続・黄金の七人 レインボー作戦

[こちらの記事は旧ブログからの転載です]

続・黄金の七人 レインボー作戦


ずっとずっと前に買ったまま放置プレイしてた『黄金の七人』のDVD Boxを今更ながらちょとずつ観てます。この『続・黄金の七人 レインボー作戦』も少し前にやっとこさ観ました。

今回は、南米の独裁者をひと晩だけ誘拐し、7000トンの金塊を盗み出すというお話。レトロなハイテク・マシーンは今回も健在で、前回より多少がんばってる感がウケます。お洒落な泥棒映画=人を殺さないのが前提にあるので、バズーカ砲の弾がボクシング・グローブだったりして笑えます。こーゆーのは良いです。が、舞台が南米に移ってから無駄にスケールが大きくなるのがいただけない。なんか本来のお洒落な感じが徐々に薄くなってしまってちょっと残念。しかも独裁者の将軍が野性味溢れすぎていて、作風からかなり浮いてる気が!?この際、もーちょっとイケメンでもよかったのでわ?と思うのですが...。展開も前作よりは大人しいというか、あまり意外性がないです。でも、そんなのどーでもよく思わせてくれるのがロッサナ・ポデスタ!!泥棒のリーダーである教授の愛人役で、今回は彼女が大活躍しています。前作も素敵なファッションで魅了してましたが、今回はそれ以上に可愛くて綺麗!オープニングの前髪がクリンとはねたヘアスタイルが可愛かったり、金髪にラメってる金のドレス姿もめちゃくちゃヤバイです。そして、将軍を悩殺する場面で三日月をイメージした真っ黒のドレスで「お月様みたいでしょ?」と登場するシーンとか失神モノです。ホント、このドレスは素敵過ぎ。というわけで、間違いなく本作の見所はロッサナ・ポデスタでしょう。それだけでも必見です。ま、映画としても普通に楽しめるレベルだし。


続・黄金の七人 レインボー作戦 -il Grande Colpo dei 7 Uomini D'oro-
1966年 / イタリア
監督:マルコ・ヴィカリオ
出演:ロッサナ・ポデスタ
   フィリップ・ルノワ
   エンリコ・マリア・サレルノ
スポンサーサイト

テーマ : 映画レビュー - ジャンル : 映画

Roberto Pregadio / Alle Tastiere

[こちらの記事は旧ブログからの転載です]

roberto pregadio


ジャンルを問わず、涙なしには聴けない音楽ってあります。そんな雰囲気とメロディーを持った音楽が好きです。無意識に家で聴いていたり、買ってしまうレコードってボクの中ではまさにそれ。今日の一枚はその極地とでも言うべきレコードです...。

イタリアの作曲家、Roberto Pregadioが1974年にPincianaというライブラリー・レーベルに残したアルバム『Alle Tastiere』です。ジャケットは数種類(3種類かな?)あるようですが、プレス時期はどれもさほど変わらないハズです。編成はピアノトリオで、じっくりと聴き入って浸りたい、そんな楽曲が大半を占めます。全ての楽曲が美しいメロディーを持っていて、とにかく胸に沁みますが、個人的なハイライトは鎮静な演奏ながら心を大きく揺さぶる「Moonless Night」。感動に次ぐ感動です。何も言うことはありません。

テーマ : おすすめ音楽♪ - ジャンル : 音楽

5時から7時までのクレオ

[こちらの記事は旧ブログからの転載です]

5時から7時までのクレオ


何日か前にフランス映画の『5時から7時までのクレオ』をDVDで観ました。フレンチポップ・シンガー、クレオが主人公。彼女は体調不良に悩まされていて、もしガンだったら...とマイナス方向ばかりに考えてしまい、いてもたってもいられない様子。病院でガン検査を受けた彼女の結果が出るのは2時間後の午後7時。その5時から7時までの間の彼女の行動を追っていく、ちょっとドキュメンタリータッチな作風です。要所要所で「5時3分から5時10分のクレオ」といったタイトルが出てきて、時間軸も実際の時間と同じように進んでいくあたり、当時としては新しかったのではないかと思います。見所はパリの街をぐるぐる回りながら、そんな彼女のナイーブな心境をよそに、占い師だったり、恋人だったり、作曲家だったり...とにかくいろんな人が割と無神経に接するところでしょうか。先に挙げた作曲家は本作のサントラを手掛けているミシェル・ルグラン本人で、劇中でルグランがピアノを弾きながらコリンヌ・マルシャンとデュエットするシーンも観ることができます。これが何とも素敵です。ルグランだけぢゃなく、ゴダールやアンナ・カリーナも出演してました。死への恐怖に怯える主人公の心情を描写したシーンがあるかと思えば、パリの街並やファッション等ポップな雰囲気も多分に楽しめて、そのバランスが何とも言えません。とてもお気に入りの作品とはならなかったものの、普通に楽しめる映画だと思います。


5時から7時までのクレオ -Cleo de 5 a 7-
1961年 / フランス
監督:アニエス・ヴァルダ
出演:コリンヌ・マルシャン
   アントワーヌ・ブルセイエ

テーマ : 映画レビュー - ジャンル : 映画

Derboukas / Kif-Kif - Camel Bossa

[こちらの記事は旧ブログからの転載です]

derboukas


今朝、yotturn☆から電話がかかってきて、急遽11/22のイベント『Swing up!』に出演させてもらうことになりました。声をかけてくれたyotturn☆、主催のyamatoさんありがとう。yotturn☆たちと一緒にやるのは『Our Favorite!』以来3年ぶりなのでかなり楽しみです。

では今日の一枚。yo☆ssyさんが鳥取砂丘でらくだに乗って記念に写真を一枚...ではなく、怪しさ満点のアラビアンなジャケが印象的なDerboukasの7インチです。その実態は謎に包まれた匿名バンドですが、演奏のクオリティーの高さから察するにフランスの一流のジャズメンが集っているのではないかと思われます。注目はフランス産ジャズボッサの最高峰(の中の最高峰)「Camel Bossa」。ジャケのイメージ通りアラビア音階で迫るテーマフレーズに、それをクールに盛り上げるスリリングな演奏がとにかくヤバい!特に中盤、リズムが変わる展開とか本気でシビれます。曲調の唯一無二さを差し置いても、こんなに渋くてキラーな楽曲、滅多なことでは巡り逢うことはできません。「キラー」とか「ヤバい」とか、そんな言葉をいくつ並べても足りないんじゃなぃかと思われます。

テーマ : おすすめ音楽♪ - ジャンル : 音楽

Cinema Suite .01

[こちらの記事は旧ブログからの転載です]

cinema suite .01


鳥取に帰郷後、荷物も全て届き、せっせと片付けにいそしんでおります。荷造りして発送するのもヘビーだったけど、割と片付けも嫌になってます(笑)。物が全て部屋に納まるとは到底思えないです。とりあえずオーディオ関係はセットしたので快適に音楽は聴けますけど...。

その大量の荷物を片付けがてら、お部屋の掃除もしてたら4年前に作ったミックステープのマスターを発見!テープなのが何となく良いです。昔作った物とか基本的に全く聴かないけれど、これだけはめずらしくお気に入りです。ミックスとかも今に比べたら部分部分しかしていないのですが、そーゆーのは抜きにして、選曲だったり流れが今の自分の原点な感じです。


Cinema Suite .01 mixed by Naoto Yoshimura

Scene-1
01. Dudley Moore / Bedazzled
02. Marco di Marco / Take Off - Nicola Conte 'Campi's Idea' Version
03. Gerardo Frisina / Bluesanova
04. Bobby Cole / A Change of Scene
05. Judy Roberts / Last Tango In Paris
06. Astor Piazzolla / Vuelvo al Sur - Koop Remix
07. Sahib Shihab and The Danish Radio Jazz Group / Harvey's Tune
08. Paolo Fedreghini / Please Don't Leave - The Midnight Mood Session
09. St Germain / So Flute
10. Mini Groove Orchestra / La Monostereologie part 1
11. Michel Legrand / Chanson des Jumelles

Scene-2
01. Skalpel / Theme From 'Behind The Curtain'
02. United Future Organization / No Problem
03. Guido Pistocchi / Hurry To Me
04. Piero Piccioni / Aspetto Ancora Un Giorno
05. The Matthew Herbert Big Band / Singing In The Rain
06. Daedelus / Girls
07. Five Deez / Latitude - Nujabes Remix
08. Philippe Sarde / Getz O Mania
09. The Five Corners Quintet / Three Corners
10. akiko / Old Fisherman's Daughter

テーマ : おすすめ音楽♪ - ジャンル : 音楽