Swing up! in Koreaの旅 その1 - 韓国到着編

みなさん、こんにちわ。yo☆ssyです。
遅くなりましたが『Swing up! in 韓国』レポです。
cafe SOURCEさんの多大なるサポートの元、
Swing up!、3回目にして海外進出してしまいました。
ボクらは本当に旅行気分で、のんきなものでしたが...。
とりあえず記憶に留まってる範囲でおバカな旅を綴っておきます。

yotturnとkazisightは都合により一日早く韓国入りしていて、
yo☆ssy、yousuck、kaziの後輩グンくんの三人で行くことに。
韓国はもとより、岡山空港までも無事行けるのか?という感じでしたが、
そこに超強力な助っ人、我らがcafe SOURCEオーナーtaiki先生が
一緒に行ってくれるということになり、万事安心して岡山空港に出発。
ちなみに朝5時発、車中みんなのテンションもまだまだ低め。
taiki先生のcafe SOURCE 韓国店出店の話など感心させられまくりで8時くらいに岡山空港着。

ここで思いもよらぬ大仕事...
運び屋
taiki先生が同行してくれたのにはワケがあった!
本数に規制のあるお酒を韓国に持って行く闇の運び屋に強制的に任命されていた一同。
ゆうさくは違法行為だと思って不安げ(笑)。
空港で何か聞かれた時の対応策もしっかりと教育される。
有無を言わさないtaikiさんの荷物の振り分けにタジタジな一同。
衣類だけだったトランクケースが一気に重くなりました。
空港に到着するとtaikiさんはさっさと手続きを済まし、
ボクらは旅行会社のおばちゃんにツアーの説明を聞く。
その名も「マスカットツアー」。岡山だもんね。

地方空港ならではのあっさりとした搭乗手続きを済ませ、機内へ。
機内食はお寿司であることが判明。
機内食
ゆうさくはお茶を頼んでいましたが、ティーパックを10個突っ込んだかのような
激濃いお茶に唖然。でもなんか嬉しそう(写真参照)。
その後どーでもいぃ話をあれやこれやしつつ、
韓国までは1時間15分だったのであっさりと到着。やたら揺れる。

ここでゆうさく(以下ゆ)「韓国と日本って時差あるん?」
yo☆ssy(以下よ)「いや、ないんちゃう?近いし。」
ゆ「オレの時計3分早いけど...」
よ「それただ時計狂ってるだけぢゃん(爆)!」
と、さっそく韓国到着1分後にしておバカな会話が繰り広げられる。

やたらと無愛想な係員に入国の審査をされ(あれはあーゆー教育をされてんですかね?)、
闇の荷物もしっかりと受け取り、そそくさと韓国に入国。
韓国到着
その後、2m超え(に見える)大柄ポリス2名とすれ違い、
あんなんに「荷物の中身はなんだ?」とか言われたら
おじけづいて白状してしまいそうだよな...と、ゆうさくと情けない会話をする(笑)。

空港の入り口辺りでマスカットツアーのチョンだかっていう
コリアンのオバハンと会う。すでになぜかせかせかしている。
ボクがケータイをレンタルしに行きたいと言うと、
「時間ガナイノデ早クシテネ!」とやたら急かされる。
レンタルするのに少し時間がかかったのですが、
ゆうさく曰くその間もブツブツと文句を言っていた模様。
同じツアーで来てた津山のおばちゃんも合流し、ワゴン車でソウル市内まで連れて行かれる。

車中、おばちゃんの娘が韓国で留学している話や、
cafe SOURCEのイベントの話などで盛り上がる。
そんな中チョンが「帰リノ集合時間、13:40ニナッテマスガ、
ゴ覧ノ通リ道ガ込ンデイマスノデ、13:30集合ニシマス」と言う。
空港からホテルまで小一時間かかってて、道が混んでるから10分早く集合って...、
それ、なんの意味もないんぢゃないかと、ゆうさくとブツブツ話をする。

ツアーにはいろいろなスケジュールが組まれていて、
全部こなしてたら夕方になってしまうらしく、
チョン曰く必須科目の免税店だけ行かされる。
津山のおばちゃんは娘に会いに行くようでここで別れる。
一時間、ロッテ百貨店の免税店内で自由行動が与えられて、三人でブラブラする。
ここでゆうさくにロスト・イン・トランスレーションな出会いが待ち受けていた
Pradaに入ってゆうさくが買い物をする。
そこへルーシー・リュー似のスタッフのお姉さんが接客。
ゆ「これ欲しいんだけど、いくら?」
ルーシー(以下ル)「◯◯ウォンです」
ゆ「お姉ちゃん、ルーシー・リューに似とるでな」
ル「えっ...?(はにかみ笑い)」
ゆ「ルーシー・リュー知っとる?」
ル「ハィ...(かなり照れ笑い)」
その後商品を取りにスタッフルームに消えるルーシー。
ゆ「アレかなり照れとったでなぁ」
よ「うんうん。完全に照れとったし(おだてる)」
ルーシーが戻ってくる。
ル「コレデイィデスカ?」
ゆ「うん」
会計を済ませ、伝票を渡すルーシー。
ルーシーから伝票をもらいしばらくルーシーの指を握るゆうさく。
ルーシーが照れて言葉にならない吐息をもらす(ゆうさく談)。
ゆ「あれドキッとしとったでなぁ?」
よ「うん。まんざらでもなかった感じだな」
このおバカで勘違いな、指先だけで恋に堕ちるロスト・イン・トランスレーション。
ボクの「まんざらでもない」のひと言からゆうさくの淡い恋は始まるのでした。
その後、ひっきりなしに「ルーシー」「ルーシー」と連発するゆうさく。
軽い感じでからかったゆうさくがなぜか胸キュンだったのにウケました。

その後再びチョンと合流し、ホテルまで連れて行かれる。
韓国人の運転はとにかく荒い。事故もよくあるらしい。
ビジネスホテルに毛のはえたような「ヴィジョン」という名のホテル。
チョンがチェックインを済ませると、一枚だけカードキーを渡される。
よ「え!?まさか3人部屋か!!??」
チョン「エェ、ソウデスヨー」
よ「聞いてないしー」(ただ1人部屋とも聞いていない)
一同、唖然とする。
まぁ今さらどーしよーもないので部屋に到着。
3人部屋
ベッドが3つ並んでいる(笑)。
シャンプーやらハブラシがないのに気付くyo☆ssy。
シャンプーがないのにシャワーキャップがあるのに気付くyousuck(爆)。
シャンプーやハブラシはフロントで買わないといけないらしい。
フロントで聞くと、環境のために置いてないらしい...またも意味不明。
「シャワーキャップが一番いらんよーな気がするけど...」とゆうさく。
ごもっともです(笑)。
フロントで買うのも何かしゃくなんで、コンビニ(ファミマ)に行く。
いろいろ見てるととにかく物価が安い。
お弁当が2000ウォン(160円くらい)とか、驚異的な安さ。
とりあえずシャンプー+コンディショナー・セットとハブラシ購入。
空港でケータイをレンタルした時にサービスで歯磨き粉をくれて、
「なんで?」とツッコミそうになったけど、ここにきて助かる。


そんなこんなでメインイベントに入るまでにこんなに長い日記になってしまいました。
続きはまた後ほど~。
スポンサーサイト

テーマ : 韓国旅行 - ジャンル : 旅行

コメント

No title

ルーシー・リュー似のお姉さん気になるv-10

ハミガキコの話し、PCの前でふきだしちゃったで。笑

あくびちゃん

ルーシー似のお姉さんは可愛いわけぢゃないけど、
はにかんだ感じがたまらなかったらしいです。

海外って変なところでサービスが良くて、
ここ基本だろう?ってところが抜けてたり...。
文化の違いなのか、感覚の違いなのか...。ミステリアスです。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)