美味しかったワイン 2017-18 冬

どうも〜、yo☆ssyです。
この冬に飲んだワインを書き残しておきます。

blog_wine_201803_00

『Pouilly-Vinzelles Climat "Les Quarts" 2014』

非常に上質なシャルドネでした。
ブルゴーニュの最南端マコネ地方で作られています。

blog_wine_201803_02

『Tasca d'Almerita Riserva del Conte 2010』

シチリアの貴族のワイナリー、タスカ・ダルメリータのトップクラスの赤、
リゼルヴァ・デル・コンテ=伯爵の最上級。
ペリコーネとネロ・ダーヴォラによる極上の味わい。
かなりしっかりめで、なかなか開いてくれませんでした。
クリスマスに開けました🎄

タスカのワイン、少し前まで輸入業者が日本に
いるのかいないのかよく分かりませんでしたが、
サントリーさんのお陰でグッと身近になりました。

こちらはお値段的に頻繁には買えませんが(笑)、
以前飲んだロッソ・デル・コンテもまた飲みたいですね。

blog_wine_201803_01

『Brogan Cellars Pinot Noir 2008』

これも輸入している業者が見つからず、
サントリーさんも現在は取引していないのか、
ウェブに残っていたラスト1本を買いました。
アメリカ、ロシアン・リヴァー・ヴァレーのピノ。
これ、めちゃくちゃ良かったです!
もう一度飲みたいんだけど、どこで買えばいいのやら。。

blog_wine_201803_03

『Yarden Katzrin Chardonnay 2015』

以前、コスパの良い下のランクのシャルドネを飲んだことのある
イスラエルの有名なワイナリー、ヤルデンのトップキュヴェ。

ひと口飲んで、そうそうこの樽香&オイル香!と思い出す
独特のテイストで、ここまで個性のある物も少ないでは?

ただ、このワイン、お正月に開けたのですが、
おせち/和食とは...という感じありました。
シャブリとか、もっとスッキリタイプのシャルドネの方が
お料理とは合いそうですね。勉強できました。
スペイン料理とかだととてもマッチしそうな感じです。

blog_wine_201803_04

『Domaine Bernard et Thierry Glantenay Volnay 1er Cru Clos des Chenes 2015』

ネットショップの大袈裟な見出しに乗って
時々ワイン買ってますが、これは大袈裟でもなく
とても美味しかったですね。

畑も一級の「クロ・デ・シェーヌ」で、
並み居る高額ワインに混ざって高得点を獲得しています。
ま、これも安価とは言えませんが、
コスパを考えれば、かなり素晴らしいブルゴーニュですね。

blog_wine_201803_05

『Rupert & Rothschild Baroness Nadine 2015』

南アフリカのワイナリーながら、
アントン・ルパートとエドモン・ド・ロートシルトが
合同で手掛けているとあって美味しかったです。
ミネラルを感じながらもバニラっぽい香りもありつつ、
このテのシャルドネはやはり美味しいですね。

blog_wine_201803_06

『Ultreia Saint Jacques 2015 Raul Perez』

スペインの天才醸造家、ラウール・ペレスさんの
ウルトレイア "Saint Jacques"をリピート買い。
イエノミ用にはうってつけのやさしい価格と、
イエノミの域を超えた上質な味わいで、大好きです。
前回飲んだのは2013年で、今回は2015年でした。

blog_wine_201803_07

『Dom. A. Chopin et Fils Côte de Nuits Village Vieilles Vignes 2015』

こちらはまだ飲んでいません。
結構期待できそうなので、
開けるのを楽しみにしております。

あと、大好きなメオ・カミュゼのニュイ・サン・ジョルジュを
買いなおしたので、そちらも開けるタイミングを伺っております。

近日、美味しかったお店レポもアップします。
またのぞいてみて下さい!
スポンサーサイト

テーマ : ワイン - ジャンル : グルメ

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)