FC2ブログ

年始に飲んだ&2020年開けたいワイン

年末年始に、ほどほどお誘いを頂き、
久しぶりに鳥取で、短いスパンで飲みが続きました。

そして昨年、個人的に買っていたワインを、
今年、何かの会食で開けたいなぁと思い秘蔵しております。

そんなワインを記録としてどうぞ...。

comte_lafon_pouilly_fuisse_2015

『Les Héritiers du Comte Lafon - Pouilly-Fuissé 2015』

今年、おせち料理と合わせたのは、コント・ラフォンの「プイィ・フュイッセ」。
樽が効きすぎない感じを酒屋さんにリクエストして出して頂きました。
まろやかなテイストで、美味しかったです。

hilt_2015_chardonnay

『The Hilt Chardonnay 2015』

年始にワイン友達の安田さんが、知ってか知らずか
ぼくの仕事終了時間前に連絡してきて、コルクさんへお呼び出し。
この日、安田さんは飲み放題プランでワインを飲んでいたようですが、
ぼくが来たことにより、マスターが張り切って良いワインを開けようとするので、
結局、飲み放題の料金の3倍くらいお支払いされておりました。
ぼくを呼ぶから...(笑)。

で、その日飲んだ中で最も良かったのがアメリカのシャルドネ。
いかにもアメリカらしい感じですが、
パンチ力だけではなく、シルキーさもまとって、大変美味しかったです。
ちなみに年末にはこのワイナリーのピノも飲ませてもらい、そちらも◎でした。

marchand_gramont_pommard_96

『Dom. Machard de Gramont Pommard 1er Cru 'Clos Blanc' 1996』

翌日は、白間くんに呼び出され、白間くんの友達とコルクでワイワイ。
前日に開けたマシャール・ド・グラモンのポマールが良い感じになっていました。
古酒は、ある種の博打性もあり、なかなか難しいですね。

- - - - - - - - -

ここからは2020年に開けたいワイン。
camille_giroud_vosne_romanee_2013

『Maison Camille Giroud - Vosne Romanee Les Chalandins 2013』

カミーユ・ジルーのヴォーヌ ロマネ。
これ、一番楽しみにしているやつです。
絶対美味しいと思うんだな~。

marc_colin_montrachet_2012

『Marc Colin et Fils - Chassagne-Montrachet 1er Cru Les Champs Gain 2012』

こちらは昨年、神戸のカ・セントさんに行った際
下のクラス(サン・トーバン)をボトルで開けた時に、
ソムリエさんが「シャサーニュ・モンラッシェが有名な造り手さんで...」と
教えて頂いたので、購入した一本。
後から気が付いたのですが、6年前にコルクの周年で
モンラッシェ・グラン・クリュの1996年を飲んでおりました。
こちらも楽しみです。

benoit_lahaye_grand_cru

『Benoit Lahaye - Le Jardin de la Grosse Pierre Bouzy Grand Cru』

お次はブノワ・ライエのシャンパーニュ。
試飲したこともありませんが、ネット情報を見まくって購入しました。
ピノ9:シャルドネ1で、もしかすると会食のはじまりには
少ししっかりしすぎてる恐れもありますが、
そこは高額ワインのチカラでねじ伏せて頂きましょう。

benjamin_leroux_chambertin_2013

『Benjamin Leroux - Gevrey-Chambertin Aux Etelois 2013』

最後は、名実ともにグイグイと世に知れ渡ってきている
バンジャマン・ルルーのジュヴレ・シャンベルタン。
以前、下のクラスを飲んだ際に、とてもクオリティーが高くて、
上のクラスもいずれ、と思っていたので、この度購入。
シャンベルタンですが、2013年なので、飲み頃でしょう。多分。

ということで、またこれらを開けた際はレポします。
それではまた!
スポンサーサイト



テーマ : ワイン - ジャンル : グルメ

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)