奈良の大仏よろしくな格好で仮眠とるDJ

昨夜はロック・クライムに行ってまいりました。
行くまでにダラダラとしてしまって、
結局Luz69に着いたのは12時まわっていたでしょうか。

着いたら、村瀬先生のDJがいつもよりノリノリな気がしました。
気がしましたというか、ノリノリでした。
とにかく楽しそうにダンシングでした。
時々繰り出されるあの踊りはオリジナルなんだろーかいつも気になります。笑
一回目のDJが終わった後、
ブース内で奈良の大仏よろしくな格好で仮眠を取っておられましたが、
その後、復活して再びダンシングDJでした。おそるべし!笑
前回から参戦のあくびちゃんのDJは今回も格好良かったです。
ボクなんかより全然格好良い!
Limp Bizkitもちゃんとかけてくれましたー。いぇい!

CD-JオンリーのDJを見て、もっさまと時代の移り変わりについて語る(約15秒)。
ちなみにふたりともほぼアナログオンリーの非文明人。笑
そんな脇をほぼPCオンリーの文明人、ジャン氏が通るが、
かなり酔っていたらしく、割と足早に帰る。
ともちにPeeba4月号をチラつかせられる。
ともちが持参した大量の枝豆を食べようと思うも、
枝豆の山と思っていたお皿に乗っていたのは
全て枝豆のカラという事実が判明して、若干ショックを受ける。
残っていた2つをひもじく食べる。
geruguguちゃんと共通の知り合いの話や、
性格さっぱり度高めな話題で盛り上がる(意味不明)。
池ポンさんにショートのグラスホッパーを作ってもらって、
久しぶりに飲んでご満悦になるyo☆ssy。
ただちょーしに乗りすぎて(まぁちょーしに乗ってるのはいつもなんですが...)、
その後もいろいろグビグビ飲んで若干しんどくなる。

そんな感じで結局4時くらいまでオジャマしてしまいました。
今回も楽しかったです。来月もたのしみでぇーす。
ちなみにいつもイベントの日って天気悪い気がします。
が、翌朝は決まって天気が良いので気持ちいぃです。
来週は久々のレツメニがありますねー。
こちらもちょこっとオジャマさせてもらう予定です。
それではみなさまごきげんよう。
スポンサーサイト

テーマ : 日記 - ジャンル : 日記

Maria Grazia Buccella / Dove Vai Tutta Nuda?

maria grazia buccella


みなさん、こんばんわ。yo☆ssyです。今朝も雪が降っていたようで、全く一気に春っぽくなりませんね。そんな寒さとは関係なく、いつもアツいロック・クライム、明日ありますね。ちょことオジャマする予定です。「CHE.R.RY」かかるかなー。かけてほしいなー。いい加減「CHE.R.RY」ばっかりリクエストし過ぎとか言われそうです。最近、改めて音楽っていぃなってすごい思うし、救われます。

さて久しぶりに音楽レビュりましょう。今日は大好きなイタリアのサントラからコレ。Pasquale Festa Campanile監督が1969年に手掛けたイタリア映画『Dove Vai Tutta Nuda?』です。主演はミラノ出身の女優、Maria Grazia Buccellaで、本盤も彼女名義の7インチとなっています。御大Armando Trovajoli先生が楽曲を手掛けていて、豪快なジャズ演奏に男性コーラスと彼女のセクシー風ボーカルの掛け合いも楽しくて良い感じ~。ジャケットのデザインも素敵で好きなんですが、某ミックスCDでデザインを拝借したとかしていないとか...。真相は如何に?ちなみにこの7インチ、ジャケとは背景違いのポスターが付いていました。

テーマ : おすすめ音楽♪ - ジャンル : 音楽

まどりがる

もぅすぐ4月。
なので春もそこまできてるハズ。
そろそろさくらのつぼみもふくらんでんのかなぁ、なんて思いきや、
あーた、雪が降ってるぢゃなぃスか...。
雪ですよ、雪...。雪て!
まぁ春を目前にしてこれだけ荒れたんですから、
これから一気に春っぽくなるんぢゃなぃかと踏んでいます。
(別に気象予報士を目指しているワケではありません。笑)
そぅ、しんどいコトがあった後は、きっといぃコトがあるのと同じように...。

みんなそれぞれに苦しんでる。
自分よりもっと苦しんでる人がいる。
今日教えてもらった歌がリアルに胸に沁みる。

テーマ : ひとりごと - ジャンル : 日記

めがねを買っためがねフェチ

めがね


こんにちわ。yo☆ssyです。
先日『Love Grows』にお越し頂いたみなさま、ありがとうございました。
予想通りロックン・ロールな夜になったかと思います。
来月はラウンジーな雰囲気でやるらしいですので、
ゆったりまったりな感じだと思います。
入場もフリーらしいので、気軽に遊びに来てくださいませ~。

さて、今回のイベントの前の食事で発覚したyo☆ssyさんのフェチの件。
ジャン氏に「yo☆ssy、何かフェチとかある~?」と聞かれて、
「めがねの似合うキツい感じの女の子!」と答えると、
「例えばどんな感じ?」と聞かれ、
「めがねをかけた時の木下優樹菜ちゃん!」と即答!
どんな感じも、こんな感じも、的を絞り過ぎな回答に何故か笑われました。
そして翌日、ジャン氏を通じてmicaさんから
めがねをかけた木下優樹菜の動画が送られてきました。
他にも「ギャル系と清楚な感じの女の子どっちが好き?」と聞かれ、
自信を持って「清楚な感じの子」と答えたんですが、
ともちに「土屋アンナが好きなクセに」とツッコまれ、
即刻「清楚な感じの子」が好きというのは虚言だったことに気づかされました(笑)。

さて、そんなyo☆ssyさん、めがね(とりあえずフレームのみ)を買ってしまいましたー。
もぅ十数年コンタクトのクセに、なぜかめがねを持っていなかったアタシ。
一番の原因は似合わないから、という単純な理由でして、
おもいっきり敬遠してたんですけど、思い切って購入。
まぁ似合うかどーかはさておき、好みのめがねを買えて良かったです。
フレームの色も黒っぽい紫で好きな色ですし。
というわけで、今日はこれからレンズを作りに行こうと思います。
それでは。

テーマ : GUCCI(グッチ) - ジャンル : ファッション・ブランド

la moda .01

la moda .01


みなさん、こんばんわ。yo☆ssyです。
きてますねー、春。
今日なんか暖かいを通り越して暑かったです。
どんとこい、春です。

さて、今週のイベントで配布するコンピCDが完成しました。
先日ちょこっとお伝えした通り、春っぽい選曲にしてみました(春ではなぃ曲もありますが...)。
ソフトロック、ボサノバを中心に、ジャズとロックもちょこっと。
やわらか~い雰囲気で、心ウキウキワクワクする感じに仕上がりました。
作ってからチェックを兼ね何度も聴きましたが、
今のところ飽きていないので、内容に関してはおおかた大丈夫かと(笑)。
先日、うちのオカンの車を借りた時にこのCDをそのまま車に置き忘れていて、
それをオカンが聴いていたらしいのですが、
ロジャニコ、カーペンターズど真ん中・リアルタイム世代のオカンからも、
「アンタにしては良かった」と、褒められてんだかけなされてんだかよくわからない
賛辞を頂きましたので、世代を問わず聴けるコンピになったかと思います。
ただ、翌日車に乗ったらBGMがあっさりとFMラジオになってたんですが...(爆)。
まぁそんなもんです。
ちなみに今回のジャケットはちょっち豪華な(のか?)、紙ジャケ仕様にしてみました。
物として可愛い感じを狙ってみてる辺り、yo☆ssyさんのヤラしさが見え隠れしますね~。ニャハ
今後も気まぐれにシリーズ化していこうと思います。
というわけで、ぜひイベントに足を運んでみてください~。
遠方の方でどーしてもという方は(いるのか、そんな人?)、
いつも通りコチラから気軽にお問い合わせくださいねー。余っていたらお裾分けします。


la moda .01 compiled by Naoto Yoshimura

01. Intro
02. Pajaro Sunrise / Automatic
03. 原田知世 / きみとぼく
04. Club 8 / Whatever you want
05. Paul Louka / Je Suis Venu
06. Arnoldo Medeiros / Esqueca
07. Os Autenticos / Eu e a Primavera
08. Shiloh Morning / Talk It Over In The Morning
09. Roger Nichols & The Small Circle of Friends / The Drifter
10. Brent Cash / Only Time
11. Spiral Starecase / No One For Me To Turn To
12. Sophia Loren / There Is a Star...
13. Zerosospiro / Conversazione
14. Jonny Teupen / Reservado
15. Ennio Morricone / Belinda May
16. Martine Sarri / Samba Bossa-Nova
17. Patty Pravo / Metti Una Sera a Cena
18. Jean Pierre Fouquey / Chorale

テーマ : おすすめ音楽♪ - ジャンル : 音楽

今日はちょっぴりマジメです

どーもこんばんわ。yo☆ssyです。
またまた更新が空いてしまいました。
えーっと、いつもどーでもいぃコトばかり書いてますが、
今日はなんとなくちょっぴりマジメに書こうと心に決めました(今のところ...笑)。
時折ひとりでアツくなっちゃってるかもしれませんが、
どーぞ冷ややかな目で見ないで下さいね。

ブログをいつも観て頂いている方、
いつも仲良くしてもらっているお友達には薄々感づかれているかもしれませんが、
基本、ゆるい人です、ハィ。
なのですが、そんなボクでも自分なりに譲れないものがあったりもします。
今回は突然の決意表明をしてみました。
無駄に意気込んでます(何に?笑)。
もっとも当たり前なコトばかりなので、そんなコトを書いてること自体
ぬるいかもしれないですけど、当たり前のコトが難しかったりもしますよね...?

ではいきましょう。

- - - - - - - - -

その一、常に一生懸命やる。

仕事でも、遊びでもこれは大切です。
常に完全燃焼したいのです。
気を抜くと、ついある程度のレベルでダラダラとやってしまいがちな性格なので、
これは常に心に置いております。
そぅ特にイべントだったり、お客さん相手のコトに関しては当然手抜きなんかできません。
来てくれた人が次回来なくなるのは簡単なコトだけど、
また来てくれたり、来たコトのない人が初めて踏み入れたりしてくれるコトって、
とても大きなコトで、ありがたいコトです。
誰しも何かしら思って来てくれてるワケだから、
こっちは一生懸命やって初めてスタートラインなワケです。
そっから何かを伝えるのは、それ以上の何かが必要であって、
それ以上の何かをプレゼントできてこそ一人前でしょう。


その二、自分のためにやる。

自分のためにやるってなんだか傲慢で自己満足な感じですけど、
あながちそーでもないと思います。
他人のためって、言葉の響きは良いけれど、
逆に言えば責任感と危機感がないって聞こえるのは、
yo☆ssyがひねくれてるからでしょうか(笑)?
でも、自分に全部降りかかってくると思えば、
必然的に必死になれるし、中途半端なコトはできないハズ。
ので、自分に関わるコトは全て自分のため、と思うようにしてます。


その三、大げさなまでにアピール。

シャイで人見知りがちなアタシ。
ストレートに表現したりするのってニガテなコトも多々ありますが、
アプローチの方法はいくらでもあるハズです。
↑別に恋愛相談をしているワケではありません(笑)。
DJで言えば、ミックスCDひとつ作るのでも、
内容はもちろんのこと、ビジュアルも納得がいくようにしたいワケです。
コストと時間と労力がかかるのは当然でしょう。
ただ、そこまでやって、やっぱりスタートラインなワケです(本日二度目。笑)。
ジャケットのないCDなんて誰も聴きません。
テキトーに作ったCDなんて、失礼以外のなにものでもありません。
作り手は大げさなくらいやってちょーどいぃ。
暑苦しいくらいやって適温なハズです。
これでもかってくらいやれば少しは興味を持ってもらえるかもしれないので、
その可能性を自ら潰すバカなマネはしたくないものです。

- - - - - - - - -

こんなコト、おそらく書くコトぢゃなぃし、
自分の心に秘めておけばいぃ話なんでしょうけど、
先日、ふとしたコトからそんなコトを思いましたので
ちょっと綴ってみました。

まぁ人それぞれ考え方はあると思いますが、
yo☆ssyさんはそんなスタンスで日々生きております。

さてそんなyo☆ssyさん、今月もイベント出ます(と言うか今週)!
みなさま奮って遊びに来てくださいー。
散々、厚かましいコト言ってますが、
基本、楽しいのが主ですので、堅苦しいコト抜きで楽しみましょう。
まぁ↑の決意表明は、楽しむための最低限のエッセンスってコトです。

love grows 20090320

今回はRock Crimeの村瀬さんも参戦です。いぇーい。
ロックな夜になるでしょう。
アタシひとりポップン・ロールかもしれません(笑)。
エントランスで2枚CDがもらえますが、
そのうちの1枚はyo☆ssyがコンピ作りました。
詳細については次の更新でアップしようと思います。
「あ、何かコレ春っぽいよね!」をテーマに、
ソフトロック~ボサノバな感じに仕上がりました。
ボクの仕事にしては割といぃ出来映えです(自虐的に自画自賛。笑)。
でわでわどーぞよろしくー。

『Love Grows』
on:2009.3.20 (Fri.) 21:00 open
at:Luz69
fee:1,000yen (with 1drink & 2CD)
djs:jyan、村瀬謙介、yo☆ssy

テーマ : ひとりごと - ジャンル : 日記

泣きたいときのクスリ

泣きたいときのクスリ


みなさん、こんばんわ。すっかりブログのサボり癖も板に付いてきたyo☆ssyです。いやいや、がんばって更新しますよ~。今にはじまったことぢゃなぃのですが、天候が悪くなると途端にネットが頻繁に切断されるのはうちだけなのでしょうか?てか、そんなの聞いたことないし...。今も雨&風が激しくなった途端、全く何の踏ん張りもなくつながらなくなりました。気まぐれもいぃところです。おまけにmacもだいぶん遅いですし。買い替え時でしょうか?あー、見たらまたいろいろと欲しくなってしまいそうです。まぁ見るんでしょうけど(笑)。

さてさて、少し日が経ってしまいましたが、先週末、久しぶりに映画館で映画を観てきました。『泣きたいときのクスリ』。あくせくした日々の生活の中で、泣くことができないオトナの為の映画。割と何でもない類いのストーリー(日常的で、大きな事件があるわけではない、という意味で)でしたが、「何かいぃな」と心がちょとだけ温まる感じの作品でした。いろいろな理由で泣けない人たちが、電車の中で人目をはばからず大泣きしている中年の男性を見たことをきっかけに、最後にはみんな泣くことができて、ひっかかっていた何かにとらわれることなく生きていける、というストーリー。うん、たしかに歳を重ねるに連れて、子供の頃よりも感受性は鈍くなり、色々なわだかまりもあったりで、泣くって機会が少なくなっていきますからね。別に「泣く」に限らず、喜んだり、楽しんだり...そんな感情もどこか素直ぢゃなくなっていってるのかもしれません。「泣きたいときは、泣いていぃ」というストレートな主題ながら、もっとシンプルに感情のままに生きることって大切だしいぃなと思いました。

そーいえばこの作品、戸田菜穂さん(めっちゃ綺麗!)と遠藤憲一さん(大好き!)が出演してるんですけど、以前このふたりが共演してた『女はバス停で服を着替えた』という映画をご存知の方おられるでしょうか?B級といえばB級映画、でもなんか好きなんですよね~。久々にこれも観たくなりました。DVD買おうかな...。


泣きたいときのクスリ
2008年 / 日本
監督:福島三郎
出演:大東俊介、戸田菜穂
   遠藤憲一、袴田吉彦
   佐津川愛美、北浦愛

テーマ : 映画レビュー - ジャンル : 映画

Les A3 / O Jesus Christe

les a3


みなさん、こんにちわ。放置プレイ万歳のよっしーブログへようこそ。更新をサボっている間に3月になっていました。そーいえば先日...たしか日曜だったと思うんですけど、かなり気持ちの良い気候の午前の日がありました。なんだか春っぽくて気分もいぃなぁとか思ってたら、今日は思いっきり雪とか降ってるし。やっぱそーだよね、そーゆーことだよねとか思いつつ、このネタも2回目です(笑)。

では今日の一枚。通称・逆ドリカム状態(笑)な、女2人に男1人のフランスのグループ、Les A3の7インチです。タイトル曲の「O Jesus Christe」は、イントロのエフェクトがかった「ラララ~」から独特の空気感があって何か妙に惹かれます。ボーカルのパートがやたらソウルフルだし、演奏もビートが効いてて格好良いです。フレシェッツやパリジェンヌ等、60~70年代にいくつか存在した、仏のボーカル・グループの中でも個人的には一番好きかも~。ちなみにコレ、友達の***nanaちゃんから教えてもらったレコードで、少し前にめでたく買うことができました。



と、嬉しくて最近コレばっかり聴いていたら...

sweet arbeltine


そんな***nanaちゃんから本日サプライズ・プレゼントが!手作りパッケージもめちゃくちゃ素敵なスウィーツを頂いてしまいましたー。先日送ったミックスCDのお礼って...、いやいや、こっちがさらにお礼をしないといけない程、もぅいちいちに(笑)素敵過ぎです。ありがとう☆ナンダカンダで3年くらい会っていないので、いつか再会できる日を楽しみにしてまーす。

テーマ : おすすめ音楽♪ - ジャンル : 音楽