Piero Piccioni / Bello, Onesto, Emigrato In Australia Sposerebbe Compaesana Illibata

piero piccioni / bello onesto...


今月はブログを結構更新してますね。うん、優秀、優秀。今日は何となく、ひとりで家で飲んでます。一年くらい前までは家でひとりでよく飲んでたんですけど、ここ最近は家ではほとんど飲まなくなりました。なんか美味しくないんですよね、家でひとり飲み。やっぱり外でパーッと飲む方が断然美味しいような気がします。気分とシチュエーションの問題が大きいです。という訳で、夏だしビアガーデンに行きたい今日この頃デス。

では、先日の(特にこれといった盛り上がりもなかった...というか最後の一回は忘れかけてた)Salt Water Taffy祭りに続き、今日からPiero Piccioni祭りっす。第一回目の今夜は最近入手した『Bello, Onesto, Emigrato In Australia Sposerebbe Compaesana Illibata (タイトル長い!)』のサントラLPです。久々に高い買物でした。が、ずっと欲しかったので満足です。ハイライトはやはりチネボッサの至宝「In Viaggio Attraverso l'Australia」な訳ですが、イタリアのサントラでチネボッサの至宝と言えば、トロヴァヨーリの「ジェラシー」、モリコーネの「Belinda May」、そしてピッチオーニのこの曲でしょう。どういう感覚を持ったらこんな素敵な曲が描けるのでしょう。憧れます。



で、お決まりのポスターも所有。
bello onesto - poster


YouTubeで検索したら映画の動画がいくつかアップされていました!
スポンサーサイト

テーマ : おすすめ音楽♪ - ジャンル : 音楽

コメント

No title

一昨日そごう屋上のビアガーデン入ってきたのよ。料理イマイチだったり夕立が恐かったりでハラハラしましたが楽しかったわ。なんせビールが旨かったね~。ビールはいい雰囲気で飲んだら最高っすわ!

このレコード来年の誕生日にくれませんか?

sambou-mambouさん

いぃですね~、ビアガーデン。
夏を満喫している感じで。
外で、ビール。これに尽きると思います。

このレコードですね!
ストックでRCAのマークがdejavuってのになった物があるので、
そちらを差し上げます(笑)。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)