FC2ブログ

ベイビー・ドライバー

2017年公開された中で気になっていた映画のひとつ
『ベイビー・ドライバー』を先日鑑賞しました。
baby_driver_6

天才的なドラインビング・テクニックで、犯罪者の逃走を手助けする
「逃がし屋」をしている主人公のベイビーが、
運命の女性デボラと出会い、逃がし屋から足を洗うことを決めるが、
ベイビーの才能を惜しむ犯罪組織のボスに脅され、
無謀な強盗に手を貸すことになる、というストーリー。

冒頭のカーチェイスから見モノで、グッと惹きつけられます。

後半からやや展開が意外な方向に動きますが、
全体的にもなかなかおもしろかったです。

baby_driver_2

baby_driver_3

baby_driver_4

baby_driver_5

ヒロイン役のリリー・ジェームズと、
組織の紅一点、エイザ・ゴンザレスもお綺麗でした。
baby_driver_1

baby_driver_7

音楽は、Kashmere Stage Band、Incredible Bongo Band等が
使われていて、そちらも楽しめます♪
サントラのジャケットも格好良い↓
baby_driver_ost

気になった方はぜひ観てみて下さい!

スポンサーサイト



テーマ : 映画感想 - ジャンル : 映画

ねごと / SOAK

ねごと SOAK

やることが多めですが、集中力が途絶えたのでブログを更新してみてます。最近、中古盤ばかりレビューしていたので、たまには新譜も載せておきます。12月にリリースされたねごとの5thフルアルバム『SOAK』、これが最高でリリースされてからドライブ中や自宅で作業中や、ほぼほぼこれを聴いております。前作『ETERNALBEAT』からグッとエレクトロ路線になって、クオリティーもあがって、個人的にはさらにツボでしたが、『SOAK』はさらに進化しつつ、歌心は失わず、突き抜けた感じです。聴き応えあります。

リード曲の「DANCER IN THE HANABIRA」からブリブリのダンスチューンで格好良く、シングルでリリースされた時点からめちゃくちゃ聴いておりました。が、3曲目にそれを上回る「WORLDEND」という名曲が収録されております。サビでのメロディーが神がかっていて何度もリピートしてしまいます。「Fall Down」〜「moon child」〜「undone」のミドルパートも彼女たちのコアな部分が聴けて良いです。16ビートというかドラムンベースな「moon child」良い曲ですね。「空も飛べるはず」カバーのカップリングに収録されていた、ポップに駆け抜ける「ALL RIGHT」は、サビのボーカルが可愛いですね◎ その後の「シリウス」も歌詞とリンクしたドラム演奏に、この曲もサビが最高ですね。曲単位でもトータルでも、今までで一番の作品ですね〜♪

2月からの全国ツアー、行こうと思っております!




テーマ : おすすめ音楽♪ - ジャンル : 音楽

Jorge Santana / Love The Way - Sandy (spanish ver.)

jorge_santana_sandy_spanish

週のはじめ〜木曜くらいまではいつもルーティンのお仕事に追われていて、週末にそれ以外の仕事に取り掛かれるという感じなのですが、この週末はもっぱらCalicoのデザインの作業に勤しんでおりました。いつかは終わりがくると信じて(笑)、もくもくとやっております。が、なんせ集中力がないのでダメです。まだまだ先は長そうですが、がんばります。

では今日の一枚。お馴染みJorge Santanaのフリーソウル名曲「Sandy」のスペイン語ver.の7インチです。オケはそのままながら、スペイン語で歌われることで少し雰囲気も違いますよね。楽曲の気持ちよさはご存知の通りなので特に説明は不要かと思います。英語ver.の方がよく知られているし、なんとなくキャッチーなので、いつもそっちをかけてしまいがちですが、たまにはこちらもDJで使ってみようかしら。最初、英語ver.かけてからの中盤でシレッとこっちにミックスとか...(笑)。

テーマ : おすすめ音楽♪ - ジャンル : 音楽

Howard Guyton / You and I - An Explanation

howard_guyton

どもー。yo☆ssyです。初夢って結局いつ見た夢のことかよく分かっておりませんが、1/1に見た夢が激しく災害に遭うという、なんとも不吉な2018年の幕開けでした。そして現実でその日の夜中に食あたりになるという...スタートでいきなり大転倒した感じになっております。その後はまだ何も起こっておりませんが、今年アブなそうだな~(笑)。

では今年最初の一枚にして欲しかった7インチをゲット!こちらは幸先良いです(笑)。USのソウル/リズム&ブルース系の男性シンガー、Howard Guytonが1974年にブラジルで録音し、(おそらく)7"オンリー&ブラジル盤オンリーでリリースしたシングルです。白眉はSide-Bの「An Explanation」という曲で、ディスコより少し速いBPMで軽快に走るサンバリズムに乗って、ソウルフルなホーンと、キャッチーなメロディーがクセになる一曲。シンプルと言えばシンプルな楽曲ですが、ストレートに演奏とメロディーの素晴らしさで、それだけでOKな感じです。もちろんダンサブルなのも高得点ですし、ブラジルで録音されたのもアクセントになっていて良いです。

テーマ : おすすめ音楽♪ - ジャンル : 音楽

Bonne Année!2018


遅くなりましたが、あけましておめでとうございます。
2018年もどうぞよろしくお願い致します。

まだ何もインフォメーション流していないのですが、
今年、最初のお仕事はボクが手に持ってるCalicoの復刻に決まりました。
世界初のCD化&そこから4曲を抜粋した7"アナログ盤×2種類。
リリースは3月か4月かな~。
ただいま絶賛準備中です。
みなさま、こちらもよろしくお願いします!

テーマ : 新年のご挨拶 - ジャンル : ブログ