泣きたいときのクスリ

泣きたいときのクスリ


みなさん、こんばんわ。すっかりブログのサボり癖も板に付いてきたyo☆ssyです。いやいや、がんばって更新しますよ~。今にはじまったことぢゃなぃのですが、天候が悪くなると途端にネットが頻繁に切断されるのはうちだけなのでしょうか?てか、そんなの聞いたことないし...。今も雨&風が激しくなった途端、全く何の踏ん張りもなくつながらなくなりました。気まぐれもいぃところです。おまけにmacもだいぶん遅いですし。買い替え時でしょうか?あー、見たらまたいろいろと欲しくなってしまいそうです。まぁ見るんでしょうけど(笑)。

さてさて、少し日が経ってしまいましたが、先週末、久しぶりに映画館で映画を観てきました。『泣きたいときのクスリ』。あくせくした日々の生活の中で、泣くことができないオトナの為の映画。割と何でもない類いのストーリー(日常的で、大きな事件があるわけではない、という意味で)でしたが、「何かいぃな」と心がちょとだけ温まる感じの作品でした。いろいろな理由で泣けない人たちが、電車の中で人目をはばからず大泣きしている中年の男性を見たことをきっかけに、最後にはみんな泣くことができて、ひっかかっていた何かにとらわれることなく生きていける、というストーリー。うん、たしかに歳を重ねるに連れて、子供の頃よりも感受性は鈍くなり、色々なわだかまりもあったりで、泣くって機会が少なくなっていきますからね。別に「泣く」に限らず、喜んだり、楽しんだり...そんな感情もどこか素直ぢゃなくなっていってるのかもしれません。「泣きたいときは、泣いていぃ」というストレートな主題ながら、もっとシンプルに感情のままに生きることって大切だしいぃなと思いました。

そーいえばこの作品、戸田菜穂さん(めっちゃ綺麗!)と遠藤憲一さん(大好き!)が出演してるんですけど、以前このふたりが共演してた『女はバス停で服を着替えた』という映画をご存知の方おられるでしょうか?B級といえばB級映画、でもなんか好きなんですよね~。久々にこれも観たくなりました。DVD買おうかな...。


泣きたいときのクスリ
2008年 / 日本
監督:福島三郎
出演:大東俊介、戸田菜穂
   遠藤憲一、袴田吉彦
   佐津川愛美、北浦愛
スポンサーサイト

テーマ : 映画レビュー - ジャンル : 映画

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)