2013年ありがとうございました

どうも。2013年も終わりますね。
一年がホントあっという間です。
昨年は仕事運が激悪、今年は健康面が極悪、
来年は生きて返れるかわかりましぇん。

そしてこのブログ、方向性もよく分からなく
なってますが、一応音楽もまだ好きなので、
↓に恒例の今年の10枚+αをアップしましたので、
ご興味がある方は見てやって下さい。
更新してないだけど、レコードそれなりに買ってます。

この年末、いろいろ忘年会がありましたが、
おとといの中学校の同窓会が最高でした。
17年振りとかに会う友達もいて、
本当に懐かしくて、いい時間でした。
みんなそれぞれに大人になっていても、
こうして集まると時間が戻って
当時のバカな会話ばかり飛び交ってました。
親友のフミくんともゆっくり話ができたし、
またいつかやりたいですね〜。

そんな感じで2014年もよろしくお願い致します。

- - - - - - - - -

では今年も10のセクションに分けて
今年買った印象的な物をピックアップしました。
来年もいっぱいレコード買いたいです!

それではどうぞ。

☆各国ディーラーからのオススメ盤。
raul parentella

●Raul Parentella / Hecho a Tu Imagen (LP)

russia disco

●И́горь Петре́нко / Оркестр и Вокальная Группа "ДИСКО" (LP)

radio canada 426

●V.A. / Radio Canada (LM 426) (LP)

アルゼンチン、ロシア、カナダに結構長い付き合いになってきてるディーラーがいるんですけど、その3国からそれぞれ買った中でお気に入りとなったLPたちです。Raul Parentellaはアルゼンチンのメロウグルーヴ、И́горь Петре́нкоはロシアのレア(らしい)ディスコ、Radio Canadaのコンピはジャズやファンクを収録の好盤。外国人と日本人との感覚もあって、ダメなレコもたくさん掴まされますが、こういうのがあるから買ってしまうんですよね。

☆原点回帰?なフレンチ・ブラジリアン。
virginia vee

●Virginia Vee / Le Temps de La Boheme (7")

brazil amor 12

●Brazil Amor / Quando Tu Dancas (12")

レアグルーヴもいいけど、今年はちょっぴり原点回帰してフレンチボサやサンバもちょこっと買いました。その中からこの2枚がわりとマイナーで内容もグッドでした。Virginia Veeはソウルのイメージがありますが、この7インチはボサリズムの迫力満点ジャズで◎ Brazil Amorはスキャット入りのほんのり哀愁サンバで良い感じです。

☆逆輸入?
glauco mazetti

●グロウコ・マゼッティ楽団 / あこがれの人 (7")

もうひとつユーロボサのレコード。イタリアのComplesso Glauco Masettiの日本盤のレコードをイタリア人から買いました。Side-Bの「何故に、何故に (Perche, Perche)」がジャズボサで良いです。

☆ライブもアルバムも最高!
アラビアの禁断の多数決

●禁断の多数決 / アラビアの禁断の多数決 (CD)

12月に観た渋谷WWWでの初ライブが最高だった、禁断の多数決。2ndアルバムの『アラビアの禁断の多数決』は、1stの延長にありながらも、さらにパワーアップしてジャンル的な幅も広がって、聴き応えのある作品になってました。ライブ会場で販売されていたDIY全開のジャケットの限定CDも最高でした!これからも応援します!

宇田川の禁断の多数決

●禁断の多数決 / 宇田川の禁断の多数決 (CD)

☆ライブ観たかった...
young sun nah / lento

●Youn Sun Nah (나윤선) / Lento (LP)

la ong fong 2013

●La Ong Fong / รักไม่มีเบื่อ (CD)

今年来日公演があって、どちらもとても行きたかったんですけど、観れず...。無念。La Ong Fongはそろそろアルバムもリリースしてほしいですが、2014年はどうなんでしょうか?またライブの機会があれば次こそは行きます!

☆HALFBYさんに教えてもらった一枚。
quartetto cetra

●Quartetto Cetra / Stasera Si' (7")

10月に久しぶりにやった『la moda』のゲストで来て頂いた、HALFBY・高橋さんに教えてもらった、イタリアのコーラスグループ、Quartetto Cetraの7インチ。リズムも打ってるし、イタリア独特のメロディーや哀愁感がかなり良い感じです。こんな曲がみんなで合唱できるイベントができたら最高ですね!Quartetto Cetraを知らない人でもこの曲歌ってる〜♪みたいな。

☆「Am I The Same Girl」拝借のラテンソウル。
frankie nieves

●Frankie Nieves / True Love (7")

Barbara Acklinの「Am I The Same Girl」のフレーズをまんま拝借したラテンソウル。お馴染みのフレーズが出てくるのでパーティー受けも抜群。こういうミディアムテンポで踊らせれる曲って、すごい良いですよね。Side-Bにはスペイン語ver.も収録!

☆メロウソウルのレア盤×2!
minits

●The Minits / Still A Part of Me (7")

trumains

●The Trumains / Ripe For The Pickin' (7")

今年買ったレコードの中では高額の部類に入る7インチ2枚。The Minitsの方は昨年買ってたんですけど、一回売ってしまって、今年再度買い直しました。ゆったりめのテンポのメロウソウル、最高です。

☆il Killer!
blue beats

●The Blue Beats / Roarin' (7")

ジャマイカン・ジャズの真髄。これぞキラーでルーディーな7インチ。今年の下半期の一番のディグでした。多分、とってもレアですよね!


という感じの今年のレコードでした。

さよなら2013年〜。
スポンサーサイト

テーマ : おすすめ音楽♪ - ジャンル : 音楽

Domaine Mie Ikeno

どうも、こんばんは。
クリスマスをいかがお過ごしでしょうか?

ちょうどこの素敵なタイミングで、
八ヶ岳のワイナリー、ドメーヌ・ミエイケノさんから買った
ワイン(メルローとシャルドネ)が届きました。
Domaine Mie Ikeno ワイン

11月に注文したのですが、販売初日に買ったにもかかわらず
11月分のピノ・ノワールは売り切れ、
12月販売分も売り切れ、2011年の物は完売したそうです。
おそるべし...。

せっかく届いたのですが、週明けからワタクシ
胃腸の調子がすこぶる悪く、飲めるコンディションじゃなかったんですけど、
せっかくのクリスマスだし、一杯だけメルローを飲みました。
Domaine Mie Ikeno メルロー

日本のワインとは思えないくらいの
かなり上質な赤でした。

Domaine Mie Ikeno シャルドネ

体調を万全にして、こちらのシャルドネも早く飲みたいです。

Domaine Mie Ikeno箱

送られてきたケースもネコちゃん入りで可愛いです。
来年はピノをぜひとも飲みたいです!

http://www.mieikeno.com

テーマ : ワイン - ジャンル : グルメ

宇田川の禁断の多数決 20131212@渋谷WWW

いや~、師走はホント早い。
ブログも全然更新出来てません。
今年も残り僅かですが、明日はクリスマス・イヴ。
うちの職場に飾ってあるツリーのサンタが
かなりキレ気味で可愛いです。
まったくプレゼントとかくれそうにありませんね。
怒りサンタ

さて、先々週になりますが、12/12~14まで
久しぶりに東京に行ってきました。
今回はPCも持って行ってなかったので、
本当に休暇って感じのひと時が送れてよかったです。
(それまでが地獄のようなスケジュールと体調でしたが...)

目的は12/12に渋谷WWWで開催された
禁断の多数決の初ライブ『宇田川の禁断の多数決』。
初ライブらしい初々しいMCもありましたが、
奏でる音はホント完璧で、グルーヴ感やボーカルも絶妙。
ボクは禁断の多数決の音楽に溺愛しているので
評価が甘くなりがちかもしれませんが、
それを差し置いて、客観的に観ても100点でした。
宇田川の禁断の多数決

デコレーションやメイク等、視覚面でも楽しませてくれて、
選曲も、だいたい好きな曲は聴けたし、大満足でした。
今後もたくさんライブやってほしいものです。

- - - - - - - - -

翌日行った、六本木ヒルズでやってた
ドイツ・クリスマス・マーケットも良かったです。
クリスマスマーケット2013

ここ数年は大阪のクリスマス・マーケットに行ってましたが、
東京のクリスマス・マーケットももちろん良し。
軽く飲んだその後入った六本木ヒルズのイタリアンで
元・大関の千代大海さんに遭遇したりもしました。

てか3日間、本当によく飲んでよく食べて、
もはやそれしかしてないんじゃないかって感じですが、
それもまぁ旅の醍醐味ですね。

また休みを作って行きたいと思います。

テーマ : LIVE、イベント - ジャンル : 音楽

サンジョヴェーゼ野郎

どうも。またまた更新できておりません。
仕事もやっと昨日でひと段落して、少し気が抜けております。
毎日朝6時7時まで仕事して3、4時間寝て
また仕事して、という繰り返して
今回ばかりは本当に死ぬるかと思いました。
死ななかった代わりに、肩・首・肩甲骨周辺が
鬼のように凝ってます。ヤバいです。
誰か揉んでください。

気がつけば今年も1ヶ月を切ってます。
11月はイベントがいつもより少し多かったですが、
出演した3つとも内容は良かったです。
(minigrooveの男率だけが反省点です...。笑)
お越し頂いたみなさま、ありがとうございました。

トントンの『Snug!』は、namy!ちゃんやClaraちゃん、
そしてワヤな高校の同級生もたくさん来てくれて、
普段のイベントでは会えないような
メンバーが集ってくれるので良いです。
席もいい感じで埋まって、いい雰囲気でした。

tofubeatsくんがゲストで来鳥した、11/30のDNAのパーティーも
人もたくさん入って、良かったです。
tofuくんとは初対面でしたが、
神戸の話でいろいろと盛り上がりました。
イベント前のレモン+ともち+よっちぃとの
食事も楽しかったです!
お店の名前、やまかん、だっけ...?

今年は残すところ12/20の『LEMON』のみですので、
ぜひみなさま、遊びに来て下さい!
ノエル&ギャラガーのノエルさんがゲストです!

- - - - - - - - -

さて、今日はこの数ヶ月のうちに頂いたワイン特集。
多分、誰も楽しみにしてないと思う、不定期にあるこの企画。
完全に自己満足&忘れない為の記録です。

最近はイタリアのワインを買い込んで、
サンジョヴェーゼばっかり飲んでおります。
果実味は控えめだけど、ギュッと濃縮された
パワフル&どっしりと重い感じで、
あまりハズレがないような気がします。

イタリアの音楽ともすごい似ているというか
感覚的なところなので曖昧ですが、
イタリアはイタリアのスタイルが文化的に通づる感じがします。

ではざっと...
banfi belnero

Banfi Belnero 2010。
トスカーナはモンタルチーノで、近代的な
醸造をしているBanfiのワインです。
長期熟成のためか、煮詰まったジャムのような
香りのする、コスパ高めのワインでした。

lucente

Lucente 2010。
高級ワイン、Luceの2nd(2番搾り?)ワインです。
2ndと言っても、お値段もそこそこしますが、
これも余韻が深く残る感じで、
味わいも独特の深みがあって美味しいです。
Luceもいつか!

tauri

Tauri 2010。
こちらも2ndつながりで、南イタリアを代表する
赤、タウラージの弟分的な一本。
安いですが、なかなか美味しかったです。

san giusto

San Giusto a Rentennano 2008。
ここからはキャンティ・クラシコ。

percarlo

Percarlo。
これもめちゃウマ。

castello di brolio

Castello di Brolio 2010。
そして、ここ最近で一番感動し、
美味し過ぎてついつい飲み過ぎたのが、
このカステッロ・ディ・ブローリオ。
キャンティの中でも別格と言われますが、
飲んでみて、たしかにそうだなと思いました。

その他、フランス物も...
ボジョレー・ヴィラージュ・プリムール レ・ラパン

ボジョレー・ヴィラージュ・プリムール レ・ラパン 2013。
まぁお祭りみたいなものなんで、
とりあえず毎年買って飲んでますが、
ことしはウサちゃんのラベルが可愛いコレ。
お祭りみたいなものなので、
貯まってたクレジットカードのポイントで買いました。

モレ・サン・ドニ レ・ソルベ

モレ・サン・ドニ レ・ソルベ 2006。
ぼくには少しはやかったです。

Zull Lust & Laune

Zull Lust & Laune Gruner Veltliner。
これは『minigroove』で出した白。
見た目通りの青リンゴとか感じられる
サッパリとしたワインでした。

10月の中旬は、コルクの4周年に行ってきました。
コルク1

モンラッシェ。

コルク2


コルク3

最後は1928年の赤。

完全に元は取らせて頂きました。

ということで、また美味しい物を飲んだら更新します。

テーマ : ワイン - ジャンル : グルメ