恒例のやつ後編

みなさん、こんばんは。新年いかがお過ごしでしょうか?
ボクはイマイチよく分かりません。
忙しいような、微妙に時間があるような。
こうしてブログをかけているってことは
多少時間に余裕があるのでしょう。

さて、遅くなりましたが、恒例企画後編(CDandLP編)です。
音楽好きに送る、音楽好きのための、2011年ベスト10。
...多分、誰も待っていなかったと思いますが...いきましょう。

- - - - - - - - -

☆2011年のベスト・アルバム!
la ong fong

●La Ong Fong / Wind-Up City (CD)
これは本当に最高でした!と言うかここ数年、アジア物が本当に良質。数年前の日本を感じさせる、今の日本の音楽が忘れかけている甘酸っぱさがしっかりと濃縮されております。CDのケースがこれまた可愛いんだナ。日本盤出てない(ですよね?)のが不思議なくらい。出せるもんなら出したいっす(笑)。出しましょーか(笑)?

☆もぅいっちょアジアー!
white shoes

●White Shoes & The Couples Company / Album Vakansi (CD)
アジアッテナンデスカ?ナンデコンナニイィノデスカ?カタカナで言ってる意味は特にありません。60'sの匂いを感じるソフトロックと言えばソフトロックなのですが、ひと言でソフトロックと片付けるには勿体ない、名盤です。何でもっと売れないのかナー(実際はとても売れているのかもしれません)?2曲目の「Zamrud Khatulistiwa」でツボMaxを感じ、「パパパ~」な「Selangkah Keseberang」で昇天し、ハイライトの「Kampus Kemarau」でぶっ倒れました。起き上がれません。

☆yo☆ssyさんからのご指名率No.1
the go! team

●The Go! Team / Rolling Blackouts (LP)
春以降、ずっとレコードバッグに入りっぱなし。そしてyo☆ssyさんのdj時には頻繁にご指名がかかり、プレイされていました。シングルカットされた曲ももちろんよかったのですが、ボクが一番プレイしたのはブレイクビーツ調の「Apollo Throwdown」。かかると誰よりボクが一番盛り上がってます。いけんがな。

☆白ジャケのプロモ盤でしたが念願の一枚
jack ashford / blackjack

●Jack Ashford / Blackjack (LP)
オルガンバーでdjした時に、dj ykrさんにヨコドリ40萬(死語...と言うか誰も言わない)されそうになった、USブラックムービー『Blackjack』のサントラLPです。軽快なリズムにピアノがメロディアスに跳ねる、とっても大好きな「Fremont Street」が収録されています。プロモ盤も稀少ですけど、ピクチャースリーヴで欲しいっす。今年の目標。

☆2週間のブームを制したラテン物
taxi banda

●Taxi Banda / Super Taxi Banda (LP)
夏に2週間ぐらいラテンブームの時期がありましたが(笑)、今年買ったラテン物ではコレが一番愛着アリです。フザけてんだか渋いんだか分からない「Que Rico Mambo」が個人的なハイライトでした。ボクは結構高額で買っちゃいましたけど、高いモノなのか安いのかもイマイチよく分かりません。

☆Bunなの?Budなの?どっちでもいいやー
bun hunga

●Bun Hunga and His Combo / Relax... (LP)
一番最初にこのLPの存在を知ったのは3年くらい前。お馴染みのアルゼンチンのディーラーがアルゼンチン盤を売ってくれて、昨年はフランス盤の7インチを買い、やっと今年スペイン盤のLPを買いました。ん?アルゼンチン盤とフランス盤はアーティスト名がBud Hungaなのに、スペイン盤はBun Hungaだゾ。んー、どーでもいぃね。それはさておきフランス盤LPはあるのかい?あったら欲しいなー。

☆やっぱりイタリアならではなんですよ
orchestra cometa

●Orchestra Cometa / Daydream (LP)
コレもずっと欲しくてやっと手に入れた一枚。イタリアン・ファンクの「Obstinacy」という曲がお気に入りなのですが、メロディーライン、展開がイタリアならではの血というか文化を感じます。優れたサントラ作家の宝庫・イタリアの伝統がこのライブラリーからも感じられます。マジメにコメントしてます(笑)。

☆1ヶ月で同じ物を4枚買って破産しかけたレコ
roland louis

●Roland Louis / Waterfall (LP)
稀少さ故にほどほど高いレコですが、1ヶ月で何故か同じ物を4枚も買って、財政が窮地に追いやられたコトを昨日のように思い出します(苦笑)。所謂フレンチ・カリビアンというやつで、土臭いだけじゃない、メロウさがたまりません。

☆ボサじゃないグルーヴィーなカバーが ◎
hotel nacional rio

●? / Hotel Nacional Rio (LP)
どこからどう見てもリオのリゾートホテルのノヴェルティーですね。ノヴェルティー盤なので、物としては貴重なモノなんでしょうが、特別高いモノではないと思うのですが、どうなんでしょう?内容も地味と言えば地味。でも、ここに収録の「Madalena」のカバーは、ボサとかサンバで安易にアレンジしてなくて、なんだかグルーヴィーに仕上がっています。地味だけど、何か忘れられない感じです。演奏は多分スタジオミュージシャンでしょう。

☆アルバムもライブも気絶級!!
yuki / megaphonic

●Yuki / Megaphonic (CD)
これも相当聴きました。今も聴いてます。ライブの感動に今でも心が震えます。「Joy」や「ランデヴー」に続く、Yuki流、新たなディスコクラシック「揺れるスカート」とか、珍しいボサノバ・アレンジの「笑いとばせ」とか、Mステの可愛いスタジオライブにトリコになり、ライブでも2回目の恋をした(笑)「鳴いてる怪獣」とか、一曲一曲アツく語りたいところですが、書いたところでここまで読んでくれてる人も極少数でしょうからこの辺で...。あぁ、今年の東京ドームのライブ行きたいなぁ...。

- - - - - - - - -

と、最近はめっきり、ブログをがっつり書くこともなくなったので疲れました。

一年のベスト10は本当はボクだけじゃなく
『la moda』のメンバーにもやってもらって、
ブログ&紙媒体で発行とかしたいところですが、
みんな忙しいようだし、付き合ってくれなさそうなので断念。
あかひげ&miyukiちゃん、どーすか?来年とか。
他の人の方がおもしろそうです。

あと、今年は『la moda』2ヶ月に1回の開催になりました。
奇数月の第3金曜です。
でも、12月はクリスマス前にやりたいなーと思ってます(気が早い)。

それではみなさんまたいつか。
スポンサーサイト

テーマ : おすすめ音楽♪ - ジャンル : 音楽

コメント

No title

なかなかの力作ですね!久々パワー感じました。yukiとbud hungaが同じ土俵に上がってるのが相変わらず凄まじいわ!何を隠そう実はアタシもコメタ好き。いいレコードやわ~

書留 猿太郎さん

名前が例の事件の悲惨さを物語ってますね(笑)。

今、自分で見て思ったんですが、
グルーヴィーなレコばかりですね。
さらっとしたボサノバのレコードとか
全然買ってないです。
いろいろ聴かないと!と思いつつ
やっぱりそのときどきのマイブームなんでしょう。

最近、高いレコードから遠ざかっている気がするので、
高いレコードを買ってみるのが今年の目標です。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)