Cravo & Canela / Preco de Cada Um

cravo & canela


昨日はお昼過ぎからフライヤー配り。あまり面識のないお店とかならまだいぃんですけど、知り合いのお店とかになると話をしたりで、一店舗辺りの滞在時間が長くなりあまり効率がよくないことに気がつきました(笑)。まぁ向こうはお仕事中なので早く退散しようと心掛けてはいるんですけどね、ついついって感じで。そんなフライヤー配りの途中、akahige&ウイロくんの仲良しコンビにバッタリ遭遇。彼らもちゃんとフライヤー配りをしてくれてて感心しました。akahigeに感心したのは彼と出会ってから昨日が初めてです(笑)。そんな感じで本日はakahigeと『la moda』やります。よろしくー。

では最近やたら聴いてる今日の一枚。ブラジルの6人組、Cravo & Canelaが唯一残したアルバムにして、知られざるブラジリアン・グルーヴの大傑作盤です。紆余曲折あって結成されたグループのようですが、グループの結成以上にミラクルなのがその楽曲たち。特に「Asa Branca~Que Nem Gilo」のカバーが尋常じゃなくヤバいです。イントロのピアノに続き、ドラマチックなアコーディオンの音色が流れた時点で心が揺さぶられる名演。聴く度に感動が増す、魔法のようなアレンジが奇跡的です。

ちなみに『la moda 20091003』のフライヤー裏にも、ひっそりとレコメンドしてる一枚。最近、紙ジャケ仕様でCDが再々発されたようです。

スポンサーサイト

テーマ : おすすめ音楽♪ - ジャンル : 音楽

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)