V.A. / Dancing Calypso - Belly To Belly

belly to belly

元々、鼻炎持ちで鼻が弱いのですが、近年少しずつ春・秋と花粉症の疑いも出てきました。数日前、家の隣の畑が思いっきり稲刈りをしていて、稲刈機の悶絶騒音と相まってボクの鼻も悶絶し崩壊しました。こういう日は何にも集中できないし、仕事にならないし、ヒジョーにストレスで困ります。というかしんどいです。とりあえず年貢を納めて謝罪してほしいです(笑)。

では今日の一枚。ラテン〜カリビアン系の5組のバンドによるコンピLP『Dancing Calypso - Belly To Belly』です。ご機嫌なカリプソ〜カリビアン・ジャズを集めたよくありがちなアルバムなのですが、ここにSka Flamesもカバーした「Rip Van Winkle」の、おそらくはアレンジをお手本にしたであろうClarence Curvan Orch.によるテイクが収録されています。小気味良いカリビアン〜ラテンリズムに、ホーンも最高。ギターも効果的にカッティングしていてかなり良いです。

スポンサーサイト

テーマ : おすすめ音楽♪ - ジャンル : 音楽

YUKI / 誰でもロンリー

YUKI 誰でもロンリー

どうもー、yo☆ssyです。今日は何だか、ありがたいことにオファー殺到な一日でした。とてもありがたかったのですが、ことごとく予定が合わず全てお断りという申し訳ない結果に...。9、10月は今のところDJの予定ナシですが(なかったですよね...?笑)、11、12月はちょこっとありそうです。その際はどうぞよろしくお願いします。

では今日の一枚...というか先月から聴きまくっているYUKIちゃんの「誰でもロンリー」です。先週、遂にアナログでもカットされました。来週発売のアルバムもアナログ出るので嬉しいです。CDも買い、アナログはDJ用と保管用(鑑賞用)でそれぞれ2枚買っているという、ただのファンですね。10月からはツアーも始まるので、行こうと思ってます(もくそんと...)!80'sディスコと現在進行形のサウンド、そしてキャッチーなメロディーをしっかりと詰め込んだギリギリのダンスチューン「誰でもロンリー」、最高です。(...全然レビューになってない。)

テーマ : おすすめ音楽♪ - ジャンル : 音楽

危険なカンケイ

昨夜、仕事をしないといけなかったのですが、
あまりの集中力のなさにスパッと仕事するのをやめ、
DVDを観て寝る事にしました。

完全に観る直前まで映画作品だと思っていたのですが、
どうやらテレビドラマだった『危険なカンケイ』。

危険なカンケイ 1

はい、完全に深キョン観たさで観ました。

ソソるタイトルとはウラハラに
B級感満載の作りで、一般的にはダメなんでしょうけど、
割り切って観ればボクは大丈夫でした。

往年のスパイ映画にラブコメの要素も盛り込んだ感じを
狙ったのだと思いますが、いかんせんチープです(笑)。

深キョンがいろいろな職の衣装を纏うのも、
どうせなら七変化くらいしてほしいところです。
何か中途半端。

↓コレとかは『黄金の七人』のロッサナ・ポデスタを
意識したのでしょうか?たまたまでしょうか...?
危険なカンケイ 2

どうせならこういうくすぐるオマージュを
いっぱい詰め込んでほしかったです。

音楽も、どんなに演者が良くても、
アレンジャーによって楽曲の出来が大きく左右されるように、
ドラマや映画も演出次第で作品の
印象が大きく変わるんだろうなと思いました。

なんだか全然褒めてないですが、
ファンの人と、楽しみを見つけて観られる人には
それなりに観れると思います。
現に集中力のないボクがスルッと観てしまったのですから。

それではまた。

テーマ : テレビドラマ - ジャンル : テレビ・ラジオ

Lou Stein / Introspective 1

lou stein

どうも、yo☆ssyです。最近、会う人会う人に「痩せた?」と言われます。ボク痩せたんでしょうか?体重を計ってみるも特に変化なしでした。ただ夏前辺りから体調ビミョーで、禁酒&食事の量がこのところ少なかったのが少なからず影響しているのかもしれません。しかしこの数週間、息を吹き返しておりまして、お酒を飲んでおりますので、すぐにリバウンドしてしまう恐れが...。痩せなくてもいいんで、お腹のお肉だけ取りたいです。

では今日の一枚。更新頻度の少なさから、まさかの半年に渡ってのイタリア特集でしたが、今日で一旦終わりたいと思います。有終の美を飾るのはこちら!ピアニスト、Lou Steinさんのアルバム『Introspective 1』です。US盤もあって、そちらは割と普通に買えるっぽいですが、このイタリア盤は多分レアだと思います。高らかと弾むピアノが印象的なジャズとサイケなロックをクロスオーバーさせたような「Discovery」が痛快で◎ 包み込むような雰囲気のメロウジャズナンバー「Hope」も好きです。いい仕事してます。

テーマ : おすすめ音楽♪ - ジャンル : 音楽

Piero Umiliani / La Morte Bussa Due Volte

La Morte Bussa Due Volte

どうも、こんにちは。昨夜は劇場で見逃していた『白ゆき姫殺人事件』を観ました。個人的には映画ってかんじじゃなくて、テレビドラマで充分な気もしました。ネットとか、ツイッターとかが劇中に頻繁に出てくると、どうも気がそがれます。時代についていけてない人ですね。そんな中、良かったのがこの夏、惜しくも引退してしまったえれぴょんが観れたことです(もちろん映画は引退前ですが)。復帰しないかな〜、えれぴょん...。

では今日の一枚。ボサ系サントラが続いておりましたが、今日はその締めとも言うべき、ウミリアーニ先生の1969年のサントラ『死は二回訪れる』のLPです。華麗なボサの「To Seek」や「Crystal」、ダイナミックなジャズナンバーの「La Morte Bussa Due Volte」など素晴らしいです。そしてそのタイトル曲をボサアレンジした「Bob and Helen」が本盤のハイライトでしょう。デュエットで歌われているのも秀逸ですし、なによりアレンジが奇跡的ですね。コチラにひっそりと収録されています。

テーマ : おすすめ音楽♪ - ジャンル : 音楽

Stelvio Cipriani / Monica

Stelvio Cipriani / Monica

どうも、こんばんは。長らく使っていたPCのメールアカウントを先月末で解約したのはいいのですが、それにまつわる諸々の変更がありすぎて、そして面倒で、変更し忘れていたサイトはアカウントが使えなくなってしまったりして、さらに面倒なことになっております。整理して、いろいろと自分の把握できる範囲で収めておかないといけないなぁと感じております。そもそも何故メールアカウントが使えなくなったのかがまず謎。(勝手に思い込んでる)ここ数年の厄年は過ぎたと思っていたのですが、まだ続いてるんですかねー?いい死に方する気がしません(笑)。

ではボサ系のイタリア物が続きますが、今日もそれ。Stelvio Ciprianiが1976年に手掛けた、おそらくは何かのサントラと思われる、アルバム『Monica』です。泣きのメロウビーツの「Nuvole Azzurre」とか、華麗なワルツナンバーの「Flying Swallow」とか普通に平均点以上。イタリアの作曲家さんは何故こんなに素晴らしいのでしょうか。で、その平均点をあっさり超えて、さらに素晴らしいのがボサナンバーの「Isola Bianca」。フルートが良いですよね。



どうでもいいんですが、裏ジャケに写るチプリアーニが、ハマカーンの浜谷さんにしか私には見えません...。
hamatani

テーマ : おすすめ音楽♪ - ジャンル : 音楽

Piero Piccioni / Travolti da Un Insolito Destino nell'Azzurro Mare D'agosto

piero piccioni travolti

怒濤の週末が明けました。水曜くらいに急遽『la moda』の開催が決まり、急ピッチで諸々調整して無事に終わりました。サプライズや以前『la moda』に来て頂いていたみなさんにもお越し頂いて、嬉しい限りです。翌日、土曜日はお昼にsambou-mambouちゃんとkimiwoowちゃんとお昼を食べてからお見送りして、仕事に出て、終わってからTBVCのリョーマくんの結婚式の3次会と、職場の焼肉&ワイン(&ボクが中抜けしている間にカラオケ)を往復して、楽しかったです。リョーマくん、少ししか居れませんでしたが、おめでとう!お幸せに!

では今日の一枚。ピエロ・ピッチオーニ先生が音楽を手掛けた1974年のイタリア映画『流されて...』のサントラLPです。ここに収録の「Significa Amore」という曲が本当に素晴らしく、ピッチオーニ先生特有のエレガントさと格好良さを兼ね備えたチネボサの好曲です。他にもボサの曲がありますが、この曲が素晴らし過ぎてかすんでしまいますね。

テーマ : おすすめ音楽♪ - ジャンル : 音楽