FC2ブログ

Kwartet Frits Kaatee 『Will You Still Be Mine?』11/13(Wed.)CDリリース決定!

Kwartet Frits Kaatee 『Will You Still Be Mine?』CD

昨年から取り掛かっていたFrits Kaateeのアルバム
Will You Still Be Mine?』のリリース日がやっと決定しました。
11/13(水)にCDがリリースとなります。

このリリースに辿り着くまでに悲しい出来事がありました。
本作のリーダーであるサックス奏者のFrits Kaateeさんが
今年の4月にお亡くなりになりました。
亡くなられる1週間ほど前もCD制作の件で
メールのやり取りをしていて、非常にショックと同時に
ご本人にこのCDをお届け出来なかったのが残念でなりません。

リアルタイムで訃報を知ったわけではなく、
本人からのメールの返信が途絶えたので、
数週間後にSNSで検索したところ、
まさかの事実に愕然としてしまいました。

ちなみに昨年12月にフリッツの弟でトロンボーン奏者の
George Kaateeさんもお亡くなりになられていて
その報告も春頃に聞いていたので、
立て続けの出来事に本当に言葉がありません。

と、そんな事もあり、契約上の手続き等で
諸々リリースが遅くなってしまいましたが、
ひとまず形にすることが出来て、安堵感も少々。
あとは沢山売れるよう、宣伝をがんばりたいと思います。

音楽の内容に関しては、下記に紹介文の記載と、
以前レビューもしているのでそちらもチェックして頂けたらと思います。

リマスタリングはproduction dessinee 丸山さん。
解説は次田吏伽さん(RICA'X JAZZ)に
怒涛の7,000字オーバーで書いて頂きました!
今回もA式の紙ジャケット仕様で気合いが入っております。

取扱店や新着情報はil Tempoのウェブサイトや各SNSで更新していきます。
おそらく今年唯一のリリースかと思いますので(笑)、
みなさまどうぞよろしくお願いします!

- - - - - - - - -

Kwartet Frits Kaatee + Jeanette Cordee 『Will You Still Be Mine?』

il Tempo / ITCD-004
Format : CD
price : 2,640 yen (2,400 yen + tax)
release : 2019.11.13
genre : Jazz / Jazz Vocal

- - - - - - - - -

オランダのサックス奏者、Frits Kaateeが1984年に自主レーベルよりリリースしたアルバム『Will You Still Be Mine?』が世界初のCD化!

2019年4月に惜しくも亡くなったオランダのサックス奏者、Frits Kaatee。10代の頃よりThe Dutch Swing College Bandからレッスンを受け、 1970年代にはアメリカのジャズメンとも数多くのセッションを重ねた後、1984年に自身がリーダーを務め、女性シンガー、Jeanette Cordeeを起用し、デン・ハーグ南西のモンストルにて録音したのが本作『Will You Still Be Mine?』。スウィングを基調とした楽曲の良さと 相まって、オリジナルのLPは自主制作ゆえプレス数も少なく、ユーロジャズのレア盤として知られていましたが、遂に世界初の復刻となり ました。

インスト・ナンバーとJeanette Cordeeのボーカル曲がバランスよく配置されていて、中でも素晴らしいのがKenny Rankinの名曲「In The Name of Love」のカバー。端正に刻まれる3拍子のビートに、Jeanette Cordeeのボーカルへ呼応するFrits Kaateeのサックスプレイも秀逸で、Kenny Rankinのアルバムテイクではなく、1966年の初出7インチのジャズ・バージョンに近いテイクとなっています。また、モッド・ジャズファンク調の「Easy Evil」に、軽快なスウィング・ナンバー「Will You Still Be Mine」、小気味よいジャズボサ調の「Fred」、ゆったりと落ち着いたジャズボサの「Clouds」、洗練されたスウィング・アレンジの「Do I Love You」のカバー等、曲単位、アルバムとしても非常に楽しめる作品となっています。

■ 世界初のCD化!
■ A式紙ジャケット仕様。
■ 解説 : 次田 吏伽

- - - - - - - - -




スポンサーサイト



テーマ : おすすめ音楽♪ - ジャンル : 音楽

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)