FC2ブログ

BRUTUS No.893 - 新・日本のイタリアン。

brutus_893_1

雑誌『BRUTUS』の5/15発売号が『新・日本のイタリアン。』で、
徳吉洋二シェフが今年2月に東京・神保町にオープンされた「ALTER EGO」と、
2015年からミラノにお店を構えている「Ristrante TOKUYOSHI」が
掲載されていたので購入しました。

brutus_893_2

徳吉ファンとして、載っている情報はSNSでほぼ把握していますが、
こうして雑誌で取り上げられると嬉しい気持ちになりますね。

また、東京はもちろん、それ以外の都市の
イタリアン・レストラン・ガイドが掲載されていて、
これはありがたいです。良い特集でした。

「ALTER EGO」まだ訪問したことないので、早く行ってみたいです!
(...と言いつつ少し前に予約している人。笑)
スポンサーサイト



テーマ : 本、雑誌 - ジャンル : 本・雑誌

Bistro Du Coeur [鳥取・倉吉] 20190509

先週、倉吉市にあるビストロ・ドゥ・クールさんにて
マネージャーと今年初飲みをしてきました。
年末にみつきさんで「早々に新年会しような!」と約束して
早5ヶ月経っておりました💦

夕方、鳥取に出張で来ていたであろうサラリーマンに紛れ、
スーパーまつかぜに乗って倉吉へ。
特急だと30分で着くの、良いですね。
そして自由席だと特急券の料金も破格。これは良いです。

ちなみに鳥取駅のバルみたいな店で0次会、まつかぜの車内で0.5次会を
目論んでいたのですが、鳥取駅に着いたのがギリギリで0次会は出来ず、
まつかぜは2席並びで空いている箇所がなく、
マネージャーと離れ離れになってしまったため0.5次会も断念(笑)。
「ま、この後美味しいお酒飲むからいいも〜ん」と言い聞かせ倉吉着。

ビストロ・ドゥ・クールさんに伺うのは1年数ヶ月ぶり2回目。
なかなか伺えなかったので、今回機会が出来て良かったです。

泡でスタートし、前菜1品目は牡蠣。
Bistro Du Coeur 20190509_01

2品目は烏賊と海老のしんじょの上に桜海老が乗った、そら豆のポタージュ。
Bistro Du Coeur 20190509_02

ここでシャルドネを2タイプ用意してもらい、
それプラスお店側からの提案で別の白も。

3品目は鱒だったでしょうか?(すでに酔ってて記憶が...。笑)
上に乗ってるブラックペッパー的なのと、
アメリカのシャルドネの樽香が絶妙にマッチして良かったです。
Bistro Du Coeur 20190509_03

4品目の鶏のパテが出てきたところで...
Bistro Du Coeur 20190509_04

満を持して持ち込みさせて頂いた
ミシェル・グロのクロ・デ・レア登場!
Bistro Du Coeur 20190509_09

『Dom. Michel Gros Vosne Romanée 1er Cru Clos des Réas Monopole 2013』
凝縮感がありながら、非常にしなやかでお上品。
料理との相乗効果で、この後さらに美味しく頂けました。

お魚は鰹。
Bistro Du Coeur 20190509_05

白でも赤でも合うので、テーブルに並んでいたワインで
色々とマリアージュを楽しみました。

お肉のメインはサーロイン。
Bistro Du Coeur 20190509_06

メインってたどり着くまでに満腹だったり、酔いがまわっていたりと、
印象に残らない時もあるのですが(...贅沢な。笑)、
このサーロインはめちゃくちゃ美味しくて、
はっきりと思い出せます。...美味しかった。

お店の方にミシェル・グロをお裾分けしたところ、
お店側からサービスでピノ頂いてしまいました。
こちらもとても美味しかったです。
Bistro Du Coeur 20190509_11


Bistro Du Coeur 20190509_07

Bistro Du Coeur 20190509_08

という感じで、4時間くらいかけ料理とワインを堪能しました。
また機会を作って行きたいと思います。
Bistro Du Coeur 20190509_10



関連ランキング:ビストロ | 倉吉駅

テーマ : こんな店に行ってきました - ジャンル : グルメ

アラン・デュカス 宮廷のレストラン

アラン・デュカス 宮廷のレストラン 01

昨年、日本公開された、フランス出身モナコ国籍のシェフ、
アラン・デュカスのドキュメンタリー映画
アラン・デュカス 宮廷のレストラン』をアマゾン・プライムで鑑賞。

日本でも「ベージュ アラン・デュカス 東京」や「ブノワ東京」を手掛け、
世界各地で23のレストランを経営する、言わずと知れた名シェフに2年間密着し、
ベルサイユ宮殿に宮廷レストランをオープンさせるまでを軸に、
彼の多忙な日常、各レストランの試食、貪欲に新たな発見を追い求める姿を
映し出した貴重な内容の作品。

日本で、ベージュでの試食や、京都での食事の様子も映し出されています。
アラン・デュカス 宮廷のレストラン 02

アラン・デュカス 宮廷のレストラン 03

ロンドンでは過去に厳しい一面も見せつつ、
その成果の現れで彼の基準を満たすシェフの料理に
鋭い評価とアドバイスを言ったりしています。
アラン・デュカス 宮廷のレストラン 04

料理に興味のない方でも、彼の仕事に対する姿勢や、
時代の流れを読み取り、新しいものを取り入れていく洞察力など、
刺激になることが多いと思います。
アラン・デュカス 宮廷のレストラン 05

アラン・デュカス 宮廷のレストラン 06

アラン・デュカス 宮廷のレストラン 07

もちろん素晴らしい料理も拝むことが出来ます。
アラン・デュカス 宮廷のレストラン 08

アラン・デュカス 宮廷のレストラン 09

アラン・デュカス 宮廷のレストラン 10

アラン・デュカス 宮廷のレストラン 11

労力を費やして完成したベルサイユ宮殿のレストラン、ORE
本当に豪華絢爛で素晴らしかったです。
行ってみたいなぁ...(笑)。

テーマ : ドキュメンタリー映画 - ジャンル : 映画

Jesse Green / You Came, You Saw, You Conquered

Jesse Green / You Came, You Saw, You Conquered

「令和」はじまりましたね。GWは仕事づくめで、本日のみ休みらしい休みを取っています。と言いつつ、遅れている仕事をしないといけないので、結局は休みのようで休みではない。いっその事どこか行かないと休みにはならないのです。今月は月イチ休みをどこで取ろうかな...。

では今日の一枚。ジャマイカ出身で英国で活動していた男性シンガー、Jesse Greenの1976年のアルバム『Nice and Slow』から2曲をカットした7インチ。このアルバムからのシングル・カットは数曲あり、色々な国でジャケ違いでリリースされていたりと、探すのも楽しいです。そのアルバムの中でボクが一番好きなのがこの「You Came, You Saw, You Conquered」という曲。フリーソウル好きはドツボであろうサビのメロディーが良いです。ただこの曲はなぜかカナダ盤でしか7インチのリリースがなく、カナダ人のセンスに感謝するばかりです。

テーマ : おすすめ音楽♪ - ジャンル : 音楽