Crystal / Music Life

crystal

おととい『minigroove』にお越し頂いたみなさま、ありがとうございました。毎度ながら濃い音楽のかかっていた夜でした。今週はストロベリー・フィールズの2周年パーティーがあります。2周年、ご苦労様です。そんなストロベリー・フィールズを拠点に活動している、我らがLong Tall SallyのオフィシャルHPが出来たそうです。ぜひ活動をチェックしてみてください。あと、カンケーないですが、久々にコチラもアップしました。

では今年最初のビッグ・ボム!仏海外県マルティニークのバンド、Crystalが1984年に残したインディー盤。このアルバムといえば、やはりラストに収録されたカリビアン・フリーソウルの「Fantastic Girl」の素晴らしさでしょう。小気味良いギターのカッティングに導かれ、爽快なボーカルとライトメロウな演奏が絶品。とろけるエレピの音色がとても気持ちよいですし、輪郭ハッキリしないスキャットも◎名曲です。

スポンサーサイト

テーマ : おすすめ音楽♪ - ジャンル : 音楽

Debra / What's It's Gonna Be

debra

どうも、連日ブログを更新してみてます。それはそうと台風が来ているそうですね。最近、雨の威力が凄まじくて、すごい被害が出てますが、これってやっぱり温暖化の影響なんですよね。この先、もっと酷くなると思うと、お先真っ暗です。きっと温暖化はもう食い止められないでしょう...。そんな台風の中、日付が変わって本日はイベント『honey honey』に仕事帰りに行こうと思ってます。あと、来週はこのイベントに注目です。当日、休みだったので遊びに行きたいところでしたが(笑)、翌日仕事だったので即座に断念しました。この方も出られるそうです!

では今日の一枚。レアグルーヴじゃないです(既にネタ切れか!?)。本日はDebraくんなる、アメリカのキッズシンガーの7インチです。例によってJackson 5のフォロワー的に70年代にリリースされた子供モノかと思われますが、Side-Bの「Can You Remember」という曲がフリーソウル風でいい感じです。これもアフターアワーズ系のナンバーですね。もぅ明け方専門のDJになった方がいいのかもしれません。「yo☆ssyさん、1回目のDJ、29:00〜でお願いします」みたいな(笑)。

キッズ物で思い出しましたが、以前手放してしまったレコードで、一枚ムショーに欲しくなってる物があります。あれ以来全く見かけないな...(泣)。ちなみにこの方も何やらスゴいキッズ物を入手したとか、してないとか...(内緒の話です)。ブログには更新されないのかナ...?気になる〜。

テーマ : おすすめ音楽♪ - ジャンル : 音楽

Stephanie Taylor / I Don’t Know Where I Stand

stephanie taylor

どうもこんばんは。先週だったと思いますが、NEWS ZEROでソチ五輪の特集をしていて、中部電力カーリング部がピックアップされていました。ぜひとも9月にある日本代表決定戦に勝って、五輪の切符を手にしてほしいです。ソチまで行ってしまいそうな勢いで応援しております。ソチ行きたいな~。遠いな~。てか、現在モスクワで世界陸上してますね。ロシア盛り上がってますね。

さて、足掛け1ヶ月に及んだカナダ特集第2弾。本日で一旦終了します。ラストを飾るのは大好きなカナディアン・フリーソウル/ジャズボーカル/ソフトロックの名盤、Stephanie Taylorの『I Don’t Know Where I Stand』です。お馴染み、ラジオ局CBCにプロモオンリーで残された一枚で、この一連のプロモ群にもれなく最高なアルバム。Mutual UnderstandingやHagood Hardy & The Montageのグループでもボーカルを取ってましたが、ソロ名義の本作もバックはDoug Rileyが手掛けているということで、かなりクオリティーが高いです。中でも最高なのが疾走するリズム&カッティングに、サビで一気に華を咲かせるミラクル・フリーソウルナンバー「I'm Going To Make You Love Me」。サビの後の間奏では「Tighten Up」のリズムも登場し、盛り上がる要素をこれでもかってくらいに詰め込んだ名曲です。この一曲だけでも価値はアリ!とか、ありきたりな賛辞を贈ってみても許されるハズです。

カナダ特集、そのうち第3弾もやりますので、よろしくお願いします。果たして楽しみにしている人はいるのか...(笑)?

テーマ : おすすめ音楽♪ - ジャンル : 音楽

Pat Hervey / Peaceful

pat hervey

どうも、こんばんは。yo☆ssyです。うちの職場は仕事を掛け持ちでやってたりする人が多いのですが、そんなスタッフさんと話をしていて、まず根本的に時間が足りないよねって話と、自分の仕事を時給換算するのはやめようって話でまとまりました(笑)。ボクが自宅でやってる仕事なんか、睡眠以外はほぼやってるから、時給に換算したらいくらなんでしょうね〜?厚生労働省も黙っていられない現状かと思われます(笑)。母親には「仕事以外やることないん?趣味とか?」と言われる始末です...。

では今日の一枚。相変わらず買っているカナダ物から、Pat Herveyなる女性シンガーの70年代の物と思われるアルバム『Peaceful』です。この人についてはよく知りません。全体的には割と地味〜な作品なのですが、冒頭の「Any Day Now」という曲がなかなか良いのです。Alice Clarkも真っ青!になるまでにはいかない(笑)、ノーザン系のフリーソウルナンバーでフロアでもそれなりにウケそうなナンバーです。これからクラシックにします。

それはそうと、カナダ物は数人、取引のあるディーラーがいるのですが、これを買ったディーラーのレコードは決まってシール・テープ類がこれでもかってくらいベタ貼りしてあるのと、闇金も腰を抜かす膨大な送料に悩まされています。送料なんか一回でレア盤軽く一枚買えるレベルの悪徳さ。仕方ないですね...。

テーマ : おすすめ音楽♪ - ジャンル : 音楽

The Ambassador College Band / Spread Some Sunshine

Ambassador College Band

昨日のF1日本GP。やりましたね、小林可夢偉。母国で見事3位表彰台!これ、並大抵のコトじゃないです。長年F1観てますが、久しぶりに鳥肌立ちました。最後の数周なんか抜かれるんじゃないかと、まともに観てられませんでした。今年はザウバーチームかなり調子良いですが、それにしてもトップチームの車でもないのに3位なんて、本当に素晴らしいです。

では今日の一枚。テキサスの宗教系大学(らしい)のバンド、The Ambassador College Bandと、大所帯のコーラスグループ、New World Singersが、1974年に吹き込んだ傑作盤『Spread Some Sunshine』です。裏ジャケにメンバーの写真がいくつか載っておりますが、ちょびヒゲのおっさんは顧問でしょうか?教授だけどメンバーなんでしょうか?内容的にはジャズ〜ソフトロックをやっていて、全体的にもなかなか良いのですが、白眉はフリーソウル的な「Smile Upon Your Brother」という曲。リードボーカルを取る、Pam Reddの甘く美しい歌声、メロディー、しっかりとツボを押さえた演奏が最高です。

最近、レコード買ってます(笑)!

テーマ : おすすめ音楽♪ - ジャンル : 音楽

Marcia Hines / Jumpin' Jack Flash - You Gotta Let Go

marcia hines

どうも、こんにちわ。世間的には連休最終日ですね。ボク的には連勤最終日です。何だか本格的に暑いし、明日は一日休みにして遊ぼうと思います!cafe SOURCE・たいきさんが、韓国焼肉トントンをオープンさせたので行きたいっすー。先日、誘われてたのに仕事で行けなかったし〜。

では今日の一枚。昔からフリーソウルの定番中の定番、オーストラリアの女性シンガー、Marcia Hinesが1975年にリリースしたアルバムから2曲をカットした7インチです。LPは普通に出回ってますが、7インチはオーストラリア盤とこのイタリア盤とも貴重で、なかなか見かけない気がします。そしてボクはやっぱりジャケ付きに惹かれてしまいます。内容はもう説明不要かもしれませんね。聴いたことない方はレッツ試聴!最高です。いまだに『la moda』でもかかってたりします。...まぁボクがかけるんですけど。

テーマ : おすすめ音楽♪ - ジャンル : 音楽

The Minits / Still A Part of Me

minits

どうも。6月もあっという間に半分、いや2/3が過ぎようとしています。蒸し暑い毎日になってきました。EURO2012を観たいのですが、地上波よ、全然試合放送してないじゃないのー!!ちょっとちょっとぉー。とりあえずEUROのサイトのライブで更新される試合のテキストを見ながら仕事したりしてますが、いかんせん臨場感がない、です(笑)。

では今日の一枚。メンフィスのレーベルにシングルを3枚残しただけで消えた、The Minitsなる女性3人組ソウルグループの1973年の7インチです。南部ながらSupremesのフォロワー的なノーザンサウンド全開で、この「Still A Part of Me」もキャッチーなイントロのホーンに、メロディーも最高なノーザン/フリーソウルの名曲です。明け方系の素晴らしい一曲ですね。大好きです。

テーマ : おすすめ音楽♪ - ジャンル : 音楽

Tony Sherman / Sing with Me

tony sherman

みなさん、こんばんは。yo☆ssyです。先日、コンピとミックスCDを久しぶりに作る、と宣言してしまったところ予想外の反響があって嬉しい限りです。最近、イベントをしていても昔より音楽聴きに来てる人少ないんじゃないかなぁ...と思ってしまってましたが、たとえ少なかろうとこうしてちゃんと反応してくれるのは素直に嬉しいです。ちなみにボク自身、人からもらったCDをよく聴いてます。最近はsambou-mambou氏からだいぶん前にもらった『S・M』というコンピがお気に入りです(笑)。

では今日の一枚。今日のイベントにも持っていこうと思っているフリーソウルな一枚。オランダのソウルシンガー、Tony Shermanが1975年に残した7インチ『Sing with Me』。一聴しただけで一緒に歌えてしまいそうな、キャッチーなサビが最高なタイトル曲がいいですね!ちなみにボクの持ってるのはスペイン盤です。フリーソウルなレコードを買い始めて10年くらい経ちますが、いまだに好きです、フリーソウル。

テーマ : おすすめ音楽♪ - ジャンル : 音楽

Joan Baez / Blue Sky - Dida

joan baez

みなさん、こんばんは。yo☆ssyです。ここ最近、イベントから帰る度に思うのですが、何故か生傷が絶えません。今月も『la moda』の後、帰ってみたら右腕に割とハッキリとスリキズが…。イベント中、一体何をしているんでしょう。先月もおデコに傷があったしなぁ…。謎だなぁ…。

では今日の一枚。フリーソウル大定番、Joan Baezの「Dida」を収録した7インチです。この曲が入っているレコード自体は、特にめずらしくはないのですが、PS付きはスペイン盤のみかと思われます。コレとかコレみたいに、何かそういうの好きです。跳ねたボサ調のリズムに、イントロからフルート+ギターのアンサンブルも最高です。そして「ディ~ダ~」としか歌ってないのに、何故か惹き込まれる魔法のような一曲。やっぱこういうのはいつまで経っても色褪せませんね。誰かフリーソウルなイベントしませんか~?

テーマ : おすすめ音楽♪ - ジャンル : 音楽

The Globetrotters / Did One Extra For The Coach

globetrotters


みなさん、こんばんは。yo☆ssyです。先日『Beaa Beaa Black Sheep』にお越し頂いたみなさま、ありがとうございました。日曜で、しかも台風の夜なのに、あんなにいっぱいの人が集まるイベント、スゴいと思います。内容もバンド・dj共に充実していたのではないでしょうか?次回は夏頃に本チャンの『Midnight Cowboy』があるそうですよ~。

いよいよ今日からNBAのファイナルなんで、本日はこんな一枚を。アメリカのバスケ・アニメ『The Globetrotters』のLPです。このLPといえば、Jackson 5も真っ青なイントロからキャッチーな「Bouncin’ All Over The World」が最高ですね!まさにバウンシンなリズムにつられてご機嫌に跳ねるピアノも良い、ハッピー&ダンサブルなソウル~ポップナンバーです。

ちなみにジャケットはポップアップになっていて、無駄に豪華です(笑)。

テーマ : おすすめ音楽♪ - ジャンル : 音楽