The Jerry Toth Singers / Let's Go To The Country

jerry toth

どうも、こんにちは。昨日、家でがっつり焼肉をして食べたのですが、ヒジョーに胃にもたれました。年齢と共にだんだんお肉って食べれなくなりますね。おまけにホルモン系とこころちゃんも買って食べたのですが、特にホルモンはしんどいですね。ただ、牛さんのいのちを頂いてると考えると、大切に頂かないと...とか考えるもの歳ですね。

では本日もカナダ特集。カナダのサックス奏者/作曲家のJerry Tothが、シンガーを起用して吹き込んだ4曲入りの7インチ。例によって、これもカナダのラジオ局、CBCがラジオ放送用に制作したプロモオンリーのレコードで、明るいホーンに導かれて美しい女性ボーカルも最高なソフトロック「Let's Go To The Country」から素敵ですが、クールかつ華やかなジャズ演奏が格好良い「Cross The Jordan」、メロウグルーヴの「A Thousand Times」など良い感じです。

スポンサーサイト

テーマ : おすすめ音楽♪ - ジャンル : 音楽

Mike and Maria / Writin' This Song

mike maria

どうも、こんばんは。先週末は松江でDJでした。松江・出雲のみなさん、大変お世話になりました。なかなか濃い夜で、島根のDJのみなさんのスキルも間違いなく、自分もほぼ100%好きなモノをかけることができたし、出張レコード屋さんもたくさんレコードが売れたし、良かったです。山陰レアグルーヴ・ナイトを鳥取と松江の交互で開催できたりしたら楽しそうですね!タイミングが合えばやりましょう!

では今日の一枚は、ひっそりと継続中のカナダ特集です。まったく知らないカナダのユニット、Mike and Mariaの1977年の7インチ。デュエットかと思いきや、基本的にはボーカルはMikeひとりで、Mariaは時折コーラスで入るくらいです。ゆったりなソフトロック調の「Writin' This Song」もなかなかですが、オススメなのがAOR〜ソフトロックっぽい「Lady of The Golden Sands」という曲。オルガンのソロも良い感じですね。キラー!って感じでは120%ないですけど、なかなか味がありますねぇ。

テーマ : おすすめ音楽♪ - ジャンル : 音楽

Jimmy Dale Orch. / Alone Again, Naturally

jimmy dale 45

みなさん、こんばんは。yo☆ssyです。ポカポカと春らしい一日でしたが、花粉症の方にとっても苦痛以外ナニモノでもない一日だったかと思います。ボクは幸いまだ大丈夫なんですけど。オマケに黄砂とPM2.5のトリプルパンチ。昨日、洗車したばかりなのに車が白くなってました...。何だかどんどん住みにくい世の中になってきてますね。

ではしつこいくらいに続くカナダ特集。本日はコレ。Mutual Understandingのアルバムでもアレンジャーを務めたカナダの音楽家、Jimmy Daleのおそらくは7インチオンリーのEP盤です。Jimmy Daleと言えば『Soft and Groovy』というアルバムも秀逸ですが、本作も心地良〜く聴ける作品です。ほっこりジャズ〜ソフトロックな「Alone Again, Naturally」と「Where Is The Love?」に、ライトファンクな「Uncle Albert/Admiral Halsey」が良いですね。この辺のカナダ物って詳しい人は随分と昔から掘っていたんでしょうか?それなりにしか評価されていない上に、良いのがザクザク出てくるんですが...(笑)。

テーマ : おすすめ音楽♪ - ジャンル : 音楽

Brenda Gregory / Simple Song of Freedom - Alone Together

brenda gregory

昨日はお馴染み花城さんと北垣くんと3人で飲みに行きました。しの和→どんちゃん→その後一人でワインバー・コルクという、異種格闘技な流れで酔いました。コルクに行った時間が遅かったので、お客さんも落ち着いていて、マスターとも久しぶりにゆっくり話せて楽しかったです。

では今日の一枚。昨日に続きカナダ物。カナダの女性シンガー、Brenda Gregoryさんがおそらくは70年代前後に残した7インチです。オススメは「Alone Together」で、ボサリズムのゆったりほっこりなソフトロック調で良い感じ。ディーラーからはJudy Singhみたいでオススメだと言われましたが、まぁそう言われればそうだけど、あれくらいのグッとくる感じを想像してしまうじゃないですか...。割と地味で肩透かしくらいましたが、聴けば聴くほど好きになってきました(笑)。

テーマ : おすすめ音楽♪ - ジャンル : 音楽

Roger Nichols & The Small Circle of Friends / My Heart Is Home

roger nichols 3rd

どうも、こんばんは。昨日からもうお馴染みの風邪&発熱に悩まされておりましたが回復してきました。とりあえず体調がすぐ崩れてしまうのは諦めているので、最近ではいかに拗らせずに早く治すかにかけています。そういえばおととい、DNAの下に少し前にオープンしたNICOに行ってみましたが、かなり良い感じでした。雰囲気も料理もお酒も◎また行きたいです。

では今日の一枚。リリースのアナウンスがあってから一人で盛り上がっていたロジャニコの5年振りの3rdです。てか、衝撃だった『Full Circle』がもう5年前なんですね。1stも2ndも今作もボクの中では甲乙付けがたい名作です。大きく言えばソフトロックであることには変わりないのですが、前2作に比べると楽曲のアレンジがより幅広くなっているような気がします。スウィンギーな「The Moon Is Red」とかその代表ですね。あとはロジャニコを代表する楽曲のひとつ「We've Only Just Begun」をやっているのとか粋です。買いましょう。買って聴きましょう。

テーマ : おすすめ音楽♪ - ジャンル : 音楽

Rick Wilkins and The Mutual Understanding / Christmas

mutual christmas

みなさん、こんにちは。yo☆ssyです。あっという間にクリスマス目前、2012年も大詰めですが、いかがお過ごしでしょうか?ボクはただ今、横隔膜がヤラレて絶賛しゃっくりが止まりません。優に100回は突破してます。誰か助けて下さい。そういえば、おととい忘年会しました。(鳥取の)銀座でしゃぶしゃぶ〜初バウンス行きました。美味しかったです。まだまだ忘年会したいです(笑)。

では今日の一枚。クリスマス・アルバムをたくさん更新しようと思ってましたが、ブログ自体更新するヒマもなく、お気に入りのクリスマス・レコードをぽつぽつ紹介していきます。今日はカナダのソフトロックの金字塔『In Wonderland』を残したことでも有名なThe Mutual Understandingが、後にRick Wilkinsとリリースしたクリスマス・アルバム。例によってカナダのラジオ局、CBCからのリリースなワケですが、本当にこの辺りのCBCのリリース(未発売の物もありますが...)のレコードは素晴らしいです。「My Favorite Things」や「The Christmas Song」などのファンキーサイドに、「Scarlet Ribbons」や「The Bell THat Couldn't Jingle」辺りのソフトロック/ジャズボーカルサイド共に素晴らしいです。

テーマ : おすすめ音楽♪ - ジャンル : 音楽

V.A. / Unselfconsciously Canadian

Unselfconsciously Canadian

どうも、こんにちは。昨夜は今にも雪が降りそうな勢いで雷とか鳴ってました。そんな中、駐禁切られたりとか細かいことはあるにせよ、やらないといけないことがめずらしく段取りよく片付いていってます。結構カツカツな中で、何となく時間に余裕アリ。イベントに関していえば、配布用のCDもほぼ作り終えたし、デコ用のポスターも発注したし、やり忘れてることがなければ順調にいきそうです。来週土曜日です。よろしくお願いします。

では今日の一枚。プロモオンリーのレアなレコードが存在するカナダのラジオ局レーベル、CBCに残された、おそらくこれもプロモのみ(?)と思われるLPです。Tommy Banksのオーケストラの演奏をバックに、様々なシンガーを起用して録音したソフトロック/ジャズボーカルの傑作。Judy SinghやJoe Vassosも参加しています。そして音楽と同様にそそられるのが、プラケースに封入され、円形に切り抜かれたギミック仕様のジャケットで、デザインも最高です。お値段もそこそこはりましたが、満足度としては今年一番のお買い物かも〜。

テーマ : おすすめ音楽♪ - ジャンル : 音楽

Lexia / Good Morning To You

lexia

今週もやっとひと段落。と思ったらすぐ来週がきますね...。何もするヒマがありません。桜も散ってしまい、花見もできず(まぁ毎年ですが)、春らしいことをしようと(?)髪を切ってきました。久しぶりに短めデス。スッキリ~サッパリ~。

では今日の一枚。一応、ここ最近春っぽいレコード紹介してます。今日は、今さら紹介するまでもない超名盤!フランスの作曲家、Jean Lecciaがアメリカで、Lexia名義(ユニット?)でリリースした1972年の7インチ。アルバムは昔からソフトロック~フリーソウルの名盤として有名ですが、そこから「Good Morning To You」がシングルでカットされていたのですね。まぁ曲は聴いての通り、清々しくて、何かやる気の出るソフトロックです。シングルっていうのが所有欲を駆り立てます(笑)。極少数派の方にだけ分かってもらえるであろう、この気持ち。

テーマ : おすすめ音楽♪ - ジャンル : 音楽

Brent Cash / How Strange It Seem

brent cash / how strange it seems

花粉症っぽい...。ヒドくはないけれど、鼻がムズムズ。来年とかヒドくなるんだろうか。さて、鳥取はやっと桜も満開になりました。今週末は、晴れれば花見ピークですね!楽しそうだな~。

では春なんで春っぽい今日の一枚。USのSSW、Brent Cashが昨年リリースした2ndアルバム。1st同様、現代版ソフトロックなのですが、もはやソフトロックという括りだけでは納まりきらない内容ですね。清々しくてイィ感じです。1stを見つけたときの、初めて聴いた時のあの感動再びって感じです。(買ってたのに実は最近まであまり聴いていなかった(笑)...反省。)

テーマ : おすすめ音楽♪ - ジャンル : 音楽

Rumer / Sings Bacharach at Christmas

rumer / sings bacharach

みなさん、こんばんは。yo☆ssyです。今年もあと10日ほどになってしまいました。1年がとっても早いですね。クリスマスが終わったら即年末でしょう。年末のワクワク(かな?)した感じが好きです。

では今日もクリスマスな一枚。以前、アルバムを紹介した英国の女性シンガー、Rumerがバカラックの名曲をカバーした7インチです。どっぷり60'sな雰囲気がとっても素敵です。今年のクリスマス・コンピに収録できなかったので、来年ですね~。


テーマ : おすすめ音楽♪ - ジャンル : 音楽