Bud Hunga / Travelling On Rythms

bud hunga

みなさん、こんばんは。yo☆ssyです。鳥取は、昨日がしゃんしゃん祭、今日が花火大会でした。昨日・今日と仕事だった為、しゃんしゃん→チラ見、花火→音だけ鑑賞っていう寂しい結果に終わりました。傘踊りやってる人たち楽しそうでした。ボクもまた出たいな~。そして、こうして夏が終わっていきます。それも寂しい...。

では今日の一枚。今日も真夏の濃い音楽祭り(あれ?タイトル変わってる!?)。フランス(なのかな?)の音楽家、Bud Hungaが自身のコンボを率いて録音した1973年のアルバムから2曲をカットした7インチ。LPは結構レアで、スペイン盤とアルゼンチン盤があり。フランス盤もあるのでしょうか?見たことがありません。内容はラテン~アフロテイストのファンク/ジャズをやっていて、かなり格好良いです。豪快なホーンに導かれて始まる、アフロ・ファンク調の「Travelling On Rythms」、洗練されたアフロ・ジャズの「African Honey Moon」共にヤバいです。これはdj akahige氏も好きなんじゃないでしょうか?

スポンサーサイト

テーマ : おすすめ音楽♪ - ジャンル : 音楽

コメント

No title

かっこいいですね。この7"は結構見るけどLPもあるねんなぁ。探してみるわ~

sambou-mambouさん

格好良いですよね、コレ。

お馴染みのアルゼンチンのディーラーさんが教えてくれて、
以前アルゼンチン盤のLPを持っていて、
その後、スペイン盤のLP(オリジナルなのかな?)があることを知り、
さらにその後、フランス盤で7インチが切られてるところにたどり着きました。
謎です。

ジャケのイラストが何か良いです。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)