montparnasse 20130928 chapitre 02

3週間振りくらいに体調が「超絶悪い」から
「少し悪い」くらいになりました。
その間、ホント忙しくていっそのこと
倒れてしまおうかと思いましたが(笑)、
ボクの足がそうさせてはくれず
お熱も相まって、ぼんやり立ってました。

歳のせいなのか、本当にどこかカラダが悪いのか
疲れが取れないし、とりあえずシャキッとしません。

で、気付けば月末に向かっておりまして、
今月は唯一のイベント『montparnasse』があります。
montparnasse 02 f

『montparnasse 20130928 - chapitre 02』

on:2013.09.28 (Sat.) 20:00 start
at:Strawberry Fields
adv.:1,500yen (w/1d+food) / door:2,000yen (w/1d+food)
*featuring dj… DJ namy!
*live act… Long Tall Sally, Wood Stock, mebae feat. air boss
*djs… yo☆ssy, いえきんぐ, yocchy, marinos
*photographer… ナタリー
*foods… はるぴん (cafe nee)

*ticket info…
・TRUNK » 0857-25-5527 / http://trunk-shop.com
・Carnelian Records » http://carnelian-records.com
・la moda » http://lamoda2.blog14.fc2.com/

2月に開催した1回目同様、
音楽とごはんとお酒と写真っていう
盛り沢山な内容でお送りしようと思ってます。

ライブはLong Tall SallyとWood Stockのレギュラーに加え、
モンパルナス初登場のmebaeさんの
アコースティックライブも要注目。
しかも、このライブにはairのオーナーさんを
フィーチャーして、スペシャルなライブになりそうです。

DJは前回のメンバー+marinosくんが参戦。
いつものハウスだけじゃない、おもしろい感じを
アバウトにリクエストしておいたので、個人的にも楽しみです。

さらに今回のイベントのメインである
nana*さんとyumyちゃんの小動物DJユニット、
DJ namy!のミックスCD『WAGGLE YOUR BACK!!!』の
リリースパーティーを兼ねてまして
この日のモンパルナスがCDのリリース日となっております。
namy CD f

ちなみにこのCD、ヴィジュアル面で微力ながら
少しお手伝いさせて頂きまして、
徐々に完成に向かっていく感じが
自分のことのように嬉しく思っておる今日この頃です。
実際に今日、9割くらいお仕事を終え、
感極まって3秒くらい目頭がアツくなりましたが、
男泣きは当日まで取っておこうと思います。
(まぁ何でオマエが泣いてるんや?って話ですが...(笑)。)

CDの帯には、鳥取で活躍するDJさんたちの
絶賛コメントも載ってますよ!
ボクも拙文ながら寄稿させて頂きました。

彼女たちの色がしっかりと出た楽しいミックスに
なってますので、オススメでございます。
しかも、ワンコイン500円で買える上に、
何やらオマケまで付いてくるらしいです。

話をイベントに戻しまして、
ごはん部門はcafe neeのはるぴんが協力してくれまして、
タコスとポトフを出してくれます。
これは入場時に配布されるフードチケットで
どちらか頂けますので、お得です。

お酒部門は前回に続きワインを2種ご用意しました。
もちろんどちらもフランス産のワイン。
誰にも言ってないですが、既に仕入れて寝かせてます(笑)。
ひとつはボルドーのカベルネとメルローのブレンド、
もうひとつはピノ・ノワールです。
前回、意外にも好評だったので、今回も調子に乗ってます!

最後に写真部門。
今回はフォトグラファーのナタリーちゃんが
会場のラウンジスペースに写真を展示してくれます。
過去の写真を数点見せてもらいましたが、素敵です。

楽しいイベントになるよう出演者、
スタッフ一同がんばりますので、
ぜひ気軽に遊びに来て下さい。

みんなで乾杯しましょう!

montparnasse 02 i

http://montparnasse-jp.tumblr.com
スポンサーサイト

テーマ : LIVE、イベント - ジャンル : 音楽

スウェプト・アウェイ

昨日の『流されて』に続いてリメイク版。
2002年に公開された『スウェプト・アウェイ』です。

主演はマドンナ。監督は当時結婚していたガイ・リッチー。
当時、ラジー賞を取っていたことを強烈に覚えています。
というか、マドンナの映画ってたいがい不評ですよね。

基本的に『流されて』に忠実にリメイクしています。

スウェプト・アウェイ 1

ボートが故障し、無人島へ到着。
アドリアーノ・ジャンニーニ演じる使用人と
マドンナの立場が逆転し、言いなりになる。

スウェプト・アウェイ 2

ただ、ここでオリジナルと違うのは
マドンナのPVよろしくなダンスシーンが
微妙に入り込んでくるのです(笑)。

まぁ全体の評価が低いのは分かりますが、
ボクはこういう愛すべき駄作は嫌いじゃないです。

あと、救助されてからの展開がオリジナルとは
ちょっと違うのも見所です。

ちなみにこちらのサントラは
ミシェル・コロンビエが手掛けております。
オリジナルもリメイクも一番良いのは音楽ってことです。

何故か突如『流されて』祭りでした。
ありがとうございました。

テーマ : 洋画 - ジャンル : 映画

流されて

どーも、こんばんは。
お馴染みの風邪に侵されています。
ただでさえ、カラダの疲れが取れず
年中重い感じなのに、節々まで痛いのでまいります。

少し前ですが、映画『流されて』を観ました。
得意のGyao!です。

流されて 1

上流階級の夫人が、船でバカンスを楽しんでいて、
酷い扱いで使用人に暴言を吐いていて、ワガママ三昧。
挙句の果てには船から離れた
洞窟で泳ぎたいと言い出し、
ジャンカルロ・ジャンニーニ演じる使用人と
ボートで洞窟まで行こうとするのですが、
ボートが故障(笑)。
無人島に漂着。

そこから一気に関係性が変わっていく...という内容です。

流されて 2

はっきり言って、夫人も使用人にも
感情移入できませんし、若干嫌悪感を覚えます。

無人島に着いてから、立場が変わってからの
感情の変化も、イマイチ理解し難いです。

ただ、後半の救助の船が来たあたりの
ふたりの心情、葛藤がおもしろかったですね。
あとは救助後の選択とか。

ちなみに音楽はピエロ・ピッチオーニ先生が務めていて、
この作品の中で一番良かった点が音楽です。

そういえば、夫人を演じた
マリアンジェラ・メラートは今年亡くなっておられました。

そんな感じで次回はリメイクver.をレビューしたいと思います。

テーマ : 洋画 - ジャンル : 映画

カナタトクラス / 遠景小唄集 2

カナタトクラス

どうも、こんばんは。今日は時間的にも金銭的にも無駄に浪費してしまって、残念な一日でした。どうせならどちらも有意義に遣いたいですよね。お金はまぁ取り戻せますが、時間は絶対に取り戻せないですし...。教訓として明日から生活したいと思います。そして風邪気味でしんどいです。

では今日の一枚。タイプは違いますが、昨年、日本のインディーズで禁断の多数決と並び、ボクの中でヒットだったカナタトクラスの3枚目のCDです。4曲入りで、1曲目の「風物詩」から彼ら独特の節が炸裂していて良いです。4曲目の「渚にはきみだけ」はビートもしっかり打ってあって、こちらもかなり良い感じ。そろそろアルバムも待望してます!

テーマ : おすすめ音楽♪ - ジャンル : 音楽

もろっかんおいる

みなさん、こんばんは。yo☆ssyです。

当ブログでシャンプーとかアップしてると
決まってDJ恐山(aka あおきくん)からツッコまれますが、
逆にこう言っておくと、彼の性格上
ツッコんでこないハズなので、前置きしておきます。

ということで、新しいシャンプーが仲間入りしました。
モロッカンオイル

モロッカンオイル。

以前、一時期使っていたんですけど、
思い出したかのように現役復帰。
匂いが好きなんですよね。

毎日、気分によっていろいろ使い分けてます。

http://www.moroccanoil.tv

テーマ : ヘアケア - ジャンル : ヘルス・ダイエット

10 vini

どうも、yo☆ssyです。
台風に大雨に竜巻に散々な初秋です。
気候がおかし過ぎますね。

先週末、仕事帰りにゴハンを食べに
お馴染みコルクさんに行ってきました。

だいたい、コルクが一軒目の時は
スパークリングか、キリッとした白か
おかまいなくビールではじめて
喉を開かせることが多いのですが、
先週はマスターからワイン10種どうですか?と
ご提案頂いたので、言われるがままおまかせしました。

コルク 20130831

ズラッと10種類+デザートワイン。
多分、総量1本分はあるでしょうね。

...他のお客さんの視線の集まりようよ(笑)。

左から順に泡モノ→白→赤と飲んでいったワケですが、
ぶどうはぶどうなのに、ホント個性がいろいろあって楽しめました。

赤も美味しいチリのテラ・ノーブレの白が美味しかったです。
コスト・パフォーマンス高し。

10月に周年パーティーがあって、
とりあえず予約してしまいました。
1920年代のワインが飲めるらしいです。
ワクワク♪

イタリアのカベルネ、ポッジョ・レ・ヴォルピを
再び買って帰りました。
これもまたコスト・パフォーマンス高し。

テーマ : ワイン - ジャンル : グルメ