FC2ブログ

青木写真事務所設立記念展 『TRIPPING OUT』

青木写真事務所設立記念展 TRIPPING OUT

青木写真事務所設立記念展 『TRIPPING OUT』

日時:‪2019.3.21 (Thu.) - 24 (Sun.)
会場:ギャラリーそら
出店:藤原みそこうじ店
音楽:仲間達
客演:DJ Cazi from 大阪 (最終日)

- - - - - - - - -

DJ友達でもある青木くんが、
自身の写真事務所設立を記念して
ギャラリーそらさんで記念展をするそうです。

メインの写真はもちろん、
期間中は色々な催しもあるようで、楽しそうです。

年齢はひと回りも下ながら
彼のハマったらとことん突き詰める姿は
本当に尊敬に値します。
これからの彼の活躍も楽しみです!

近郊の方はぜひ足を運んでみて下さい!

https://www.kota-aoki.com/
スポンサーサイト



テーマ : 写真展 - ジャンル : 写真

美味しかったお店 201902-03

最近飲んだ美味しかったワインに続いて
今年に入って伺った美味しかったお店を書き残しておきます。

2月。姫路の中華、紅鶴さん。
数年前のミシュラン兵庫版で星を獲得されていたと思います。
週末のランチでファミリー層多めでした。

紅鶴 201902_01

紅鶴 201902_02

紅鶴 201902_03

紅鶴 201902_04

紅鶴 201902_05

紅鶴 201902_06

ランチだとかなりお得感があります。
予想通りの美味しさでした。

大好きな鮑があったり、
最後の鍋っぽいのはおこげで、こちらも美味しかったです。
車だったので、お酒が飲めなかったことだけが悔やまれます(笑)。



関連ランキング:中華料理 | 野里駅



- - - - - - - - -

同じく2月。淡路・洲本市の割烹はとさんへ。

淡路の海岸線を走る道中も楽しみながら車で行きました。
ホントにこんなところにお店あるの?って感じの
民家の中に、一軒だけ風格漂ってました。
はと 201902_00

ランチ懐石を。
はと 201902_01

はと 201902_02

はと 201902_03

はと 201902_04

はと 201902_05

はと 201902_06

遠かったですが、長旅を経て行った甲斐がありました。
最初から最後までとにかく素晴らしかったです。

鰆を何品かで使われていましたが、
鰆大好きなので、より満足感がありました。
車だったので、お酒が飲めなかったことだけが悔やまれます(笑)。
てか、車で行く以外無理だよな...。



関連ランキング:懐石・会席料理 | 洲本市その他



- - - - - - - - -

その後、神戸に行き、特に予約もしてなかったので
普通に飲めるお店を探し、焼鳥・かしわ屋さんへ。

かしわ屋 201902_01

かしわ屋 201902_02

かしわ屋 201902_03

食べる&飲むに夢中で、つきだししか写真撮ってませんでした(笑)。
日本酒 No.6が置いてあったので、頂きました。



関連ランキング:焼き鳥 | 三宮駅(神戸市営)神戸三宮駅(阪急)三ノ宮駅(JR)



- - - - - - - - -

その後、神戸で必ず行くワインバーDに行ったところ、
マスターをされていた市橋さんが、昨秋独立されて
ワインバーをオープンされたと伺ったので、
Dでは2杯ほど飲んで、そのFLOWさんへ。

flow_winebar_201902_01

flow_winebar_201902_02

メオ・カミュゼの白があったので、頂きました。
最高!

マスターも相変わらず素敵にフランクに接客して頂き
居心地よく美味しいワインを飲ませてもらいました。
結果、帰るころにはヘベレケでした。

写真撮り忘れていましたが、内観も素敵でした。
食べログに載ってましたので、ご覧ください↓



関連ランキング:ワインバー | 神戸三宮駅(阪急)三宮駅(神戸市営)三ノ宮駅(JR)



- - - - - - - - -

3月に入り、職場の送別会で
勇さんのお店、table makeさんへ。
最近、鳥取で飲み歩くことが少なくなったので、久々の鳥取飲み。

何かのタイミングでmakeは利用したいなぁと思っており、
機会が出来て良かったです。

make_20190304_01

make_20190304_02

料理5~6品+飲み放題4,500円という良心価格。
ごちそうさまでした。
make_20190304_03



関連ランキング:イタリアン | 鳥取駅



- - - - - - - - -

送別会終わりに珍しくかわむらさんへ。

Y by Yoshikiのシャルドネと、
かわむら 20190304_01

カレラのピノ・ノワールが偶然開いていたので頂きました。
かわむら 20190304_02

ナイス・タイミングでした。



関連ランキング:バー | 鳥取駅



- - - - - - - - -

3月の別日に久々にコルクへ with いそえくん。

コルク 20180309_1

20180309_2

シャルドネと、ブレッド&バターのカベルネを頂きました。
そして深夜2時くらいから、何故かマスターが
マルゴーの2ndをマスター含めの3人で飲もう!と提案し、
抜栓後の飲み頃を探る遊びをして4時になってました(笑)。



関連ランキング:ダイニングバー | 鳥取駅



- - - - - - - - -

今年から取っている月イチ休暇で、
初めて名古屋にも行ってきました。

新大阪まで行くスーパーはくとがモーレツに遅れ、
ちょい遅刻で着いた、和食×イノベーティブの眞-sin-さん。

*雲丹 独活 ラズベリー*

眞 sin 201903_01

*のどぐろ トリュフ 菜花*

眞 sin 201903_02

*鰻 フォアグラ マンゴー*

眞 sin 201903_03

*蟹 八朔 芹*

眞 sin 201903_04

*豚 蕗の薹 旬菜*

眞 sin 201903_05

あとはこれに土鍋のごはん、汁、漬物、デザートといった内容。
ランチはリーズナブルながら、クオリティーは高水準。
シャンパン→シャルドネ→ピノとテッパンのリレーで
料理共々美味しく頂きました。


関連ランキング:割烹・小料理 | 国際センター駅名鉄名古屋駅近鉄名古屋駅



- - - - - - - - -

夜はガーデンレストラン徳川園さんへ。
緑豊かな自然の中に佇むレストランで、ロケーションもバッチリ。

*白魚 デクリネゾン ハニーキャベツ タルトレット*

garden restaurant 徳川園 201903_01

*雲丹 仔牛の昆布〆 乾燥納豆 手火山製法の本枯れ節 ライススフレ*

garden restaurant 徳川園 201903_03

*鯖 鮨 愛知海苔 菜の花 コールラビ イデアサバル 玉手箱*

garden restaurant 徳川園 201903_02

*春トマト 残雪 新芽 初鰹 湯葉 飛騨モッツァレラ 風船*

garden restaurant 徳川園 201903_04

*三河 平貝の軽い炙り 独活のヴァリエーション 西京味噌の冷たいクリーム エピスのオイルの余韻で*

garden restaurant 徳川園 201903_05

*三河山吹うずらとフォアグラ 近江羽二重餅米のクリスティヤン 花山椒のサバイヨンとともに*

garden restaurant 徳川園 201903_06

*活けオマール海老の炭火焼き 蕎麦粉のガレット仕立て ラタトゥイユヴェールのクーリ ジャパニーズジンの泡*

garden restaurant 徳川園 201903_07

*豊浜直送 神経〆の真鯛のミ・キュイ 黄金キャビアと筍のソース 茹でたての蛍烏賊とともに*

garden restaurant 徳川園 201903_08

*源氏和牛の稲糠漬け焼き ホワイトアスパラとコシアブラのサラダ 岐阜長良山川醸造の溜り醤油でマリネしたコンテチーズ*

garden restaurant 徳川園 201903_09

*蛤 オリーブ素麺 花山葵 和出汁*

garden restaurant 徳川園 201903_10

*完熟フロマージュ アフィネ*

garden restaurant 徳川園 201903_11

*白味噌をアクセントにしたディプロマット*

garden restaurant 徳川園 201903_12

料理の素晴らしさも然る事ながら、
ペアリングのワインも抜群。
そして担当して頂いたソムリエさんの
料理・ワインの説明が創造性に溢れ
本当に素晴らしかったです。
ずっと聴いていたくなるような、そんな感じでした。
「サービス」の真髄を感じることが出来ました。
また行きたいレストランですね。



関連ランキング:フレンチ | 森下駅



- - - - - - - - -

翌日のランチはひつまぶしの有名店、あつた蓬莱軒 本店さんへ。

ひつまぶしの他に漬物、骨せんべい、鰻肝焼き、
ドリンクはビールとルイ・ラトゥールのシャルドネをオーダー。

食事前に漬物で酵素をとりつつ...
atsuta_horaiken_01

鰻肝焼きに、写真にないですが骨せんべいが病みつきになります。
atsuta_horaiken_02

そしてメインのひつまぶし。
atsuta_horaiken_03

最高でした。



関連ランキング:うなぎ | 伝馬町駅神宮前駅豊田本町駅



- - - - - - - - -

夜はリーズナブルなごはん屋さんで名古屋めしを堪能し、
ラストは前夜に徳川園のソムリエさんに教えて頂いた
ル・タン・ペルデュさんへ。

早い時間はフレンチとワインを楽しめるそうですが、
時間も遅く、ワインバーとして利用させて頂きました。
le_temps_perdu_201903_00

ソムリエさんがとても気さくな方で、
もちろん知識も素晴らしく、素敵な時間でした。

バンジャマン・ルルーの白と、
le_temps_perdu_201903_01

メオ・カミュゼのマルサネを頂きました。
le_temps_perdu_201903_02

そしてこちらは豚の膀胱に詰められたサラミ。
これが絶品!
le_temps_perdu_201903_03

何よりお会計が良心的でした。
次回は食事でも伺ってみたいです!



関連ランキング:フレンチ | 伏見駅丸の内駅大須観音駅




という感じで、2〜3月は出歩いた回数は少なくとも
ピンポイントで美味しいお店に伺えて良かったです。
来月以降も素敵なお店と料理に出会えるといいな、と思っております。

それではまた。

テーマ : こんな店に行ってきました - ジャンル : グルメ

美味しかったワイン 2018-19 冬

どうも〜。あっという間に3月突入しております。
はじめて2月中に確定申告を終えて、
通常の業務に打ち込めております。

最近、飲みに出る機会が以前より減っており、
特に鳥取で飲み歩くことがレアになってます。
家飲み率高めの、飲んだワインを記しておきます。

12月に神戸に行った際に、
ワインショップ、IN VIAGGIOさんで購入した
イタリアワイン2本、どちらも美味しかったです。
ricasoli_colledila_2013

『Ricasoli Colledila 2013』

大好きなキャンティ・クラシコ、バローネ・リカーゾリの
看板ワイン『カステロ・ディ・ブローリオ』と双璧を成す
『コッレディラ』をはじめて飲みました。
『カステロ・ディ・ブローリオ』とはまた違ったアプローチながら
ポテンシャルが高く、流石ですね。

terre_nere_2016

『Tenuta delle Terre Nere Etna Rosso 2016』

シチリア・エトナ山の麓で、シチリアの固有品種
ネレッロ・マスカレーゼを98%使った赤。
ピノ・ノワール的なエレガントさと、
石灰質の土壌のミネラル分を感じるテロワールが見事。
上のクラスも飲んでみたい一本でした。

機会があればまたIN VIAGGIOさん行きたいです!


クリスマス付近にY by Yoshiki 2016開けました。
y_by_yoshiki_cab_2016

『Y by Yoshiki 2016 Cabernet Sauvignon』

白も夏頃買ってすぐ開けて美味しかったです。
赤は複雑味があって、さらに美味しかったです。
素晴らしいクオリティーのワインに仕上がっていてすごいです。
案の定、2016も値段がグングン上昇中です。
興醒めする価格になる前に、飲む価値ありです。


お正月のおせち用に今年はコレを飲みました。
louis_Jadot_meursaut_2015

『Louis Jadot Meursault Gouttes d'Or 2015』

ルイ・ジャドのムルソー、おせちと抜群でした。
開けたての華やかな香りと味わいは、
口に含む度に歓びを覚えると言っても過言ではないです。


家飲みブルゴーニュでは、新鋭の造り手、
バンジャマン・ルルーのピノが良かったです。
benjamin_leroux_bourgogne

『Benjamin Leroux Bourgogne Rouge 2013』

一番下のクラス(ブルゴーニュ・ルージュ)ですが、
家飲みでは充分な味わい。また飲みたいです!


相変わらずのピノ狂いっぷりを発揮してもう一本。
michel_magnien_2015

『Dom. Michel Magnien Coteaux Bourguignons Pinot Noir 2015』

ブルゴーニュで代々受け継がれているマニャン家の
一番下のランクのピノで、こちらも良かったですね。


ピノでは、イオンで買ったアメリカのHessも飲みました。
hess_pinot_noir_2016

『Hess Collection Select Pinot Noir Central Coast 2016』

コスパに優れていて、こちらも家飲みには助かりま〜す。


louis_Jadot_chambertin_2015 375ml

『Louis Jadot Gevrey-Chambertin 2015』(375ml)
『Olivier Leflaive Chassagne Montrachet 2015』(375ml)

良さそうなワインバーがない土地に行った時用に
飲み切りハーフボトルのブルゴーニュ赤・白も常備(笑)。


Robert Groffier Chambolle Musigny Premier Cru Les Sentiers 2011

『Robert Groffier Chambolle Musigny Premier Cru Les Sentiers 2011』

こちらは寝かしておりましたが、売られてゆきました(笑)。
このクラスのワイン、機会がないとなかなか開けづらいですね...。
絶対美味しいハズなので、いつか買い戻して飲みたいです。

ということで、近い内に美味しかったお店編もお送りします!

テーマ : ワイン - ジャンル : グルメ