。チームごとの差があるのか、昨日のバーレーンGPなんかは、綺麗に同じチーム2台ずつが序列をつくり、走行してました。序盤はメルセデスが圧倒的な強さを発揮しているものの、徐々にレッドブルが接近してきそうで嫌な予感...。最強のドライバー・ラインナップのフェラーリが一矢報いて欲しいところです。鈴鹿観に行きたいなぁ...。

では今日の一枚。本日もイタリアン・グルーヴです。イタリアのベーシスト、Pino Prestiが1976年にリリースしたLP。7インチでカットされているファンク〜ディスコ調の「Funky Bump」と「C.so Buenos Ayres」も収録していて、この辺りがハイライトですが、個人的にはハッピーな「Firefly」という曲がお気に入り。打って変わって、哀愁感漂うフルートをフィーチャーしたジャズボサの「e Se Non Arrivasse」等も収録されていて、なかなか幅が広いです。

テーマ : おすすめ音楽♪ - ジャンル : 音楽

Dicky Oliver / same

dicky oliver

どーもー。よっちゃんエキゾチックfromジャパンです。先週、笑っていいとも!のグランドフィナーレの日、たまたま自宅に居たので観ることが出来ました。ネットで話題になっている、ありえないゲストの共演もすごかったですね。しっかりと気を遣って出演者がフォローし合ってる感じが良かったです。最後、レギュラー陣がひとりずつタモさんに挨拶をしていましたが、鶴瓶さんのお言葉がすごい突き刺さって、やっぱりスゴい人だなぁと感心しました。32年間って、ほぼボクと同い年ですねぇ...。いろいろスゴいです。

では今日の一枚。全てが完璧と言わざるを得ないイタリアン・ファンクのレア盤買いました。詳細がよく分かってなくて定かではないのですが、当時イタリアに在住していたアメリカ人(?)のドラマー(?)、Dicky OliverことRichard Oliverが1969年に制作したアルバムです。「?」だらけで、不確かかもしれませんが、音が格好良いことは確かです。ボクはA-1の「The Funky Drummer」を聴いた時点で、ガツーンとヤラれてしまいました。ゴツゴツなビートに、ホーンとオルガンがファンキーに乗った好演です。他の曲も最高で、全編通して非の打ち所がありません。ヤバ過ぎです。

テーマ : おすすめ音楽♪ - ジャンル : 音楽

Mirageman / Thrilling

mirageman LP

どうも、こんばんは。ワインを飲み過ぎて若干気持ち悪いです。今夜は日本のワインでした。日本のワインってこれからが楽しみな物が多くて、楽しく飲めます。...年が明けてからワインと食べ物のことしかブログ更新してない気がします。さて、日付が変わって本日は『la moda 20130118』です。mos.もあおきくんもSeebookも参加しますので、どうぞよろしくお願いします。

では今日の一枚。昨年の遺産でスミマセン。イタリアのピアニスト、蜃気楼男ことMiragemanことGiovanni Fenatiが1970年の残したアルバム『Thrilling』です。タイトルに似つかわしく、疾走感&迫力あるイタリアン・ジャズファンク目白押し。強烈なビートでグイグイ迫る「Raptus」や、オルガンの効いたモッド〜ファンクの「Hypnosis」など格好良いですね。かと思えば一変してお花畑の世界なその名も「Paprika」という曲もあったり...。蜃気楼男の懐の深さが垣間見れる作品です。

どうでもよい話ですが、このLPも買うまでに一悶着あり、お金を払った物のレコードが届かず、しばらく経ってからディーラーから「倉庫を探したけど物がない!」と返金され、その何ヶ月後かに「倉庫探したらあった!」と、再度支払ってようやくゲットしました。こういうの、一回一回疲れますが、変な愛着が出来て、それはそれでいいかなと思ったりもします。

テーマ : おすすめ音楽♪ - ジャンル : 音楽

Rita Pavone / Qui Ritornera'! - Il Geghege'

rita pavone

どうも、こんばんは。『la moda 20121124』があるので、今週くらいブログで60's特集でもしようと思いましたが、気がつけば金曜日。あと2回くらいしか出来ないですね。まぁ2回くらいやります。あ、今日は久しぶりに飲み会で楽しかったです。最近、ずっと飲みたくて我慢していたので。深酒せず、ほろ酔い程度でなお良かったです。こうしてブログ更新してるくらいなので。

では60's特集その1。イタリアのキッズ・シンガー、Rita Pavoneちゃんの7インチです。Side-Bの「Il Geghege'」は、昔から好きなイタリアン・ガレージ/ツイストナンバーで、意外にもLuis Enriquezが演奏を手掛けているんですね。結構テンション高めのまま突っ走る感じが若さを感じます。↓のYouTubeのスタジオ・ライブ、ファッションもカーテンもナイスです!というか、この映像かなり貴重でしょう!

テーマ : おすすめ音楽♪ - ジャンル : 音楽

Mirageman / Paroxism

mirageman

職場から家までが遠いので、車通勤なあたし。なので、仕事終わりの一杯はそんなにできないんですけど、仕事終わりのゴハンが楽しみだったりします。今日は大好き、いた和り家さん。お刺身盛り合わせ定食、美味しかったー。何度も「ビール!」って言いそうになりました(笑)。おととい、花ぴょんと行った久々のHaiVのイノシシ肉のラグーソースのパスタも美味しかったなり〜。

では今日の一枚。イタリアのスタジオ・ミュージシャンであるピアニスト、MiragemanことGiovanni Fenatiが、1972年にリリースしたアルバム『Thunder and Lightning』から4曲をカットした7インチです。アルバムひっくるめて好内容なので、LPが欲しいところですが、買えないので、4曲ひっくるめて好内容な7インチをゲット。疾走する「Thunder」とか、スキャット入りの「Atmosphere」、爆音即死系重圧ファンク「Paroxism」、スパイ系な「Paralysis」とか男気ムンムンで格好良いです。

テーマ : おすすめ音楽♪ - ジャンル : 音楽

Paola Battista / Sei Un Veleno - Spiaggia Libera

paola battista

もうすぐ『la moda 20121019』のフライヤーも到着するハズですが、この一週間くらいでなぜか3件フライヤーを作らないといけなくなり、なんでみんな一緒の時期なんだ!と思いつつ、何とかクリアしました。ボクは多分、デザインの仕事に向いていないので、イベンターのみなさん、ボクにフライヤー作りを頼まないように(笑)。自分のイベントのフライヤー作りも毎回重い腰を上げて作っているので。

では今日の一枚。ボクとJabbedabbedoeさんクラシック、Paolo Ormiの「Spiaggia Libera」という曲があるのですが、その曲に女性シンガー、Paola Battistaが歌を乗せたナンバーがコレ。ボーカルが入ることにより、何となくコミカルになってる気がするんですけど(笑)、この曲にはかなりの思い入れと、ちょっとしたドラマがありまして、まともに良い/悪いの判断ができない状態です。普通に曲が良いとか以外のところで、思い入れがあるとかも何かいいもんです。

テーマ : おすすめ音楽♪ - ジャンル : 音楽