FC2ブログ

パターソン

ブログの更新が滞っております(笑)。
今年は観たかった映画を出来る限り観よう、と思っているので、
観たものはここに書き残しておこうと思います。

先日、ジム・ジャームッシュの『パターソン』を観ました。
ジム・ジャームッシュの作品を観るのはいつ振りでしょう?
『コーヒー&シガレッツ』以来?
『ブロークン・フラワーズ』は観たんだろうか...(笑)?
その後の2作は確実に観てませんね。(観たいのは観たいです。)

patterson

で、『パターソン』。
割と早い段階で、「あぁ、こういう感じだったね」と
ジム・ジャームッシュ作品のブランクを取り戻しました。

日常生活の中で、詩を書き留めるのが趣味の
バス運転手が主人公。
そんな彼が過ごす7日間を、特に大きな事件が起こる訳でもなく
ただただ淡々と。

好きな人はずっと観ていられるし、
このテの作品がダメな人は退屈だと、
真っ二つに分かれそうですね。
ぼくはもちろん好きでした。

主人公のお家にいる、イングリッシュ・ブルドッグの
マーヴィンは、カンヌ映画祭でパルム・ドッグ賞を獲得したそうです。

スポンサーサイト

テーマ : 映画感想 - ジャンル : 映画

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)